雅虎香港 搜尋

  1. ファイル:COVID-19 Outbreak Cases in Hong Kong.svg - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:COVID-19_Outbreak_Cases...

    港府推出感染風險通知「安心出行」流動應用程式 香港今日新增45宗確診個案 香港今增68宗確診 有50多宗初步確診

  2. 日本のタクシー - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/白タク
    • 法的定義など
    • 市場規模
    • 歴史
    • 形態
    • 利用方法
    • 運賃
    • 空港送迎タクシー
    • 乗務員
    • 運送引受の拒絶・旅客の禁止行為
    • 車両

    タクシー事業は、道路運送法上の「一般乗用旅客自動車運送事業」である。 1. 第3条第1号「一般旅客自動車運送事業(特定旅客自動車運送事業以外の旅客自動車運送事業)」 1.1. (ハ)一般乗用旅客自動車運送事業(一個の契約により乗車定員10人以下の自動車を貸し切つて旅客を運送する一般旅客自動車運送事業) 事業用自動車を示す緑地に白字(軽自動車のタクシーは黒地に黄字)、3ナンバー又は5・7ナンバー(乗用登録)のナンバープレートがつけられる。自家用自動車を用いて無許可でタクシー営業しているものは『白タク』と呼ばれ、違法である。この呼び方は、ナンバープレートが事業用車の緑ナンバーに対して、自家用車は白ナンバー(白地緑文字)であることに由来する。 タクシーに係わる法令として、道路運送法のほかにタクシー業務適正化特別措置法、特定地域及び準特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法(タクシー事業適正化・活性化特別措置法)、旅客自動車運送事業運輸規則、一般乗用旅客自動車運送事業標準運送約款などがある。

    全国の市場規模は2009(平成21)年度でおよそ1兆8000億円、2010(平成22)年度で1兆7279億円。最大であった1991(平成3)年度の6割程度まで落ち込んでいる。 規制緩和によって大都市圏を中心に多くの地域でタクシー台数が過剰となり、2009年(平成21年)10月にはタクシーの減車を促すタクシー事業適正化・活性化特別措置法が施行された。この結果、全国に先がけて減車が進められた東京地区ではタクシー台数が最大時から約2割減少、2010年(平成22年)7月以降には一台あたりの売上高が増加に転じ、翌年3月の東日本大震災発生まで8か月連続で増加した。

    1912年(明治45年)7月10日、東京市麹町区有楽町(現東京都千代田区有楽町)にタクシー自働車株式会社が設立され、同年8月15日から本社前でT型フォードを6台使用して旅客営業を開始した。これが日本における、自動車を使用したタクシーの最初の営業であった。 このタクシーは料金メーターを搭載して「辻待ち自動車」と呼ばれており、上野駅と新橋駅を拠点に営業していた。料金は最初の1マイルが60銭、以後0.5マイル毎に10銭増しであり、人力車に倣って夜間・雨雪時の割増運賃も設定されていた。その後、1914年(大正3年)には東京駅が開業したことにより、同社によって東京駅でも営業が行われるようになった。その後タクシーは全国に普及するが、当初は料金体系がバラバラで苦情が多かったことから、1924年(大正13年)大阪市内を1円均一で走るタクシーが登場した。これを円タクという。円タクは、2年後、東京市にも登場した。実際には範囲内短距離であれば運転手と交渉し、80~90銭にまけさせた、という事もあったようである。 満州事変から第一次上海事変へと日中関係が混迷を深める中、石油会社が値上げを発表するなど、東京市内のタクシーは混乱を深めていき、1938年(昭和13年)には車両、部品、燃料など物資統制の重圧から、警視庁は全てのタクシー営業を法人格を持つ者に限ること(最低基準車両50両)とし、175社へ集約統合を行った。その後、メーター制も復活し、初乗り2キロ30銭、1キロごとに10銭という値段になった。 戦時体制が整うにつれ、1937年(昭和12年)には、石油資源の確保のため、タクシーの流し営業が禁じられ、戦後まで代替燃料として、木炭、亜炭等が使われるようになった。第二次世界大戦終戦後、東京都内で焼け残ったタクシーは、1,565台だけであった。 1950年代後半以降、モータリゼーションの発達により、大都市圏を中心に「神風タクシー」と呼ばれる粗暴運転、乗車拒否、不当運賃請求(雲助タクシー)などが問題となり、交通事故も多発し、白タクも横行した。それらを抑制する目的で個人タクシー制度が生まれ、1959年(昭和34年)に東京で初認可、翌1960年(昭和35年)には関西でも個人タクシーが認可されるようになると、法人タクシーと個人タクシーが競合するようになった。1970年(昭和45年)には、タクシー業務...

