雅虎香港 搜尋

  1. 大新聞と小新聞 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 大新聞と小新聞

    新聞(おおしんぶん)と小新聞(こしんぶん)は、明治時代初期(1870年代 - 1880年代)に行われた、新聞の二大別。 知識階級を対象に政論を主体としたものを「大新聞」、庶民向けに娯楽記事を主体としたものを「小新聞」と呼んだ。後発の小新聞の方が大新聞より ...

  2. 専門紙 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 専門紙
    • 日本における専門紙
    • アメリカにおける専門紙
    • イギリスにおける専門紙
    • 中国における専門紙
    • 関連項目

    日本における専門紙は、大きく三つに分けられる。読売新聞記者としてマルチメディアの報道に長く従事したマスコミ向け広報の専門家である高橋真人は、三つを下記のように説明している。経済を中心に世事全般を広く扱う「経済紙」、すべての産業分野をカバーし、経済紙に漏れた企業動向を掲載する「産業紙」、もっと細かく、業界内部で働く人々だけを読者層として想定し、業界の詳細情報を掲載する「専門紙」である。経済紙と産業紙は一般紙中心の日本新聞協会加盟社が多く、専門紙は日本専門新聞協会加盟社が多い。 各分野における人事、法制、技術、新製品、展示会などのイベント、業界人インタビューなど、業界動向に関する情報が豊富に掲載され、一般的な報道記事は少ないかほとんどない。専門紙は、読者としてその業界に属している人を想定しているので、特化して個人での購読は少なく、法人や事業者による購読比率が高いものが多い(これらは一般的に業界紙と呼ばれる)が、経済紙や産業紙は個人向けに駅売店などでも販売しているケースも多い。最近ではインターネット専業の専門紙も増えている。独自取材というよりは、事実上のプレスリリース転載になっている媒体も少なくない。 発行部数は数百部程度のものから数十万部のものまで様々である。また、発行形態も日刊・隔日刊・週刊・旬刊・月刊、紙面もブランケット判・タブロイド判・B3版・B5版・A4変形など、多岐にわたる。冊子のものは専門雑誌に分類され、多く業界誌と言われるが、その種別は曖昧である。 戦後、数多くの専門紙が出来、そして消えていった。専門紙『日本加工食品新聞』の執筆・編集に長く従事し、編集長を務めた藤沢周平(小菅留治)の回想によれば、昭和30年代に藤沢が初めて勤めた新聞社は社員が極めて少なく、4ページの新聞が刷り上がると社長自ら広告取りをして歩いており、新聞は短期間で消滅したという。大手の日本繊維新聞が2010年に休刊・破産するなど、専門紙を取り巻く環境は厳しさを増している。 通常は経済若しくはビジネスに関する記事を中心に掲載している新聞を指すが、広義に於いては小・中学生新聞や英字新聞、スポーツ新聞、予想紙などを含む。また、政党や宗教団体などの機関紙も専門紙に含める事がある。

    政治

    1. ポリティコ- 政治専門紙 2. ザ・ヒル(The Hill) - 議会専門紙

    経済

    1. ウォール・ストリート・ジャーナル 2. インサイドUSトレード

    軍事

    1. ディフェンス・ニューズ

    経済

    1. フィナンシャル・タイムズ

    教育

    1. タイムズ・ハイヤー・エデュケーション

    広告

    1. パブリック・アドヴァタイザー

    経済

    1. 経済日報

    財政

    1. 中国財政報

  3. 白虹事件 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 白虹事件
    • 概要
    • 事件の背景
    • 関連項目

