雅虎香港 搜尋

  1. 競争入札 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 競争入札

    競争入札(きょうそうにゅうさつ)とは、売買・請負 契約などにおいて最も有利な条件を示す者と契約を締結するために複数の契約希望者に内容や入札金額を書いた文書を提出させて、内容や金額から契約者を決める方法。 主として国などの公的機関などが行うことが多い。

  2. 日本の廃止された法律 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 日本の廃止された法律

    日本の廃止された法律(にほんのはいしされたほうりつ)では、法形式として法律が定められた明治時代から2021年3月末現在までにおける、廃止、失効等により効力を失った法律をまとめた。 法形式として法律であるものに限定し、法律の効力があるとされた緊急勅令やポ ...

  3. ニコニコ動画 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ニコニコ動画

    ニコニコ動画(ニコニコどうが、略称: ニコ動、ニコニコ)は、IT関連企業ドワンゴが提供している動画配信サービス [4]。 事業の拡大につれ、ニコニコ生放送やニコニコ静画など、ニコニコの名を冠し、動画共有サービスの枠を超えた多くの派生サービスが展開されている。

  4. リスクマネジメント - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › リスクマネジメント
    • 注意:規格の混在
    • 背景
    • Iso規格/Jis規格/Iec規格

    リスク管理関連は広範囲の分野が対象で、規格も複数存在する(参考 #規格の種類)。このため、「リスクマネジメント」の用語は複数の規格で設定され定義も異なる。さらに、出典元の英語版wikipediaでも各規格の内容の混同した可能性がある。 2021年9月時点で、Wikipedia記事(他用語ページを含む)でも保険数理士会規格とISO規格の用語が混在する。他ページでも保険数理士会規格関連のページからISO規格へのリンクもあり混在もある。このページではISO(特にISO 31000)規格を主軸に説明するが、一部混在がある。

    近年、リスクマネジメントは経営上で脚光を浴びており、「コンプライアンスからリスクマネジメントの時代へ」とも言われている。背景には、次の要因があった。 1. 2006年の会社法の施行により、株式会社では「損失の危険の管理に関する体制」を整備する必要ができた。 2. 2008年度から日本版SOX法が施行され、財務においてリスク管理体制の整備が求められている。 どの会社でも、意思決定を行う際は、当然、リスクマネジメントを暗黙的に行っていたと思われるが、近年、リスクマネジメントに対する意識の高まりを受け、明示的に行われるようになった。民間企業では、例えば、環境リスクに特化したり、不正リスクに特化したりして、様々な種類のリスク因子を使って、より高度なリスクマネジメントを行うところが増えてきた。また、これに伴い、従来の危機管理部門を発展させ、リスクマネジメントに特化した専門部署を置くところも多くなってきた。

    ISO規格での「リスクマネージメント」について説明する。ISOではリスクマネジメントの利用に分野の制限はない。ISOのリスクマネジメント項目では、ガイドラインとして紹介し、ISO認証の対象となっていない。ISOのリスクマネジメントでは、リスクによる損失を低下させるための分析手段(30種以上)、手順などを紹介している。

  5. チョコレート - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › チョコレート
    • チョコレートの呼称
    • 製造
    • チョコレートの風味
    • 性質
    • 歴史
    • 生産と消費
    • いろいろなチョコレート
    • 主な製造企業
    • 文化
    • 関連文献

    イギリス人が固形のチョコレートを考案するまでは、チョコレートといえば飲み物を意味した。現に、例えば米国では今でも「ホット・チョコレート」と言えば日本で言うところの「ホット・ココア」飲料を意味する。日本国内では、ココア粉末を使用したものをココア、生チョコレートの水分を多くしたものをチョコレートドリンクと称し分ける傾向があるが、これらチョコレート飲料の名称について厳密な定義は今のところない。 語源について、辞典などでナワトル語のショコラトル(Xocolatl)が由来とされ、「苦い(xoco-)水(atl)」の意味とされるが、ナワトル語にそのような語は存在しない(ナワトル語でチョコレート飲料は「カカワトル(cacahuatl、カカオの水)」)。一説にスペイン人がマヤ語の「チョコル(熱い)」とアステカ語「アトル(水)」から作った新語という。チョコレートの歴史#チョコレートの語源も参照。 明治時代の独和辞典『袖珍獨和新辭林』によれば、Schokolateに楂古聿(ショコラ、チョコレート、日本語読みでサコイツ、サコイチ)という訳を当てている。

