雅虎香港 搜尋

  1. 大約 50 個搜尋結果
  1. ja.wikipedia.org › wiki › FF.I.R. - Wikipedia

    F.I.R.とは、もともとはメンバーの頭文字を取って組み合わせたものであるが、「Fairyland in Reality」とのダブルミーニングとしている。. 2004年 にデビュー。. 台湾のTVドラマ「鬥魚」のエンドテーマ曲に起用された「Lydia」で脚光を浴び、同曲を含むデビュー ...

    • 飛兒樂團(Fēi ér yuè tuán)
    • 中華民国
  2. ja.wikipedia.org › wiki › 任侠任侠 - Wikipedia

    • 中国における任侠
    • 日本における任侠
    • 関連項目

    中国での任侠の歴史は古く、中国春秋時代に生まれたとされ、情を施されれば命をかけて恩義を返すことにより義理を果たすという精神を重んじ、法で縛られることを嫌った者が任侠に走ったとされる。戦国四君は食客や任侠の徒を3千人雇って国を動かしたとして各国から評価され、四君の中でも特に義理堅い信陵君を慕っていた劉邦は、任侠の徒から皇帝にまで出世した。この任侠らを題材にしたのが『史記』の「遊侠列伝」である。登場人物の朱家は有名で、貧乏ながらも助命をすることが急務とし、そのことで礼を言われることを嫌っていたために名声が高かったという。以後、任侠は庶民の間で地位を得、権力者の脅威となったという。任侠に武術を取り込んだ『武侠小説』は現代でも人気が高い。 なお、『史記』「遊侠列伝」の著者である司馬遷は、「『仁侠』の...

    日本でも任侠を主体とした男の生き方を「任侠道」、またこれを指向する者を「仁侠の徒」というが、日本では江戸時代以降、近代および現代を通して政治が安定して法治主義が隅々まで行き届いており、反乱などもほとんど長続きしないという状態であったため、任侠の精神は社会の最下層の人間や非合法の輩の間でしか存在できないという状態が存在した。たとえば、羽倉簡堂は『劇盗忠二小伝』(別名『赤城録』)において、天保の飢饉に苦しむ貧民を率先して救い刑死した上州の博徒、国定忠治を任侠の徒として評価している。 戦前の日本の知識人や近年の国内外のヤクザ研究者のあいだでは、任侠道と武士道は同列のものであり、ヤクザは武士の倫理的継承者であるという言説が広く受け入れられている。杉浦重剛は日本人は生まれながらに大和魂を持つが、その魂...

    • 概要
    • シリーズ終了後
    • ドラマ様式
    • シリーズ構成
    • 登場人物
    • 作品の概要
    • 放送日程
    • 仕掛け
    • 実現しなかったゲスト
    • 撮影裏話

    田村正和演じる警部補・古畑任三郎が、ゲスト演じる犯人による犯罪のアリバイやトリックを巧みな話術と卓越した推理力で崩していき、完璧と思われていた犯行の真相を解明していく。なお、劇中で起こる犯罪は多くの場合、殺人である。 本作は、『刑事コロンボ』で知られる倒叙ものと言われる形式でストーリーが進行していく。つまり、犯行の様子の全容をまず見せ、古畑が真犯人とのやりとりから容疑を固め、最後に自供に追い込むというパターンである。また、犯人役は作中内での有名人や社会的地位の高い人物であることが多く、これらの点も『刑事コロンボ』と同様であった。 ゲストには大御所・人気俳優が多数登場し、変り種では本放送当時に現役のメジャーリーガーであったイチローが本人役かつ犯人役で出演した。 日本の刑事ドラマでは珍しく、被害...