    当時、大阪朝日新聞は大正デモクラシーの先頭に立って言論活動を展開し、特にシベリア出兵や米騒動に関連して寺内正毅内閣を激しく批判していた。1918年8月25日、米騒動問題に関して関西新聞社通信大会が開かれ、各社から寺内内閣への批判が巻き起こった。 問題となったのは、大会を報じた翌8月26日付夕刊(25日発行)の記事だった。記事の一節に「食卓に就いた来会者の人々は肉の味酒の香に落ち着くことができなかった。金甌無欠の誇りを持った我大日本帝国は今や恐ろしい最後の裁判の日に近づいているのではなかろうか。『白虹日を貫けり』と昔の人が呟いた不吉な兆が黙々として肉叉を動かしている人々の頭に雷のように響く」とあり、文中の「白虹日を貫けり」という一句は、荊軻が秦王(後の始皇帝)暗殺を企てた時の自然現象を記録したもので、内乱が起こる兆候を指す故事成語であった(『史記』鄒陽列伝。日は始皇帝を、白虹は凶器を暗示)。いつも原稿を点検していた社会部長・長谷川如是閑はたまたま所用で席を外していたので別のものが見たが「白虹」の故実を知らず、締め切り時間になったので意味がはっきりしないまま降版したという。試し刷りを読んだ副部長が不穏当だと判断し、大阪朝日新聞編集幹部はすぐさま新聞の刷り直しを命じた。しかし、すでに刷り上がった3万部のうち1万部が出回った後だった。大阪府警察部新聞検閲係は、新聞紙法41条の「安寧秩序ヲ紊シ又ハ風俗ヲ害スル事項ヲ新聞紙ニ掲載シタルトキ」に当たるとして、筆者大西利夫と編集人兼発行人山口信雄の2人を大阪区裁判所に告発し、検察当局は大阪朝日新聞を発行禁止(新聞紙法43条)に持ち込もうとした。当時、世論の激しい批判にさらされていた寺内政権が弾圧の機会を窺っていたとも指摘されている。 関西では大阪朝日新聞の不買運動が起こり、さらに憤慨した玄洋社系の右翼団体の黒龍会の構成員七人が通行中の大阪朝日新聞社の村山龍平社長の人力車を襲撃し、村山を全裸にしたうえ電柱に縛りつけ、首に「国賊村山龍平」と書いた札をぶら下げる騒ぎまで発生した。また、後藤新平は右翼系の『新時代』誌に朝日攻撃のキャンペーンを張らせ、他誌も追従した。 事態を重く見た大阪朝日新聞では10月15日、村山社長が退陣し、上野理一が社長となり、鳥居素川編集局長や長谷川如是閑社会部長ら編集局幹部が次々と退社。社内派閥抗争で上野派の...

    1918年1月のウラジオストックへの艦隊派遣の頃から、シベリア出兵の噂によって米価が高騰していた。5月には三菱造船の会長に海軍中将武田秀雄が就任していたが、7月12日には山口県徳山市の徳山湾に停泊中の弩級戦艦河内(川崎造船所)で621名が死亡する爆発事故が発生した。7月23日から始まった米騒動の際に大阪朝日新聞は、戦時特需を利用して急成長した新興財閥(成金)の鈴木商店は米の買い占めを行っている悪徳業者であると攻撃した。これにより、鈴木商店は米価の高騰に苦しむ民衆の反感を買い、8月12日に焼き打ちされた。 ちなみに、城山三郎は、当時の鈴木商店が米を買い占めていた事実はなく、焼き打ちは大阪朝日新聞が事実無根の報道を行ったことによる「風評被害」であり、鈴木商店と対立していた三井と朝日の「共同謀議」ではないかという仮説を立て、ノンフィクション小説として発表している。

  4. 小国重年 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 小国重年

    出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。 記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。 デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『国重年』- コトバンク 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞出版)『国重年』 ...

