雅虎香港 搜尋

  1. pos system wiki 相關
    廣告
  1. 銷售時點情報系統 - 维基百科,自由的百科全书

    zh.wikipedia.org › wiki › 銷售時點情報系統

    POS原為銷售時點情報系統(Point Of Sales Management System)僅以銷售情報做為商店的資訊分析與決定支持,因IOT技術成熟及未來5G時代來臨, 傳統的銷售時點系統進化為以消費者價值為中心的Point Of Service System),如店外的一些視覺辨識或人流掃瞄

  2. POS - 维基百科,自由的百科全书

    zh.wikipedia.org › wiki › POS

    POS可以指: 銷售時點情報系統,Point of Sale的簡稱,是零售業界為記錄銷售資訊所使用的一種資訊系統。 端點資訊服務,Point of Service的簡稱,Point of Sale的新叫法。 EFTPOS,零售點電子轉帳系統,又稱“銷售點轉帳作業”(Electronic Funds Transfer at Point ...

  3. Point of sale - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Point_of_sale

    The retail industry is one of the predominant users of POS terminals. A retail point of sale system typically includes a cash register (which in recent times comprises a computer, monitor, cash drawer, receipt printer, customer display and a ...

  4. POS系統 - MBA智库百科

    wiki.mbalib.com › zh-tw › POS

    26/2/2018 · POS系統(Point of Sales,銷售點終端)POS系統即銷售時點信息系統,是指通過自動讀取設備(如收銀機)在銷售商品時直接讀取商品銷售信息(如商品名、單價、銷售數量、銷售時間、銷售店鋪、購買顧客等),並通過通訊網路和電腦系統傳送至有關部門進行分析加工以提 ...

  5. POS系统 - MBA智库百科

    wiki.mbalib.com › wiki › POS

    POS系统(Point of Sales,销售点终端)POS系统即销售时点信息系统,是指通过自动读取设备(如收银机)在销售商品时直接读取商品销售信息(如商品名、单价、销售数量、销售时间、销售店铺、购买顾客等),并通过通讯网络和计算机系统传送至有关部门进行分析加工以 ...

  6. POS - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › POS

    POS 販売時点情報管理(英語:Point of sale system、略称POS system) - 物品販売の売上実績を単品単位で集計すること。 駅収入管理システムのうちのPOS端末(point of sale system) 土地占用計画(フランス語:Plan d'Occupation des Sols)- フランスにおける ...

  7. POS零售系統 - 保雅電腦

    www.poshk.com › pos

    電子計價磅與 Pro-An POS 零售系統整合. 如商戶銷售產品以重量計算貨價,如凍肉、蔬果等,電子計價磅是商戶營運的好工具。. 電子計價磅可將貨品相關資料、單價、重量及售價組合成條碼並打印在標籤上,可直接貼在貨品上,然後經由Pro-An POS 零售系統收款 ...

  8. What is a Point of Sale (POS) System? - Software Advice

    www.softwareadvice.com › what-is-a-point-of-sale-system
    • What’s The Point of A Point of Sale (POS) System?
    • Software Components of A Pos System
    • Hardware Components of A Pos System
    • We’Re Ready to Help You in Your Pos Software Search

    A point of sale system, or POS, is the place where your customer makes a payment for products or services at your store. Simply put, every time a customer makes a purchase, they’re completing a point of sale transaction. The latest point of sale software goes beyond credit card processing to help retailers and restaurants incorporate mobile POS features and contactless payment options, ecommerce integration capabilities, and more. At Software Advice, our advisors help small business software buyers find the right retail POS software everyday. We asked senior advisor Julia Morton, who helps POS software buyers, about the importance of a good point of sale system, and here’s what she had to say: The POS serves as the central component for your business; it’s the hub where everything—like sales, inventory management, payment processing, and customer management—merges. In fact—according to a survey we ran among retailers last fall (methodology below)—almost a quarter of the business lea...

    Every POS system comprises of software and hardware components that make running the daily operations of your business easier and faster. It’s important to understand what POS software options there are and what each have to offer. Here are some differences between an on-premise (or installed) POS terminal and a cloud based POS system (or hosted POS solution): As an example, a small thrift shop business owner with one cash register might be a good candidate for an on-premise point of sale system. The retailer will purchase, install, and host the software on their own computer system and update it as necessary. They will also need to purchase or lease their own POS hardware, like a barcode scanner, cash drawer, card reader, receipt printer, and more. On the other hand, a restaurant with multiple locations and numerous point of sale terminals would likely benefit more from a cloud based POS system with centralized payment processing, inventory management, customer loyalty program, and...

