雅虎香港 搜尋

  1. 屈原 - 維基百科,自由的百科全書

    zh.wikipedia.org/zh-tw/屈原

    屈原 (約前343年-約前278年6月6日), 羋 姓 , 屈 氏 ,名 平 ,字 原 , 楚國 人(今 湖北省 秭歸縣 ,一說湖北荊州紀南 ),自稱是古帝 高陽氏 的後裔 ,其先祖 屈瑕 受楚武王封於屈地,因以屈為氏。. 官拜 左徒 ,為楚王近臣 。. 屈原早年受 楚懷王 信任,且 ...

    • 人物生平
    • 主要成就
    • 轶事典故
    • 历史评价
    • 后世影响
    • 亲属成员
    • 相关争议

    周显王二十九年(前340年)正月初七日,一说周显王三十年(前339年)正月十四日,屈原生于楚国丹阳秭归。次年,居乐平里。周显王三十九年(前330年),屈原居乐平里。自幼嗜书…

    屈原是个诗人,从他开始,中华才有了以文学著名于世的作家。他创立了“楚辞”这种文体(也称“骚体”),被誉为“衣被词人,非一代也”。屈原的作品,根据刘向、刘歆父子的校定和王逸的…

    屈原出生于楚国贵族,和楚王一样,芈姓,但楚王是熊氏。该姓出自黄帝颛顼系统的祝融氏;芈姓族群从商代迁徙至南方楚地,当传到熊绎时,因功受周封于楚,遂居丹阳(也就是现在湖北宜昌)

    古代司马迁《史记·屈原贾生列传》:“屈原虽流放,眷顾楚国,系心怀王,不忘欲反,冀幸君之一悟,俗之一改也。其存君兴国而欲反覆之,一篇之中,三致志焉。”班固《离骚序》:”虽非是…

    一、屈原的生命意识对后世文学创作的影响屈原的作品所体现出来的生命意识主要表现在两个方面。一方面是时光飞逝、美人迟暮的时间紧迫感和冷峻的死亡意识。面对大自然的四季变换,能引发…

    根据《楚辞·离骚》的说法,屈原父亲叫伯庸。屈原在《离骚》诗中说:“朕皇考曰伯庸。”此句黄寿祺译为“我已去世的父亲字伯庸”。大多数学者认为伯庸就是屈原父亲的名字。屈原的母亲则难以…

    据司马迁《史记·屈原贾生列传》载,屈原曾任“楚怀王左徒”,对内“与王图议国事,以出号令”,对外“接遇宾客,应对诸侯”。关于屈原所任楚怀王左徒一职,古今学者多有解释,现择其要者而…

  2. 屈原的生平及其作品 - eBaoMonthly.com

    www.ebaomonthly.com/window/reading/chlit/ch1/chi1_19.htm

    屈原的生平及其作品. 偉大的愛國詩人屈原 (約前340—277),名平,是楚國一個沒落的貴族。. “博聞強記”,熟悉政治情況,善於外交辭令。. ?楚懷王左徒,對內同楚王商議國事,發佈命令;對外接待賓客,應對諸侯。.

  3. Qu Yuan - Wikipedia

    en.wikipedia.org/wiki/Qu_Yuan

    He is also remembered in connection to the supposed origin of the Dragon Boat Festival . Historical details about Qu Yuan's life are few, and his authorship of many Chu Ci poems has been questioned at length. However, he is widely accepted ...

  4. 不读懂屈原,不足以谈情怀 - 知乎专栏

    zhuanlan.zhihu.com/p/38206660

    屈原在《国殇》中的一句诗:“身既死兮神以灵,魂魄毅兮为鬼雄”,被南宋女词人李清照化为更有名气的一句诗: 生当作人杰,死亦为鬼雄。 陆游面对金兵铁骑横行的国破山河,不知不觉的就站在屈原曾经的位置上,忧心国家的沦丧,感怀故国的离难:

  5. 郭沫若《屈原》原文_百度知道 - Baidu

    zhidao.baidu.com/question/547386263.html

    屈原 (向风及雷电)风!你咆哮吧!咆哮吧!尽力地咆哮吧!在这暗无天日的时候,一切都睡着了,都沉在梦里,都死了的时候,正是应该你咆哮的时候了 ,应该你尽力咆哮的时候!尽管你是怎样的咆哮,你也不能把他们从梦中叫醒,不能把死了的吹活转来,不能吹掉这比铁 ...