    チョコレートの製造工程としては、まず原料であるカカオ豆の収穫から始まる。収穫されたカカオ豆は豆を包むパルプとともにバナナの葉でくるむか木箱に入れて数日かけて発酵させ、その後天日で乾燥させたのち工場へと運ばれる。工場のほとんどはカカオの産地である熱帯地方ではなく温帯や冷帯に位置するため、ここで船によって輸送されるのが一般的である。 工場に運ばれたカカオは、まず磁石で鉄を除き、風で埃を飛ばして、篩によって石を取り除き選別される。選別されたカカオは砕かれ、篩によって外皮と胚芽を取り除かれる。こうしてできたものはカカオニブと呼ばれる。カカオ豆をここで砕くのは、不ぞろいのカカオ豆を均一の大きさにし、後のロースト時に火がむらなく均一に通るようにするためである。 カカオニブはこの後焙煎され、火が通ることによって酢酸が除かれてまろやかになると同時にメイラード反応によって香りや風味が現れてくる。この後、風味をよくするために数種類のカカオニブをブレンドした後、磨砕機によって細かくすりつぶす。カカオ豆には55%の油脂分(カカオバター)が含まれているためにここでペースト状となる。こうしてできたペーストがカカオマスである。 なお、上記の焙炒法はニブロースト法と呼ばれるもので、ほかに豆を直接焙煎するビーンズロースト法や、磨砕を先に行ってできた液体を焙煎するカカオリカー法といった方法もある。 できたカカオマスにココアバター、砂糖、ミルクなどを混合し、チョコレートドゥと呼ばれるチョコレートの元を作る。このドゥを5段のローラーにかけて数十マイクロメートル単位にまで細かく砕く。ここで非常に細かくすることで、チョコレートの舌触りが滑らかなものとなる。しかし細かくしすぎるとかえって口どけが悪くなるため、細かな調整が必要である(後述)。磨砕が終わると、コンチェ(コンチングマシン)と呼ばれる攪拌機にて長時間かけて精錬する。精錬が終わると、テンパリング(予備結晶化)と呼ばれる温度調整を行ってチョコレートを安定させ、型に充填した後冷却して固め、包装した後エージング(熟成)を行って完全に安定させた後、チョコレートの完成となる。

    カカオ分・乳分の比率による風味の分類

    類別名称として定められているチョコレートの種類に関しては、チョコレートの規格を参照のこと。ここでは一般的なチョコレートの風味による分類を記載する。 ブラックチョコレート(ダークチョコレート)またはビターチョコレート 1. 砂糖や粉乳の配合量が少ないため甘味が少なく、苦味が強いチョコレート。中には砂糖や粉乳をほとんど、もしくは全く含まないカカオ100%のものもある。 スイートチョコレート 1. 粉乳を含まないチョコレート。 セミスイートチョコレート 1. 粉乳が若干量配合されたチョコレート。ミルクチョコレートほど乳成分を含んでいないもの。 ミルクチョコレート 1. 粉乳が配合されたチョコレート。 ハイミルクチョコレート 1. 粉乳と、若干量の非脂肪カカオ分が配合されたチョコレート。 ホワイトチョコレート 1. 粉乳が配合され、非脂肪カカオ分が含まれないチョコレート。カカオ分はココアバターのみである。焙炉で高温に熱し粘性を高めた「ブロンドチョコレート」も存在する。 ルビーチョコレート 1. 「ルビーカカオ」と呼ばれる選りすぐりのカカオ豆の成分を使用したチョコレート。着色料未使用でカカ...

