雅虎香港 搜尋

  1. 中華民国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中華民国

    1 天前 · 中華民国(ちゅうかみんこく、繁: 中華民國; 英: Republic of China )は、東アジアに位置する共和制国家。実効支配領土と政治情勢の原因で、「台湾」(たいわん、繁: 臺灣/台灣; 英: Taiwan )が通称として国際的にしばしば使用されている。 首都は台北市。 ...

    • Republic of China
    • 中华民国
    • Zhōnghuá Mínguó
    • 中華民國
  2. 中国の貨幣制度史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国の貨幣制度史

    5 天前 · 概要 中国の歴史を通じて使われた主な貨幣は、銅貨・紙幣・銀貨だった。銅貨は小額面で日常の支払いや取り引きに使われ、紙幣は主に高額面であり、銀貨は納税や貿易で使われた。銅貨や紙幣は表示された金額や刻印をもとに使う計数貨幣であり、銀貨は19世紀までは重 ...

  3. 中華人民共和国の鉄道 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中華人民共和国の鉄道

    6 天前 · 中華人民共和国の鉄道(ちゅうかじんみんきょうわこくのてつどう)では中華人民共和国における鉄道について記す。 中国の都市間を結んでいる鉄道は、大部分が中国国鉄によって運営されている。この他に市営の地下鉄や新交通システムなどの都市内交通機関や、産業目 ...

  4. 清 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 清

    4 天前 · 中華民国 満洲 中華人民 共和国 中華 民国 (台湾) 清の勃興 スレ・ハンの銭。表左「sūre(聡明なる)」、上「han(王)」、下「ni(の)」、 右「jiha(銭)」とある。清朝初期の無圏点満洲文字で記されている。「天聡汗銭」あるいは「天 ... ...

  5. 南京事件論争 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 南京事件論争

    22/11/2021 · 南京事件論争(ナンキン [1] じけんろんそう)とは、日中戦争(支那事変)中の1937年(昭和12年)12月に遂行された南京戦において発生したとされる南京事件における虐殺の存否や規模などを論点とした論争である。 論争は日中関係を背景に政治的な影響を受け続けた [2]

  6. 新疆ウイグル自治区 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 新疆ウイグル自治区
    • 概要
    • 歴史
    • 地理
    • 教育
    • 住民
    • 経済
    • 資源
    • 交通
    • 環境問題
    • ウイグルの独立運動

    新疆ウイグル自治区はモンゴル・ロシア・カザフスタン・キルギスタン・タジキスタン・アフガニスタン・パキスタン・インドといった国々と国境を接しており、国境の大部分は、標高数千米の険しいカラコルム山脈・崑崙山脈・天山山脈が占めている。中国が統治するアクサイチン地域は、インドが領有権を主張している。また、新疆は、チベット自治区・甘粛省・青海省とも接している。シルクロードの最も有名なルートは、新疆ウイグル自治区の東から北西の境界までを通っている。 領土内には、テュルク系のウイグル人、カザフ人、キルギス人、漢族、チベット族、回族、タジク人、モンゴル族、ロシア人、シベ族など、多くの民族が暮らしている。新疆には、十数個の少数民族の自治県や郡がある。古い英語の参考文献では、この地域を中国のトルキスタン、東トルケスタン 、東トルキスタンと呼ぶことが多い。新疆は、山脈によって北のジュンガリア盆地と南のタリム盆地に分かれている。新疆の土地面積のうち、人間の居住に適しているのは約9.7%に過ぎない。 少なくとも2,500年の歴史を持つ新疆ウイグル自治区では、多くの人々や帝国がこの地域のすべて、または一部を支配しようと競い合ってきた。18世紀には清朝の支配下に置かれ、その後、中華民国政府に取って代わられた。1949年の中国内戦以降は、中華人民共和国の一部となっている。1954年、ソビエト連邦に対する国境防衛を強化するとともに、兵士を地域に定住させることで地域経済の振興を図るため、新疆生産建設兵団 (XPCC) が設立された。1955年、新疆は省から自治区へと行政が変更された。ここ数十年、新疆では豊富な石油・鉱物資源が発見されており、現在は中国最大の天然ガス産出地となっている。1990年代から2010年代にかけて、東トルキスタン独立運動、分離独立紛争、イスラーム過激派の影響により、この地域では時折テロが発生したり、分離独立派と政府軍が衝突するなどの不安が生じている。これらの内紛を受けて、中国政府はこの地域に強制収容所を設置し、イスラム教徒を思想改造しようとした。これらの措置は、海外ではウイグル人大量虐殺と総称されている。 本来中国には時差が設定されていないが、新疆では非公式に北京時間 (UTC+8) より2時間遅れの新疆時間 (UTC+6) が使われている。