    These are the common physical components required to get your POS up and running. Monitor/tablet:Displays the product database and enables other functions, such as employee clock-in and viewing sales reports. Tablets—especially iPads—are popular for replacing bulkier monitors. Barcode scanner: Automates the checkout process. Scanning barcodes pulls product info and adds it to the checkout total. Barcode scanners can also integrate with inventory management systemsto automatically adjust stock levels. Credit card reader: Since the EMV payment standard went live in 2015, secure and EMV-compliant credit card readers are a must-have. Non-compliant retailers face potentially huge losses on account of fraud liability. Receipt printer:Email and text receipts may be gaining popularity, but paper receipts remain essential for providing customers with a quick snapshot of their purchase or returns. Cash drawer:It may fade away in years to come, but cash is still king. Until then, you’ll need a...

    Whether you’re a small retailer or you run a chain of restaurants, we hope that the information in this article has prepared you to make your POS system as efficient and up-to-date as possible. But don’t worry, we’re not leaving you to fend for yourself. Here is a list of follow-up resources to assist you during your search: 1. Research the most popular retail POS systems. We’ve compiled a list of the top retail POS solutions in our FrontRunners for Retail Management. These are the POS systems that are most recommended by fellow business owners for their usability (full methodology here). 2. Complete a retail software questionnaire. For first-time buyers, the POS market can be hard to navigate. This quick questionnairewill help you narrow down your options with what your business needs. 3. Read reviews from fellow businesses owners. Once you’ve come up with a shortlist of potential POS systems, check out what businesses like yours are sayingabout them by reading authentic user revie...

  9. 販売時点情報管理 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 販売時点情報管理
    • 沿革
    • 単品管理の手法
    • ジャーナルの活用
    • システム
    • Posセキュリティ
    • 関連項目

    世界初のスーパーマーケットは1916年9月にアメリカのメンフィスで開店した。薄利多売によってスーパーマーケットは徐々に店舗数を増やし、1960年代終盤にはアメリカの食品雑貨店ビジネスの4分の3を占めるようになった。しかし市場の成熟とは裏腹に利幅が減少し、1970年には売り上げに対する利益が1%という異常な状態となっていた。そこで登場したのがPOSシステムである。しかし当時はバーコードの共通規格がなかったため、POSを導入しても品目が膨大なスーパーマーケットでは商品コードを設定するだけでも大変な手間となり、大きな効果は得られなかった。 1969年、全米食品チェーン協会は統一商品コードの策定に乗り出した。1970年には食品雑貨産業特別委員会が組織され、1973年に現在も使われているバーコードとその上の統一商品コード (UPCコード) が採択された。バーコード方式となったのは、バーコード印刷代の小売価格上乗せが小さくPOSを使わない小規模店舗が過剰な負担を負わないこと、バーコードスキャナが光学文字認識などより安価であること、バーコード自体は1951年に特許取得された枯れた技術であり信頼性が高いことなどからである。なお、初期のバーコードスキャナ(WAND式)は、先端にLEDとフォトトランジスタを内蔵しただけのペン型の安価なタイプだった。バーコードをペン先でこすり(マニュアルスキャン)、印刷された白黒のバーからの光反射量を電圧に変えて、POS(バーコードデコーダ)に送っていた。 バーコード方式は急速に食品以外にも広がっていった。また、製造業、流通業、小売業の間で商品流通の電子化が進み、それによってPOSの採用も広がっていった。アメリカのスーパー業界は1980年代に大きく収益を上げたが、これはPOSの効果によって取り扱い品目が3倍に増加したためと分析されている。その一方でPOSを導入できない零細店舗の多くは姿を消す結果となり、食品製造についても商品コードの割り当てを受けないと全国的な流通網に乗せてもらえないことから、業界への参入障壁が高くなったといわれている。 近年では自動販売機のように顧客が操作できるPOSシステムも一部の大型量販店で導入されている。これはひとつのPOS端末に従業員1名を配置する従来の方式を、複数の客が操作するそれぞれのPOS端末をひとりの従業員が監督す...

    量販店などの場合は、レジでバーコードを読み込み、データベースからバーコードの番号に紐づけられた商品名などの販売情報をその場で記録する。また、バーコードの貼れない商品(コンビニのファストフード、スーパーマーケットの鮮魚やばら売りの青果の一部など)は、レジのタッチパネルで商品を選ぶことで、単品単位で売り上げを記録する。 以前は、コンビニエンスストアのPOS端末に「客層ボタン」というものがあり、ここで購入顧客の年齢や性別を入力され、それで「どの年代の人が何を買ったか」というところまで分析していたが、ファミリーマートとローソンでは廃止されている。[注釈 2]これは、顧客の見た目で年齢を判別するのが困難、オペレーションが簡素化されない、ポイントカードの利用が進み、そのボタンを使用しなくても顧客の情報が収集できるようになったことが原因である。 飲食店・ガソリンスタンドなどを除く販売店でのPOSでは、商品へのマーキングがほぼ必要不可欠となる。近年(2019年現在)ではデータの収集と集計を容易にするためにバーコードを使ったマーキングを用いることが多い。 バーコードを商品へ装着するマーキングには2種類の方法がある。 1. 「ソースマーキング」は、商品の製造または流通過程で商品や梱包袋、箱などにバーコードを印字またはシールを商品に付けることである。 1. 「インストアマーキング」は、製造・出荷段階でソースマーキングができない商品(店内調理の総菜など)に小売店など印字されて使用されるバーコードシールを張ることであり、特定の店。チェーン流通経路だけで使用される。