    カカオマスの種類による風味の分類

    コーヒーと同様、チョコレートもカカオマスの種類・産地・焙煎により、苦味、酸味、コク、香りなどのバランスが異なる。価格、風味の面を考慮して、複数の産地のカカオマスをブレンドして原料として用いることが一般的となっている。 フォラステロ種 Forastero 1. 南米原産の栽培種であり産出量が多く安価。病害虫にも強く成長も早いため、現在の主力品種となっている。色は黄色で、苦味が強いのが特徴。現在では主に西アフリカ・南アジアで栽培されている。欧米ではコートジボワール産、日本ではガーナ産をベースビーンズとして使用することが多い。 アリバ種 Arriba 1. フォラステロの突然変異で派生した種。フォラステロ種の最高級種とされる。エクアドル原産。独特の渋みとジャスミンの花のような香りが特徴。 クリオロ種 Criollo 1. 有史以前から存在するカカオ豆の原生種であり、マヤやアステカで使用されていたのもこの品種であるが、病害虫に弱く19世紀後半に壊滅状態となってフォラステロ種に取って代わられた。現在では稀少種。現存するほとんどの株はフォラステロとの交配部がある。色は赤や黄色で、苦味が少ない...

    チョコレートの製法による風味

    原料の混合率や、磨砕・精錬の方法などは生産者独自のノウハウがあり、同じ原材料を使用しても全く風味の異なるチョコレートに仕上がることがある。

    固形チョコレートは油分に粉乳や砂糖などの粉末が分散している状態であり、水に不溶である。固形チョコレートを水分と乳化させた物は、ガナッシュ、生チョコレートと呼ばれる。 固形チョコレートは一般的に、熱に弱く溶けやすい。過度に冷却したもの、融解・再結晶化したもの、長期間保存したものなどには白い色がつくことがある。この白い部分をブルームといい、このような現象をブルーミング現象という。ブルームが生じたものを食べても問題はないが、風味や味は落ちる。ファットブルーム(fat bloom)は、チョコレートの油脂成分のうち融点の低い部分が融解して表面に浮出し、再結晶化したものである。シュガーブルーム(sugar bloom)は、冷却時などにチョコレートの表面に水分が付着した際チョコレートの砂糖が水分に溶解し、その水分が蒸発した時に砂糖が析出したものである。 保存は、15℃ - 17℃、湿度50%以下が好ましく、香りを吸収するのを防ぐために他の食べ物から遠ざけたりラップに包むなどする。

    紀元前2000年ごろから主に中央アメリカにおいてカカオの栽培が始められ、アメリカ先住民族の間で嗜好品や薬用として珍重され、マヤ族、のちにはアステカ族も貨幣として使用した。飲み方は、コーンミールやトウガラシを入れることが普通であった。 カカオは1492年にクリストファー・コロンブスによってヨーロッパへと紹介され[要出典]、やがてアステカ帝国などの中央アメリカ諸王国を滅ぼしてこの地方を支配したスペイン人にも好まれるようになった。そして彼らを通じ、徐々にヨーロッパ大陸にも浸透していった。この過程で、スペイン人はチョコレートの苦味を打ち消すためにトウガラシの代わりに砂糖を入れるようになり、このやり方が他のヨーロッパの国々に伝わる際も引き継がれた。当初、チョコレートは薬として扱われたが、砂糖を入れることによって徐々に嗜好品へと姿を変えていった。17世紀中ごろにはイギリスに到達し、そのころ隆盛したコーヒー・ハウスにおいてもさかんに供された。この時期には、チョコレートはヨーロッパの王侯貴族や富裕層にとって贅沢な飲み物として受け入れられていた。 19世紀にはいるまではチョコレートは飲み物であったが、19世紀に技術革新が次々と起こって現在のチョコレートの形が成立した。まず、1828年にはオランダのコンラッド・ヨハネス・バン・ホーテンがココアパウダーとココアバターを分離する製法を確立し、さらにカカオにアルカリ処理を行うことで苦味を和らげる方法も考案した。1847年にイギリスのジョセフ・フライが固形チョコレートを発明し、1875年にはスイスの薬剤師であるアンリ・ネスレとショコラティエのダニエル・ペーターがミルクチョコレートを開発した。さらに1879年にはスイスのロドルフ・リンツによりコンチェが発明され、ざらざらしていた固形チョコレートが滑らかな口当たりのものへと変化した。上記の発明は「チョコレートの4大技術革命」とも呼ばれ、これらの発明によって固形チョコレートはココアに代わってカカオの利用法のメインとなっていった。 こうした発明によって19世紀後半にはチョコレートは家族的な小企業や職人による生産から大企業による工場での大量生産へと移行していった。スイスのネスレ社、リンツ社、カイエ社やイギリスのキャドバリー社、ロウントリー社、アメリカのハーシー社などの大チョコレート企業が誕生し、安定...