    介護・福祉タクシー

    タクシーの利点の一つが「旅客をドア・ツー・ドアで輸送できる」という点である。1976年、熊本県自動車交通労働組合が春闘の一環として、重度障碍者等の運賃を2割引きにし、乗務員が車椅子の折り畳みなどを援助する福祉タクシーの導入を提唱。会社側も導入に同意した記録が残る。その後は、身体障害者や高齢者など、移動に大きな制約を伴う人々を対象にするタクシー事業者が増加した。中には、運転手にホームヘルパー(2級以上のヘルパーは乗降介護が出来る)、救命講習などの公的資格を取得させている事業者もある。車椅子を積載できるタクシーには8ナンバーの特種用途自動車の登録となっているものもある。 本業がタクシーではない介護事業者(特に訪問介護・居宅介護事業者)が、介護サービスの利用者を病院などへ移送することを目的に、一般乗用旅客自動車運送事業(患者等輸送限定)という種別の許可を受けることも多くなってきている(「介護タクシー」)。このうち、介護保険や支援費制度を適用しない場合をケア輸送サービス、適用する場合(通院等乗降介助)を介護輸送サービスといい、運賃の収受方法に差がある。

    自家用有償旅客運送のタクシー

    道路運送法第78条による自家用有償旅客運送として(詳細は廃止代替バス#80条バス参照)、陸運局の認可を受けた白ナンバー車両でタクシー事業を行うことができる。上述の介護・福祉輸送でこの形態をとるものがある。 NPOタクシーも参照。

    地域防犯・防災の役割を担うタクシー

    タクシーには「24時間365日、地域内のあらゆる場所を走行し、無線により連絡手段を確保している」という特性がある。この特性を活かして、非常時には警察無線とも連携を取り合う体制を築いている地域もある(犯人が犯行後タクシーを使用して逃走した疑いがある場合は暗号による一斉手配が無線で流れる。)。最近ではコンビニエンスストア等と提携してその敷地の駐車場に止めて旅客、無線待ちをしつつ、店舗の防犯を兼ねている地域もある。東京都では子供の安全の確保を目的として「タクシーこども110番」制度を警視庁や業界団体と共同で展開している。また、災害の被災現場の生の状況を都の災害対策本部やマスメディアに提供する「防災レポート車」の制度を都の地域防災計画として組み込んでいる。

    駅、空港、港、百貨店、観光地、繁華街、病院などにはタクシー乗り場が設けられており[注 1]、順番に並んで乗車する(東京駅などでは「先着順にお乗り下さい」と記されている、乗り場誘導係員も基本的にそれを遵守している)。タクシー車両を選ぶのは基本的に客の自由であり、最近では車両や後述の支払方法の多様化により、ワゴンタクシーの希望や現金以外での支払いを希望すると、順番の変更が受け入れられる場合がある[注 2]。一部のビルや病院などには、タクシーセンターが選定した優良ランク事業者の乗務員、タクシーセンター発行の優良証を持つ乗務員が入構出来る優良乗り場(東京都の場合、東京駅丸の内側や渋谷駅西口など)や特定事業者だけが入構可能な専用の乗り場がある。特定事業者の専用のタクシー乗り場の中には、入構するタクシー事業者がその施設所有者へ施設使用料を支払い構内権を購入している場合がある。また、特定事業者の専用の乗り場の場合でもその事業者の車両が待機していない時に客が乗り場に来た場合や客の呼び出しで迎えに来た場合は他の事業者の車両が入構することがある。 東京都内においては、新丸の内ビルディングや東京スカイツリータウンに「EV・HVタクシー乗り場」が存在し、ここには電気自動車とハイブリッドカーのみが待機できる。但し、前者は21:00〜翌9:00と日祭日は通常のタクシーも待機可能で、後者は待機車両が無い場合は通常のタクシーも入庫が可能となる。利用者は他の待機場同様、先頭から順番に乗車することが基本であるが、予約又は無線配車の場合はその限りではない。 走行中のタクシーが空車表示で走行中の場合は停めて乗車することができる。それ以外の表示の場合は通過。 また、主要都市の市街地では、フロントガラスから見えるように「空車」のプレートをダッシュボードに掲げて走っている(流し)タクシーに対して手をあげたら停車するので乗車すればよい。夜間の場合はプレートが見づらいことから、プレートの代わりに車上の社名表示灯が点灯しているか否かで区別できる地域もある。以前はタクシーメーターから出た腕に赤地に白文字の空車表示板が取り付けられており、実車時にこの腕を倒していたことから、運賃計算のことを「メーターを倒す」と表現した。最近はほとんどの車両で電光式の「空車」「迎車」「予約車」「賃走」「割増」「支払」「回送」などの表示...

