雅虎香港 搜尋

  1. 政府為了確保北海道和衝繩縣人民和不得已移動的人們安心,在夏季期間,對從羽田機場、成田機場、伊丹機場、關西機場和福岡機場飛往北海道和衝繩縣機場的乘客,提供免費的PCR檢測和定量抗原檢測

  2. TOP 機場公告 麵向前往北海道和廣島和福岡和鹿兒島和沖繩的顧客免費進行PCR檢測和抗原定量檢測的通知 政府為了確保北海道和廣島和福岡和鹿兒島和沖繩縣人民和不得已移動的人們安心,到9月底為止的期間,對從羽田機場、成田機場、伊丹機場、關西機場和福岡機場飛往 ...

    • 加強邊境措施的新措施
    • 日本國國土交通省請求
    • 日本國出入境在留管理廳通知
    • 對於返回日本/進入日本的人

    由於變異病毒感染的擴散,日本政府採取了以下限制入境措施。詳情請參閱“有關入境防控的新措施”(厚生勞動省網站) 。 目前,關於入境日本方面的措施如下。 1. 1. 商務便捷通道以及常住人員通道暫停 2. 2. 暫停所有國家/地區的新入境 3. 3. 暫停從所有國家/地區的短期商務旅行返回或重新進入日本的特別措施 另外,任何國籍的人員在入境日本時皆須遵守以下必要事項。 1. 1. 出示檢查證明書 2. 2. 根據入境日本前所在的國家和地區,旅客須在檢疫所確保的住宿設施待機及檢測 3. 3. 提交誓約書 4. 4. 攜帶智慧型手機,註冊並使用必要的APP(※) 5. 5. 提交調查問卷

    ① 從防控新冠病毒感染症蔓延的觀點出發,請盡量減少不要不急的都道府縣之間的往來。尤其請有發熱等症狀的旅客注意。 ② 洗手、酒精消毒、戴口罩、咳嗽打噴嚏時掩口鼻是預防感染症的基本措施。請來機場的各位旅客在機場、飛機上、搭乘公共交通工具時協助進行疫情防控。 ③ 同時為了減少接觸的機會,請搭乘公共交通車輛的通勤者積極採取遠程辦公和錯時通勤等措施。

    除非有特殊情況,否則在抵達日本前的14天以內,在以下國家/地區停留或居住過的外國人將無法進入日本。(5月21日(星期五) 00點00分) 冰島、愛爾蘭、亞塞拜然、阿富汗、阿拉伯聯合大公國、阿爾及利亞、阿根廷、阿爾巴尼亞、亞美尼亞、安地卡及巴布達、安道爾、以色列、義大利、伊拉克、伊朗、印度、印度尼西亞、烏克蘭、烏茲別克、烏拉圭、英國、厄瓜多共和國、埃及、愛沙尼亞、史瓦帝尼王國(原「史瓦濟蘭王國」)、衣索比亞、薩爾瓦多、奧地利、阿曼、荷蘭、蓋亞那、哈薩克、卡達、加拿大、迦納、維德角、加彭、喀麥隆、甘比亞、柬埔寨、北馬其頓、幾內亞、幾內亞比索、賽普勒斯、古巴、希臘、吉爾吉斯、瓜地馬拉、科威特、格瑞那達、克羅埃西亞、肯亞、哥斯大黎加、科索沃、葛摩、哥倫比亞、剛果共和國、剛果民主共和國、象牙海岸共和國、沙烏地阿拉伯王國、聖多美普林西比、尚比亞、聖馬利諾、獅子山共和國、吉布地、牙買加、喬治亞、辛巴威、瑞士、瑞典、蘇丹、西班牙、蘇利南、斯里蘭卡、斯洛伐克、斯洛維尼亞、赤道幾內亞、塞舌爾、塞內加爾、塞爾維亞、聖克里斯多福及尼維斯、聖文森及格瑞那丁、聖盧西亞、索馬利亞、泰國、塔吉克、捷克共和國、中非、突尼西亞、智利、丹麥、德國、多米尼克、多明尼加共和國、千里達及托巴哥、土耳其、奈及利亞、納米比亞、尼加拉瓜、尼泊爾、挪威、海地、巴基斯坦、梵蒂岡、巴拿馬、巴哈馬、巴拉圭、巴勒斯坦、巴林、巴貝多、匈牙利、孟加拉、東帝汶、菲律賓、芬蘭、巴西、法國、保加利亞、不丹、美國、委內瑞拉、白俄羅斯、貝里斯、比利時、秘魯、波士尼亞與赫塞哥維納、波札那、波蘭、玻利維亞、葡萄牙、宏都拉斯、馬達加斯加、馬拉威、馬爾他、馬來西亞、南非、南蘇丹、緬甸、墨西哥、摩納哥、模里西斯、茅利塔尼亞、馬爾地夫、摩爾多瓦、摩洛哥、蒙古、蒙特內哥羅、約旦、拉脫維亞、立陶宛、利比亞、列支敦斯登、賴比瑞亞、盧森堡、盧安達、羅馬尼亞、賴索托、黎巴嫩、俄羅斯