    清朝以前

    古代中国から西域と呼ばれたこの地域は中央アジアや中国との政治的・経済的な繋がりを古くから有し、オアシス都市国家が繁栄し、漢代と唐代には、中国の直接支配下に置かれた時期もあった。 隋の煬帝の大業5年(609年)、煬帝が自ら隋軍を指揮して吐谷渾を征服、現在の新疆南東部を実効支配し始めた。中原王朝が西域の実効支配もその時期から始めた。 唐の太宗の貞観14年(640年)、唐軍が高昌を占領し、西州を設置した。また可汗浮図城において庭州を設置した。同じ年、高昌で安西都護府を設置。後庫車へ遷し、安西大都護府へ転換。 唐代後期、ウイグル帝国の支配下に入り、9世紀、ウイグル帝国が瓦解したのちも、ウイグル人の残存勢力による支配が続いた。 13世紀、モンゴル帝国の勃興によりその支配下に組み込まれ、チャガタイとその子孫による支配が行われた。16世紀に至りヤルカンド・ハン国が地域を統一したが、17世紀末ジュンガルに征服された。

    清朝

    1755年にジュンガルにおける清朝の領域はほぼ確実なものとなった。1775年以降、清のジュンガル征服(清・ジュンガル戦争)にともなってその支配下に入るに至り、「ムスリムの土地」を意味するホイセ・ジェチェン (Hoise jecen; 回疆)、「新しい土地」を意味するイチェ・ジェチェン (Ice jecen; 新疆) などと清朝側から呼ばれた。 19世紀には各地で反清反乱が相継ぎ、ヤクブ・ベクの乱によって清朝の支配は崩れたが、左宗棠により再征服され、1884年に中国内地並の省制がひかれて新疆省となった。この時左宗棠が 「他族逼処、故土新帰」と上奏したのが新疆省の名称の由来。

    中華民国以降

    辛亥革命の後、清朝の版図を引き継いだ中華民国に属しながらも、漢民族の省主席によって半独立的な領域支配が行われた。これに対して1933年と1944年の二度にわたって土着のムスリム(イスラム教徒)によって民族国家東トルキスタン共和国の建国がはかられたが、国共内戦で東トルキスタン共和国のセイプディン・エズィズィと新疆省のブルハン・シャヒディらが中国共産党に帰順したことでこの地域は中国人民解放軍が展開し、1955年に新疆ウイグル自治区が設置された。 1966年には自治区内に文化大革命が波及。こと文革に関しては、少数民族を多く抱える同自治区の闘争は中国の他地域と比較してある程度は抑制されていたというが、それでも一部で行なわれたモスクの破壊や紅衛兵同士の武装闘争により、混乱に拍車がかかった。

    新疆ウイグル自治区の面積165万平方キロメートル (km2) は中華人民共和国の省・自治区の中で最大であり、中国全土の約1/6を占める(日本の約4.5倍)。ただし、面積の約4分の1は砂漠が占めており、これは中国の砂漠総面積の約3分の2に相当する。 中国の最西部に位置しており、東部から南部にかけて、それぞれ甘粛省・青海省・チベット自治区と省界を接している。また、インド・パキスタン・アフガニスタン・タジキスタン・キルギス・カザフスタン・ロシア連邦・モンゴル国の8カ国と国境を接し、国境線の総延長は約5,700キロメートル (km) に達する。国境を接する国の数は、中国の行政区分で最大である。また、ユーラシア大陸の到達不能極に位置する。 テンリ・タグ山脈を背骨とし、北のアルタイ山脈(モンゴル国境)の間にジュンガル盆地、南のクンルン山脈(崑崙山脈とも。チベット自治区との境)の間にタリム盆地が広がる。 ほぼ中央に、ウイグル語で天の山を意味するテンリ・タグ(تەڭرىتاغ Tengri tagh)という山脈があり[注 1]、漢名ではこれに由来して天山山脈という。テンリ・タグ山脈の最高峰であるポベーダ山はキルギスの国境に位置し、標高は7,439mである。 天山山脈は中央アジアと東アジアの自然国境とされ、カラコルム山脈は西南アジアと東アジアの自然国境とされる。カラコルム山脈は急峻な山々が峰を連ね、パキスタン国境にあるK2は、海抜 8,611メートル (m) に達するエベレストに次ぐ世界最高峰である。 1931年8月11日、新疆ウイグル自治区北部でマグニチュード8の地震が発生。地震研究のための貴重な資料として、当時の地震断層や地形の変化がそのままの状態で残されている。2007年4月19日、断層の保護作業が終了した。