    2008年6月14日の19:00-20:54(JST)に、古畑の少年時代(古畑役は山田涼介)を描いた『古畑中学生』が放送され、オープニングには田村正和も登場した。 松本幸四郎(現・2代目松本白鸚)親子がシリーズを通して出演しており、次女の松たか子が第2シーズン、長男の市川染五郎(現・10代目松本幸四郎)が第3シーズン、幸四郎本人が2004年版スペシャルに登場している。なお、松たか子のみ犯人役ではなく、ほか2人は犯人役で出演した。 2020年4月から5月にかけて、「新型コロナウイルスの影響で家でじっとしている人に楽しい話題を提供しよう」という三谷の発案で、三谷が朝日新聞紙上に連載している「三谷幸喜のありふれた生活」にて、新作『一瞬の過ち』が小説として全4回で掲載された。 ドラマシリーズ復活につ...

    本作は倒叙式であるため、視聴者は「誰が真犯人なのか?」という興味ではなく、「真犯人をどうやって追い詰めるか?」という点に目が向けられることになる。そのため、放送の前半に犯人役及び犯行シーンが公開される[注 2]。 犯人が最後までわからないストーリーでは、配役だけで視聴者に犯人が分かってしまうため犯人役に大物俳優を使うことが難しい。しかし倒叙式の手法を取り入れることにより大物ゲストを無理なく犯人役に迎えることができるようになっている。 古畑は主役でありながら、冒頭のオープニングシーンには登場するものの、本編に入ってからすぐには登場しない回がほとんどである。これは、前述の通り「犯人と被害者とのやり取りや犯人の犯行シーンなどを見せるため」であり、誰かが警察に通報したりするまで古畑は登場しない。SM...

    これまでに合わせて42回(エピソード数で言えば、第37回と第38回は前後編構成、第25回は総集編であるため、本編40エピソード+総集編1エピソード)放送された。 本稿では既に発売されているDVDの呼称に従い、「第1シーズン(1st season)」「第2シーズン(2nd season)」「第3シーズン(3rd season)」「スペシャル」「ファイナル」「総集編」に大別する。 オープニングのタイトルロゴは「古畑任三郎 vs SMAP」と「古畑中学生」以外は、第1シーズンから『古畑任三郎』である。 第1シーズンのみ、新聞の番組欄ではタイトルが『警部補・古畑任三郎』になることがある。これは「古畑任三郎」という名前が「刑事らしくなく、時代劇だと誤解されるのではないか」という配慮から行われた措置であ...

    1. 演 - 田村正和(中学時代:山田涼介) 2. 警視庁刑事部捜査一課の刑事で、階級は警部補。誕生日は1月6日。一番上の兄が九州大附属病院で医者をしている。常に黒のスーツ・ノーネクタイ・サスペンダーで、寒い時期には黒のロングコートといういでたち。事件現場には、しばしばセリーヌブランド(ブリヂストンサイクル製)の自転車で現れる。 3. 警視庁きっての推理力の持ち主で、わずかな手がかりや発言の矛盾を即座に見抜く鋭い観察眼と、犯人の裏をかく巧みな話術により、幾多の事件を早期解決に導いている。立ち振る舞いは紳士的だが、その一方で幼稚な程細かいことにこだわり、悪戯好きで負けず嫌いな性格でもある。

    1. 演 - 西村雅彦 2. 古畑の部下。階級は巡査。第41回の時点で45歳の独身[注 7]。祖母と暮らしている。単純かつおっちょこちょいな性格で、直接捜査に役に立つことは皆無だが、今泉の無意味な言動が、古畑に事件解決のヒントをもたらすことが多く、ある意味重宝されている。古畑にとって絶好のからかい相手で、よくおでこを叩かれる。シリーズを通じて自律神経失調症により2度、一時休職している。

    1. 演 - 石井正則(アリtoキリギリス) 2. 第3シーズンからレギュラー登場した刑事。身長が低く、生真面目な性格をしている。実家はお寺。卓球などの球技が得意。事件解決に必要なデータ収集を一手に引き受け、古畑をサポートする。古畑にも目をかけられる有能な部下で、そのため今泉からは嫉妬されている。ただその生真面目さ故に、第35話では、化学者・堀井岳(福山雅治)の策略にはまり、堀井の元恋人の片桐恵(戸田菜穂)を犯人と勝手に断定してしまうなどの勇み足も見受けられる。