  5. 機関紙 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 機関紙
    • 細分類
    • 概説
    • 関連項目

    公的機関が公民に公表する目的の機関紙は公報、専ら部外者に向けられた告知集は広報といい、現代では狭義の機関紙とは区別されることもある。 1. 公報 1.1. 回覧板 2. 広報(紙誌) 2.1. 社内報 2.2. 機内誌 2.3. 車内誌 3. 会報 3.1. 学級新聞

    広く一般に向けて発行され、報道機関として不偏不党・中立が求められがちな新聞(狭義の新聞)と違い、特定の団体がその目的に沿った形で発行する新聞である。機関が発行するため「機関紙」と呼ばれる。単に広く社会の出来事を報道することが期待される狭義の新聞と比べ、何らかの社会的・政治的目的を持って発行されているか、団体の活動範囲の中の出来事を報じるもので、団体によってその趣旨は様々である。 現代では、政党・政治団体・職能団体・労働組合・業界団体・宗教団体・社会運動団体や国家機関(政府・軍隊など)が発行していることが多い。

  6. 篠山町連続差別落書き事件 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 篠山町連続差別落書き事件
    • 概要
    • 部落解放同盟中央本部の主張
    • 全国部落解放運動連合会の主張
    • 取材動画削除仮処分
    • 関連項目

    問題の落書きは1983年8月10日から8月15日にかけて、篠山町の小多田地区農機具庫シャッター、菅地区の道路東側のケンチ積み石垣とそのすぐ近くの大西正義(部落解放同盟中央糾弾闘争本部長・同兵庫県連委員長)所有のワゴン車ボディ、篠山市民館北側駐車場の路面の計4箇所で発見された。文面は「エッタシネ」「ヨツコロセ」などというもので、型紙にスプレーを吹きつける方法で書かれていた。 これに対して同町と教育委員会、篠山町同和教育協議会(篠同教)は8月12日・8月15日・8月19日の3日間にわたり、部落総代・地域づくり推進委員・婦人会班長以上・篠同教理事・学習指導委員・町会議員・教職員・行政職員ら約800人を緊急町民集会に招集。篠同教は「悪質な差別落書きを糾弾する!!」との声明を発表。住民啓発を強化すると共に、部落解放同盟による徹底糾弾に協力する方針が打ち出された。 しかし事件に先立つ1983年5月、部落解放同盟小多田支部員で同町小多田三区総代の西尾一也は、部落解放同盟兵庫県連篠山町小多田支部長の東山忠義(とうやま ただよし)から「このごろ支部の運動が盛り上がらないので、よそでよく書かれている差別落書きを書いてくれ」と依頼されていたことを明らかにした。このため、西尾ならびに西本明義(部落解放同盟小多田支部前副支部長)と松本登喜雄(全国部落解放運動連合会小多田支部員)が調査を行った結果、落書きに使用したスプレーや手袋などが発見された。さらに、落書きに使用した型紙の焼却を東山から依頼された人物の存在も明らかになったため、西尾らはこの事件の犯人が東山忠義その人であることを確信し、1983年12月24日、14人の署名を添えて部落解放同盟兵庫県連に請願書を提出し、東山への処分を要求した。これとは別に、篠山町当局も独自の調査により真犯人は東山であるとの結論に達し、町同和教育協議会を通じて部落解放同盟兵庫県連に対応を迫った。 これに対して部落解放同盟兵庫県連は、小多田支部の解体と再登録を一度は約束したものの、1984年2月4日の支部集会ではこの約束を白紙に戻して散会。このため、西尾らは1984年2月25日付で声明ビラ「正しい解放運動・同和行政・同和教育をすすめるために─篠山町・多紀郡のみなさんに訴えます」1万2000枚を多紀郡内に配布し、「犯人は部落解放同盟の内部にいる」旨を訴えた。 こ...

    東山の死を受けて『解放新聞』は1984年4月23日、「日共の差別キャンペーンで自殺者」と題する記事と、部落解放同盟中央本部の名による「兵庫県篠山町差別落書き自殺事件にたいする声明」を1面で大々的に掲載。無実の東山を自殺に追い込んだとして、西尾ら3名や全国部落解放運動連合会を非難する内容であった。以下はその要旨である。 ただし、自殺することがなぜ身の潔白を示すことに繋がるのかという点については東山も部落解放同盟中央本部も説明していない。