    從國外返回日本或入境日本前後,請採取以下措施。 1. 包括身體無異常的人在內,需在檢疫所長指定的地點(自己家等),將入境日期算作第0天,隔離到第14天,請勿搭乘公共交通工具(飛機、巴士、電車、計程車等),從機場等出發的交通方式也包含在內。 2. 因此,在入境之前,請事先自行確保入境後的住宿地點,以及從機場到您住宿地點的交通方式(公共交通工具除外)。 3. 入境後的住宿地點以及,從機場到您住宿地點的交通方式,須於入境時在檢疫站登記 4. 此外,日本政府觀光局(JNTO)設立了一個名為“Japan Visitor Hotline”的電話客服中心,為確保緊急情況下外國旅客的安全和保障,365天24小時提供多種語言的服務。現在也有應對關於新型冠狀病毒的諮詢。 【電話號碼】 050-3816-2787(海外進行查詢時:+81-50-3816-2787) 【時間】 365天24小時應對 【可用的語言】 英語、漢語、韓語、日語 「Japan Visitor Hotline」(PDF:565kB) 有關從根本上強化疫情邊境防控措施的問答(厚生勞動省網頁) 「關於返回日本或入境日本者可用的交通方式」(成田機場官網)

  3. 機場公告 搭乘美國航班的旅客請注意 對搭乘美國航班的旅客攜帶粉粒狀物質登機有限制 根據美國政府 的指示,對搭乘美國航班的旅客攜帶粉粒狀物質登機有限制。對象:搭乘美國航班的旅客 限制內容:容量超過12盎司(相當於350ml – 飲料罐大小)的粉 ...

    • 水際対策強化に係る新たな措置
    • 日本国国土交通省からの要請
    • 日本国出入国在留管理庁からのお知らせ
    • 日本へ帰国・入国される皆さまへ
    • 日本から出国・渡航される皆さまへ
    • 成田国際空港内従業員からの新型コロナウイルス感染者の発生について
    • 参考

    変異ウイルスの感染拡大を受け、日本国政府より以下の通り新たな入国制限等の措置が講じられています。 詳しくは、「変異ウイルスに係る水際対策強化について」(厚生労働省HP) をご参照ください。 当分の間、日本への入国について、以下の措置が実施されています。 1. 1.ビジネストラック及びレジデンストラックの一時停止 2. 2.全ての国・地域からの新規入国の一時停止 3. 3.全ての国・地域への短期出張からの帰国・再入国時における特例措置の一時停止 また、日本への入国には、国籍を問わず、以下のことが必要になります。 1. 1.検査証明書の提示 2. 2.誓約書の提出 3. 3.スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用(※) 4. 4.質問票の提出

    発熱等の症状がある方につきましては、航空便の利用を控えていただきますようお願いいたします。
    また、手洗いなどの手指消毒や、咳エチケットは、感染症予防の基本です。ご利用の皆様におかれましては、空港や航空機内、公共交通機関ご利用時におけるこれらの取組に加え、マスクの着用や会話を控えることにご協力をお願いいたします。
    あわせまして、通勤時に公共交通機関をご利用される方におかれましては、接触機会の低減を図るため、テレワークや時差通勤といった取組を積極的に行っていただきますようお願いいたします。