    運賃はかつて、同一地域同一運賃制度に従い、原則として同じ地域では会社を問わず同じ運賃であったが、1993年(平成5年)にこの制度が廃止されている。現在では、地域ごとに定められた金額を上限とする一定の範囲内であれば、各社の裁量により運賃を自由に決めることができる。たとえば、2017年(平成29年)2月現在、東京都区部における一般的な普通車初乗り運賃は410円であるが、400円や300円とする会社も見られる。また、1997年(平成9年)には初乗距離短縮運賃制という制度が一部の会社で導入された。これは、初乗り運賃を安くする代わりに初乗り運賃が適用される距離を短くするというもので、一定距離を走行すると通常の運賃と同額になるが、初乗り運賃の高さから敬遠されがちな短距離利用の促進を狙っている。 日本で初乗り運賃が一番安いタクシーは、石川県七尾市の港観光タクシーで、250円である。 個人タクシーでは消費税法に基づく事業者免税点制度が適用されることから(売り上げが規定値以下のため)消費税の納税義務を免除されており、その分、法人タクシーよりも運賃が安くなっている地域もある。

    南関東、愛知県(名古屋市とその周辺部)、京阪神、中国・四国地方では自宅と空港の間で乗合タクシーサービスを行っている。これには2種類のものがある。一つは「自宅からある場所までは普通のタクシーで行き、そこで大型のタクシーに乗り換え、他の客と一緒に空港に行く」パターンである。もう一つは「大型タクシーが各利用者のもとを巡回して集客後、直接空港に向かう」パターンである。単独でタクシーに乗って空港に行くよりも安い。また中型車もしくは小型車にて自宅より直接(もしくは遠回りしない距離の立ち寄り先を絡めて)空港に向かうパターンもある。たいていサービス提供地域のどこから乗っても定額である。 また、東京都区部と武蔵野市・三鷹市においては、乗車地または降車地が営業区域内で、23区ならびに三鷹市・武蔵野市から、成田国際空港や東京国際空港(羽田空港)間の往路または帰路の送迎を依頼する場合、タクシー各社の配車室に乗車の1時間前までに、電話などで事前予約をすることによって、区や市ごとに定められている「エリア定額運賃」での送迎を行う事業者がある。この場合、タクシーメーター料金が表示額が超えても定額運賃が適用される。(例えば、自宅から空港までなどで、主要な区間を首都高速道路を利用する事が条件で、乗車地と降車地は原則各一箇所)、乗車中の高速料金は、利用者が負担する。 24時間運用の空港を、深夜から早朝にかけて発着する場合、鉄道や連絡バスなどの公共交通機関が運行されておらず、旅客の需要がある。 航空会社などの空港関係者が、電車・バスの運行時間外の出勤や退勤、または自宅や宿泊先と空港間の送迎を行うタクシー会社がある、こちらは予約配車である。

