雅虎香港 搜尋

  1. 大約 50 個搜尋結果
  1. 日本の公務員の階級 日本における公務員の階級制度は、自衛隊や警察などの社会の安定維持に関わる公務員において特に厳格である。これらの組織では、法令に基づいて「階級」が定められており、昇進・昇級・役職など全てが階級によって決められる。

    • 概説
    • キャリア制度の歴史
    • 各官庁ごとのキャリアの現状
    • キャリア制度の問題
    • キャリアを扱った作品
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    キャリア制度

    高級官僚とその候補生の登用、昇進のシステムがキャリア制度(キャリアシステム)と呼ばれる。採用時の試験区分によって選抜された幹部候補グループ(「キャリア」と呼ばれる)は、その他の職員(「ノンキャリア」と呼ばれる)と区別して一律に人事管理が行われ、より早いスピードで昇進、高級官僚の地位をほぼ独占する。しかし、各府省ごとにシステムが若干異なり、府省ごとに違う意味で捉えられることが多いため、統一的な定義はない。どういう人までをキャリアと呼ぶかも、各府省で異なる。国家I種の「行政」「法律」「経済」区分に合格した者(総合職試験に合格した事務官)を指すこともあるが、広義は技官を含めた国家I種合格者全体を指す。ただし、法務省では一部の検察官がキャリアとして扱われたり、都道府県警察を含め多くの職員を有する警察組織は国家II種警察庁採用の警察官について準キャリア(セミキャリア)と呼ぶ場合があるなど、例外もみられる。「制度」とは呼ばれるものの現行のキャリア制度について法的根拠は存在せず、全くの慣行として事実上の運用がなされている。 昇格や給与などの待遇は他の公務員(ノンキャリア)と比べ物にならないほど...

    キャリア制度とは、明治時代に大日本帝国を近代国家にするためドイツ帝国の公務員採用制度を参考にし、1888年にスタートした試補制度に起源をもつ。このときは帝国大学出身者は無試験で任用できるようにし、不足した人数を帝国大学出身者以外の試験選抜という形で採用した。もっとも、帝国大学卒業者の無試験任用は批判が多く、1894年に高等文官試験(高文試験)と呼ばれる今のキャリア採用制度と同様な制度が誕生した。高文合格者は高等官と呼ばれたが、他の官吏(判任官など)とは勅令によって厳格に区別され、現在のキャリアと比べても極めて速いスピードで昇進した[注 4]。 戦後、GHQは従来の身分制的な公務員制度を改めるべく、アメリカ的な職階制の導入をはじめ様々な改革を試みたが、各省の抵抗もあって不徹底に終わった。高文試...

    戦前まで、高等官の採用数は昭和一桁時代までの旧大蔵省が5〜10人前後であったように現在のそれと比べれば少なかった。とりわけ戦後になって、各省ともキャリアの採用数を増やしたため、全員が局長まで辿り着けず、キャリア各人のモチベーションの維持にも大きな作用があったことが指摘されている。 1980年代までは、事務官として採用されると30歳で地方の税務署長、警察署長、郵便局長などに就き、本省課長クラスは大企業の社長に行政指導という形で号令をかける立場になれ、更に天下りして約70歳までは職に困ることは無いばかりか、生涯賃金で多くの民間企業を圧倒するということで、非常に人気が高かった。しかし、経済のグローバル化による政府の存在感の相対的な低下、民間企業などとの給料の格差や著しいサービス残業、及び不祥事の頻...

    キャリア制度については、優秀な人材の誘致、幹部職員の早期育成・高い士気の維持といった観点からその有効性を評価する意見がある一方で、戦前の高等文官試験を継承し、法令になんらの根拠を持たない非民主的システムとの批判がある。そもそも、国家公務員法は「職員が、民主的な方法で、選択され、かつ、指導される」(第1条第1項)、「すべて職員の任用は、能力の実証に基づいて、これを行う」(第33条第1項)と、職員の民主的な任用のために成績主義を根本原則として規定しており、採用時の1回限りの試験で幹部職員の選抜を行う人事管理は想定していない。過去の国家公務員採用上級甲種試験もI種試験も、人事院規則により創設された単なる大学卒業者を採用するための試験の一つに過ぎず、それに合格し採用されることは、幹部候補としての資格...