    2009年にもっともチョコレートを多く生産した国はアメリカ合衆国で、1,569,490 t にのぼる。次いでドイツが多く、1,214,490 t を生産している。以下イギリス、ブラジル、フランス、イタリア、日本、ポーランドと続く。日本は年間 233,880 t を生産し、世界7位である。 2010年のチョコレート消費量(含む観光客による購入)は、ドイツが最も多く年間で一人当たり 11.6 kg を消費しており、以下スイス、イギリス、ノルウェー、デンマークと続く。日本は年間 2.1 kg で世界16位以下。

    チョコレートは製造法や形状によっていくつかの種類に分かれる。 1. ソリッドチョコレート - チョコレート生地だけで作られた、いわゆる板チョコ。厚みによっても味の印象が変わるとされる 2. ホローチョコレート - 中が空洞になったもの。イースター・エッグを模したものや、動物などをかたどったものなどさまざまで、中に小さなおもちゃが入ったものもある 3. シェルチョコレート - チョコレートで殻を作り、中にクリームなどの中身を詰め込んだもの。ウイスキーボンボンが有名 4. パンワークチョコレート - 中身としたいものにチョコレートを吹き付けて作ったもの。アーモンドチョコレート、ピーナッツチョコレート、マーブルチョコレート、麦チョコなどがおなじみ 5. エンローバーチョコレート - ウエハースやキャンディーバーを滝状に流すチョコレートにくぐらせて作る。キットカットやブラックサンダーなどがこれにあたる 6. スプレーチョコ - さまざまに色付けされたチョコレートを小さな棒状に加工したもので、お菓子作りやスイーツのトッピングに使用される。ほかにもトッピング用には球状や四角、ハートなど形状もさまざまなものが売られている また、そのまま食べるだけではなく、チョコレートケーキなどの製菓材料としても重要である。なかでもショコラティエが最後の仕上げに使うチョコレートはクーベルチュール・チョコレートと呼ばれ、海外では厳格な規定がある。小鍋で溶かしたチョコレートを果物などにからめて食べるチョコレートフォンデュや、溶けたチョコレートが噴水状に循環するチョコレートファウンテンといった使用法もある。

    バレンタインデーにチョコレートを贈る風習は、1868年、イギリスのチョコレート会社キャドバリー社の2代目社長であるリチャード・キャドバリーが美しい絵のついた贈答用のチョコレートボックスを発売したことを由来とする。このボックスはバレンタインデーの贈り物として使われるようになり、他社も追従して次第に広がっていった。しかし、ヨーロッパやアメリカのバレンタインデーは日本とは違い、必ずしもチョコレートを贈るものではない。 これに対し日本では、諸説あるものの1958年ごろにはじまったとされ、1970年代には「女性から男性にチョコレートを贈る日」としてバレンタインデーが定着した。バレンタインデーにチョコレートを贈るようになったことをきっかけにして、日本チョコレート・ココア協会が2月14日を「チョコレートの日」として制定し、1970年代に定着した。 また、1875年にはキャドバリー社はチョコレートでできたイースター・エッグを発売し、これも定着してチョコ・イースターエッグはイースターには欠かせないものとなった。 2016年より、受験者のチョコレートについての知識を測る検定試験であるチョコレート検定が、株式会社 明治より実施されている。チョコレートの製造方法および歴史、原料であるカカオの生態など、幅広い領域から出題される。

