雅虎香港 搜尋

  1. 大約 37 個搜尋結果
  1. ja.wikipedia.org › wiki › あんしんあんしん - Wikipedia

    沿革 [ 編集] 1965年 2月 - 創業. 1981年 9月1日 - 法人設立(有限会社安信輸送サービス、現在のあんしん). 1995年 - 安信輸送サービス株式会社より現商号へ変更. 2003年 - 安信輸送サービス株式会社を設立、子会社化. 2004年 2月2日 - 各グループ会社の管理機能集約 ...

  2. 一般財団法人あんしん財団(あんしんざいだん)は、中小企業における特定保険業の実施、災害防止活動の促進などを行っている法人。かつての略称であるKSDは、「経営者」「災害」補償事業「団」の三文字から来ている。 被雇用者保険の適用を受けない中小企業の経営者を中心に、労働災害 ...

    • 財団法人ケーエスデー中小企業経営者福祉事業団
    • 1964年
  3. あんしんネットなごやは、愛知県 名古屋市 南区阿原町に本社を置く、つばめグループに属するタクシー会社である。 また、同グループが展開する介護事業を行う5社のうちの1社でもある。 さらに、2003年(平成15年)と2007年(平成19年)にそれぞれ吸収合併をしている為、営業所ごとに前身会社 ...

  4. あんしんネット21は、愛知県 名古屋市 中村区 畑江通に本社を置く、つばめグループに属するタクシー会社である。 また、同グループが展開する介護事業を行う5社のうちの1社で、名古屋地区における介護事業の主たる事務所が本社ではなく、守山営業所にある。

    • ストーリー
    • 登場人物
    • 用語
    • スタッフ
    • 漫画版
    • ビデオ・Ld・Cd
    • 第25話におけるポケモンショック類似症例の発生
    • 関連作品
    • 参考文献

    第1期

    外宇宙に進出した人類は宇宙各地の惑星をリゾート地として開発、だれでも手軽に宇宙旅行ができる時代が訪れていた。宇宙歴5808年、行方不明の父親を探すために小さな宇宙旅行会社「YAT」のツアーに参加した星渡ゴローは、ツアーの最中に誤って宇宙船を壊してしまう。ゴローは宇宙船の弁済のためにYATの一員としてタダ働きをしながら、父親探しの旅をすることになる。 最初は涙あり笑いありのコミカルなギャグアニメとなっているが、物語が進むにつれて、桂の謎や次元トンネルにゴローの父親が関わっていることが判明していく。特に42話以降は、今までの基本であった一話完結方式ではなく連続ストーリーアニメとなり、これまでの謎が明かされると共に、次から次へと起こる事件に立ち向かっていくYATメンバーとその仲間達の姿が描かれる。 この作品の裏にあったテーマは親子の愛情であり、ゴローとダイゴ、ヤマモトと桂、カネアとアンなど主要キャラの親子関係が物語の重要な部分に多く関わっていた。

    第2期

    マザー次元トンネルの暴走事故から半年、母星に帰った天上院桂が戻って来たことを聞いたYATのメンバーは急いでその宇宙船へ向かう。しかし、感動の再会を果たしたのも束の間、激しい揺れに襲われ、気がついたときには見たことの無い宇宙に到着していた。そこで、ノート博士と名乗る老人と、マロンと名乗る少女に出会う。彼らは宇宙征服を企む組織「ガノン帝国」に能力を狙われていた。そしてノート博士は帝国に捕らわれ、ヤマモト社長は敵の首領ガノンに洗脳されてその手先となり、リーダーを失ったゴローたちは自分たちの力だけで苦難の旅を続ける。 第一期と同様に一話完結のコミカルなギャグアニメで様々な惑星を訪れるという点は同じである。今作は、悪の組織と戦うといったアクションシーンが主体の勧善懲悪のヒーローもののような話が多く、伏線をちりばめて多くの人間模様を描いた前作とは作品の方向性が異なっている。 親子愛がテーマだった第1期に対し、今作では親離れ、子離れをテーマとしている。