    ノンフィクション

    1. 松本清張『現代官僚論』文藝春秋社、1963年 2. 草柳大蔵『官僚王国論』文藝春秋社、1975年 3. 柿澤弘治『霞ヶ関3丁目の大蔵官僚は、メガネをかけたドブネズミといわれる挫折感に悩む凄いエリートたちから』学陽書房、1977年 4. テリー伊藤『お笑い大蔵省極秘情報』飛鳥新社 5. テリー伊藤『大蔵官僚の復讐―お笑い大蔵省極秘情報2』飛鳥新社 6. 小林道雄『日本警察腐敗の構造』ちくま文庫 7. 川北隆雄『官僚たちの縄張り』新潮社(新潮選書)、1999年。ISBN 4106005581 8. 神一行『警察官僚 完全版』角川書店(角川文庫)、2000年。ISBN 4043533012 9. 西村健『霞が関残酷物語―さまよえる官僚たち』中央公論新社(中公新書ラクレ)、2002年。ISBN 4121500563 10. 宮崎哲弥、小野展克『ドキュメント平成革新官僚―「公僕」たちの構造改革』中央公論新社(中公新書ラクレ)、2004年。ISBN 4121501195 11. 佐藤優『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』新潮社、2005年。ISBN 4104752010 12....

    小説

    1. 三島由紀夫『鍵のかかる部屋』新潮社(月刊新潮) - 新人の大蔵官僚が主人公。 2. 城山三郎『官僚たちの夏』新潮社(新潮文庫) - 高度成長期の通産省を舞台にした、実話を基にした作品。 3. 高杉良『局長罷免―小説通産省』講談社(講談社文庫) - 「通産省4人組事件」当時の通産官僚たちの攻防を描いた、実話を基にした作品。 4. 高杉良『烈風―小説通商産業省』文藝春秋社(文春文庫) - 同上 5. 嵯峨野源『通産官僚の暗闘』国際商業出版 - 同上 6. 大沢在昌『新宿鮫シリーズ』光文社- 左遷された警察官僚が主人公。 7. 横山秀夫『震度0』朝日新聞社- 警察官僚が主人公。

    漫画

    1. 國栖治雄、岡田ユキオ『林太郎の恋 通産省課長補佐1-2』講談社、1996年 2. 毛利甚八、幡地英明『地の子1-3』集英社、2002年 3. 鍋田吉郎、並木洋美『現在官僚系 もふ1-3』小学館、2005年 - 財務省と経済産業省との攻防などを背景に、国内外の政策対立や問題を、主人公である新人の若手財務官僚の視点から描いた作品。

    城山英明、鈴木寛、細野助博編著『中央省庁の政策形成過程―日本官僚制の解剖』中央大学出版部、1999年。ISBN 4805711183
    城山英明、細野助博編著『続・中央省庁の政策形成過程』前川喜平「第6章 文部省の政策形成過程」中央大学出版部、2002年。ISBN 4805711264
    川手摂『戦後日本の公務員制度史―「キャリア」システムの成立と展開』岩波書店、2005年。ISBN 4000236598
    加藤寛『官僚主導国家の失敗』東洋経済新報社、1997年。ISBN 4492392440
    エリート - エリート主義
    法服貴族 - 法服貴族 (フランス)
    官僚 - 党官僚 - 共産貴族 - ノーメンクラトゥーラ
    科挙 - 進士 - 進士 (日本)
  2. ja.wikipedia.org › wiki › 行政職行政職 - Wikipedia

    行政職(ぎょうせいしょく)とは、日本の国家公務員・地方公務員の職種のうち、行政職俸給表・行政職給料表の適用を受けるものを指す [1]。一般職(すなわち特別職以外)のうち、専門行政職・税務職・公安職・海事職・教育職・研究職・医療職・福祉職・専門スタッフ職・指定職を除く ...