    1st season

    1. タイトルは『警部補 古畑任三郎』。ストーリー毎に古畑のシャツの色が異なっていた(白、青、紫など)。この初期における今泉慎太郎は古畑の助手的な役割が強い。第3回時点での今泉は普通の刑事であり、第5回では古畑に頼らず死亡推定時刻を導き出す。ただし、古畑にいいようにこき使われたり、子供じみた言動や素っ頓狂な言動も時折見せるなど後のシリーズでのキャラクター性を指し示す片鱗も見せている。また、第8回は三谷幸喜が脚本を務めた『振り返れば奴がいる』の後日談、もしくはパラレルワールド的要素を兼ね合わせた内容になっている。なお、この頃は今泉に「慎太郎」の名前がクレジットされていない(第12回で初めてフルネームで表示される)。 2. また、三谷幸喜、プロデューサーの関口静夫、監督の河野圭太が古畑任三郎 DVD(「すべて閣下の仕業」)のコメンタリーで語っているが、初めて撮影されたのは実際の放送順では第3回の古手川祐子編である。クランクインは 1993年12月で、4月スタートの新番組としては異例の早さである。チーフディレクターは星護だったが、星監督が当時別番組(『幕末高校生』)を担当していたため、...

    2nd season

    1. タイトルを『古畑任三郎』に改めてのレギュラー放送。シリーズとしてのフォーマットが決定したシーズンと位置付けられる。芳賀が捜査に参加するようになって、今泉は第14回で「自律神経失調症で長期休養中」という設定が与えられて以降、奇天烈な言動が目立つ道化役として強調されるようになっていく。クランクインは1995年10月で初回の撮影分は沢口靖子編であり、第1回目の明石家さんま編は実際の撮影順では4本目である。第21回「魔術師の選択」の犯人役である山城新伍は『刑事コロンボ』の第38話で犯人役(ウィリアム・シャトナー)の吹き替えを担当しており、両作品の「犯人役」を経験したことになる。なお、この作品にはまだメジャーになる前の松たか子も出演している。また、第17回「赤か、青か」で被害者の警備員役を演じている金井大は『刑事コロンボ』の第12話、第25話、第34話でヴァル・エイヴリーの吹き替えを担当している。第2シーズン最終回である第23回「ニューヨークの出来事」は全編ニューヨークロケが敢行されたが台本が完成したのが渡米3日前だった。演出は河野圭太だが、松田秀知もロケに同行している(ただしノンク...

    巡査・今泉慎太郎

    1. 本作の番外編として、今泉を主人公として作られたスピンオフの10分番組。 2. 第1シーズン第12回で尺に数分の余りが出たので、科学研究室での今泉と桑原技官のやりとりを加えたところ好評だったため、第2シーズンとあわせて制作され、本編が放映された直後の深夜にオンエアされた。第12回のときの桑原はマッドサイエンティストの趣が強かったが、第2シーズン以降の桑原は性格が明るくなり、今泉と同年齢の後輩という設定になった。この番組内で古畑任三郎のオープニング曲に歌詞をつけた「今泉慎太郎を称える歌」は西村雅彦のアルバムCD「DECO」に収録されている。 3. 第3シーズンでは制作されなかったものの、2004年のスペシャル「すべて閣下の仕業」で復活した。しかし、桑原役の伊藤俊人は既に死去していたため、今泉・西園寺・向島・花田兄の四人となった。その時のオープニングCGは新規に作成されていない。 4. ビデオ化された際は「今泉慎太郎」単独でのリリースだった(全2巻)が、単独でのDVD化はなされず、「古畑任三郎」第2シーズンのDVDに同時収録されている。なお、第12回「今泉慎太郎 大空の怪事件」は...

