雅虎香港 搜尋

  1. 素股 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 素股

    素股(すまた)とは、その字が指し示すように素(直)に股がって行う性プレーの一つ。 陰茎を大陰唇に密着させて圧迫・摩擦することで疑似挿入感を与える性プレーである。 潤滑剤(ローション)を使う場合もある。 男性同士で行う素股を兜合わせ、女性同士で行う素 ...

  2. 企業内高等学校 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 企業内高等学校
    • 企業内高等学校一覧
    • 企業系列の学校法人
    • 関連項目
    石川島工業高等学校(石川島播磨重工業、1977年閉校)
    科学技術工業高等学校(富士電機、1961年創立、1973年閉校)
    印刷工芸高等学校(共同印刷、1978年に日本プリンティングアカデミー(専門学校)に改組)
    近江高等学校(近江絹絲紡績、現在は一般校に転換)

    なお、現在では株式会社立学校の例や逆に学校法人の出資による会社の設立等の例がみられるが、上記のいう企業系列の学校(法人)には、その設立に個別企業が深く関与したり、理事長などとして学校法人の運営面を支えている学校を指している。 これらは大学の例も多くみられ、流通経済大学(日本通運、学校法人日通学園の記述も参照)、東京工芸大学(源流は東京写真短期大学)(小西六、現 コニカミノルタ)、流通科学大学(ダイエー中内学園)、森村学園(ノリタケカンパニーリミテド)、湘北短期大学(ソニー)、公文学園(日本公文教育研究会)や東放学園(東京放送)、杜若高等学校(名古屋鉄道)、麻生グループの学校法人麻生塾、穴吹工務店グループから独立した学校法人穴吹学園などや自動車メーカー系の学校法人が運営する自動車大学校の例もある。学校法人雲雀丘学園の歴代理事長はサントリー社長がつとめ、近江短期大学も当時の近江絹糸株式会社により創設されている。またトヨタ自動車・中部電力・JR東海が共同で出資した海陽中等教育学校の例がある。台湾にも同国家電大手メーカーである大同股処ヘ有限公司(TATUNG/大同)の2代目・林挺生により設立された大同大学・大同高中の例がある。 豊田工業大学はトヨタ自動車の資本により設立された大学で、トヨタグループ3校の企業内学校からの進学については有給養成制度も設けている。大同大学(旧大同工業大学、大同特殊鋼系列。前身は大同工業短期大学)も企業内学校の大同特殊鋼技術学園からの進学については技術学園同様の有給養成制度が整備されている。通常は高等課程修了後に1年間の実務経験の後、職場からの推薦や試験等によって選抜されて特別研修配属という形をみており、東映アニメーション研究所のようなより実学実践志向が強くなっているものも多いとしている。こうした学校には、東洋製罐の東洋食品工業短期大学、旧大洋漁業の幾徳学園神奈川工科大学、島津製作所の島津学園京都医療科学大学(前身の京都医療技術短期大学含む)、住友金属の清真学園、星製薬の星薬科大学、山下汽船の桐朋学園と同志社香里中学校・高等学校などがある。会社のみならず業界全体で設立・運営に関与しているのもあり、産業技術短期大学は鉄鋼業界(日本鉄鋼連盟)の出資で設立され、また前述の流通科学大学も現在では流通業界全体での運営下に置かれている。 そのほかは戦前に...

  3. 特別支援学校 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 特別支援学校
    • 概要
    • 視覚障害者に対する教育を行う特別支援学校
    • 聴覚障害者に対する教育を行う特別支援学校
    • 知的障害者に対する教育を行う特別支援学校
    • 肢体不自由者に対する教育を行う特別支援学校
    • 身体虚弱者を含む病弱者に対する教育を行う特別支援学校
    • 併置校
    • 特別支援学校のことが書かれている文芸作品

    特別支援学校の制度

    特別支援学校は、視覚障害者、聴覚障害者、知的障害者、肢体不自由者、または病弱者(身体虚弱者を含む)に対して、幼稚園、小学校、中学校または高等学校に準ずる教育を施すとともに、障害による学習上または生活上の困難を克服し自立を図るために必要な知識技能を授けることを目的としている(学校教育法第72条)。教育活動は、特別支援教育の理念に則って行われる。 特別支援学校には、幼稚部、小学部、中学部、高等部、「高等部の専攻科」があり、入学資格はそれぞれ幼稚園、小学校、中学校、高等学校、「高等学校の専攻科」に準じている。 学級には、単一の障害を有する幼児児童生徒(以下、本項では生徒)で構成される「一般学級」と、複数の障害を有する生徒で構成される重複障害学級がある。1学級の定員は15名(千葉県・奈良県等、定員を15名より少なくしている自治体もある。)で、複数の教員が担任することが多い。また自宅からの登校が困難でなおかつ重度の障害児の為に、教員が生徒の自宅へ出向く訪問学級を置いているところもある。さらに短期間ながら医療的支援を必要とする場合に、そのような機能を持つ別の特別支援学校への一時的な転学も珍し...