    必要な資格など

    乗務員(運転手)として、旅客輸送業に従事する旅客車に乗務する為には、第二種運転免許(普通二種、またはその上位免許である中型二種、大型二種免許)が必要である。AT車のみの乗務であれば、AT車限定の普通二種免許で乗務できる。 1. 東京武三交通圏の場合、タクシー乗務員になるには、普通自動車第一種運転免許証または、準中型自動車運転免許証を取得後、三年経過した者で雇用先が指定する健康診断を通れば、二種免許養成乗務員として入社することができる。 養成期間中は、日当が支給される。都道府県公安委員会(運転免許試験場)の学科試験・技能試験の合格を経て、二種免許取得後、自動車事故対策機構(NASVA)の適正診断を受ける[注 3]、二種免許取得後、空車表示灯(スーパーサイン)の裏に立てる乗務員証を取得する為、営業区域の指定する機関で乗務員登録を行う。営業所配属後、1年から2年間の在籍を必要とする拘束期間がある[注 4]。 東京・大阪はタクシーセンターが行う地理試験に合格し、新任研修を経た者が登録乗務員になれる。 さらに、上述したタクシー事業の多角化に対応するため、入社後、ホームヘルパー、警備員検定、...

    勤務

    乗務員は男性が多いが、タクシー乗務員については1999年(平成11年)の労働基準法改正以前から、女性の深夜労働(22時 - 翌5時)が認められており、乗務員が働く女性の場合も少なからずいる。しかし、一般的には昼日勤者が多い。乗務員は、一般に正社員(期限の定めの無い雇用契約)が多く、隔日勤務の場合、月に11乗務から13乗務。隔日勤務の場合、一回の乗務を2日分の労働と計算するので、1か月に22日から26日相当の勤務をすることになる。昼日勤(朝から夕方まで)、夜日勤(夜から朝まで)、最大12時間までを毎日乗務する勤務体系もあるが、この場合、1か月に22回から26回の乗務をすることも可能。正社員はこのような勤務体制が多い。 定時制乗務員(契約社員・嘱託)は、正社員ではなく、月に隔日勤ベースで8乗務まで(昼・夜日勤の場合、16乗務まで一勤務最大12時間以内まで)。主に、高齢者や兼業者がこういった勤務をする場合が多い。 毎月の給与は月間売り上げに対して、固定給制と歩合給制と混合型と存在する。従って歩合給制の場合、稼働日数が多いときや売上が多いときは給与が増えることもあるが、売り上げが少ない時...

    道路運送法第13条の定めるところにより、運送事業者は次の場合を除いては、運送の引受を拒絶してはならない。 1. (1) 当該運送の申込みが認可を受けた運送約款によらないものであるとき。 1.1. 一般乗用旅客自動車運送事業標準運送約款 1.2. 「運送の引受け及び継続の拒絶」(第4条) 1.2.1. 旅客は運転者その他の係員が運送の安全確保のために行う職務上の指示に従わなければならない。 1.2.2. 運送に関し、申込者(旅客)から特別な負担を求められたとき 1.2.3. 運送が法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反するものであるとき 1.2.4. 天災その他やむを得ない事由による運送上の支障があるとき 1.2.5. 旅客が乗務員の旅客自動車運送事業運輸規則の規定に基づいて行う措置に従わないとき 1.2.6. 旅客が旅客自動車運送事業運輸規則の規定により持込みを禁止された物品を携帯しているとき 1.2.7. 旅客が行先を明瞭に告げられないほど又は人の助けなくしては歩行が困難ほど泥酔しているとき 1.2.8. 旅客が車内を汚染するおそれがある不潔な服装をしているとき 1.2.9. 旅客が付添人を伴わない重病者であるとき 1.2.10. 旅客が感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律による一類感染症、二類感染症若しくは指定感染症(入院を必要とするものに限る。)の患者(これらの患者とみなされた者を含む。)又は新感染症の所見のある者であるとき 1.2.11. 禁煙車両(禁煙車である旨を表示した車両をいう)内では、旅客は喫煙を禁止する。 1.2.12. 旅客が禁煙車両内で喫煙し、又は喫煙しようとしている場合、運転者は喫煙を中止するよう求めることができ、旅客がこの求めに応じない場合には、運送の引受または継続を拒絶できる。 2. (2) 運送に関する設備のないとき 3. (6) 国土交通省令の定める正当な事由のあるとき 4. (イ)火薬類その他の危険物を携帯している者 5. (カ)食事若しくは休憩のため運送の引受をすることのできない場合又は乗務の終了などのため車庫若しくは営業所に回送しようとして回送板を掲出しているとき 6. 運送事業者は、発地及び着地のいずれもがその営業区域外に存する旅客の運送をしてはならない。