    2nd season

    1. 第22回サブタイトル欄のカッコ内は放映時に新聞のラテ欄に表記されていたもの

    3rd season

    1. サブタイトル欄のカッコ内は放映時に新聞のラテ欄に表記されていたもの。

    本作には「遊び」とも言える仕掛けが随所にちりばめられている。これは、喜劇作家・脚本家の三谷幸喜によるところがある(他の三谷作品との繋がりについては、#放送日程を参照)。 アバンタイトル 1. 番組の冒頭、黒い背景をバックに古畑が立ち、その回のキーワードや関連する話を披露する。これで視聴者がどこに注目すべきかのヒントが示される。 赤い洗面器の男の話 1. 第11回「さよなら、DJ」を皮切りに、第21回・第25回・第38回・第39回など、シリーズを通して語られる小話。最後のくだりになると、なんらかの理由によって必ず中断されてしまうため、いまだに古畑や視聴者にオチは知らされないままである。ただし三谷幸喜によると、オチは用意されているとのこと。なお、この小話は『王様のレストラン』などの他の三谷作品に...

    未放映シナリオ

    「古畑任三郎大辞典」に掲載された石原隆のインタビューより、脚本も完成して収録直前までいったが没になった作品。 1. 1.1. タイトル「殺意の賛美歌」[要出典]。 1.2. 犯人役 - 勝新太郎[要出典] 1.3. 職業 - ウエスタン歌手[要出典] 1.4. ストーリー - 勝新太郎扮するウエスタン歌手が被害者を殺害した後、死体を隠し時計を細工して古畑に挑む予定だった。[要出典] 1.5. 放映予定日 - 2nd season[要出典] 1.6. 備考 - 正式にオファーを出し勝も承諾していたが、舞台の出演と重なってしまったために収録直前で降板。[要出典] 関口静夫のインタビューより、脚本も完成して収録直前までいったが没になった作品。 タイトル - 不明 1. 1.1. 犯人役 - 三上博史 1.2. 職業 - 文楽の人形遣い 1.3. ストーリー - 不明 1.4. 放映予定日 - 3rd season 1.5. 備考 - 『リップスティック』に急遽主演することになったために降板。インタビューによるとシナリオも完成していたが、お蔵入りになったという。三上の出演は放送開始前のテ...

    犯人役候補

    同じく「古畑任三郎大辞典」の石原隆のインタビューから以下の芸能人も候補にしていたが、実際にオファーを出したかは不明。和田のように、ファイナルから15年以上経った後年になってから判明した芸能人もいるため、他にも明かされていない候補者はいるものと思われる。 1. 渥美清:「殺人リハーサル」の設定を変更[要出典]。 2. 伊丹十三[要出典]。 3. 宮本信子:鑑識官[要出典]。 4. 安達祐実:天才少女[要出典]。 5. 愛川欽也 6. 若山富三郎

    辞退

    1. 織田裕二 1.1. 『振り返れば奴がいる』の主役・司馬江太郎役として1st seasonにオファーが来たが辞退。織田は、2003年に開催されたDepsツアーのパーティーで「僕は司馬先生が負けるところは見たくない」という理由から断ったことを自ら明かしている。真相は不明だが、司馬の代わりに同作から鹿賀丈史が中川淳一役で出演した。また、ツアーには亀山千広、石原隆も同行しており、古畑任三郎が踊る大捜査線に出演する企画も立ち上がっていたが、田村が丁度舞台と重なっており、仕事を2本は取らない主義だったために結局実現には至らなかったという裏話を披露している(今泉役の西村雅彦はノリノリだった)[要出典]。 2. 志村けん:オファーを辞退。犯人役を緒形拳に変更し「黒岩博士の恐怖」となった。また、『TVガイド』のインタビューで石井正則は、犯人役をしてもらいたい希望者として「志村けんさんに白衣を着て髪を縛って出演してもらいたい」と答えていた。[要出典] 3. 中村勘九郎