    大学

    1. 新疆大学 - 211重点大学 2. 石河子大学 - 211重点大学 3. 新疆師範大学 4. 新疆医科大学 5. 新疆農業大学 6. 新疆財経大学

    少数民族に対する言語政策

    世界では国際人権規約にて少数民族が独自の言語を使う権利は「少数民族の文化や宗教、言語を『否定されない権利』」と明記して保障されているが、習近平政権は少数民族による分離・独立運動への警戒から統制と標準語(普通話)教育を強めている。それにより中華民族としての意識を高め、中国共産党の支配をさらに強固にしようとしているとされる。 その行為はアメリカ政府によりジェノサイド(集団殺害)と認定された。ウイグル族を収容している収容施設では、共産党自治区の治安部トップによる「中国標準語への矯正学習を最優先せよ」という指示のもと少数民族に対する再教育や洗脳が行われているとの指摘がある。 一方、ウイグル語と標準語(北京語)が両方大事で必要であると考えているウイグル族は全体の93.5%を占め、ウイグル語のみ使用希望の人は5%に留まるという調査研究もある。中国側はウイグル語の日常使用や教育を特別制限しておらず、ドルと違い人民元にすらウイグル語が印刷されていると反論している。

    総人口は約1900万人で、3分の2は漢族以外の少数民族である。自治区内の住民はウイグル人、漢族、カザフ人、回族、キルギス人、オイラト族(カルムイク族)(民族区分ではモンゴル族)などの様々な民族で構成される。また、カザフ人、キルギス人、タジク人、ウズベク人など、隣接する旧ソ連領中央アジア諸国と国境を跨って居住する民族も少なくない。 2021年6月8日、新疆ウイグル自治区で生まれる少数民族の子どもの数が、今後20年間で当初予測より260万~450万人下回る見通しだとする報告書が中央アジア研究の専門誌で発表された。報告書は、当局が不妊手術などで出産を妨げる計画を実施していたとも指摘した。

    第一次産業としては、小麦・綿花・テンサイ・ブドウ・ハミウリ・ヒツジ・イリ馬などが主要な生産物となっている。特にこの地域で生産される新疆綿といわれる綿は、エジプト綿(ギザ綿)、スーピマ綿と並んで世界三大高級コットンと呼ばれ、繊維が長く光沢があり高級品とされており、日米欧に輸出され高級シャツ、高級シーツなどに利用される。なお、2021年、アメリカ合衆国は自治区内で強制労働が行われている可能性があるとして新疆産の綿の輸入を停止した。これを原料に用いたUNIQLO (ファーストリテイリング)の衣料品が、米国で輸入差し止めとなる事例も起きた。 また、中国四大宝石の中で最高とされる和田玉はホータン市で産出される。この他、石油と天然ガスなどのエネルギー資源産業をはじめ、鉄鋼・化学・機械・毛織物・皮革工業が発達している。主要な工業地域として、烏魯木斉・克拉瑪依・石河子(シーホーツ)・伊寧(イーニン)・喀什(カシュガル)が挙げられる。 エネルギー資源の影響で内陸部の割には2002年から2013年にかけて新疆の平均成長率は15%を超え、特に中国最大級の油田があるカラマイは2008年には一人当たりのGDPが中国本土で最も高い都市となった。 省都のウルムチは200万人を超える人口規模で中央アジア最大の都市タシュケントに匹敵し、中国北西部および中央アジアで最も高いビルである中信銀行大廈(英語版)(旧・中天広場)などの高層ビルで街並みは沿岸部の大都市のように近代化されている。