    これに対して全国部落解放運動連合会は 1. 1984年4月6日に部落解放同盟兵庫県連の招集で開かれた小多田支部再建大会では、大西委員長らが部落解放同盟員により「君らの対応が遅かったので、東山支部長が自殺したのだ」と激しく抗議を受ける場面が何度もあったこと。 2. 同大会では、東山支部長派の同盟員が排除され、西尾らを支持した者が支部長として県連から推薦されたこと。 3. 1984年4月12日の小多田三区の部落総会では、西尾が引き続き総代に選ばれると共に、会計や農会長にも全国部落解放運動連合会の会員が選出されたこと。 4. 東山の遺族を含めた関係者が全国部落解放運動連合会や西尾らに抗議した事実はなく、地元では逆に支持と共感が広がっていること。 5. 東山の自殺の原因は不明であり、遺書の有無は極めて曖昧であること。 等の根拠を挙げ、部落解放同盟からの非難を失当とした。

    2020年11月25日、この事件を題材として現地を取材し、差別が発生するメカニズムに迫った動画がインターネット動画投稿サイトYouTubeとニコニコ動画並びに、ライブドアブログ(LINE)に公開されたが、地元自治会が差別だとして、丹波篠山市に相談、同市は「住民のプライバシーや名誉権を侵害している」と判断。サイト管理者に削除を要請したが、表現の自由の範囲内と判断し応じなかったため、市と地元自治会長の連名で、2020年10-12月、3社を相手取り、仮処分を申し立てた。その後、YouTubeとライブドアブログは管理者が自主的に削除。動画テロップの内容は、ほぼウィキペディアどおりで、「投稿動画の内容を確認したが、任意では削除しない」としてドワンゴが争う姿勢を示したため、同支部が2020年12月、「差別が助長された」として、丹波篠山市と地元自治会が、サイト管理会社ドワンゴに動画削除を求める仮処分を申し立て、2021年2月9日には、神戸地裁柏原支部が削除を命じる決定を出した。ドワンゴは自治会長のプライバシー侵害などを認める決定を受け、動画を削除した。市は直接的な当事者ではないためと決定を速やかに得る目的で最終的には申立人から外れた。丹波篠山市長の酒井隆明は、申立人と積極的にかかわったが、部落差別をなくすのは市の責務で、長年取り組んできたと弁明、表現の自由の侵害には当たらないという立場を示した。部落差別問題を扱った動画の削除を命じる仮処分は全国初であった。

  7. 御用新聞 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 御用新聞

    朝日新聞 創刊期には大阪 ローカルの小新聞であったが、参議の伊藤博文らが同じく参議の大隈重信を政府から追放した明治14年政変の翌年以降、政府と三井銀行から極秘裏に経営資金援助を受ける御用新聞として経営基盤を固めた。 その間に東京の『めさまし新聞』を買 ...

  8. チッキ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › チッキ
    • 歴史
    • 手順
    • 費用
    • 今日的な評価
    • その他
    • 関連項目
    • 外部リンク