    ジャーナルはレシートと同じ内容のデータを記録したものである。売り上げデータとして活用するほか、店舗や企業では7年間の保存義務がある。伝統的には紙面にプリントしたものだったが、近年では磁気ディスク上に記録した電子ジャーナルも普及している。 電子ジャーナルでは採取した基礎データを容易に売り上げ動向の指標として閲覧することができるほか、単品別やカテゴリ別に消費者の購入動向を把握することもできるため、仕入品目の数量決定や在庫管理には特に有用な情報となる。

    スーパーやコンビニで普及しているのは一般に「POSシステム」と総称されるもので、POSレジスタ(POSレジ)と呼ばれる商品単位の集計機能を持ったキャッシュレジスタでデータを採取し、パソコンやワークステーションなどのストアコンピュータ(ストアコントローラ)で集計を行うのがその基本である。 簡単なものならPOSレジ単独で集計を行うことも可能で、この方式は主に一般商店で普及している。以下の3点が基本となるが、これ以外に専用端末が加わることもある。 1. POSレジスタ 2. ポータブル データターミナル 3. ストアコンピュータ(ストアコントローラ)

    POS端末のカード情報非保持化

    クレジット取引セキュリティ対策協議会が発表した「クレジット取引におけるセキュリティ対策強化に向けた実行計画」にてPOS加盟店に以下の対応を2020年3月末までに完了する指針が明記されている。 1. POS加盟店のカード情報の非保持化、またはカード情報を保持する場合はPCI DSS準拠 2. POS加盟店の決済端末のIC(EMV)対応100%実現 1番目の指針に明記されている「カード情報の非保持化」とは、「自社で保有する機器・ネットワークにおいてカード情報を『保存』・『処理』・『通過』しないこと」を意味する。 クレジット取引セキュリティ対策協議会の実行計画では、サーバを通過せずにカードの承認や売上処理が行われる「決済専用端末連動型」や「ASP/クラウド接続型」などのPOSシステムを導入し、POS端末にカード情報の非保持化を実現することを推奨している。 しかしこの指針にあたってPOS加盟店にはECなど非対面加盟店と比べ、様々な問題を抱えている。それはICカード対応をためのPOSシステムの改修費用とPCI-DSS準拠のためのコスト負担が荷重であること、EC加盟店と比べると非保持の方法が...

    POSシステム暗号化

    クレジットカード決済の増加とともにカード情報漏えいや不正利用の被害が拡大しつつあるため、POS加盟店にはセキュリティ強化対策として情報の非保持化やPCI DSSを準拠することが求められる。これらのセキュリティ指針に準拠するためにはPOSシステムの「データ暗号化」が要る。 POSシステムはPOS端末とアプリケーションサーバ、データベース(DB)サーバ等それぞれのシステムが連携されているため、データの送・受信が行われるシステムの区間別に暗号化を適用する必要がある。 データ暗号化ソリューションを導入することで、1)POS端末とアプリケーションサーバの間にデータが伝送される区間を暗号化する、2)POS端末で処理される個人情報を暗号化する、3)DBサーバのに保存されている個人情報や信用情報を暗号化する4)暗号化鍵を徹底に管理し、安全なPOSシステム環境を構築できる。

    形態

    1. バーコード - JANコード 2. コンビニエンスストア 3. オーダーエントリーシステム 4. データマイニング 5. セルフレジ

    企業

    1. 東芝テック 2. NECプラットフォームズ(旧 NECインフロンティア) 3. 富士通 4. 日本NCR 5. 寺岡精工 6. サンコーシステム 7. シャープ 8. イシダ 9. ヴィンクス 10. セラシステム 11. マイクロス・フィデェリオ 12. ビジコム 13. ユニシス 14. アスター 15. パナソニック 16. カシオ計算機 17. オフィス24

  10. 向小店致敬,勿忘初衷!最新全方位 POS 零售系統 x 網上商店 O2O (Online to Offline),線上線下全面高效一致管理,銷售、庫存、客戶,實體店與網店,無縫用戶體驗。十年承諾|免費試用|DIY 硬件|資助計劃|查詢 info@one-pos.com

  1. pos system wiki 相關
    廣告
  1. 相關搜尋

    pos system