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 職階制職階制 - Wikipedia

    • 導入の経緯および現状
    • 国家公務員の職階制
    • 地方公務員の職階制

    職階制は、アメリカ合衆国で広く用いられている制度であり、日本の公務員制度においては、第二次世界大戦降伏後に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)の指示 により導入された。 しかしながら、国家公務員・地方公務員ともに実施されていない(アメリカ施政権下の琉球政府において実施されたのみである)。 具体的には、人事院規則六―一(格付の権限及び手続)(昭和二十七年四月一日人事院規則六―一)に「職階制の実施に伴い別に指令で定める日の前日までは、格付、格付の変更又は格付の改訂については、その効力を停止するものとする。」という経過規定(同規則第11条)が設けられ、職階制の実施は事実上凍結され、2009年4月1日には国家公務員法等の一部を改正する法律(平成19年7月6日法律第108号)の施行により廃止...

    国家公務員の職階制については人事院が立案し、国会に提出してその承認を受けなければならないとされていた(国家公務員法第29条第2項、第4項)。また、一般職の職員の給与に関する法律第6条の規定による職務の分類は、これを本条その他の条項に規定された計画であつて、かつ、この法律の要請するところに適合するものとみなし、その改正が人事院によつて勧告され、国会によつて制定されるまで効力をもつものとする(国家公務員法第29条第5項)。そして、職階制を確立し、官職の分類の原則及び職階制の実施について規定する法律として国家公務員の職階制に関する法律が制定されていた。 職階制を実施するにあたつては、人事院は、人事院規則の定めるところにより、職階制の適用されるすべての官職をいずれかの職級に格付しなければならず、一般...

    地方公務員については、人事委員会を置く地方公共団体において職階制を採用するものとされ、職階制に関する計画は条例で定め、その計画の実施に関し必要な事項は、その条例に基づき人事委員会規則で定める(地方公務員法第23条第1項 - 第3項)。 職階制に関する計画を実施するに当つては、人事委員会は、職員のすべての職をいずれかの職級に格付しなければならず、職階制を採用する地方公共団体においては、職員の職について、職階制によらない分類をすることができない。但し、この分類は、行政組織の運営その他公の便宜のために、組織上の名称又はその他公の名称を用いることを妨げるものではない(地方公務員法第23条第6項、第8項)。 職階制に関する計画を定め、及び実施するに当つては、国及び他の地方公共団体の職階制に照応するよう...

    • 日本における職階
    • アメリカ合衆国における職階
    • 関連項目

    概要

    学校教育法(昭和22年法律第26号)7条は、「学校には、校長及び相当数の教員を置かなければならない。」と定め、学校の職員に「校長」と「教員」の職階(職位)を設けている。さらに同法は、各条において「教員」の職階の詳細を定める。 教員の職階の体系は、大きく分けて、高等教育以外(就学前教育、初等教育、中等教育及び特別支援教育)を行う学校における体系と、高等教育を行う学校における体系の2種類がある。 さらに、学校の設置者の定めた規則等(国立大学法人や公立大学法人の規程、地方公共団体の条例、教育委員会規則、学校法人の就業規則など。)によって、学校教育法で定められた職階を細分化し、具体的な呼称を設けている学校もある。 なお、教員の職階と教員免許状の種類の相関関係はほとんどない。ただし、雇用者によっては、職階の上昇または変更のために、上級の教員免許状の取得が奨励・義務化されることもある。

