雅虎香港 搜尋

  1. ナヤン・カダアンの乱 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ナヤン・カダアンの乱

    ナヤン・カダアンの乱とは、1286年(至元23年)から1292年(至元29年)にかけて大元ウルスに対して東方三王家(東道諸王)が起こした反乱。 反乱の首謀者ナヤンが挙兵してから捕縛されるまでの「ナヤンの乱(1286年4月 - 7月)」と、その後高麗方面に逃れたカダアン率いる ...

    • 東道諸王、コルゲン家ほか
    • 約40万
  2. 三韓征伐 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 三韓出兵
    • 概要
    • 各国史書による関連記録
    • その他の史料との関連
    • 解釈・研究史
    • 専門外の学者による異説
    • 参考文献
    • 関連項目

    日本書紀の紀年論にみられるごとく年代はいまだ確定していない。そのため、神功皇后の活躍、三韓征伐のあった年代および、その史実の妥当性についての研究が続いている。倭国が新羅をはじめ朝鮮半島に侵攻した記録は、朝鮮の史書『三国史記』新羅本紀や高句麗における広開土王碑文などにも記されており、2011年には新羅が倭の朝貢国であったと記されている梁職貢図が新たに発見されている。 紀年については、『日本書紀』は百済三書の一つ『百済記』を参照または編入している。百済記の年月は干支で記しているので60年で一周するが、『日本書紀』の編者は日本の歴史の一部を2周(2運=120年)繰り上げて書いているとされており、百済記もそれに合わせて引用されているので、当該部分の記述も実年代とは120年ずれていると考えられる。井上光貞によれば、日本書紀の編纂者は神功皇后を卑弥呼に比定したこともあって、干支を2運繰り上げたとしている。また、百済記は早くから暦を導入しており、紀年は正確とみられている。

    「三韓」および新羅について

    新羅は紀元前2世紀末から4世紀にかけて存在した辰韓の後継国家とされる。辰韓は馬韓、弁韓とあわせて三韓とよばれる。なお『日本書紀』および唐では、百済、新羅、高麗(高句麗)の三国を三韓と呼ぶ。 辰韓は秦韓とも呼ばれ、中国の秦朝の労役から逃亡してきた秦人の国といい、言語も秦人(中国人)に類似していたといわれる(『晋書』辰韓伝および『北史』新羅伝)。従って、辰韓(秦韓)の民は、中国からの移民とされるが、中国政府系の研究機関中国社会科学院は、辰韓を中国の秦の亡命者が樹立した政権で、中国の藩属国として唐が管轄権を持っていたとしており、議論になっている。

    概史・年表

    以下、各国史書に基づき、三韓征伐に関する、新羅、倭国、百済ほかの歴史を概説する。なお、年代は計算によっても異なるので、三韓征伐を現時点で特定できない以上、新羅と倭国はじめ関係諸国の史書における記録を網羅する。 1. 新羅初代王赫居世居西干の時代(在位:紀元前57年 - 紀元後4年) 1.1. 紀元前50年、倭人が侵攻してくるが、赫居世王の説得に応じて倭軍は撤退する。また重臣に、もとは倭人の瓠公がいた。 2. 2代王南解次次雄の時代(在位:4年 - 24年) 2.1. 14年には倭人が兵船100艘余りで攻め寄せ、海岸の民家を略奪した。これに対して六部の精兵を派遣したところ、手薄になった首都を楽浪軍に攻められた。しかし、流星が楽浪軍の陣に落ちたため、彼らは恐れて引き上げたという。さらに六部の兵を送って追撃させたが、賊軍が多いので追撃は中止となった。 3. 第4代新羅王の脱解尼師今の時代(在位57年-80年) 3.1. 脱解尼師今は倭国から東北一千里の多婆那国の王の子といわれ、この多婆那国は日本列島の丹波国に比定される事が多い。脱解尼師今の出身氏族である昔氏は倭国と交易していた倭人の氏...