    「チッキ」は本来、上記のように「手小荷物輸送」のうち「手荷物」やその輸送を意味するが、鉄道荷物輸送が広く行われていた当時、一般の用語法として必ずしも「手荷物」(鉄道手荷物)と「小荷物」(鉄道小荷物)を厳格に区別せず、比較的あいまいに「手小荷物またはその輸送」を指す形で用いられる傾向が少なからずあった。以下はこの用語法に基づく形で記述する。 JRの前身である日本国有鉄道(国鉄)で、最寄り駅で受発送の手続きをしていた鉄道小荷物や託送手荷物、または鉄道小荷物の受発送を指した。 上記の語源に示されるように、乗客の手荷物の託送に起源を有する。鉄道の発達とともに、乗客とは関係なく輸送される小荷物の取り扱いもなされるようになり、次第にこちらのほうが比重を増し、小口の荷物や要急送品、新聞や週刊誌等の輸送手段として定着していった。荷物専用列車の時刻は一時期、市販の旅客用時刻表にも時刻が掲載されていた。 明治時代から長年、郵便小包とともに小口荷物輸送の一翼を担っていたが、1970年代に入ると国鉄と労働組合との関係が悪化、激しい労働争議が頻発した。これが荷主からの信頼を失う結果となる。1976年(昭和51年)にヤマト運輸が「宅急便」の名称で宅配便サービスを開始したことや、新聞輸送のトラック輸送への転換や全国紙の現地印刷開始により、取り扱い個数が減少に転じた。これに対抗するため1982年(昭和57年)には集配サービスを付加した「宅配鉄道便Q」(人気漫画「オバケのQ太郎」をキャラクターに起用)を開始し、1985年(昭和60年)にはさらに取次店での荷物引受サービスを加えた「ひかり宅配便」の取り扱いを開始したものの凋落に歯止めはかからず、1986年(昭和61年)に鉄道小荷物サービスが廃止された。 この後、駅構内で旅客の手荷物を車廻りまで運ぶ独特の服装の赤帽も姿を消した。 一方、1981年(昭和56年)8月から、新幹線で荷物を輸送する「レールゴー・サービス」も東京 - 新大阪・大阪で開始され、11月25日から東京 - 博多に延長、1986年(昭和61年)からはこれに集配サービスを付加した「ひかり直行便」も開始された。 なお、東海道・山陽新幹線利用の「レールゴー・サービス」は、2006年(平成18年)3月のダイヤ改正で廃止されたが、2003年(平成15年)5月に「ひかり直行便」と同様のサービス...

    「手小荷物」とひとくくりに表現されることも多いが、託送手荷物と小荷物とでは当然ながら相違があった。 託送手荷物は、旅客が鉄道や船舶などの交通機関を利用する際に駅から駅または港から港の区間で旅客の手に余る重さ・嵩(かさ、体積)の手荷物等を駅や港の窓口で受付して輸送会社が預かる。小荷物との違いは乗車券が必要であり、自宅などへの配達が可能であった。この時に手荷物の引換券が渡される。 小荷物について、当時の国鉄の営業規則では次のようになっていた。いずれも1980年当時のものである。 1. 1個30キログラムまで、大きさ2立方メートルまで。超過分は超過料金が必要。 2. 受付は小荷物取り扱い駅で午前9時から午後5時まで。但し、貴重品や特殊な物品は取り扱い駅を限定して取り扱う。 3. 所要日数は受付日1日+輸送距離400キロメートルごとに1日。急行荷物列車とブルートレイン利用の場合は受付日の翌日。 4. 運賃は5つの地帯に分け、地帯区分、重量、品物によって決定する。急行荷物列車利用の場合は100円の急行荷物料金を、ブルートレイン利用の場合は小荷物運賃相当額の特急荷物料金をそれぞれ徴収する。 5. 急行荷物列車とブルートレイン利用の場合は区間を限定して取り扱う。 6. 配達はするが、配達可能駅と配達可能エリアを別に指定し、配達料金を徴収する。それ以外は駅留(駅まで取りに出向く。受付時間は午前9時から午後5時まで)。 7. 荷物は厳重に荷造りした上、荷受人・荷送人を書いた紙などを荷物本体に貼ると共に、同じ内容を書いた荷札をくくりつけなければならない。 鉄道小荷物輸送は、旧国鉄だけでなく地方や、大都市圏の一部の私鉄でも行われていた。また、旧東京地下鉄道(現・東京地下鉄銀座線)でも昭和初期に旧国鉄との連絡運輸を開始したのを機にチッキの取り扱いを開始したが、約10年間に発送が3個、到着が5個という状態だったため、1950年(昭和25年)にチッキ扱いは廃止された。 2016年(平成28年)現在、島根県の一畑電車で手荷物・小荷物制度が存続しているほか、近畿日本鉄道、南海電気鉄道を除く関西の大手私鉄では、利用頻度は高くないものの新聞の原稿について託送制度が存在している。

    重量や輸送距離により変動するが、1959年当時は運送距離の遠近に関わらず115円で、配達をしてもらう場合は30円加算された。また、発送駅から到着駅までの運賃は旅客同様最短距離によるが、私鉄駅からの発送の場合は私鉄線の運賃も加算された。

