雅虎香港 搜尋

  1. 昭和天皇 - Wikipedia

    www.wikipedia.org › wiki › ja:昭和天皇

    昭和天皇(しょうわてんのう、1901年〈明治34年〉4月29日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)は、日本の第124代天皇 [注釈 3] (在位:1926年〈大正15年/昭和元年〉12月25日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)。 諱は裕仁(ひろひと)、御称号は迪宮(みちのみや) [2]。

  2. 陸奥 (戦艦) - Wikipedia

    www.wikipedia.org › wiki › ja:陸奥_(戦艦)
    • 概要
    • 艦型
    • 艦歴
    • 海底の船体の状態
    • 船体の引き上げ
    • 年表
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    軍艦 陸奥は長門型戦艦の2番艦。八八艦隊計画二番手である。1番艦「長門」と共に、日本の力の象徴として日本国民に長く愛された[注 1]。横須賀海軍工廠で建造。また竣工当時は世界に7隻しか存在しなかった40cm砲搭載戦艦として『世界七大戦艦』と呼ばれた[注 2]。長門型戦艦2隻(陸奥、長門)は交互に連合艦隊旗艦の任にあったため、知名度は高かった[注 3]。戦前の学校の教科書に描かれたり、男子がイメージする軍艦といえば、当時の連合艦隊旗艦である長門、陸奥であった。『陸奥と長門は日本の誇り』[リンク切れ]といういろはがるたも作られ[注 4]海軍兵学校でも「陸奥、長門の四〇センチ砲が太平洋を睨んでいればアメリカは攻めてこない」と語り継がれた程である。陸奥湾に入泊した際には多くの青森県民が見学に訪れた。陸奥艦内神社は岩木山神社の御分神を祀っていたため、乗組員も岩木山神社に参拝した。 第二次世界大戦中には他の戦艦部隊(大和、長門、伊勢、日向、山城、扶桑)等と共に温存された。陸奥はミッドウェー作戦や第二次ソロモン海戦等で出動したが、敵水上艦隊と交戦する事はなかった。1943年(昭和18年)6月8日、「陸奥」は原因不明の爆発事故を起こし柱島沖で沈没した。戦後に浮揚作業が行われ、1970年(昭和45年)には艦体の一部や菊の御紋章、主砲身や主砲塔などが回収され、日本各地で陸奥の装備が展示された。大戦末期にアメリカ軍の攻撃で沈没し、終戦後に浮揚され解体処分された他の日本軍艦と異なり、艦体の一部が2017年現在も周防大島に残っている。

    1921年(大正10年)10月19日の全力公試では排水量33,750トン、87,479馬力で26.728ノットという、後の大和型戦艦に迫る速力を発揮した。長門とは後橋や艦橋指揮場の形状が異なり、艦首フェアリーダーの位置がやや先端に向かっている。艦首は連繋式1号機雷の連繋索を乗り切るための形状となっている。菊花紋章は長門よりもやや高い位置にあった。これは、最終時まで変わらない区別点となった。 新造時には長門が舷側に備える魚雷防御網ブームも新造時の陸奥は装備しておらず、主砲塔の測距儀も、長門の従来型「波式6メートル」から新式の「武式8メートル」という2メートルほど大型化したものに変更されているが、高速時の艦体震動のため、四番砲塔の測距儀は信頼性が低かった。また、長門と同じく、艦橋に吹き込む煙突の排煙・排熱処理が問題となり、長門のものよりも太いファンネルキャップが取り付けられたがあまり効果はなく、1924年(大正13年)3月に屈曲煙突に改装された。この屈曲煙突は長門型戦艦の特徴として知られており、艦橋の10m測距儀の測距精度が向上し、煙突改造の結果は良好だったという。

    軍縮条約下での扱い

    陸奥は姉妹艦長門より1年遅れた1917年(大正6年)に八四艦隊案の一艦として加賀型戦艦、天城型巡洋戦艦と共に予算が承認された。時間的余裕があったため、41㎝連装砲塔5基あるいは41㎝連装砲塔2基・41㎝三連装砲塔2基による合計10門の「陸奥変体」も検討されたが、各種利害を検討した結果、1番艦(長門)の同型艦として建造されることになった。同年8月20日、戦艦1隻(横須賀海軍工廠で建造予定)、軽巡洋艦2隻にそれぞれ陸奥・球磨・多摩の艦名が与えられた。8月23日、軍艦3隻(陸奥、球磨、多摩)と駆逐艦複数隻(一等駆逐艦〈江風、峯風、澤風〉、二等駆逐艦〈楢、桑、椿、槇、欅、榎〉)は艦艇類別等級表に登録された。陸奥は1918年(大正7年)6月1日に、横須賀海軍工廠で起工された。1920年(大正9年)5月31日午後3時8分に進水した。横須賀港で行われた 進水式には貞明皇后、皇太子裕仁親王(昭和天皇)、秩父宮雍仁親王、加藤友三郎海軍大臣以下、多数の皇族や政財界・陸海軍の主要人物も立ち会った。 建造途中の1921年(大正10年)、ワシントン海軍軍縮条約における「未完成艦は廃艦とする」との条件に含ま...