    ドラマでは古畑は今泉を「役に立たない」や「バカ」と言うことが多いが、田村は西村との共演についてインタビューで、「彼は本当に素晴らしい。もともと力がある人なんでしょうね。底力のある人でしょう」と絶賛している。 笑福亭鶴瓶(幡随院大役) 1. 第4回の犯人役。ホテルのレストランで食事をしているシーンの撮影中にパフェを食べている田村が突然「なかなか減らない」とアドリブを入れてきたが、田村の前でNGは出せないために、鶴瓶は笑いを堪えるのに必死だったという。また「いいとも見てます」と自身のレギュラー番組を見ていると言われ驚いたそうである。 小堺一機(佐古水茂雄役) 1. 第10回の犯人役。田村とは『古畑』で初めて対面する事になっていたが、途中、車での撮影の間に田村と二人っきりになってしまう。長い沈黙が...

    • 人物
    • 登場の経緯
    • 補足

    警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係所属の警部。国家公務員I種試験合格を経て警察庁へ入庁したキャリア組。年齢は不詳[注 1]。一人称は「私」「僕」。作中では目暮十三の部下のように描かれているが、正確には彼の部下ではない。初登場時こそ警部補だったために目暮の下についていたが、警部への昇進にともなって班を持ったことが、昇進後の話における千葉刑事の台詞「その事件は白鳥さんの班が対応してましたね」から示唆されている。 初登場は、劇場版第1作『時計じかけの摩天楼』で、容疑者の1人として登場[注 2]。階級は警部補だったが原作、テレビアニメへの登場と同時に警部へ昇進した。原作外である劇場版の人物が本編へ反映された数少ない例であり、後には白鳥が軸となるストーリーも作られた(帝丹小学校の教師で、江戸川コナン...

    劇場版第1作『時計じかけの摩天楼』のシナリオ段階で容疑者候補が森谷帝二に絞られていたため、それを補うために犯人のダミー役として脚本の古内一成が考案した。 白鳥は、キャラクター原案を担当した原作者の青山剛昌によってできるだけ怪しく見えるようにデザインされており、彼と同様に気を配った監督のこだま兼嗣は担当声優の塩沢兼人にも怪しい演技を要求していた。初号の段階ではこだまの狙い通りだったが、劇場公開時には小五郎が白鳥を犯人だと指摘する場面になると客席では塩沢の怪しい演技が観客のツボに入り、爆笑が起こったという。それ以降、白鳥は「劇場版のみの変な役」としてレギュラー入りした。テレビシリーズへの登場は当初、考えられていなかったが、原作に登場したためにテレビシリーズでもレギュラー入りしたという。 下の名前...

    同じ警視庁捜査一課の目暮警部、高木刑事、佐藤刑事、千葉刑事と比べ、劇場版と後述のOVAを除けば、テレビアニメオリジナルストーリーに登場することは少なく、そもそも原作での登場エピソードも彼らに比べて少ない。だだし、劇場版には全23作品中18作品に登場しており、警察関係者の中では目暮警部に次いで2番目に多い。 初代担当声優の塩沢兼人は2000年5月10日に不慮の事故で死去したため[注 11]、テレビアニメ第205話や2001年の劇場版第5作『天国へのカウントダウン』からは井上和彦が白鳥役を引き継いでいる。声優交代について、一時は「塩沢さんなしに白鳥警部は存在しえない」と白鳥の登場する話は作らないという方向に決まりかかったが、既に『コナン』という作品の中で白鳥がなくてはならないキャラクターに育って...