    日本の鉄道からは託送手荷物は姿を消したが、航空機や高速バス、離島航路においては乗客の手荷物を預かって輸送(通常は乗客と同じ便で)するサービスが常識となっている。性格は託送手荷物そのものである。いずれも客室が狭いことや、保安上の理由によるものであるが、ターミナルで荷物を持って移動する負担が減る等、乗客にもそれなりの利便性がある。 九州地方のいくつかの大手バス事業者では、九州産業交通がかつて一般路線バスによる小荷物輸送を行っていたほか、都市間バスによる九州内での小荷物輸送すら、長い歴史を持ちながら現在も行われ続けている。 日本の鉄道においては、その旅客輸送密度の高さ故に荷物輸送のためのスペース・人員・ダイヤを確保できなくなったのが実情である。客室にも相対的にゆとりがあり、乗車中の手荷物託送の必要性は航空機や高速バス程には高くないが、乗り降り、ターミナル移動時等を含めると必要性が認められることも少なくない。 託送手荷物のもう一つの機能である「駅から目的地へ(またはその逆)の手荷物配送」については、いくつかの取り組み事例が見られる。個別施設によるサービス提供が多いが、地域で横断的に行われている取り組みとして注目されるものに、大分県由布市由布院温泉の「ゆふいんチッキ」がある。これは由布院観光総合事務所(由布院温泉観光協会と由布院温泉旅館組合が共同運営)が2003年7月から提供しているもので、九州旅客鉄道(JR九州)久大本線由布院駅前(受付所を開設)と各宿泊施設との間で手荷物託送を行う。自家用車の観光地乗り入れを減らすために鉄道の利便性を高める目的で始められ、一定の効果も認められている。名称は国鉄時代のチッキを意識して名づけられたものとのことである。 2005年3月からは、神奈川県足柄下郡箱根町箱根湯本地区で同様な手荷物託送を行う「箱根キャリーサービス」が、箱根登山バスにより開始されている。 また、鉄道荷物会社(下記「その他」を参照)であった企業によるサービス提供の例として、西日本旅客鉄道(JR西日本)グループのジェイアール西日本マルニックスが京都・大阪両市内で提供しているキャリーサービスが挙げられる。これは、京都駅と京都市内の旅館の間、および新大阪駅・ユニバーサルシティ駅と大阪市六区内のホテルとの間で手荷物託送を行う(宿泊施設から駅への配送は京都市内のみ)もので、旧国鉄...

    国鉄の小荷物営業に関連して、駅構内での荷物積み下ろし業務や、トラックによる駅からの荷物集配業務等を受託する国鉄の関連企業があり、「鉄道荷物会社」と呼ばれていた。日本全国で21社存在したが、鉄道小荷物営業廃止の影響を受け、転廃業する社も生じた。存続している企業には「ジェイアール東日本物流(旧・東京鉄道荷物)」「ジェイアール西日本マルニックス(旧・大阪鉄道荷物)」等がある。 2011年になって、「貨客混載」の形で宅配便事業者であるヤマト運輸関西支社が軌道事業者の京福電気鉄道と提携して、ヤマト運輸の宅配便荷物を京福嵐山本線の路面電車に載せて集配を行うシステムを開始した。同様に、佐川急便も2017年より北越急行と提携し、ほくほく線列車に宅配便荷物を載せて輸送する事業を開始している。

  9. 屋山太郎 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 屋山太郎
    • 略歴
    • 役職
    • 主張
    • 虚偽報道
    • 著書
    • 関連項目