    竣工後

    1924年(大正13年)9月6日、大正天皇皇太子(摂政当時の昭和天皇)は巡洋戦艦「金剛」(連合艦隊司令長官鈴木貫太郎大将、金剛艦長岸井孝一大佐)に乗艦し、廃棄艦「安芸」(薩摩型戦艦)に対する長門型2隻(長門、陸奥)の艦砲射撃を親閲した。41㎝砲の実弾射撃により、安芸は沈没した。安芸を曳航していたのは、戦艦扶桑であった。 1925年(大正14年)4月27日午前9時30分、貞明皇后は沼津御用邸へ赴くため神奈川県の江ノ浦村から水雷艇で陸奥に乗艦した。陸奥は皇后を静岡県沼津港まで送り届けた。 1937年(昭和12年)8月21日、陸奥は伊1、伊2、伊3、伊4、伊5、伊6、戦艦長門、榛名、霧島、軽巡洋艦五十鈴と共に多度津港を出港し、長江河口沿岸で23日まで作戦行動を行う。 1940年(昭和15年)初頭、イギリス海軍艦艇はしばしば日本近海に出没した。1月21日には軽巡洋艦リヴァプールによる客船浅間丸の臨検・ドイツ人乗客逮捕連行事件(浅間丸事件)が発生している。これらのイギリス艦艇の動きがしつこい場合、軍令部の下令により横須賀に停泊していた陸奥が出動し、追い払うこともあったという。同年、土佐沖で...

    1952年(昭和27年)4月の海底の再調査では、東緯132.24度、北緯33.58度の海底に陸奥の前半部分(三番主砲より前)は右舷を下に横倒しで沈没しているとされた。一、二番主砲塔は船体に留まっており、艦橋や煙突、後部艦橋も脱落していない。吹き飛んだ三番主砲は船体から離れた場所に横倒しになっており、大半が泥に埋まっていた。切断された尾部は船体から50メートル離れた場所で上下逆の裏返しに近い状態で沈んでいた。

    陸奥の沈没場所は浅い瀬戸内海であるが、潮流が速く視界も悪いため潜水するのは危険な場所である。爆沈直後から、海軍は陸奥の潜水調査を実施した。調査には西村式潜水艇(豆潜水艦)も投入されている。海軍は「可能であれば引き揚げて3ヶ月の工期で再戦力化したい」という希望を持っていたが、調査の結果、船体の破損が著しく再生は不可能と判断され浮揚計画は放棄された。1944年(昭和19年)7月、陸奥燃料庫から重油の回収作業が行われ約600トンを回収した(竹作業)。終戦後の浮揚作業は、占領下の監視のために行われなかったが、1948年(昭和23年)に西日本海事工業株式会社が艦の搭載物資のサルベージを開始する。この際、許可範囲を超えた引き揚げが行われる「はぎとり事件」が起こり作業は中断した。昭和28年8月16日、艦首の「菊の紋章」が引き上げられた。ケヤキ製で表面に金箔が張られていたが、劣化が進行していた。「菊の紋章」は文化財と判断され、文化財保護委員会を通して資料番号が割り振られた。 1970年(昭和45年)から深田サルベージ株式会社(現:深田サルベージ建設株式会社)主導によるサルベージが再開された。同年7月22日、1500トンクレーンによって艦尾部分(1400トン)の一括引き揚げを試みたが、85 mm ワイヤ8本が切断するなどして失敗した。この失敗を踏まえて、艦尾部分を前半部分と後半部分に海底で切断し、1971年3月15日に100 mm ワイヤー(日本で初めて使用)2本と85 mm ワイヤー4本を使用して艦尾の後部部分(500トン:長さ10メートル)を引きあげた。引き上げた艦尾の後部部分は、切断面を下にして広場に据え置かれた。のちの調査では、広さ3平方メートルの艦長食器室から旧帝国海軍の錨のマークが描かれた皿やコーヒーポットなどが回収されている。同様に第四砲塔が引き揚げられ、内部から数点の遺骨が回収された。その他の部分は、海中で細かく分割され引き上げられた。減圧作業のため1回の潜水での作業時間は20分程度であった。陸奥の沈没から20余年が経過して船体は海藻の森ないし漁礁のようになっていて滑りやすく、透明度も1メートル程度しかなく作業は難航した。艦体の約75%が浮揚されたところで引き揚げ作業は終了した。艦橋部と艦首部等を除く艦の前部分などが海底に残っている。2007年(平成19年)4月...

    青山淳平『海市のかなた 戦艦「陸奥」引揚げ』(中央公論新社、2001年) ISBN 4-12-003162-4
    阿川弘之『軍艦長門の生涯』上巻、新潮社、1975年12月。NCID BN05173318。
    阿川弘之「青い眼の長門艦長」『私記キスカ撤退』株式会社文藝春秋〈文春文庫〉、1988年6月。ISBN 4-16-714606-1。
    石橋孝夫『日本海軍の大口径艦載砲 戦艦「大和」四六センチ砲にいたる帝国海軍軍艦艦砲史』潮書房光人社〈光人社NF文庫〉、2018年8月。ISBN 978-4-7698-3081-8。
  3. 浜松市 - Wikipedia

    www.wikipedia.org › wiki › ja:浜松市

    浜松市(はままつし)は、静岡県西部、遠州地方に位置する市。 政令指定都市と国際会議観光都市に指定されている。 中部地方では名古屋市に次ぎ [1]、静岡県および三遠南信最大の都市である [2] [3]

  4. 読売新聞 - Wikipedia

    www.wikipedia.org › wiki › ja:読売新聞

    読売新聞(よみうりしんぶん、題字: 讀賣新聞、英: The Yomiuri Shimbun )は、読売新聞東京本社、読売新聞大阪本社および読売新聞西部本社が発行する新聞である [3]。朝刊発行部数は709万部と世界最大の発行部数を誇る代表的な全国紙である [4]。 ...