    YATメンバー

    星渡 ゴロー(ほしわたり ゴロー) 1. 声 - くまいもとこ 2. 本作の主人公。初登場時16歳。次元トンネルの発明者「星渡ダイゴ」を父に持ち、行方不明となった父を探している。父ダイゴを探すためYATの宇宙旅行に参加した。ツアー中に老人ムサシが暴走させたYATダブを停止させようとして壊してしまい、その弁済のためYATで働くことになった[注釈 1]。以来メカニックと掃除などの雑用を担当する。 3. 元気で勇敢、優しく正義感の強い性格だが、そのために無鉄砲な行動で周囲に心配を掛けることも多い。本人は桂に好意をもっているが、桂の天然ボケのためになかなか思いが伝わらなかった。しかし第1期42話の宇宙船脱出時に告白し、想いが通じた。カニのような髪型をしており、特に2期では(主に彼をライバル視しているバラスに)それを馬鹿にされると怒っていた。将棋がかなり得意。4月5日生まれ。 3.1. キャラクターデザインは、原案の西川伸司が当時参加していた特撮作品の美術スタッフがモデルになっている。西川は、こき使われる技術職というゴローのイメージが、特撮現場のスタッフと重なったと述べている。 天上院 桂...

    第1期に登場

    ブッキー 1. 声 - 三田ゆう子 2. 桂と一緒にカプセルに入っていたペット。巨大な一本角を持つトカゲの怪獣のような生物。頭部から電撃を放出したり、生身で宇宙空間で活動できるなどの能力を持つ。いつもは「ブギー」としかしゃべらないが知能が高く性格は辛辣で毒舌家。性別はメス。1期終盤では桂とテレパシーで会話ができるようになった。2期ではノア星に置いてきたらしく、登場しない。 星渡 ハルカ(ほしわたり ハルカ) 1. 声 - 渡辺久美子 2. ゴローの母親。ダイゴが行方不明になってからは、トラックのドライバーをしながらゴローを一人で育てる。昔は痩せていたが、ダイゴが行方不明になってからのストレスのためか現在はかなり恰幅が良い。 星渡 ダイゴ(ほしわたり ダイゴ) 1. 声 - 小杉十郎太 2. ゴローの父親。次元トンネルの生みの親であり、ダイゴシステムの開発者。次元トンネル・プロトタイプの大事故時に行方不明になっていた。次元トンネルの事故では、事故を止めようとして次元の狭間に巻き込まれた。外では15年の歳月が流れたが、異次元空間の中では20日間しか時間が経過しなかったため、髭が伸びた...

    第2期に登場

    モニカ・フランソワーズ 1. 声 - 増田ゆき 2. 桂の代わりに添乗員を勤めているアルバイト。15歳。アルバイト募集のチラシに載っていた「高級優遇」の言葉に釣られて入社してきたが、YATの実態に不満を抱いている。あと1か月でバイトをやめるはずだったところを巻き込まれた。気が強く怒りっぽい性格で、YATメンバー(特にヤマモト)とは馬が合わず文句ばかり言っているが、徐々に打ち解けるようになる。マロンに対しても当初は「お荷物」と見なして冷たく接していたが、少しずつ厳しさありきの優しさを見せるようになる。その一方で虫(特にゴキブリ)が苦手、料理が得意、綺麗好き、寝る前に体操をするなど女の子らしい一面を覗かせることもある。最終回でマロンと「故郷の仲間と一緒に地球に来た時には自分がガイドしてあげる」と約束を交わし、それを果たすためにYATに残ることを決意する。 3. 漫画版の総集編ではアルバイトから正社員の添乗員となって働いている。 マロン 1. 声 - 丹下桜 2. テレポーテーション(正確には物体を瞬間移動させる「トランスポーテーション」)の超能力を持った獣人の少女。上半身は裸だが乳首...

    YAT(ヤット)

    1. 諸々の事情でゴローが勤めることになった弱小宇宙旅行会社。YATとは「Yamamoto Anshin Travel」の略。YAT社屋の窓ガラスや一部設定資料では「Yamamoto Astoro Travel」と記されているが、これはヤマモトが自らつけた俗称のようなもの。社長であるヤマモトカオルが桂の両親を捜すために起業した。穴場狙いのツアーが売りだが、根拠となるヤマモトの海賊時代の裏情報やカナビーのデータが古かったりして当初のツアーとは別物になってしまうなど、ツアーを行うたびにほぼ毎回何らかのトラブルに見舞われており、その度に客からの抗議の声が上がるが逆にそのスリルを目当てにしたリピーターも存在する。