    1990年代以降、タクシー向けの排気量2リッター級セダンであるトヨタ自動車のクラウンコンフォート、クラウンセダン、コンフォート、日産自動車のクルー、セドリック営業車が主に使用されているが、日産では2010年にミニバンのNV200のタクシー仕様車を発売してクルーを2009年6月に、セドリック営業車を2014年12月1日にそれぞれ生産終了し、トヨタは2017年にトールワゴンのジャパンタクシーを発売して同年内にクラウンコンフォート・コンフォート・クラウンセダンを生産終了したため、2017年現在では規格に制約がある小型・中型タクシー向けセダンがすべて生産・販売終了となり、このミニバンとトールワゴンの各1車種がタクシー専用車として販売されている。 タクシー専用車は法人需要を考慮して、低コストでの販売のために内装装備を簡素かつ凡庸なものにしているため、他社との差別化のためあえて高価な上位グレードであるクラウンセダンやセドリックのクラシックSVなどのハイグレードタクシーを選択する会社もある。 タクシー専用車以外に、市販のセダンやステーションワゴン、ミニバンを改造したタクシーもある。以前は1.5 - 2リッター級FR方式の市販車をベースに若干の設計変更を施した車両を使っていたが、現在ではそのクラスの市販車がFRからFFに切り替えられ、またタクシーとしての快適性の追求と合わせて、1990年代にトヨタ・日産がFR駆動のタクシー専用車を開発した。 軽自動車は安全性、耐久性の問題があり介護用以外で使用されることはなかったが、2009年6月より電気軽自動車が認められるようになった。 1980年代までのタクシー車両は、燃費の関係上、AT(オートマチックトランスミッション)車よりも、MT(マニュアルトランスミッション)車が多く用いられていたが、現在では、AT車の改良により燃費も改善されMT車との格差が少なくなってきたことと、乗務員の疲労低減のため、タクシー専用車はATのみの設定となっている。特に2000年代後半以降、後述のハイブリッド車が普及するまでは車格の関係もありATの中でもトルクコンバータ式が主流だったが、ハイブリッド車の普及により広義のATであるCVT(無段変速機)車(特に、電力・機械併用式無段階変速機)への移行が進んでいる。 後部座席に旅客を乗せて営業するためそれ相応の安全性・乗...

  3. DiDiモビリティジャパン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/DiDiモビリティジャパン
    • 事前確定運賃
    • 沿革
    • サービス
    • 関連項目

    2019年10月25日に国土交通省が事前確定運賃を認可した。事前確定運賃とは配車アプリ等で入力された乗降車地の地図上の走行距離と推計所要時間等を踏まえてタクシー運賃を事前に算出する仕組みである。これにより「渋滞や回り道等により運賃が高くなるかもしれない」「到着するまでメーターが気になる」というタクシー運賃に関する不安がなくなり、タクシーが利用しやすくなる。訪日外国人にとっても、事前に運賃を確定させて予約ができるようになり、タクシーを利用して円滑かつ安心な旅行ができるようになる。と説明されている。これを受けDiDiは12月より青森、新潟で事前確定運賃制度を導入した。今後は2020年1月に大阪、2月以降に京都、兵庫、静岡で導入を予定している。

    2017年12月11日 - みなとA株式会社として設立
    2018年4月24日 - ルノー・日産自動車・三菱自動車がDiDi Auto Allianceに参加
    2018年5月10日 - DiDiモビリティジャパン株式会社に商号変更
    2018年6月21日 - 東京都知事登録旅行業第2-7593号取得

    「DiDi」は、タクシー配車アプリの「DiDi Taxi」、ヒッチハイクアプリの「DiDi Hitch」、自転車シェアアプリの「DiDi Bike-Sharing」など、世界中で幅広い交通手段を提供する、世界最大級の交通プラットフォーム。 このうち、「DiDi Taxi」が開始されている。 1. 利用者はスマートフォンの配車アプリ「DiDi(ディディ)」に行き先と乗車地点を入力することで、タクシーを呼び出す。訪日中国人は中国で使っているアプリで最寄りのタクシーを呼べる。 2. アプリには、呼んだ車の特徴やナンバーが表示され、接近情報も確認できる。 3. 注文確定時に支払い方法を選び、到着後、車内決済(タクシー車内、各タクシー会社の決済方法に準じ支払う)かアプリ決済(アプリに事前登録されたクレジットカード、デビットカード、PayPayで支払う)により決済を行う。 タクシーには配車アプリ「DiDiドライバー」が搭載されている。 1. 2019年9月25日からゼンリンデータコムが提供する高機能ナビゲーションアプリ「Z-NAV(ゼットナブ)」提供 2. 同年11月6日に過去のデータを元にしたAIによる需要予測「DiDiヒートマップ」提供