  6. 作者: 屈原. 原文:. 帝高陽之苗裔兮,朕皇考曰伯庸。. 攝提貞於孟陬兮,惟庚寅吾以降。. 皇覽揆餘初度兮,肇錫餘以嘉名:. 名餘曰正則兮,字餘曰靈均。. 紛吾既有此內美兮,又重之以修能。. 扈江離與辟芷兮,紉秋蘭以爲佩。. 汨餘若將不及兮,恐年歲之不吾與。. ...

  7. 离骚(屈原诗作)_百度百科

    baike.baidu.com/item/离骚/1045
    • 作品原文
    • 词句注释
    • 白话译文
    • 创作背景
    • 整体赏析
    • 名家评价
    • 后世影响

    离骚1帝高阳之苗裔兮2,朕皇考曰伯庸3。摄提贞于孟陬兮4,惟庚寅吾以降5。皇览揆余初度兮6,肇锡余以嘉名7。名余曰正则兮8,字余曰灵均9。纷吾既有此内美兮10,又重之以脩能11。扈…

    1.离骚:犹离忧。王逸《楚辞章句·离骚序》:离,别也;骚,愁也。此题目之义,历来多有争议。2.高阳:楚之远祖颛顼之号。一说即祝融吴回。苗裔(yì):喻指子孙后代。裔,衣服的末边。3…

    我是古帝高阳氏的子孙,我已去世的父亲字伯庸。岁星在寅那年的孟春月,正当庚寅日那天我降生。父亲仔细揣测我的生辰,于是赐给我相应的美名:父亲把我的名取为正则,同时把我的字叫作灵均。天赋…

    关于《离骚》的创作年代,司马迁在《史记·太史公自序》里说:“屈原放逐,著《离骚》。”据此则当作于屈原放逐后。今人对此说法不一,有说作于楚怀王时屈原被疏远后,还是作于楚顷襄王时屈原被…

    《离骚》作为长篇巨制,所表现的思想内容极其丰富,主要可概括为两个方面。一是描述了诗人和当朝统治者的矛盾,即理想与现实的对立;二是描述了诗人心灵的痛苦和纠结,进取和退隐的矛盾…

    西汉刘安《离骚传》:《国风》好色而不淫,《小雅》怨诽而不乱。若《离骚》者,可谓兼之矣。上称帝喾,下道齐桓,中述汤、武,以刺世事。明道德之广崇,治乱之条贯,靡不毕见。其文约,其辞微…

    《离骚》是中国爱国主义诗篇的开山之作,开辟了中国文学浪漫主义的源头,对中国文学的发展以及对后世文人的创作产生了重要而深远的影响。后世文人无不对这首长诗推崇备至。唐代大诗人李白宣称…

  8. 屈原 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/屈原
    • 来歴
    • 実在についての疑問
    • 参考文献
    • 関連項目