    YATダブ

    1. YATの小型宇宙船。外見、内装はボンネットバスに似ている。主に近距離移動に使われており、宇宙港に入港する時や惑星に降下する時に用いられる。地球からの発射はYAT社ビルの屋上からのカタパルト式垂直発射であり、射出時のGはかなりの物である。また、他惑星などに降りる際にはソリで離陸、着陸を行うためかなりな無茶をしている、劇中で「マニュアルシフトの宇宙船なんてはじめて見た」と言われるシーンがあることからかなりの旧式だと思われる。カラーリングは、黄色を基調としている。ダブとはハトのこと。旧式な分、下手な軍用宇宙艇よりも頑丈だが、ビルのカタパルトは加速するのには尺が足りないのか、発進直後に失速して再加速した際に向かい側のビルにぶつかっている。

    YATジャンボ

    1. YATダブの母船。普段は軌道上に待機しており、YATダブとドッキングして長距離移動時(惑星間航行、次元トンネル利用時など)に使われる。操縦はもっぱらYATダブから行うが、船内のサブコクピットからの操縦も可能。1期・2期共に終盤では大破している。

    原案 - 西川伸司
    監督 - 難波日登志
    シリーズ構成 - 林民夫
    キャラクターデザイン - 工藤裕加

    原案者の西川伸司によりコミカライズ。NHK出版より全6巻刊行。続編として、『新YAT安心!宇宙旅行』(全3巻)および、番外編として過去編、未来編(各1巻)、および、総集編(1巻)が刊行されている(いずれもNHK出版。テレビコミックス)。番外編・総集編にはアニメ版の設定資料やスタッフインタビューなども多数載っており、アニメ版の公式ファンブックともとれる構成である。 また、川本祐太郎により、エニックス月刊少年ギャグ王1997年1月号から9月号にて連載された作品も存在する。ギャグ王コミックスとして全1巻。 1. 1997年10月、ISBN 4-87025-658-4

    発売元はいずれもソニー・ミュージックエンタテインメント。 1. VHS 1.1. YAT安心!宇宙旅行(全13巻) 1.1.1. 1巻には1話・2話と特典映像「YATオリジナルクリップ」が、2巻には3話から6話と「メイキング・オブ・YAT」前編が、3巻には7話から10話と「メイキング・オブ・YAT」後編が収録されている。それ以降の巻にはそれぞれ4話ずつ本編が収録されている。 1.2. 新YAT安心!宇宙旅行(全6巻) 1.2.1. 第2期の話が収録されている。各巻4話ずつ収録(第6巻のみ5話収録)。 現在は、全巻廃盤となっている。 1. LD 1.1. YAT安心!宇宙旅行 LD-BOX トラベルパック 1.1.1. 13枚組26面CLVで全50話を収録。完全予約限定生産品。ノンテロップオー...

    1997年3月29日に放送された第1期第25話「まぼろしのオヤジ!」を見た20人以上が身体に異常を訴えて病院に運ばれる事態が発生した。この事故から約9か月後に起きる事になる『ポケットモンスター』でのポケモンショックと同じく、数秒間の点滅映像があったためと考えられる。 当初はNHK側でも原因が分からず、またポケモンに比べて被害者も少なかったため大きな騒ぎには至らなかった。ポケモンショックが発生した後同じ原因であると判明したため、レンタルビデオ店などから第25話の含まれているビデオを回収し、問題のシーンに止め絵処理を施して差し替えた。

    『青い海のサシミ』

    1. 原案を担当した西川伸司の漫画作品。一部のキャラクターが本作品のキャラクターのセルフパロディとなっている。

    NHKコミックス『YAT安心!宇宙旅行』シリーズ(漫画だけでなく、アニメ版の設定資料や対談なども掲載されている。)
    西川伸司『西川伸司デザインワークス』玄光社、2019年2月1日。ISBN 978-4-7683-1150-9。
  5. あんしん母と子の産婦人科連絡協議会(あんしんははとこのさんふじんかれんらくきょうぎかい)は、行政と医療機関が連携して特別養子縁組に取り組むために作られたネットワークのこと。 14道府県の計20の産婦人科や医療者が参加する。 2013年9月に結成された [1]

  6. あんしんGPS KYS11(あんしんジーピーエス ケーワイエス イチイチ)は、京セラが日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話の第3世代移動通信システム(au 3G(旧・CDMA 1X相当))対応 [1] [2] 通信機能、および歩数計、GPS機能付き位置情報ツール(またはIoTツール)で ...

  1. 其他人也搜尋了