雅虎香港 搜尋

  1. 大約 1,460 個搜尋結果

  1. 中原地產 相關

    廣告
  2. 中原搜羅全港屋苑筍盤靚盤‎,VR高清實景睇樓,VR實景搵樓睇樓 – 熱賣盤、獨家盤、首置盤等。 輕鬆搜尋不同地區放盤、樓價走勢、樓市資訊、成交數據,仲有E家傾即時解答搵盤疑問!

  3. 夥拍本地銀行,全港獨家推出銀行估值服務,物業估值一按即睇,買賣更快更自助。 另外,還有升級按揭計算機、AI 推介筍盤及全方位搵樓條件設定,搵樓更方便,立即體驗!

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 中原中原 - Wikipedia

    中原(ちゅうげん)は中華文化の発祥地である黄河中下流域にある平原のこと。 狭義では春秋戦国時代に周の王都があった現在の河南省一帯を指していたが、後に漢民族の勢力拡大によって広く黄河中下流域を指すようになり、河南省を中心として山東省の西部から、河北省・山西省の南部 ...

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 中原麻衣中原麻衣 - Wikipedia

    中原 麻衣(なかはら まい、1981年 2月23日 [4] - )は、日本の女性 声優、歌手、ラジオパーソナリティ。 アイムエンタープライズ所属 [3]。 兵庫県で生まれ、愛媛県や福岡県などで育った [5]。 来歴 出生は兵庫県明石市。幼少期は転居の機会が多く(兵庫、大分、愛媛、福岡)思い出の時期をその ...

    • まいまい、お姉さん、麻衣さん、まいたん、麻衣ちゃん、麻衣様
    • 日本福岡県北九州市
  3. 1/8/2022 · 中原 由貴(なかはら よしき、1992年 10月13日 - )は、日本の男性 総合格闘家。 広島県 尾道市出身。 マッハ道場所属。 来歴 小学生の頃には野球やバスケットボールを経験し、中学生になる前に、柔道を始めた。 高校1年生の試合で前十字靭帯の完全断裂を経験するも、山本“KID”徳郁の活躍に ...

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 中原氏中原氏 - Wikipedia

    • 概要
    • 出自
    • 明法道中原氏
    • 平田家
    • 摂津家ほか 貞親流
    • その他の傍流
    • 参考文献
    • 関連項目

    中原氏の前身の十市氏(とおちうじ)は、古代には大和六県の一つ十市県(とおちのあがた)つまり奈良盆地南部を支配した氏族である。十市氏の上祖は、『古事記』(8世紀初頭)では孝元天皇外戚の十市県主大目とされている。しかし、14世紀後半の洞院公定編『尊卑分脈』では、疑わしいとしつつも安寧天皇第三皇子磯城津彦命後裔の皇別氏族という説が掲載され、のちに後小松上皇の勅命により編纂された『本朝皇胤紹運録』(応永33年(1426年))では正式に磯城津彦命後裔として記載された。これには、当時の中原氏が、自氏の出自に箔をつけるために仮託したのではないかという説がある。中原氏の氏祖は平安時代の儒学者の明経博士十市有象で、天禄2年(971年)ごろに改姓し、中原有象(なかはら の ありかた)を名乗った。 中原氏嫡流は、...

    前身

    中原氏の前身は十市氏(とおちうじ)である。十市氏は大和六県の一つ十市県(とおちのあがた、奈良盆地南部)を発祥とする氏族。『古事記』(8世紀初頭)が語る伝説では、初期の天皇家の外戚にあたる古い有力氏族とされる。つまり、『古事記』によれば、第7代天皇の孝霊天皇(実在不明)が、十市県主(とおちのあがたぬし)の祖である十市県主大目の娘の細媛命を娶り、その間に生まれたのが第8代孝元天皇と伝えられる。その後、十市県の支配者である十市県主は首(おびと)の姓(かばね)を与えられ、十市首と称した。十市首は部民(べみん)である十市部(とおちべ)を管理したので、十市部首とも言う。また、『先代旧事本紀』(9世紀末)の神話では、物部氏の祖神饒速日命が地上に降臨した際、十市首の祖である富富侶を従えたとされるが、太田亮は、ここから、歴史的にも十市氏は物部氏の配下だったのではないかと推測した。 後世、十市氏=中原氏はしばしば安寧天皇第三皇子磯城津彦命後裔の皇別氏族と伝えられる。だが、十市氏を磯城津彦命に繋げる逸話は記紀等には見られない。14世紀後半の洞院公定編『尊卑分脈』においても、安寧天皇後裔説には疑惑有りと...

