雅虎香港 搜尋

搜尋結果

  1. 日本觀光局 日本旅遊官方APP | 日本觀光局(JNTO) 日本旅遊官方APP”是由日本觀光局(JNTO)的官方智慧型手機 app,提供關於日本旅遊的最新資訊,讓您擁有一趟安全舒適的旅行。

  2. 賛助団体制度・会員サービスにご加盟いただいた皆様には、訪日プロモーションや海外でのセールスコール支援の他にも、賛助団体・会員の皆様を対象としたイベント(訪日インバウンド旅行振興フォーラム、テーマ型情報交換会)やメールマガジン ...

  3. JNTOでは、国内の地域・事業者と連携し、ATTAが主催する国際規模の商談会やワールドサミットへの出展・参加による、日本のアドベンチャートラベルの魅力の周知浸透に取り組んでいます。 2022年に開催されたAdventure ELEVATE2022(ATTA主催の北米商談会)では、230名以上の参加者に向けたプレゼンテーションを実施したほか、会場内のブースや商談会において、アドベンチャートラベル専門旅行会社やメディアとの意見交換を行うなど業界関係者との連携を強化しています。 ATTAは、毎年、世界各地を開催地として、アドベンチャートラベルに関する世界最大規模のイベント「Adventure Travel World Summit (ATWS)」を開催しています。

    • Visit Japanトラベル&Miceマート
    • 海外主要都市での旅行商談会の主催
    • 海外における旅行見本市への出展

    VISIT JAPANトラベル&MICEマートとは、海外の訪日旅行取扱旅行会社等の担当者と日本全国の観光関係事業者を一堂に集め、 訪日旅行ツアーの造成と販売促進を図るための商談機会の提供とさまざまなインバウンド関連ビジネスを創出するJNTO主催の商談会です。

    韓国では、「VISIT JAPAN韓国市場説明会・商談会」をソウル市で開催し、韓国側旅行業界と日本側観光関係施設・地方自治体・広域観光組織等との訪日旅行商談会を実施しました。 2019年6月の開催時は、JNTOソウル事務所長による韓国市場における訪日旅行の現況及び今後の課題についての説明と、韓国市場の最新トレンドを紹介するパネルディスカッションを実施。その後の商談会には訪日旅行商品を扱う韓国の旅行会社やメディア関係者等90団体、日本側自治体や観光関連団体、ホテル・観光関連会社など68団体、計134名が参加し、旅行商品販売・造成に向け、活発な商談や意見交換が行われました。 また、訪日旅行の需要が期待されるインドでは、インド国内の主要都市において、旅行会社向け商談会を実施しています。インド国内の...

    英国・ロンドンで毎年11月に開催されるBtoB国際旅行博「World Travel Market (WTM) 」は、旅行業界関係者約5万人が来場する欧州最大の旅行見本市のひとつで、JNTOでも例年、自治体・観光関連団体等と連携し、ビジット・ジャパンブースを共同出展しています。 2021年は新型コロナウイルス感染症の影響により、現地会場とオンラインによるハイブリット方式での開催となったものの、会場で日本ブース内のフリー商談スペースを英国に拠点を置く日系航空会社や旅行会社に提供するとともに、日本の地方自治体・旅行関係団体らとオンラインでの共同出展を通じて、日本に関する最新情報の発信や業界関係者との商談を実施しました。

  4. 台湾では、2019年6月11日〜13日、台湾の3都市(台北・台中・高雄)において、日台の教育旅行関係者を対象に訪日教育旅行に関する説明会及び意見交換会を開催しました。

  5. 2022年1月14日 · オンライン個別相談会とは、賛助団体・会員の皆様とJNTO海外事務所との間で、オンラインにて一対一で意見交換を行うイベントです。 2019年度以前は、テーマ特化型セミナー実施後に、会場にて個別相談の場を設けていましたが、こちらも新型コロナウイルスの影響により、2020年度から2021年度にかけてはオンラインにて実施。 2021年度は、11月に開設した新事務所(ドバイ、メキシコ)も含め、全24事務所でオンライン個別相談会を実施しています。 オンライン個別相談会の魅力は、直接海外事務所とコミュニケーションがとれる点です。 賛助団体・会員の皆様それぞれのお悩みに向き合い、可能な限りご質問にお答えしています。 また、実際に海外に行かなくてもオンラインで事務所と話すことができる点も魅力と言えます。

  6. 2023年3月3日 · 2023年3月3日 インタビュー (JNTO・有識者) コンテンツ造成 訪日旅行の動向 高付加価値 インバウンドの大きな潮流「高付加価値旅行者」を掴もう 訪日旅行再開の動きが本格化するなか、注目が集まっている「高付加価値旅行」。 2022年5月には、観光庁が「地方における高付加価値なインバウンド観光地づくりに向けたアクションプラン」を策定し、各地で高付加価値旅行者誘致へ向けた機運が高まっています。 本記事では高付加価値旅行とはどんな旅行を指すのかという基礎的な情報から、誘致に向けた考え方、取り組む意義、またJNTOが今後果たす役割などについて、市場横断プロモーション部市場開発グループ マネージャー代理 松田景子がお話します。 目次