    4世紀の倭の朝鮮半島進出は、広開土王碑・七支刀などの考古物や中国朝鮮の文献など、全く別の史料によって実証されており研究がすすめられている。 4世紀後期頃から倭国(ヤマト王権)が朝鮮半島南部へ進出したことを示す文献史料・考古史料は少なからず残されているため、三韓征伐神話を根拠として用いずとも4世紀後半以降の倭の朝鮮半島進出は史実として立証されている。

    720年に完成した『日本書紀』には「三韓征伐」によって朝鮮は日本の従属国に入ったと記録されている。『日本書紀』の記述は、江戸時代に入ると国学研究の中で三韓征伐、およびそれを大義名分の一つとした文禄・慶長の役を肯定的にとらえる論説(山鹿素行『武家事紀』など)がある。 戦前戦中を通じて、小学校で配布された国定教科書などで三韓征伐は史実として教育された。 津田左右吉は実証的歴史学の観点から、記紀を研究したが、1939年(昭和14年)に津田が『日本書紀』における聖徳太子関連記述についてその実在性を含めて批判的に考察したことについて、蓑田胸喜・三井甲之らが不敬罪として攻撃した。政府は、1940年(昭和15年)2月10日に『古事記及び日本書紀の研究』『神代史の研究』『日本上代史研究』『上代日本の社会及思想』の4冊を発禁処分にした。同年に文部省の要求で早稲田大学教授も辞職させられた。津田と出版元の岩波茂雄は出版法違反で起訴され、1942年(昭和17年)5月に禁錮3ヶ月、岩波は2ヶ月、ともに執行猶予2年の判決を受けた。津田は控訴したが、1944年(昭和19年)に時効により免訴となった。これは津田事件ともいわれるが、この裁判について津田自身は「弾圧ではない」と後に述べており、事件の実態について研究がすすめられている。 戦後史学はマルクス主義の影響を受けた唯物史観の擡頭により、戦前戦中の皇国史観は排除され、津田による説話論も見直され、神功皇后の存在は後世に再構成されたものとされた。また津田左右吉による分析は「津田史観」ともいわれ、戦後主流となり、皇国史観や記紀を批判または否定するために援用されることがあった。津田自身はそうした潮流について誤解があるとし、また皇室(天皇制)を批判するために津田の学説が政治的に利用されることについて津田は批判しており、天皇制と民主主義は矛盾しないと主張している。津田自身は近代的な実証史学を展開したのであり、記紀を「否定」する動機がなかったといわれる。

    比較文学・文化学者である上垣外憲一は、『日本書紀』の記述中朝鮮半島関係の造作は特に著しいとして、その理由は『日本書紀』編纂が白村江の戦いで唐・新羅連合軍に敗戦したことを背景にしていると指摘している。 また、上垣外はここでいう「倭国」を、下関にあった新羅系の国であったイツツヒコ王国とした上で、朝鮮史書『新羅本紀』に依って、344年2月に通婚(婚姻による同盟)を新羅王に断られた倭国が激怒し、翌345年、国交を断絶し、346年には大規模な新羅侵攻を行い、慶州の金城を包囲したとしている。イツツヒコ王国は新羅軍によって敗れ、配下にあった出雲王国も離反し、没落・消失したとした。さらに上垣外は、神功皇后による新羅征討とは、まずはこの弱体化した下関のイツツヒコ王国の打倒戦争であったとしている。

    上垣外憲一『倭人と韓人 記紀からよむ古代交流史』講談社〈講談社学術文庫〉、2003年11月。ISBN 4-06-159623-3。(原本は「天孫降臨の道」1986年、筑摩書房)
    沈仁安『中国からみた日本の古代』藤田友治・藤田美代子訳、ミネルヴァ書房〈シリーズ<古代史の探求>5〉、2003年11月。ISBN 4-623-03905-6。
    田村圓澄『東アジアのなかの日本古代史』吉川弘文館、2006年5月。ISBN 4-642-07955-6。
  3. 加藤清正 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 加藤清正
    • 生涯
    • 人物
    • 死因
    • 系譜
    • 墓所・霊廟・寺社
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    秀吉の子飼いから肥後の大名へ