    福岡県福岡市生まれ。父は鹿児島市の出身で、終戦の時期には鹿児島市で過ごす。東京都立青山高等学校、東北大学文学部仏文科卒業。学生時代は剣道部に所属していた。 1959年時事通信社入社。ローマ特派員、首相官邸キャップ、ジュネーヴ特派員、編集委員兼解説委員を歴任し、1987年退社。 1981年第2次臨時行政調査会(土光臨調)に参画、以後、第1次~第3次行政改革推進審議会専門委員、選挙制度審議会委員、臨時教育審議会専門委員を務めた。2001年に第17回正論大賞を受賞。 2006年6月に「新しい歴史教科書をつくる会」から、八木秀次が袂を分って設立した「日本教育再生機構」に参加。中西輝政らと共に代表発起人を務める。同機構系「改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会」(通称・教科書改善の会)代表世話人。 2007年6月年金記録問題検証委員。 2012年9月に行われた自由民主党総裁選挙の際は、「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」発起人に名を連ねた。

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム代表理事、第3代会長
    公益財団法人日本国際フォーラム参与
    公益財団法人社会貢献支援財団理事
    公益財団法人日本財団評議員
    小泉純一郎に対し、なぜ小選挙区がいいのかを説得し続けたと「それでも日本を救うのは安倍政権しかない」に記している。
    2007年6月14日付けのワシントン・ポストに、慰安婦「性奴隷説」はまったくの事実誤認だとし、米下院121号決議の完全撤回を求める意見広告「THE FACTS」をジャーナリストの櫻井よしこや作曲家のすぎやまこういち、平沼赳夫らと共に発表。これは「歴史事実委員会」名義で出された。
    2008年から2009年の麻生政権時代は、『WiLL』や『諸君!』などの誌上で官僚に融和的な麻生首相を非難し、民主党擁護の文章を発表していたこともあった。
    「親中・親韓の政治家は保守とは言えないし、そのような政治家がまだいる自民党も保守にはなり切れていない」と主張する。

    2019年に2回、静岡新聞コラム「論壇」にて、以下の通り、個人を特定しての虚偽報道を行い、いずれも静岡新聞が謝罪・訂正を行った。 1. 2月6日の同コラムにて、『ギクシャクし続ける日韓関係』と題し、「徴用工に賠償金を払えということになっているが、この訴訟を日本で取り上げさせたのは福島瑞穂議員。日本では敗訴したが韓国では勝った。福島氏は実妹が北朝鮮に生存している。政争の具に使うのは反則だ」と書いた。福島から抗議申し入れを受けた静岡新聞は、いずれも事実に反していたことを認め、2月9日付朝刊で訂正・謝罪記事を掲載をした。3月6日、福島は屋山のコラムで虚偽を書かれ、名誉を傷つけられたとして、屋山に330万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。11月29日、屋山に対し請求全額認容の賠償命令がくだされた。 この判決に対して屋山は控訴せず、330万円の賠償を命じた地裁判決は確定した。 1. 9月25日の同コラムにて、『旭日旗をやめろとは何事か』と題し、BS-TBSの政治番組を見てタレントのパックンの発言に怒りを覚えたとした上で「パックンの認識は『日本はホロコーストをやったドイツと同等。したがって相手が嫌がっている旭日旗の持ち込みを禁止すべきだ』」と書いた。しかし実際の番組で、パックンは日本とドイツを比較した発言はしておらず、またそのような認識と受け取られる発言すらしていなかったため、静岡新聞は、コラム内容が間違っていたと認め、10月23日付朝刊で訂正・謝罪記事を掲載し、同コラムが転載されていたBLOGOSも同様の対応を行った。

    連載

    1. 月刊WiLL「常識のためのサプリ」連載中

    単著

    1. 『ぶったたく!日本の病根』(太陽企画出版、1982年) 2. 『日本再建への決断 ―行革に挑戦する明治の男たち 組織活性化のプロに学ぶ―』(日本文芸社、1983年) 3. 『日本の政治はどう変わったか ―戦後総決算の意味するもの―』(PHP研究所、1987年) 4. 『国鉄に何を学ぶか ―巨大組織腐敗の法則―』(文藝春秋、1987年) 5. 『コメ自由化革命 ―これで生き返る日本農業―』(新潮社、1989年) 6. 『世直し「減税革命」』(新潮社、1992年) 7. 『官僚亡国論』(新潮社、1993年) 8. 『責任者、出てこい ―日本をダメにする34の非常識―』(PHP研究所、1996年) 9. 『怒れ! 日本人 ―「デタラメお上」にぶつける21の公憤―』(PHP研究所、1998年) 10. 『私の喧嘩作法』(新潮社、2000年 / 扶桑社[扶桑社文庫]、2005年) 11. 『屋山太郎のやさしい政治塾 ―日本の政官システムの革新―』(海竜社、2002年) 12. 『抵抗勢力は誰か--改革を阻む“亡国の徒”リスト』(PHP研究所、2002年) 13. 『自民党「橋本派」の...