    新疆は石油と天然ガスの埋蔵量が豊富で、1980年代後半から探査が本格的に開始された。1988年11月以降、タリム盆地で未開発の油田としては世界最大級の油田群が発見された。これまでに38カ所の油田、天然ガス田が発見されている。新疆の油田としては塔里木(タリム)油田、準噶爾(ジュンガル)油田、吐哈(トゥハ)油田が3大油田とされ、独山子(トゥーシャンツー)、烏魯木斉(ウルムチ)、克拉瑪依(カラマイ)、庫車(クチャ)、塔里木の5大精油工場で原油精製も行われている。 可採埋蔵量は100億バレル以上とされ、確認埋蔵量は原油で60億トン、天然ガスで8兆立方メートルとされているが、油田地帯がばらばらで地質構造も極めて複雑であることから、ブレは大きいものと考えられている。 新疆の石油と天然ガスの埋蔵量は、それぞれ中国全体の埋蔵量の28%と33%を占めており、今日では油田開発が新疆の経済発展の中心となっている。特に、西部大開発政策開始以降は、パイプライン敷設や送電線建設などが活発化している。これには、中国国内最大の油田であった黒竜江省の大慶油田の生産量が近年では減少してきたために、新疆の油田の重要性が相対的に増していることも関連している。 2008年には新疆最大級の油田があるカラマイが一人当たりのGDPが中国本土で最も高い都市となった。

    経済発展は、新疆に高速道路や高速鉄道など交通網の整備をもたらし、烏魯木斉などを拠点とした道路が新疆のほとんど全ての郷・鎮を結び、更には青海省、西蔵自治区、カザフスタン、パキスタンとも道路で結ばれるまでになった。

    砂漠化

    新疆ウイグル自治区には、タクラマカン砂漠があるが、近年、過放牧によって草原が荒れて、砂漠化が進行している。その理由は、タリム盆地周縁のオアシス人口の急激な人口増加によるとされる。漢族の急激な入植による人口増加が主な原因とされる。 タクラマカン砂漠やゴビ砂漠(中国北部 内モンゴル・甘粛・寧夏・陝西)、黄土高原などにおける砂漠などは、黄砂の飛翔原でもあり、黄砂は日本を含む東アジアの広い範囲に被害を及ぼしている。

    世界ウイグル会議日本・東アジア全権代表を務めていたトゥール・ムハメットによると、中華人民共和国のウイグル人は、下等市民あるいは人間以下とみなされ、市民同士はトラブルを怖れて接触したがらないという。 2013年10月末には、ウイグル人がガソリンを積んだ自動車で北京の天安門に突入し自爆するテロ事件が起こった(天安門広場自動車突入事件)。 中国側は世界ウイグル会議こそウイグル分裂主義者で、具体的な例を提示しデマや暴力犯罪事件の黒幕であると反論している。

  7. 日中戦争 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 日中戦争

    2 天前 · 中華民国臨時政府に合流。 中華民国臨時政府 (北京) 1937年から1940年まで王克敏を首脳として北京に存在した。日本に同調し、日本の傀儡政権ともいわれた。汪兆銘政権(南京政府)が成立すると華北政務委員会となった。 中華民国維新政府

  8. 2021年 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 2021年

    3 天前 · 干支:辛丑(かのと うし) 日本(月日は一致) 令和3年 皇紀2681年 大韓民国(月日は一致) 檀紀4354年 中華民国(月日は一致) 中華民国暦110年 朝鮮民主主義人民共和国(月日は一致) 主体暦110年 仏滅紀元:2563年閏10月6日 - 2564年閏9月12日 イスラム暦: ...

  9. 2001年 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 2001年

    6 天前 · 大韓民国(月日は一致) 大韓民国83年 檀紀4334年 中華民国(月日は一致) 中華民国暦90年 朝鮮民主主義人民共和国(月日は一致) 主体90年 仏滅紀元:2543年 - 2544年 イスラム暦:1421年10月5日 - 1422年10月15日 ユダヤ暦:5761年4月6日 - 5762年4月16日 ...

  10. 台北市 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 台北市

    1 天前 · 台北市(タイペイし、繁体字中国語: 臺北市/台北市、注音: ㄊㄞˊ ㄅㄟˇ ㄕˋ、国語拼音:Táiběi Shì、英語: Taipei、台湾語:Tâi-pak-tshī)は、台湾本島北部にある中華民国の直轄市。2019年10月時点での人口は2,646,204人 [1] であり、市域の人口では衛星都市の新 ...