    成美堂出版編集部編『チョコレートの事典 ― 選び方・味わい方チョコレートのすべてがわかる』成美堂出版、2004。ISBN 4-415-02955-8
    ソフィー・D・コウ、マイケル・D・コウ『チョコレートの歴史』樋口幸子訳、河出書房新社、1999。ISBN 4-309-22345-1
    加藤由基雄・八杉佳穂『チョコレートの博物誌』小学館、1996。ISBN 4-09-606003-8
    八杉佳穂『チョコレートの文化誌』世界思想社、2004。ISBN 4-7907-1040-8
  6. イチゴ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イチゴ

    イチゴ(苺、覆盆子、一期、英: Fragaria )は、バラ科の多年草。 一見して種子に見える一粒一粒の 痩果 ( そうか ) が付いた花托(花床ともいう)部分が食用として供される。 甘みがあるため果物として位置づけられることが多いが、草本性の植物であるので野菜 ...

  7. Clubhouse (アプリケーション) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Clubhouse_(アプリケーション)
    • 沿革
    • 特徴
    • 機能
    • 評価
    • 関連項目
    • 外部リンク

    2019年秋、元Google社員のポール・ダヴィソンとローハン・セスが新たなる価値を創造するSNSとして、視聴者参加型ラジオ形式の番組を即座に配信可能なサービスとして「Talkshow」という名称でスタート。 2020年2月にアルファエクスプロレーション(Alpha Exploration)を共同で創業。上海に所在するSDK提供企業である、声網(Agora.io)からリアルタイムビデオ通話・ライブ配信SDK「Agora Video SDK」の提供受け、同アプリケーションを開発した。ダヴィソンはサンフランシスコ出身の企業家で、セスはシリコンバレーで働く連続起業家(シリアルアントレプレナー)であった。 2020年4月、サービスを立ち上げる。立ち上げ後、Appleのテストフライトサイトにて、同年4月から8月位までの間に5000人限定のサービスで開始され、元ソフトバンク社員で、起業家としてサンフランシスコ・ベイエリアでRemotehour創業した山田俊輔がデイビソンから人づてにリンクが届いた日本人として同アプリの使用の始祖とされ、この時点でもInvite(招待)枠を募るDMが寄せられたとしている。その後、同年8月以降にAppleのアメリカ合衆国向けのApp Storeに登録された アメリカ合衆国において、新型コロナウイルス感染症の世界的流行のロックアウト時期と重なった事で人気を博し、特に2020年5月にベンチャー企業アンドリーセン・ホロウィッツから1,200万ドルのシリーズA投資(1,000万ドルの自己資本と200万ドルの既存株式の購入)を受けた後に、さらに人気を博した。 2021年4月時点でベータ版のためiOSのみの対応していたが、同年5月2日、Android用アプリのβテストを開始した。IT批評家の尾原和啓がClubhouse創業者のトークルームで確認した情報として、機種依存のテスト完了後、同年5月から8月の内に正式リリース予定であると発信しており、翌週5月9日に合衆国向けにβ版を公開した。そのまた、翌週の同月16日付けで全世界向けに拡大する事を発表し、日本国内でも同月18日からリリースされた。 アプリの登録者数は60万人で、Clubhouse開始時から招待制を採用し継続していたが、同年5月30日に催された同社Town Hallにて招待制の廃止を発表し、7月21日...