    共著

    1. (長谷川慶太郎)『日本の進路を問う』(講談社、1993年) 2. (渡部昇一)『父は子に何ができるか ―われらが体験的教育論―』(PHP研究所、2001年) 3. (渡部昇一・八木秀次)『日本を蝕む人々 ―平成の国賊を名指しで糺す―』(PHP研究所、2005年) 4. (岡崎久彦)『靖国問題と中国』(海竜社、2006年)

  10. 細川隆三 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 細川隆三
    • 来歴
    • 出演番組
    • 脚注

    東京都出身。1991年3月、慶應義塾大学法学部政治学科卒業後の同年4月、テレビ朝日に入社。同期は元アナウンサーで現:報道局社会部記者の真鍋由、現:フリーアナウンサー、ビジネスマナー講師で東京タクシーセンターのタクシードライバー向け英会話講師等を担当する日下千帆。 新人研修後、報道局政治部に正式配属となり、小渕恵三自由民主党幹事長、梶山静六国会対策委員長、経世会を担当。その後、宮澤喜一内閣総理大臣の番記者などを担当。 1992年12月18日に小沢一郎、羽田孜らのグループが経世会を脱会により誕生した、改革フォーラム21を担当。 1993年、自民党の55年体制の崩壊と新党ブームにより誕生した、細川護煕連立政権誕生に至る政局を取材。その後、羽田政権、自社さ連立政権の村山内閣等を経て、小泉政権、第1次安倍内閣を取材。 2009年、かつて父である隆一郎と友人関係であった、鳩山由紀夫民社国連立政権時に2度目の官邸キャップ。その他、与党(自民党)、野党担当、外務省、防衛省各キャップを歴任し、2015年、第3次安倍内閣で3度目の官邸キャップを担当し、政治部統括デスクに異動。 海部俊樹以降の総理担当記者を担当し、G7サミット、G20サミット、APECなどの国際会議や日米首脳会談等の同行取材も経験。 2019年3月末付けにて、テレビ朝日を退職。同年4月からフリーの政治評論家として、主に古巣であるテレビ朝日の番組や講演活動を行っている。

    テレビ

    1. サンデープロジェクト※討論コーナー担当 2. 報道ステーション※官邸記者取材報告 3. スーパーJチャンネル※官邸記者取材報告 4. やじうまプラス※「記者の目」(夜討ち朝駆けコーナー) 5. ワイド!スクランブル 6. 日曜スクープ(BS朝日)

    インターネット動画配信

    1. みのもんたのよるバズ!(AbemaNews)※コメンテーター(不定期) 2. けやきヒル’sNEWS(AbemaNews)※政局コメント 3. 原宿アベニュー、けやき坂アベニュー(AbemaNews)※政局コメント

    ^ a b “明智光秀の子孫「末裔博士ちゃん」が光秀の意外なエピソードを紹介!“本能寺の変”の“ある有力な説”も”. ザ・テレビジョン (2020年5月23日). 2020年6月26日閲覧。
    ^ “元テレ朝知性派アナがロリータファッション 離婚の解放感で”. スポーツニッポン. (2016年6月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/03/kiji/K20160603012713470.html 2020年6月1日閲覧。
    ^ “「これは北朝鮮解散だ」「安倍晋三が総理を続けてもいいのかを問う選挙」 政治部デスクが明かす安倍総理の"戦略"”. AbemaTIMES. (2017^9-23). https://times.abema.tv/posts/2989537 2020年6月1日閲覧。