雅虎香港 搜尋

  1. 相關搜尋:

  1. 中国ラオス鉄道 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国ラオス鉄道

    中国ラオス鉄道 ( ちゅうごくラオスてつどう ) (英語: China-Laos Railway、ラーオ語: ລ ດໄຟ ລາວ ຈ ນ、中国語: 中老铁路 /磨万铁路/ボーテン・ヴィエンチャン線)は、中国雲南省との国境に接するラオスのボーテンから、メコン川を隔ててタイ国境に接するラオ ...

  2. 中壢駅 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中壢駅
    • 歴史
    • 駅構造
    • 隣の駅

    台鉄

    1. 1893年11月30日 - 縦貫線の前身となる劉銘伝鉄道(台北~新竹)開通に伴い開業。 2. 1896年7月5日 - 台湾総督府による運営開始。 3. 1950年 - 2代目駅舎完成(p60)。 4. 1971年1月18日 - 3代目新駅舎供用。 5. 1993年 - 後站(南口)供用(p60)。 6. 2020年10月14日 - 地下化事業に伴う後站(南口)で地上仮駅舎供用。

    捷運

    1. 2028年7月 - 桃園機場捷運が当駅まで延伸開業予定。

    文化資産

    戦前の1939年に日本通運の倉庫として建てられ、戦後は台鉄が使用していた倉庫は、2021年に市の文化資産(歴史建築)に登録。屋根の梁は木造で、このうち4号倉庫は台鉄の乗車券を印刷する「中壢票務中心(中国語版)」として活用され、全盛期には毎日50万枚分の乗車券が印刷されていた。5号倉庫は賃貸物件として活用され、2018年からクリエイターの活動拠点「中壢五号倉庫芸文基地(中国語版)」となっている。 1. 後站(2016年) 2. 後站臨時駅舎(2020年) 3. 台鉄票務中心時代の4号倉庫 4. 芸文基地となった5号倉庫

    台鉄

    単式・島式ホーム3面4線の地上駅。桃園機場捷運の当駅への乗り入れに合わせて高架化される予定だったが、立地上の条件などで中断、地下化に変更される予定。

    桃園捷運(建設中)

    地下3階に島式ホーム1面2線の駅を建設中。

    台湾鉄路管理局

    1. 縦貫線北段

    桃園捷運

    1. 機場線(桃園機場捷運・建設中)

  3. 中国国家鉄路集団 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国国家鉄路集団
    • 概要
    • 負債
    • 子会社(仮)
    • 関連項目
    • 外部リンク

    汚職や安全管理の面で数々の問題が露見した国務院の鉄道部は、分割廃止されることとなった。管理部門は交通運輸部の外局の国家鉄路局に、鉄道の運行と維持を行う業務部門は財政部が出資し国家鉄路局が管理する国営会社として中国鉄路総公司に分割されることとなった。 2013年3月14日に全国人民代表大会において承認され、同日付で設立された。 2018年12月5日、中国国家鉄路集団有限公司に改名。

    中国国内の高速鉄道の運営も担う。2000年代に入り、人口が希薄な地域も含めて高速鉄道を建設、拡大してきた経緯から、多額の負債を抱えている。2018年9月時点の負債総額は、5兆2,800億元(約86兆円)と推計されている。

    集団公司

    1. 中鉄特貨運輸有限責任公司 2. 中鉄快運股分有限責任公司 3. 中鉄集装箱運輸有限責任公司

  4. ハノイ・ラオカイ線 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ハノイ・ラオカイ線

    ハノイ・ラオカイ線 基本情報 国 ベトナム起点 ハノイ駅 終点 ラオカイ駅 駅数 40駅(起終点駅含む) 開業 1906年 運営者 ベトナム鉄道 路線諸元 路線距離 296 km 軌間 1,000 mm(メーターゲージ) 線路数 単線 電化方式 非電化 テンプレートを表示

  5. 中国の鉄道路線一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国の鉄道路線一覧

    以下は、中国大陸に今の主要な在来線 鉄道(時速200 km未満)の地域別と運営者別のリストです。関連トピックについては、中華人民共和国の鉄道を参照してください。2021年末に中国の鉄道の走行距離は世界第2位の150,000キロメートル以上、高速鉄道の走行距離は世界 ...