    氏祖

    その後、10世紀後半の儒学者である十市有象が中原有象(なかはら の ありかた、延喜2年(902年)[注釈 5]–?)に改姓したのが中原氏の始まりである。 有象以前、十市氏は既に明経道と関わりがあった。『類聚符宣抄』九に、延長8年(930年)7月24日、従五位下十市部良佐(十市良佐)が助教として天文密奏を行ったことが見える。これに加え、後世の系図類では、十市氏は学者の家系であるだけではなく、有象の父の春宗や、叔父とされる良忠(前記の良佐と同一人物とされる)も外記局に務めていた事務方一家でもあったと書かれている。しかし、『外記補任』には春宗や良忠(良佐)が外記を務めていたという記録はなく、井上幸治は、史料上は否定されるとしている。 有象に話を戻すと、承平元年(931年)12月27日頃にはまだ学生であったが(『類聚符宣抄』九)、その後に直講(明経道の教師)を経て、天慶5年(942年)12月13日に権少外記として外記局に務め始め、同8年(945年)には宿禰の姓(かばね)を下賜されて氏姓が十市首から十市宿禰となり、同9年(946年)2月7日に大外記として事務方の長となる(『外記補任』二)。...

    略歴

    明法道中原氏(法家中原流)は、明法道坂上氏と共に明法道(律令法(法学)の研究)を家学とした家系。「章」を通字とする。中原有象の曾孫である中原範政によって創始された。 家祖の範政の兄弟のうち、明法道系の中原氏は年少の中原範光が継いだ。一方、長子である中原明兼は晩年に坂上明兼(承暦3年(1079年) - 久安3年(1147年))を名乗り、明法道坂上氏の家祖となった。明兼の学説は、後裔によって鎌倉時代に大著『法曹至要抄』として結実し、官撰ではなく私撰の書にもかかわらず、当時の法の実務上に規範的な効果があった。特に刑事法の面では、鎌倉幕府の基本法『御成敗式目』に影響を与えたという説もある。 中原章澄の『明法条々勘録』(文永4年(1267年))もまた、『法曹至要抄』と同様に、当時の明法道や公家法を知る上で重要。 中原章房(? - 元徳2年(1330年))は、刑部省で活躍し、嘉暦3年(1328年)に大判事に任じられた。『地下家伝』によれば、明法博士に昇ったという。軍記物語『太平記』では「中家一流ノ棟梁、法曹一途ノ碩儒」とその学才を高く讃えられた。また、同物語では暗殺で死亡し、子の章兼と章信が...

    平田家は、平安時代末期から蔵人所出納を家職とした地下家。中原氏嫡流第6代当主の中原師元の養子である中原祐安の子の平田職国を家祖とする。 江戸時代初期の平田職忠は有職故実に通じた碩学として知られ、北畠親房『職原抄』の刊行を行った他、自身でも『官職便覧』を著した。職忠は後陽成天皇の寵遇を得て正四位上・殿上人となった。 江戸時代には有力官人として、「蔵人方」に分類される地下家の催沙汰(もよおしざた、統轄)を行い、本家である中原氏嫡流局務押小路家および小槻氏嫡流官務壬生家と共に、三催(さんもよおし)と称された。

    略歴

    中原氏のうち、貞親の子孫からは鎌倉幕府に高級官僚として仕えた者が多く出た。中原氏の鎌倉下向は3つの時期に分けられる。 第一期として、鎌倉幕府草創期には、中原親能・大江広元兄弟が初代将軍源頼朝に側近として仕え、幕府の政治体制の基礎造りに尽力した(十三人の合議制)。九州の有力武将である大友氏の初代当主能直は、親能の養子である。ただし、大友氏第7代当主の大友氏泰は将軍足利尊氏の猶子となる手続きを通して源氏に改姓している。 第二期として下向したのが書博士の中原師俊で、『鎌倉年代記』や発給文書には活動が見えるが、『吾妻鏡』には名を残しておらず、幕府内でどのような地位を築いたのかは不明である。 第三期として、藤原親実とその甥の中原師員が下向し、鎌倉幕府第4代将軍の藤原頼経(九条頼経)に側近として仕えた。親実には明経道系の官職に付いた形跡が見られないことから、永井晋によれば、かなり早い段階で中原氏から藤原氏に改姓したのではないかという。一方、師員は頼経の侍読として、中原氏の傍系ながら氏族の極官である明経博士・大外記にまで昇り、幕府では評定衆の創設時の筆頭席次を得た。親実・師員とその子孫は、寛元...

