雅虎香港 搜尋

搜尋結果

  1. 日本政府観光局(JNTO)で実施している訪日マーケティングにおける戦略を公開しています。皆様のインバウンドにおけるお取り組みにご活用ください。

  2. 日本政府観光局(JNTO)が取り組む、サステナブル・ツーリズムの推進による訪日インバウンドプロモーションを紹介します。

    • 姜濤1
    • 姜濤2
    • 姜濤3
    • 姜濤4
  3. 統計表. 直近2カ⽉の訪⽇外客数推計値の統計表を掲載しています。 2024年3月推計値 (Excel) 2024年2月推計値 (Excel) 月別暫定値. 2023年12月暫定値(2024年3月19日発表) (PDF) 2023年11月暫定値(2024年2月21日発表) (PDF) 2023年10月暫定値(2024年1月17日発表) (PDF) 2023年9月暫定値(2023年12月20日発表) (PDF)

    • 3年ぶりにリアル会場を設置。オンラインと併せた初のハイブリッド開催
    • 参加者の評価とサステナブルに留意した会場運営
    • 世界19カ国45名のバイヤーがファムトリップに参加

    VJTM&VJMM は、1996年から毎年開催している国内最大級のインバウンド商談会。さまざまなインバウンド関連ビジネスを創出するため、世界各国・地域から集まった旅行会社のバイヤーと日本国内の観光関連セラーとの商談の場を提供しています。 2019年の大阪での開催以来、コロナ禍によって2020年は開催中止を余儀なくされ、2021年にはオンラインのみで開かれていましたが、2022年は3年ぶりにリアルな会場を設け、オンラインと併せた初のハイブリッド開催となりました。 計画段階では、日本をはじめ海外各国・地域のコロナの対策状況の見通しがつかず、どの市場からバイヤーが来日できるか見えづらい部分もあったため、どのようなスタイルで開催するかぎりぎりまで検討することとなりましたが、幕を開けば22市場からバイ...

    期間中に計5,394件の商談が行われ、参加者の満足度は45.4%が最上位評価という結果になりました。 参加した日本のセラーからは、「初めて会った会社から連携・販売依頼が数件あり、とても満足している」(旅行会社)、「商談がスケジュールにびっしり入っており、満足できた。バイヤーの質も高かった」(運輸・交通)、「数年ぶりにオフラインで開催されたことで、より具体的な商談ができた」(観光協会)といった前向きな声が多く聞かれました。 各国のバイヤーからも「ランドオペレーターや観光協会と会えて非常に嬉しい。求めていた一部商品もついに取得することができ、VJTMに感謝。本当にありがとう」(香港/オンライン)という声や、「2年間におよぶ日本での活動休止後、日本の現状や情報を更新するのに非常に有意義だった」(イ...

    商談会終了後は、3年ぶりにファムトリップを催行。これからのインバウンドにおいて必要な、訪日客一人あたりの消費額と滞在日数の増加を目指し、たとえば「新潟コース」では佐渡のたらい舟体験、「山梨・静岡コース」では茶畑での日本茶体験、「山形コース」では羽黒山を白装束で歩く山伏修行体験など、各コースに体験型アクティビティが盛り込まれました。 屋外での体験コンテンツは、コロナ禍を経て「密を避けて自然の中で過ごしたい」という消費者ニーズを満たす観光資源としても有力。さらに「サステナブルな旅をしたい」というニーズの高まりに応え、視察先の選定にあたっては、サステナブルな観光施設や宿泊施設を紹介することを優先しました。地産地消や伝統的な生産手法など、それぞれのサステナブルな取組内容を行程表に記載し、参加者に説明...

  4. 2020年2月4日 · ガストロノミーツーリズムとはその土地を歩いてめぐりながらその土地ならではの食やお酒を楽しみ自然や歴史習慣などを知る旅行スタイルのことです。 フランスなどの欧米では、毎週末にウォーキングイベントが開催され、国内外から多くの観光客が押し寄せているそうです。 「たとえばガストロノミーツーリズムの歴史がもっとも長いとされるフランスのアルザス地方では5月から10月初旬にかけ毎週末各村々の主催によりウォーキングイベントが開催されその数は年間約20回。 フランス国内はもとよりドイツやスイス、アメリカなどからも参加者が集まります。

  5. 2024年1月9日 · 2024年1月9日. アドベンチャートラベル コンテンツ造成 サステナブル テーマ別ツーリズム 北海道 有識者インタビュー. アドベンチャートラベル・ワールドサミット北海道・日本 (ATWS2023)で明らかになった日本の魅力、地域のレベルアップに必要な中長期視点と人材育成. 2023年9月に開催された「アドベンチャートラベル・ワールドサミット北海道・日本(ATWS2023)」を経て日本のアドベンチャートラベル(AT)は現在世界の注目を集めています。

  6. 2022年9月8日 · 栃木県 大田原市. 面積. 354.12平方キロメートル. 総人口. 71,268人(令和4年8月時点) 主要観光資源. 城址、陣屋跡、雲巌寺、温泉、水族館、スポーツパーク、キャンプ、釣り等. 公式サイト. https://www.city.ohtawara.tochigi.jp/ http://www.ohtawaragt.co.jp/ 目次. 「日本の農村×観光」は、大きなポテンシャルを秘めている 価格競争ではなく、企画とサービスで付加価値を高める 地域のブランド力を高め、海外のFIT客を呼び込む グリーンツーリズム事業における最大の顧客は「地元の農家」 ―はじめに、大田原ツーリズムが「グリーンツーリズム」に取り組み始めたきっかけについて教えてください。

  1. 其他人也搜尋了