  4. Y!mobile - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Y!モバイル

    Y!mobileブランドの誕生. 2014年 (平成26年)6月1日、携帯電話サービスの イー・モバイル 等を行っていた イー・アクセス 株式会社が、 PHS サービスを行っていた株式会社 ウィルコム を 吸収合併 し、7月1日に商号を ワイモバイル 株式会社に変更。. 8月1日に ...

  5. ウィルコム - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/マルチパック

    「ウィルコムあんしんサポート」2013年1月31日、「あんしん保証サービス」は11月13日に新規受付を終了した。 「Y!mobile」へのブランド統合に伴うオプションサービスの見直しにより、「新通話パック」・「ソフトバンク/イー・モバイル通話定額」・「テザリングオプ ...

  6. SBパートナーズ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/SBパートナーズ

    SBパートナーズ株式会社(英:SB Partners Corp.)は東京都港区に本社を置く日本の会社。ソフトバンクグループのソフトバンク子会社で、仮想移動体通信事業者(MVNO)向けのサービスを提供する仮想移動体通信サービス提供者(Mobile Virtual Network Enabler、通称 ...

  7. エデュアス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/エデュアス

    株式会社エデュアスはソフトバンクグループのSBプレイヤーズの完全子会社であり、情報通信技術を活用した教育事業を手掛ける企業である。 この社名にはエデュケーション「EDU」の明日「AS」をデザインするという思いがこめられている。[2] なお、当初は教育だけで ...

  8. Wireless City Planning - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/WCP
    • 概要
    • 沿革
    • 通信端末
    • 関連項目
    • 外部リンク

    ウィルコムの会社更生法申請に伴い、ソフトバンク(現在のソフトバンクグループ)の100%出資により、ウィルコムのXGP事業と同社の固定資産等を譲受する目的で設立された。しかし、BWAの免許取得には、既存の3G事業者を抱えているソフトバンクグループでは、出資比率33%超にならないようにする必要があったことから、スポンサーファンドであるアドバンテッジ パートナーズらから資本を引き受ける形で、電気通信事業者として申請し、2010年(平成22年)12月21日付で、ウィルコムから前述の事業を譲受し、実態のある企業となった。 譲受時点で、「XGPサービス」の新規加入は行わず、東京23区のウィルコムユーザ向けにのみ提供されていた、旧・WILLCOM CORE XGPの限定サービスを継承して行っている形となっている。 2011年(平成23年)11月より、XGPの高度化サービスである、Advanced eXtended Global Platform(AXGP)方式を利用した「AXGPサービス」を東京・大阪・福岡の一部地域にて、従来のXGP利用者向けモニターサービスとして提供開始した。なお、これに伴い、従来のXGPサービスは、2012年(平成24年)1月31日を以って廃止されることになった。 2012年2月より、系列に当たるソフトバンクモバイル(現在のソフトバンク)がWCPのMVNOとして、下り最大76Mbpsに対応したSoftBank 101SI(SoftBank 4Gブランドで提供するAXGPと自社のDC-HSDPAサービス・ULTRA SPEEDのデュアルモードに対応したデータ専用Wi-Fiルータ端末)を提供する。 2013年3月21日時点で2012年度末の全国人口カバー率92%を達成し政令指定都市人口カバー率についても100%となったと発表した。これについては急ピッチでエリア拡大を進め、本来5年間で実現する予定の計画を実質2年間で達成したことになる。WCPのAXGP基地局を展開する際は既存のウィルコム基地局を利用し建物制限が無い限りは全てPHSとの併設のオムニアンテナ新型機に替えている。 2014年7月頃から、Yahoo! BBがMVNOとしてYahoo! BB Airをスタートした。 2014年秋ごろをめどに、キャリア・アグリゲーションのAXGP版を提供する予定。ただし...