    高等教育以外

    高等教育以外を行う学校には、就学前教育を行う「幼稚園」、初等教育を行う「小学校」、中等教育を行う「中学校」、「高等学校」、「中等教育学校」、特別支援教育を行う「特別支援学校」がある。これらの学校における主な職階は、校長(幼稚園では園長)、副校長(同じく副園長)、教頭、主幹教諭、指導教諭、教諭、講師である。他に、教諭の職務を助ける学校職員として、助教諭、実習助手も置かれる。また、教育以外の分野を担当する学校職員として、養護教諭、養護助教諭、栄養教諭、司書教諭が置かれる。さらに、幼稚園には、学校教育法に定めのない職員として、教育補助員も置かれる。 校長・園長 1. 詳細は「校長」を参照 副校長・副園長 1. 副校長(ふくこうちょう)とは、校長を助け、命を受けて校務をつかさどる学校職員のことである。幼稚園では、副園長という。 教頭 1. 教頭(きょうとう)とは、校長を助け、校務を整理し、および必要に応じ児童・生徒の教育、または、幼児保育をつかさどる学校職員のことである。 主幹教諭 1. 主幹教諭(しゅかんきょうゆ)とは、校長および教頭を助け、命を受けて校務の一部を整理し、並びに児童・生...

    高等教育

    高等教育を行う学校には、「大学」(大学院、短期大学を含む)及び「高等専門学校」がある。この他に、大学共同利用機関法人の研究所や、学位を取得できる省庁大学校も該当する。専修学校の専門課程も高等教育であるが、学校により職階が大きく異なるため、ここでは省略する。 主な職階は、上から学長、教授、准教授、講師、助教、助手である。また、大学によっては、「実験講師」や、助手より下位に位置する補助員として「教務補佐員」、「技術補佐員」、「副手」、「教務助手」、「実務助手」、「研究補助員」といった名称の職員が置かれるが、いずれも学校教育法に定められた名称ではない。かつては助教授という職階があったが廃止された。准教授が新設されかつての助教授の職務が見直された形となった。また助手は大幅に削減され大部分は助教に移行した。 主に授業は教授・准教授・講師が担当する。一方、演習・学生実験・実習は教授・准教授・講師の指導の下、実際は助教が担当することが多い。卒業研究及び卒業論文の指導は教授の統括の元、指導教官として准教授・講師・助教が担当する。 学長 1. 詳細は「校長」を参照 教授 1. 教授(きょうじゅ)と...

    高等教育

    アメリカ合衆国の大学での職階は、正教授、准教授、助教、講師、研究助手などに分かれている。役職としては、学長、副学長、学部長、学科長、講座主任、研究科長などのほか、付属機関の図書館長、病院長、研究所長、センター長、施設長などの役職がある。

    学校職員 - 日本における学校職員の種類 - 学校職員充て職
    教諭 - 養護教諭 - 栄養教諭 - 司書教諭
    教授 - 准教授 - 講師 (教育) - 助教 - 助手 (教育)
  4. ja.wikipedia.org › wiki › 審議官審議官 - Wikipedia

    審議官(しんぎかん)は、日本の行政機関における官職の名称に使われる語で、一般には名称にこの語を含む官職の総称、またはそれに準ずるものを含めた総称。 身分はいずれも国家公務員ないし地方公務員。 日本の中央省庁では国家行政組織法第第十八条第四項に基づいて設置される「次官 ...

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 参事官参事官 - Wikipedia

    参事官(さんじかん)とは、内閣官房、内閣法制局、人事院、会計検査院をはじめとする日本の中央省庁において、その部局の事務に参画し、総合調整を必要とする重要事項を総括整理する役職のことである [1]。その職務や職責の内容は、参事官の職が設置される組織ごとの事情によって様々 ...

  1. 公務員職位空缺 相關
    廣告
  2. 通過「綜合招聘考試 (CRE)」是應徵學位或專業程度公務員職位的基本條件. 專為報考CRE及基本法測試人士而設, 令你充分了解考試要求,掌握答題技巧

  1. 其他人也搜尋了