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 麿赤兒麿赤兒 - Wikipedia

    • 来歴・人物
    • 出演
    • 関連項目
    • 外部リンク

    石川県金沢市生まれ。1歳の時、父親が太平洋戦争で戦死。また母親が精神を病んだため小学5年生の時に奈良県桜井市三輪山麓に住むおじ夫婦に預けられる。奈良県立畝傍高等学校卒業、早稲田大学第一文学部哲学科中退。中高時代は演劇部に所属、木下順二の短編やチェーホフの短編などを公演した。山本安英に共感して劇団『ぶどうの会』に参加するが、劇団上部の政治的な議論に嫌気がさして劇団を離れる。その後舞踏家の土方巽に師事した。 1964年(昭和39年)6月、唐十郎の劇団・状況劇場に参加し、唐が提唱する「特権的肉体論」を体現する役者として活動した。1970年(昭和45年)、劇団を退団。1972年(昭和47年)には独自で舞踏集団・大駱駝艦を旗揚げ、主宰する。海外公演も積極的に行い、舞踏を「BUTOH」として広めている。...

    テレビドラマ

    1. 大河ドラマ(NHK) 1.1. 太平記(1991年) - 文観役 1.2. 葵 徳川三代(2000年) - 島津義弘役 1.3. 武蔵 MUSASHI(2003年) - 慧言 役 1.4. 篤姫(2008年) - 人影 役 1.5. 軍師官兵衛(2014年) - 円満 役 2. 腕におぼえあり2(1992年、NHK) - 平林伊十郎(霧絞三郎) 役 3. 金曜ドラマシアター / D坂殺人事件 名探偵明智小五郎誕生 名探偵明智が挑む猟奇殺人の謎!!闇に浮かぶ白い肌…(1992年、フジテレビ) 4. 有言実行三姉妹シュシュトリアン(1993年、フジテレビ) - お酉様 役 5. 僕らに愛を!(1995年、フジテレビ) 6. 連続テレビ小説(NHK) 6.1. ふたりっ子(1996年) - 伊能義臣 役 6.2. オードリー(2000年) - 大京の裏方スタッフ 役 6.3. まんぷく(2018年) - 神宮幸之助 役 7. 金田一少年の事件簿「金田一少年の殺人」(1996年、日本テレビ) - 橘五柳 役 8. サイコメトラーEIJI(1997年、日本テレビ) 9. 御家人斬九郎...

    映画

    1. 荒野のダッチワイフ(1967年) 2. 毛の生えた拳銃(1968年) - 高 役 3. 金瓶梅(1968年) - 花和尚魯智深 役 4. 臍閣下(1969年) 5. 新宿泥棒日記(1969年) - 状況劇場の人々 役 6. 闇の中の魑魅魍魎(1971年) - 絵師金蔵 役 7. 陽物神譚(1975年) 8. 神の堕ちてきた日(1979年) 9. ツィゴイネルワイゼン(1980年) - 先達 役 10. 陽炎座(1981年) - 乞食 役 11. 爆裂都市 BURST CITY(1982年) 12. 野獣刑事(1982年) - 絵描き 役 13. 蜜月(1984年) 14. 親鸞 白い道(1987年) - 男坐女 役 15. どついたるねん(1989年) 16. 二十世紀少年読本(1989年) 17. われに撃つ用意あり(1990年) 18. キスより簡単2 漂流編(1991年) - 老人 役 19. 夢二(1991年) - 刑事 役 20. 王手(1991年) - 白銀 役 21. 青春デンデケデケデケ(1992年) - Aさん 役 22. サザン・ウィンズ(1992年)...

    短編映画

    1. ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-「Kuu」(2018年6月) - オン 役

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 補任補任 - Wikipedia

    補任(ぶにん)とは、官人に官職・位階を与えること。 補任のための儀式を除目という。 概要 本来は、官に任命することを「」、職に任命することを「補」、位階や勲等の授与を「叙」と呼んで区別していた(任官補職叙位)。

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 任天堂任天堂 - Wikipedia

    任天堂. /  北緯34.96972度 東経135.756194度  / 34.96972; 135.756194. /  北緯34.96972度 東経135.756194度  / 34.96972; 135.756194. 任天堂株式会社 (にんてんどう、 英: Nintendo Co., Ltd. [1] [8] )は、主に 玩具 や コンピュータゲーム の開発・製造・販売を行う 日本 の企業 ...

  1. 其他人也搜尋了