    2012年(平成24年)1月31日- 正午を以って、XGPサービス(旧・WILCOM CORE XGP)によるモニターサービスを終了し、AXGPサービスのモニターサービスへの切り替えを実施。

    XGPサービス向け

    XGPサービス向けについてはウィルコムの事業(WILLCOM CORE XGP)だった時代に発表されたもののみとなっている。 1. GX000N 2. GX000IN 3. GX001N

    AXGPサービス向け

    2011年(平成23年)11月1日時点で、華為技術(ファーウェイ)製のUSBドングル端末が、モニターサービス用端末として提供されているとしている。 一般向けへ提供されている(予定も含む)端末は以下の通り。

    UQコミュニケーションズ - BWA事業者としては競合する事業者
  9. ネットマーブルジャパン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ネットマーブルジャパン
    • 履歴
    • 運営内容
    • 会員登録
    • 有料サービス
    • 外部リンク
    2004年8月27日 - CJインターネット50%とソフトバンクBB33.75%とベクター10%とテクノブラッド6.25%の合同出資で「CJインターネットジャパン株式会社」設立
    2004年12月20日- ソフトバンクグループと共同でポータルサイト「ネットマーブル」を開設。
    2005年野菜村を中心に、数々の新規ゲームを導入

    提供中のゲーム

    1. モバイル向け 1.1. セブンナイツ※Netmarble Nexus開発 1.2. リネージュ2 レボリューション※Netmarble Neo開発 1.3. MARVEL Future Fight ※ネットマーブルモンスター開発 1.4. KOF ALLSTAR※Netmarble Neo開発 1.5. フィッシングストライク ※WeMade Plus (WeMade Entertainment子会社) 開発 1.6. Destiny Knights ※ALPACA GAMES開発 1.7. アイアン・スローン ※4PLAT開発 1.8. ファントムゲート: The Last Valkyrie ※Level9開発 1.9. 七つの大罪 〜光と闇の交戦〜※Funnypaw開発 1.10. btsworld ※ネットマーブルモンスター開発 1.11. ブレイドアンドソウル レボリューション ※CherryBugs開発

    配信予定のゲーム

    1. BTS Universe Story

    ネットマーブルのサービスを利用するには、無料の会員登録が必要である。会員登録すると、ネットマーブルからお知らせメールが届くが、これは会員登録時に配信の有無を選択することができた。 会員登録はゲームにログインするためのIDとPW、メールアドレス(PCで、フリーメールでも可)、ネットマーブルからのメールを受信するか、ゲーム内での名前、生年月日、性別と至って簡単であった。 会員登録が完了すると、ゲーム・アバター・キャラチャット、ひろば、マイページのすべてのサービスを利用することができた。ひろばというのは、ネットマーブル内の公式掲示板のことであった。マイページでは、会員情報を変更したり、ネットマーブル内の会員へメールを送信できる機能、「ミニメール」を利用したりすることができた。

    ネットマーブルは、2005年7月22日午前9時にアバターのサービスが有料化となった。これに伴い、一部のゲームや、ゲームのオプションなどが有料化された。有料サービスは、マーブルポイント(MP)と呼ばれるウェブマネーを購入すると利用することができる。 ※アバターに関しては、2008年1月31日午後3時をもって有料販売を終了している。 無料サービス時に着用していたアバターは削除されないということだったが、有料化によってネットマーブルの各所で批判の声が起きた。しかし現在では、有料サービスを利用する人も多く、大きな混乱は起こっていない。これは、有料化を認めている利用者の説得があったことも大きく関わっていると思われる。 一方、大きな混乱は起こっていないのだが、ゲーム内で「IDとMPを交換してください」などという人に対し、不正な取引(詐欺行為等)を行うことが問題となっている。なおネットマーブル利用規約では、IDやパスワードを他人に教える行為や、教えてもらう行為は禁止されている。こういった問題の原因として、低年齢層の利用者が多いことが挙げられる。 だが、2012年2月16日午前10時をもって閉鎖された。

  10. ODN - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ODN

    概要. 1997年4月、当時の日本テレコムによって運営が開始され、従量制接続プランが主流であった当時としては低価格の固定料金制接続プランを提供したことから爆発的な人気を集めた。. その後、運営会社の日本テレコムは リップルウッド 傘下を経て ソフトバンクグ ...