    永禄5年(1562年)6月24日、刀鍛冶・加藤清忠の子として尾張国愛知郡中村(現在の名古屋市中村区)に生まれた。母は鍛冶屋清兵衛の娘・伊都。 永禄7年(1564年)、清正が3歳の時に父が死去し、母と共に津島に移った。 天正元年(1573年)、羽柴秀吉の生母である大政所と母が従姉妹(あるいは遠縁の親戚)であった縁から、近江長浜城主となったばかりの秀吉に小姓として仕え、天正4年(1576年)に170石を与えられた。 近江の守護大名佐々木氏の一族で、近江の名門である山崎片家の娘を娶り、正室とする。 天正8年(1580年)9月19日、秀吉から播磨国神東郡内に120石を与える知行宛行状(『加藤文書』)[注釈 2]が記録上の最初の登場である。 天正10年(1582年)4月14日、中国経略中の秀吉が冠山城を攻めた時、清正は城に一番乗りを果たして、竹井将監という者を討ち取っている。 天正10年(1582年)、本能寺の変が起こると、清正は秀吉に従って山崎の戦いに参加した。翌年の賤ヶ岳の戦いでは敵将・山路正国を討ち取るという武功を挙げ、秀吉より「賤ヶ岳の七本槍」の一人として3,000石[注釈 3]の...

    文禄・慶長の役

    文禄元年(1592年)からの文禄・慶長の役では、朝鮮へ出兵した。 出兵前年の天正19年(1591年)、清正は領国の家老2名に対して36か条に及ぶ出兵の準備に関する指示を出している。肥後一国を与えられる前は170人程度の軍勢を指揮するに過ぎなかった清正が、1万人単位の兵を率いる立場になってから初めての大規模な戦いであった。清正の家臣の中には新参の家臣が多く、実際の戦闘や留守の領国でどこまでの働きをするのか未知数であった。しかも、九州諸大名には肥前国名護屋城の築城など、軍役以外の負担を課せられるなど、清正は重い課題を抱えたままの出陣となった。 文禄の役では二番隊主将となり鍋島直茂、相良頼房などを傘下に置いた。同じく先鋒である小西行長率いる一番隊とは別路をとり、4月17日の釜山上陸後は行長と首都漢城の攻略を競い、5月3日南大門から漢城に入城した。漢城攻略後は一番隊や黒田長政の三番隊と共に北上し、臨津江の戦いで金命元等の朝鮮軍を破る。その後、黄海道金郊駅からは一番隊、三番隊とは別れ東北方向の咸鏡道に向かい、海汀倉の戦いで韓克諴の朝鮮軍を破り、咸鏡道を平定して、現地の朝鮮人によって生け捕り...

    関ヶ原の戦いから江戸時代

    秀吉の死により、清正らは日本に帰国することになった。帰国した清正は向こう数年の百姓の夫役を停止するなどの領国建て直し策を出す。また、朝鮮出兵時から続けられていた国内外を舞台にした投機的な取引によって、収取された米や大豆、麦などの農産物を売買し、少しでも財政難を解消することにも努めた。ところが、現実には緊迫した政治情勢の中で熊本城の改築などの軍事的対応が優先され、領国の再建は先送りされることになる。 慶長3年(1598年)、秀吉が死去すると、五大老の徳川家康に接近し、家康の養女を継室として娶った。 慶長4年(1599年)3月28日、前田利家が死去すると、福島正則や浅野幸長ら七将の一人として石田三成暗殺未遂事件を起こし、これに失敗するとさらに家康への接近を強めた。 ところが、島津氏の重臣である伊集院氏が主家に反旗を翻した庄内の乱において、清正が反乱を起こした伊集院忠真を支援していたことが発覚した。庄内の乱は家康が五大老として事態の収拾を図っていた案件であり、清正の行動は家康からすれば重大な背信行為であった。家康は清正の上洛を禁じて、清正が上方に向かった場合にはこれを阻止するように有馬...