  6. 滇緬線 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 滇緬線
    • 経緯
    • 建設の開始
    • 建設の中止と放棄
    • 昆一線・昆石線
    • 現状

    イギリスは19世紀頃から、東南アジアからビルマ経由で中国へアクセスする交易路の利権獲得を目指していた。これはイギリスのビルマ侵略の一つの大きな目的となっていた。この鉄道の開通によりヨーロッパ・中国南方間をマラッカ海峡を経由せずに往来・交易できることが期待されていた。 1885年、イギリスはビルマを併合し、1886年に中国との間にビルマ条約を締結、1887年には中英続議ビルマ条約を締結した。その12条において将来、雲南省で中国が鉄道を建設する際にはビルマ側のイギリスの鉄道と接続することが定められた。 1910年のフランス領インドシナのハノイと昆明を結ぶ滇越線の開通は、イギリスに中国南部との交易の利益をフランスに奪われるのでは、と危機感を抱かせた。イギリスは英仏インドシナ協定を活用して鉄道敷設権利を確保したが、その後、本鉄道の建設計画は停滞する。 1938年、日中戦争の激化に伴い、ビルマから中国へ軍事物資を輸送することを目的に、中国国民党政府・イギリス・アメリカの間で鉄道建設の協定が結ばれた。建設にあたってはアメリカが出資し、中国とイギリスが鉄道を建設することで合意し、測量が開始された。

    1938年12月5日、全ルートを東西2部・15工区(45小工区)に分けて建設が開始された。建設には30万人以上が動員され、亜熱帯で不衛生な環境、マラリヤ等の伝染病や食糧不足、過酷な労働のため多数の死者がでた。ルートは中国側から昆明より西に向かって安寧、禄豊、広通、楚雄、鎮南(南華)に至り、そこから一旦北上して姚安、再度西に進んで清華洞を経由し、祥雲の南側で南化して弥渡、南洞、公郎、雲県、孟定、そして国境の蘇達に至り、国境を越えてビルマのシャン州クンロンを経由し、ラーショーにてビルマ鉄道に接続する。 全線で1,000kmを越え、そのうち866kmは中国国内を走る(東部:昆明 - 清華洞間410km、西部:清華洞 - 蘇達間460km)。鉄道規格は滇越線に準じることとし、ゲージ幅もビルマ側の鉄道とあわせて1,000mmのメーターゲージとなった。 1940年、日本の仏印進駐に伴う滇越線の遮断などにより工事は一時遅滞したが、1941年にはビルマ・ロード経由で資材が運搬され建設が再開、以降急速に建設が進む。 1941年2月には昆明から石咀まで開通、10月には安寧までの35.2kmが開通した。石咀 - 安寧間には急勾配があるため、ループトンネルをひとつ設置して、高度を稼いでいる。同年にはアメリカン・ロコモティブ社へ25台のマレー式機関車(2-8-8-2式)の発注も行われた。

    1942年、日本は援蔣ルートを遮断するためにタイ経由でビルマに進攻、4月末にはラシオを占領、5月にはビルマから雲南省に入り怒江に到達、拉孟(中国名・松山)・騰越(中国名・謄衝)・龍陵を要塞化し、怒江西岸に400kmに渡る防衛線を展開した。そのため国民党軍は退却し、ビルマ公路の橋を破壊、建設中の滇緬線も、日本軍に利用されないよう、一部を破壊し、建設は中断した。中断当時、各工区における土木工事の進捗率は45% - 80%に達していた。 戦後、ビルマの独立によりイギリスは全面的に本鉄道から撤退、また中国もビルマの重要性の低さと建設の困難さから本鉄道の建設を放棄した(ただし、昆明駅から清華洞駅間は、当時の計画路線と大体同じルートを現在は成昆線・広大線が走っている)。

    建設中途の区間のうち、昆明から一平浪(禄豊と広通の中間にある山中の町で、鉱山がある)までの区間は昆一線として活用されることが決まり、1958年3月測量開始、4月に起工して、1959年3月に開通した。 しかし、一平浪駅まで平行して走る成昆線が1970年に開通したため、一平浪駅 - 草鋪駅間88kmの区間は1970年に廃止され、草鋪駅 - 麒麟駅と安寧駅 - 石咀駅の区間も1980年に廃止、安寧駅から麒麟駅は昆明鉄鋼公司に移管され、わずかに残された昆明 - 石咀間の12.9kmは「昆一線」から「昆石線」に改められた。 また1979年の昆明南駅への乗り入れ廃止に伴い、メーターゲージの路線は昆明北駅に集められたため、現在、昆石線は昆河線の支線となっている。

    滇緬線のうち、昆明から一平浪間は一時鉄道が走っていたため、山間部の廃線跡はかなり明確に残っている。未成区間も雲県までは比較的遺構が残っており、また祥雲や雲県等、各所に記念碑が建立されている。また、ビルマ側からもラシオからの建設跡が数十キロにわたって残っており、公開されている衛星写真等で確認できる。

  7. カントリーサイン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › カントリーサイン
    • 北海道のカントリーサイン
    • 東北地方のカントリーサイン
    • 関東地方のカントリーサイン
    • 中部地方のカントリーサイン
    • 近畿地方のカントリーサイン
    • 九州地方のカントリーサイン
    • 高速道路のカントリーサイン
    • 外部リンク

    北海道では北方領土を除く179市町村すべてに対してイラストが描かれている標識が作られ、国道、道道、市町村道脇に掲出されているほか、島嶼の町(奥尻町など)でもカントリーサインが港に設置されている。 1. 白老町 2. 北斗市