    下野国(栃木県)の武家の名門宇都宮氏の出自は諸説の中に中原氏という説もあり、実際、一門の武将で豊前宇都宮氏(城井氏)の初代宇都宮信房は中原氏を称したことがあるが、確実な出自は不明。 江戸時代に津藩藩主となる藤堂氏は、『歴名土代』に拠れば、もともと本姓中原氏を自称していた。しかし、藤堂高虎が五摂家の一つ藤原氏近衛家当主の近衛信尋と親しかったことから、本姓を藤原氏であると自称するようになった。 また、挿絵画家の中原淳一も、中原氏の末裔といわれる。

    井上幸治編 『外記補任』 続群書類従完成会発行、2005年、329頁。ISBN 4-7971-0723-5。(外記補任, p. 32, - Google ブックス)
    太田亮「十市 トヲチ トウチ」 『姓氏家系大辞典』 2巻、上田萬年、三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、3894–3898頁。全国書誌番号:47004572。https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/1041。
    太田亮「中原 ナカハラ」 『姓氏家系大辞典』 3巻、上田萬年、三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1936年、4251-4257頁。全国書誌番号:47004572。https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1131019/91。
    鈴木, 理恵「明経博士家中原・清原氏による局務請負と教育」『日本の教育史学』第30巻、1987年、 4-23頁、 doi:10.15062/kyouikushigaku.30.0_4。
    弘宗王 - 天武天皇末裔。子らが中原真人に臣籍降下。
    興原敏久 - 物部中原氏の氏祖。
  5. ja.wikipedia.org › wiki › 中原圭介中原圭介 - Wikipedia

    • 人物
    • 著書
    • 脚注
    • 外部リンク

    1970年生まれ、茨城県土浦市出身。慶應義塾大学文学部史学科卒。 経営アドバイザー・経済アナリストとして『アセットベストパートナーズ』に在籍。総合科学研究機構の特任研究員。 大手企業・金融機関・シンクタンクへの助言・提案を行う傍ら、新聞・雑誌、著書、講演などで経営教育・経済金融教育の普及活動を展開している。 本人のブログ『中原圭介の資産運用塾』は単行本化して一旦終了。2019年現在は「中原圭介の『経済を読む』 」が更新中である。

    ・『疫病と投資』東洋経済新報社 2020年 1. 『AI×人口減少 これから日本で何が起こるのか』 東洋経済新報社 2018年 2. 『日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業』(講談社現代新書) 講談社 2018年 3. 『中原圭介の経済はこう動く〔2017年版〕』(東洋経済新報社、2016年10月21日発売、ISBN 978-4-492-39632-2) 4. 『ビジネスで使える経済予測入門』(ダイヤモンド社、2016年9月16日発売、ISBN 978-4-478-10089-9) 5. 『中原圭介の経済はこう動く〔2016年版〕』(東洋経済新報社、2015年10月23日発売、ISBN 978-4-492-39622-3) 6. 『石油とマネーの新・世界覇権図』(ダイヤモンド社、20...

    ^ a b c d “中原 圭介 Keisuke Nakahara | マネー現代 @moneygendai”. マネー現代. 2019年12月24日閲覧。
    ^ “中原圭介の『経済を読む』 - livedoor Blog(ブログ)”. blog.livedoor.jp. 2019年10月10日閲覧。
    ^ 量的緩和のやりすぎは、日本人を不幸にする東洋経済オンライン 2013年11月1日
    ^ なぜ日本は「米国の失敗」をまねるのか東洋経済オンライン 2015年2月25日
  6. ja.wikipedia.org › wiki › 中原親能中原親能 - Wikipedia

    中原 親能(なかはら の ちかよし)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての下級貴族、鎌倉幕府の文官 御家人。 十三人の合議制の一人。 中原氏庶流貞親流の広季の実子または養子。 弟に大江広元。 鎌倉幕府初代将軍源頼朝の側近であり、頼朝の代官として東西に奔走し、朝廷と幕府の ...

  7. 1930年代の日本(1930ねんだいのにほん)では、1930年代の日本の出来事・流行・世相などについてまとめる。 日本の元号では、昭和5年から昭和14年に当たる。 できごと 1930年 濱口内閣が金輸出自由化。 日本共産党の検挙が開始。 昭和恐慌 強盗事件における常習犯をより多く罰し正当防衛をより ...

  1. 中原地產 相關
    廣告
  2. 物業估價、印花稅上訴、補地價、更改土地用途、活化工廈及規劃申請等專業服務。

  3. 公司團隊在沙田大圍區工作經驗逾10多年,熟悉區內成交走勢。盤齊價準,以客為本. 公司團隊在沙田大圍區及西九龍區工作經驗逾10多年,熟悉區內成交走勢。盤齊價準,以客為本

  4. 中原搜羅全港屋苑筍盤靚盤‎,VR高清實景睇樓,VR實景搵樓睇樓 – 熱賣盤、獨家盤、首置盤等。 輕鬆搜尋不同地區放盤、樓價走勢、樓市資訊、成交數據,仲有E家傾即時解答搵盤疑問!

  5. 夥拍本地銀行,全港獨家推出銀行估值服務,物業估值一按即睇,買賣更快更自助。 另外,還有升級按揭計算機、AI 推介筍盤及全方位搵樓條件設定,搵樓更方便,立即體驗!

  1. 其他人也搜尋了