    藤堂高虎や黒田孝高と並ぶ築城の名手として知られ、熊本城や名護屋城、蔚山倭城、江戸城、名古屋城など数々の城の築城に携わった。また飯田直景、大木土佐らと穴太衆を用いて領内の治水事業にも意欲的に取り組んだ。この結果、熊本県内には現在も清正による遺構が多く存在する。その土木技術は非常に優れており400年以上経った現在も実用として使われている遺構も少なくない。このとき清正は莫大な人手をまかなうため男女...
    武将としては福島正則とともに豊臣氏配下の有力の武将の一人で、正則とは親しかったとされる。石田三成とは豊臣政権下で文治派、武断派が形成されるにつれて関係が悪化し、小西行長とは朝鮮出兵の際の意見対立や互いの領地が隣り合わせであったため常に境界線をめぐって争ったとも言われている。
    熱心な日蓮宗の信徒でもあり、領内に本妙寺をはじめとする日蓮宗の寺を数多く創設した。そのほか、いわゆる「三振法(清正当時の呼称ではない)」を取り入れたことで知られる。これは武士のみが対象であったが、軽微な罪や式典で粗相を3回起こすと切腹を申し付けられるものであった。
    熊本県(旧熊本藩)においては、「清正公(せいしょこ)さん」として現在も種々の史跡や祭りなどにも取りあげられているが、当時の肥後人の清正への崇敬も強かった。これはほとんどの大名が単に統治しただけであったのとは対照的に、農業行政で実績を上げたことによる。

    清正の死因は『当代記』の2年後に唐瘡(梅毒)で死んだ浅野幸長の項に、彼と同様に好色故の「虚ノ病」(腎虚(花柳病)か)とされている。一方で家康またはその一派による毒殺説もある。清正・幸長の両名が同じ病気でしかも急死したため、家康による毒殺ではないかとの憶測も流れた。暗殺説の中でも二条城会見での料理による毒殺、毒饅頭による毒殺など様々にある。根強い毒殺説を題材としたのが池波正太郎の『火の国の城』である。 また死因は瘡(癩病、ハンセン病)であったとする説もあり、罹患者の多かった時代には清正を祀る加藤神社に平癒を願う参詣者が多かったという。ちなみに熊本市の本妙寺は明治20年代まで梅毒やハンセン病で不具になってしまった患者達で混雑することが珍しくなかった。参拝客達に哀れみを乞い、この寺に墓がある清正を一種の神と崇め、病を治して貰おうという信仰があったからである(ただし全国の寺社でも同様の現象が起こっていた)。日本のハンセン病の歴史において大きな足跡を残したひとり、イングランド国教会の伝道師だったハンナ・リデル(女性)はこの寺で見た患者達の群を見て甚大なショックを受け、その生涯を彼らの救済に傾けた。ただし、本妙寺は日蓮宗の寺院であり、日蓮宗には元々「癩病(ハンセン氏病)は法華経を謗った報い」であるという考え方が存在し、法華経信仰とハンセン病平癒、そして熱心な日蓮宗信者とされる加藤清正が結びついたことに由来するという考えもあり、清正の死因とは結びつかないという説もある。 清正は熊本に帰る途中に発病し口がきけなくなり、健康は回復しなかった。遺言はなかった。赤尾口で荼毘に付され、そこには後に庵が建てられ静慶庵と名付けられた(九州森林管理局内に碑がある)。本葬は10月13日、嫡子虎藤(忠広公)の帰国後に日蓮宗京都本山本圀寺貫主である日桓の引導により厳修された。清正公の遺骸は甲冑の武装のまま石棺に朱詰めにされ、現在の廟所内の清正公像の真下にあたるところに埋葬された。

    父:加藤清忠(大永6年(1526年)‐ 永禄7年(1564年)) 通称・正左衛門、五郎助。斎藤道三に仕えたが、合戦で負傷し武士を辞め、刀鍛冶清兵衛のもとで鍛冶師として修行し、その娘である伊都を娶り、清正をもうける。38歳で死去。
    母:聖林院(? ‐ 慶長5年(1600年)) 名は伊都。父は鍛冶屋清兵衛。天瑞院とは姉妹・従姉妹と伝わる。慶長5年(1600年)に亡くなり、妙永寺に葬られる。法名は聖林院殿天室日光大姉。
    正室 - 山崎氏(生没年不詳)、山崎片家の娘。天正頃に清正に嫁したといわれ、一子・虎熊を儲けた。没年は文禄頃といわれる。なお清正の養子である百助は実弟にあたる。
    継室 - 清浄院(1582年 - 1656年)、水野忠重の娘、徳川家康の養女。