    屈原は楚の武王の公子瑕(屈瑕)を祖とする公族の1人であり、父は屈伯庸、弟は屈遙、子の名は不詳。屈氏は景氏・昭氏と共に楚の公族系でも最高の名門の1つであった(これを三閭(中国語版)と呼ぶ)。家柄に加えて博聞強記で詩文にも非常に優れていたために懐王の信任が厚く、賓客を応接する左徒となった。 当時の楚は、西の秦といかに向き合っていくかが主要な外交問題であった。楚の外交方針について、臣下は二分していた。 一つは、西にある秦と同盟することで安泰を得ようとする親秦派(楚における連衡説)であり、もう一つは、東の斉と同盟することで秦に対抗しようとする親斉派(楚における合従説)である。屈原は親斉派の筆頭であった。当時の楚では屈原の政治能力は群を抜いていたが非常に剛直な性格のために同僚から嫉妬されて讒言を受け、王の傍から遠ざけられると同時に国内世論は親秦派に傾いた。 屈原は秦は信用ならないと必死で説いたが、受け入れられない。屈原の心配どおり秦の謀略家張儀の罠に懐王が引っかかり、楚軍は大敗した(張儀の項を参照)。丹陽、藍田の大敗後、一層疎んぜられて公族子弟の教育役である三閭大夫へ左遷され、政権から遠ざけられた。 秦は懐王に縁談を持ちかけ秦に来るように申し入れた。屈原は秦は信用がならない、先年騙されたことを忘れたのかと諫めたが懐王は親秦派の公子子蘭に勧められて秦に行き、秦に監禁されてしまった。 王を捕らえられた楚では頃襄王を立てた。頃襄王の令尹(丞相)として屈原が嫌いぬいた子蘭が着任したため、更に追われて江南へ左遷された。その後、秦により楚の首都郢が陥落したことで楚の将来に絶望して、石を抱いて汨羅江(べきらこう)に入水自殺した。屈原の強烈な愛国の情溢れる詩は楚の詩を集めた『楚辞』の中で代表とされ、その中でも代表作とされる『離騒』は後世の愛国の士から愛された。 後に5月5日の命日には、屈原の無念を鎮めるため、人々は楝樹の葉に米の飯を五色の糸で縛って、川に投げ込むようになった。これがちまきの由来といわれる。また、伝統的な競艇競技であるドラゴンボート(龍船)は「入水した屈原を救出しようと民衆が、先を争って船を出した」という故事が由来であると伝えられている。

    屈原の伝記や、楚辞を屈原が作ったとする伝承には疑問が提出されている。胡適は『史記』の屈原の伝の信憑性を疑い、司馬遷の作ではないとした。また戦国時代にはひとつの国の主君に忠誠をささげるという観念はまだ発達しておらず、『史記』の屈原像は漢代にはいってから儒教化した楚辞の解釈をもとに作られた「複合物」であるとした。日本では岡村繁が、屈原という人物の実在は否定しないものの、その生涯について知られていることがあまりにも少なく、また楚辞のうちどれを屈原の作とするかは時代による違いがあるとした。また楚辞の中の語彙の類似性からは「離騒」と「九章」中の「哀郢」が最初に書かれたと考えられるが、両者の作者は別であると考えられ、どちらも屈原の作品とは認められないと結論づけた。岡村によれば屈原は楚辞文学のヒーローであって、その作者ではない。小南一郎は楚辞を前期・中期・後期の3つの時代にわけ、「九歌・招魂」を前期、「離騒・天問」を中期、「九章・遠遊・九弁・大招・卜居・漁夫」他を後期とする。そして前期は安定した時代を反映し、中期はそれが崩壊に向かう戦国末年の激動期の楚国のものであるとした。矢田尚子は「九歌・遠遊・九弁・招魂・大招」などは内容から明らかに屈原とは無関係とし、また「離騒」を屈原の自伝とすると後半の解釈に無理が及び、そもそも自叙的な詩ではないとした。

    岡村繁「楚辭と屈原 ―ヒーローと作者の分離について―」『日本中國學會報』第18号、1966年、 86-101頁。
    小南一郎『楚辞とその注釈者たち』朋友書店、2003年。ISBN 4892810932。
    佐藤一郎『中国文学史』慶應義塾大学出版会株式会社、1971年。
    矢田尚子『楚辞「離騒」を読む―悲劇の忠臣・屈原の人物像をめぐって―』東北大学出版会、2018年。ISBN 9784861633003。
    • Qū Yuán
    • 屈原
    • チュ ユェン
    • 屈原
  9. 其他人也搜尋了