    「世界中の人が気軽に話し合える場所を提供する」をコンセプトに、友人や見知らぬ人とラジオのような会話を楽しんだり、気軽に飛び入りで参加したりができるサービスとなっている。アプリには、多様なトピックに関する会話、トークショー、音楽、ネットワーキング、デート、パフォーマンス、政治的な議論など、様々なクラブやバーチャルルームが用意されている。

    トークルーム

    前述の特徴である、ユーザー同士が音声にてリアルタイムのコミュニケーションを取れる「バーチャルルーム」を設ける事が出来る。ユーザーがローンチ後から2021年9月18日迄は「topics(トピックス)」、同年同月19日以後は「titles(タイトル)」名を設定してルームを作成すると、「Moderator(モデレーター)」という役割が付与される。モデレーターは、ユーザーの名前の横にモデレーターの証しである緑色の星印が表示され、トークルームに参加しているユーザーをステージに呼んだり、ユーザーを強制的にミュートしたり、スピーカーをステージから外したりする役割が可能となる。また、部屋に来訪する「listener(リスナー)」にも役割として、通常はトークを拝聴するオーディエンス扱いであるが、「発言者のフフォロワー」と「トークルームの他人」と区別されており、「Hands up(挙手)」を「挙手」アイコンをプッシュする事で、モデレーターがトークステージの壇上にinvite(招待)されたユーザーは「Speaker(スピーカー)」として同じ壇上で会話する事が可能となる。ユーザーは、「Leave qui...

    クラブ

    2021年3月5日(日本時間:同月6日)、ユーザーが興味のあるカテゴライズ事に集散が可能となるコミュニティである「Club(クラブ)」が作成が可能となった。

    マネタイズ

    2021年4月5日付の同社ブログにてStripeのオンライン決済ツールを用いた、「Clubhouse Payments」を発表。 「Payments」の送金は機能を使用したいユーザーが初回にクレジットカードかデビットカードを登録して、全ユーザー利用出来る。しかし、受取りについては小規模なテストグループを対象に提供開始して、段階的にユーザーの拡大する予定である。送金額は全額クリエイターに渡り、送金側はカード決済手数料がかかる。この手数料は、Stripeに直接支払われ、Clubhouseは間接的にも受け取らないと表明している。

    欧米

    ソーシャル・デザイン・エージェンシーのサラ・サラヴィッツは「これほど中毒性があり、急進的なアプリには出会ったことがない」と表現し、物議を醸した。自由に話せるゆえに、発言が過激になったり、内輪のノリが起きやすいという構造上の問題点も挙げられている。

    セキュリティ

    2021年2月2日、独ハンブルクのデータ保護当局はクラブハウスの個人情報の扱いに関して、個人情報の収集方法や録音データの扱いなど複数の問題があると指摘する文書を公表した。 2月15日、Clubhouseは上海のソフトウェアプロバイダーAgora社のAPIを使用しているが、スタンフォード大学はClubhouseのデータの一部がAgora社からアクセスできる可能性があること指摘した。こうした指摘について運営は中国国内のサーバーに情報を送信しないように、サードパーティーの企業に依頼し暗号化措置を追加しセキュリティ強化は72時間ほどで完了すると発表した。

    規約違反

    Youtubeに違法アップロードなど規約違反のユーザーが出てきており問題になっている。

    Clubhouse Japan (@ClubhouseJP) - Twitter
    Clubhouse - App Store (日本語)
    Clubhouse - Google Play(日本語)
  8. 2016年の日本 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 2016年の日本

    2016年の日本 3千年紀 20世紀 - 21世紀 - 22世紀 2000年代 - 2010年代 - 2020年代 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019 ...

  9. ステーションメモリーズ! - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ステーションメモリーズ!

    ステーションメモリーズ!』はモバイルファクトリーが開発・運営し、ジーワンダッシュおよびコロプラより配信されているスマートフォン用ゲームアプリ。 略称は『駅メモ! ジーワンダッシュ配信版はアプリ版、コロプラ配信版はコロプラ版と呼称される。

  10. コンビニエンスストア - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › コンビニエンスストア

    コンビニエンスストア(英: Convenience store )は、主に24時間・年中無休で営業を行い、小規模な店舗において食品や日用雑貨などの多数の品種を扱う小売店。略称・通称は「コンビニ」など。 元はアメリカで誕生した業態であったが、のちに主に日本で独自の発展を ...

  11. 其他人也搜尋了