    墓所は熊本市西区花園の発星山本妙寺の浄池廟、また山形県鶴岡市丸岡の金峰山天澤寺。さらに東京都港区白金台の最正山覚林寺(清正公)に位牌がある。 なお、東京都大田区の長栄山大国院本門寺(池上本門寺)に供養塔。奉斎神社は熊本市本丸鎮座の加藤神社。 また加藤清正に殉じた大木兼能、朝鮮人の金宦(きんかん、朝鮮名:良甫鑑)も、熊本城にある加藤神社に祭られている。

    安藤英男 『加藤清正のすべて』 新人物往来社、1993年。ISBN 978-4404019851。
    熊本出版文化会館 編 『肥後の清正 -桐と葵のはざまを生きる-』 亜紀書房、1990年。ISBN 978-4750590141。
    矢野四年生 『伝記加藤清正』 のべる出版企画、2000年。ISBN 978-4877031084。
    水野勝之; 福田正秀 『加藤清正「妻子」の研究』 ブイツーソリューション、2007年。ISBN 978-4434110863。
    藤蔭会編『法華行者 清正公一代記』明治42年。NDLJP:781249
    『加藤清正』 - コトバンク
  4. 昭和天皇 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 昭和天皇

    昭和天皇(しょうわてんのう、1901年〈明治34年〉4月29日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)は、日本の第124代天皇 [注釈 3] (在位:1926年〈大正15年/昭和元年〉12月25日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)。 諱は裕仁(ひろひと)、御称号は迪宮(みちのみや) [2]。

  5. 渋沢栄一 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 澁澤榮一

    渋沢 栄一 (澁澤 榮一) 生誕 1840年 3月16日 (天保11年2月13日) 日本 武蔵国 榛沢郡血洗島村 (現・埼玉県 深谷市 血洗島) 死没 1931年 11月11日(満91歳没) 日本 東京府下北豊島郡滝野川村元西ヶ原(王子飛鳥山邸) [1] (現・東京都 北区 西ヶ原) 職業 幕 ...

  6. 文禄・慶長の役 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 文禄・慶長の役

    文禄の役 文禄の役『釜山鎮殉節図』 [注 1]。釜山鎮城攻略の様子で左に密集しているのは上陸した日本の軍船。 戦争:文禄の役 年月日:天正20年4月13日(1592年 5月24日)-文禄2年7月9日(1593年 8月5日) 場所:朝鮮半島全域、満州・豆満江一帯 ...

  7. 松本清張 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 松本清張

    松本 清張 (まつもと せいちょう、1909年12月21日 [注釈 1] - 1992年8月4日)は、日本の作家。 1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。 以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。 。これらの作 ...

  8. 唐 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 唐

    唐(とう、拼音: Táng、618年 - 907年)は、中国の王朝である。 李淵が隋を滅ぼして建国した。 7世紀の最盛期には、中央アジアの砂漠地帯も支配する大帝国で、中央アジアや、東南アジア、北東アジア諸国(朝鮮半島や渤海、日本など)に、政制・文化などの面で多大な ...

  9. 北海道出身の人物一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 北海道出身の人物一覧

    公人 政治(議長経験者) 横路孝弘 [1] (第73代衆議院議長、第4代北海道知事、民主党衆議院議員、元社会党代議士、弁護士、横路節雄の長男):札幌市 伊達忠一(第31代参議院議長、自民党参議院議員、元自民党参議院幹事長):芦別市 [2] 政治(国会議員経験 ...

  10. 慶應義塾大学の人物一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 慶應義塾大学の人物一覧

    慶應義塾大学の人物一覧(けいおうぎじゅくだいがくのじんぶついちらん)は、慶應義塾大学に関係する人物の一覧記事。 (※数多くの卒業生、関係者が存在するためウィキペディア日本語版内に既に記事が存在する人物のみを記載する(創立者・役員・名誉教授・公職者 ...

  1. 擊劍王子張家朗 相關
    廣告