    新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、日本到着時前14日以内に以下の国・地域の滞在歴がある外国人については、特段の事情がない限り日本に入国することができなくなっています。(2021年5月21日00:00時点) アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アフガニスタン、アラブ首長国連邦、アルジェリア、アルゼンチン、アルバニア、アルメニア、アンティグア・バーブーダ、アンドラ、イスラエル、イタリア、イラク、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、ウズベキスタン、ウルグアイ、英国、エクアドル、エジプト、エストニア、エスワティニ、エチオピア、エルサルバドル、オーストリア、オマーン、オランダ、ガイアナ、カザフスタン、カタール、カナダ、ガーナ、カーボベルデ、ガボン、カメルーン、ガンビア、カンボジア、北マケドニア、ギニア、ギニアビサウ、キプロス、キューバ、ギリシャ、キルギス、グアテマラ、クウェート、グレナダ、クロアチア、ケニア、コスタリカ、コソボ、コモロ、コロンビア、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、コートジボワール、サウジアラビア、サントメ・プリンシペ、ザンビア、サンマリノ、シエラレオネ、ジブチ、ジャマイカ、ジョージア、ジンバブエ、スイス、スウェーデン、スーダン、スペイン、スリナム、スリランカ、スロバキア、スロベニア、赤道ギニア、セーシェル、セネガル、セルビア、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント及びグレナディーン諸島、セントルシア、ソマリア、タイ、タジキスタン、チェコ、中央アフリカ、チュニジア、チリ、デンマーク、ドイツ、ドミニカ国、ドミニカ共和国、トリニダード・トバゴ、トルコ、ナイジェリア、ナミビア、ニカラグア、ネパール、ノルウェー、ハイチ、パキスタン、バチカン、パナマ、バハマ、パラグアイ、パレスチナ、バーレーン、バルバドス、ハンガリー、バングラデシュ、東ティモール、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、ブルガリア、ブータン、米国、ベネズエラ、ベラルーシ、ベリーズ、ベルギー、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ポーランド、ボリビア、ポルトガル、ホンジュラス、マダガスカル、マラウイ、マルタ、マレーシア、南アフリカ、南スーダン、ミャンマー、メキシコ、モナコ、モーリシャス、モーリタニア、モルディブ、モルドバ、モロッコ、モンゴル、モンテネグロ、ヨル...

    海外から帰国・入国の前後で以下の対応をお願いします。 1. 健康状態に異常のない方も含め、検疫所長の指定する場所(自宅など)で入国日を0日として14 日目まで待機し、空港等からの移動も含め公共交通機関(航空機、バス、電車、タクシー等)を使用しないこと 2. このため、入国前に、ご自身で入国後に待機する滞在先、空港からその滞在先まで移動する手段(公共交通機関以外)を確保すること 3. 入国後に待機する滞在先と、空港からその滞在先まで移動する手段について入国時、検疫所に登録いただくこと 参考: 1. 「新型コロナウイルス感染症について」(厚生労働省検疫所HP) 2. 「新型コロナウイルス検査・待機等に関する情報:成田空港から入国される際の検疫手続きについて」(成田空港検疫所HP) 3. 「水際対策の抜本的強化に関するQ&A」(厚生労働省HP) 4. 「日本へ帰国・入国される方の交通アクセスについて」(成田空港HP)

    多数の国・地域で日本人及び日本からの渡航者に対する入国制限や入国後の行動制限措置が実施されています。これらの国・地域への渡航を検討される際には、各国当局のホームページを参照する他、在京大使館に確認する等、最新の情報を十分にご確認ください。 1. 「日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限」(外務省HP) 2. 「国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について」(外務省HP) 3. 「国際的な人の往来再開の段階的措置が決定されました」(経済産業省HP)

    成田国際空港内に勤務する従業員において、新型コロナウイルスの感染者が発生いたしましたので、お知らせいたします。 詳細は、「成田国際空港内従業員からの新型コロナウイルス感染者の発生について」をご確認ください。