    1. 基本的に市町村章入りが設置されている(風間浦村を除く)。

    市町村章入りが主流だが、群馬県や埼玉県の一部ではイラスト入りのものが見られる。 1. 東京都清瀬市のカントリーサイン 2. 東京都檜原村のカントリーサイン 3. 栃木県足利市のカントリーサイン 4. 栃木県小山市のカントリーサイン 5. 栃木県野木町のカントリーサイン 6. 栃木県藤岡町(現:栃木市)のカントリーサイン 7. 茨城県取手市のカントリーサイン 8. 茨城県結城市のカントリーサイン 9. 茨城県五霞町のカントリーサイン 10. 群馬県館林市のカントリーサイン 11. 群馬県板倉町のカントリーサイン 12. 群馬県邑楽町のカントリーサイン 13. 群馬県嬬恋村のカントリーサイン 14. 埼玉県川口市のカントリーサイン 15. 埼玉県春日部市のカントリーサイン 16. 埼玉県北川辺町(現:加須市)のカントリーサイン 17. 千葉県市川市のカントリーサイン 18. 千葉県我孫子市のカントリーサイン 19. 神奈川県相模原市のカントリーサイン 20. 神奈川県大和市のカントリーサイン 21. 横浜市鶴見区のカントリーサイン 22. 横浜市青葉区のカントリーサイン 23. 川崎市川崎区のカントリーサイン 24. 川崎市麻生区のカントリーサイン

    岐阜県・愛知県・静岡県では市町村章入りタイプが殆どである。 1. 新潟県妙高市のカントリーサイン 2. 山梨県南部町のカントリーサイン 3. 北杜市のカントリーサイン 4. 岐阜県高山市のカントリーサイン 5. 岐阜県笠松町のカントリーサイン 6. 静岡県富士宮市のカントリーサイン 7. 静岡県小山町のカントリーサイン 8. 静岡県浜松市天竜区のカントリーサイン 9. 愛知県豊根村のカントリーサイン 1. 長野県阿南町のカントリーサイン 2. 南牧村のカントリーサイン 3. 長野県富士見町のカントリーサイン 4. 長野県上田市のカントリーサイン

    京都府や兵庫県では市町村章入りが主流であるが一部ではイラスト入りが設置されている。三重県、滋賀県ではほぼ市町村章入り、大阪府では市町村章入りが主であるが全市町村が章入りが設置されているわけではない。和歌山県では市町村章入りも設置されているが文字のみ、非設置の箇所も多く存在する。奈良県は直轄国道は章入りだが、その他はほぼ文字のみである。

    大分県日田市上津江町のカントリーサイン
    西海橋にある西海市(旧西彼町)のカントリーサイン

    高速道路においては、1980年代から各都府県や各市町村境にカントリーサインの整備が進められた。それ以前はイラストのない「XX県」「XX市」などの文字のみ標識がほとんどであったが各地域の名物のイラストが描かれた標識(うるおい標識・ふるさと標識)が設置されるようになった。また、平成の市町村合併で消滅した自治体のカントリーサインが撤去されたままで新しい自治体のカントリーサインが設置されていないところも多くみられる。現在では新設された高速道路や老朽化に伴い標識が交換されたものでは文字のみが主流になりつつある。 原則としてカントリーサインの図柄は「一つの市町村につき1種類」としており、同一市町村内に2本以上高速道路が走る場合でも同じ図柄のものが使われる事が多いがそうでない場合もある。 1. 九州自動車道における福岡県大野城市のカントリーサイン 2. 首都高速道路に設置されている埼玉県八潮市のカントリーサイン

  8. 寧和城際軌道交通 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 寧和城際軌道交通

    寧和城際軌道交通(ねいわじょうさいきどうこうつう、中文表記: 宁和城际轨道交通、英文表記: Nanjing–Hexian Intercity Railway )は、中華人民共和国 江蘇省 南京市 雨花台区の南京南駅から浦口区の高家沖駅、将来、東は紫東エリアの仙林 [1] まで、西は安徽省 ...

  9. 寧句城際軌道交通 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 寧句城際軌道交通

    寧句城際軌道交通(ねいくじょうさいきどうこうつう、簡体字: 宁句城际轨道交通; 繁体字: 寧句城際軌道交通、英語: Nanjing–Jurong Intercity Railway )は、中華人民共和国 江蘇省 南京市 棲霞区の馬群駅から句容市の句容駅、将来、東は句容市の茅山駅を経由し、 ...

  10. 中国の書家一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国の書家一覧

    そので董其昌は高く評価している。 その書は禅僧によって日本の 禅林 に伝来し、 本阿弥光悦 等に影響を与えた。 作品には楷書の『 金剛般若波羅蜜経 』(こんごうはんにゃはらみつきょう)、『大方広仏 華厳経 』(だいほうこうぶつけごんきょう)などがある ...

  11. 其他人也搜尋了