    特別支援学校に入学可能な障害の程度

    自閉症についても、知的障害を伴う場合は、表における知的障害者の項の程度の障害を併せ有する状態に応じて、特別支援学校(知的障害)で教育される場合があり、実際に、多くの自閉症を伴う知的障害の児童生徒が特別支援学校に在籍している。また、病弱・身体虚弱などを伴う場合は、それぞれの状態に応じて、特別支援学校(病弱)などにおいて教育を受けることを考慮する必要がある。 ただし自閉症は、就学前に適切な療育等を受けていない場合には、基本的には知的発達の遅れがないにもかかわらず、知的障害があると見なしてしまう場合があるとして、誤って自閉症を特別支援学校の対象としないよう注意を促している。 知的障害を伴わない自閉症の他、情緒障害、言語障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)についても特別支援学校に入学可能な障害の程度に該当しない。

    教育の原則

    小学部から高等部においては、普通学校の小学校から高等学校と同じ内容の国語、数学(算数)、理科、社会、英語、技術・家庭、情報、体育、音楽、美術といった教科も教えられるが、それぞれに障害を克服したり、伸ばすことの出来る能力を発展させるよう、教える工夫がなされる。小学校から高等学校より基礎的な内容に精選した教科書など工夫された教材を使用して、それぞれの障害にあわせた学習を行っている。 特別支援学校においては、自立活動という活動が障害の特性に応じて行われている。自立活動には、自分の安全を図るための手段とその工夫を学ぶことなどが含まれている。また、学級を担任せず自立活動を専門に行う教諭も配置されている。 「高等部」と「高等部の専攻科」には、普通教育を主とする学科「普通科」、専門教育を主とする学科のいずれかまたは双方を置くことができる。「高等部の専攻科」に置かれる学科の大半は、専門教育を主とする学科である。

    視覚障害者を対象としている特別支援学校は、主に旧・盲学校の制度を母体としていることが多い。視覚障害者のみを対象としている特別支援学校の中には、特別支援学校の制度が発足した後も、校名に「盲学校」の名称であることも多い。場合によっては、「視覚特別支援学校」「視覚支援学校」の名称の特別支援学校もあり、「視覚特別支援学校」の呼称は、法令文の一般名詞として用いられることもある。 世界で最初の視覚障害者を対象とした特殊学校は、1784年にアユイらによって、フランスのパリに作られた盲学校とされている。この盲学校はフランス革命直後の1791年に王立パリ盲学校となり、王政廃止後は国立パリ盲学校となった。

    日本には、国立・公立・私立の聴覚障害者を対象としている特別支援学校が106校である。 聴覚障害者を対象としている特別支援学校は、主に旧・聾学校の制度を母体としていることが多い。最近ではろう者の母語である日本手話で教育を受ける権利を守るべく日本手話を習得させる教職課程が設置された学校も存在する(日本社会事業大学)。 1. 聴覚障害者教育を取り巻く問題 2. アメリカの聴覚障害者教育 3. 日本における口話法と手話法の変遷

    知的障害者を対象としている特別支援学校は、主に旧・養護学校の制度を母体としていることが多い。知的障害者のみを対象としている特別支援学校の中には、特別支援学校の制度が発足した後も「養護学校」の名称であることも多い。「知的特別支援学校」の呼称は、法令文の一般名詞として用いられることもある。一般的に知的障害児、情緒障害児(2007年度まで。2008年度以降は、「自閉症」と「緘黙など」の2つに分割され、自閉症以外の部分を「情緒障害」としている)等のための学校であると捉えられている。学校によっては、研究指定校などの関係で、発達障害の児童生徒を教育対象としている学校も存在する。 知的障害者を対象としている特別支援学校の高等部の入学にあたっては、一般の高校受験と同様入学試験がなされることが多いが、簡単なものである。主に高等特別支援学校(高等養護学校)で行われることがある。ただし、学校によっては出願資格を「中学校の特別支援学級に在籍する者」、「特別支援学校の中学部に在籍する者」、「療育手帳所持者」に限定している場合があり、普通学校の普通学級で教育を受けてきた人の入学が困難になる場合もある。 なお、養護学校という名前では就職や結婚の際に不利になる場合も多いため、高等養護学校の通称校名を「○○高等学園」にするなど、一見して養護学校だと分からないように配慮している地方公共団体もある(宮城県立養護学校岩沼高等学園→宮城県立支援学校岩沼高等学園など)。

    肢体不自由者を対象としている特別支援学校は、主に旧・養護学校の制度を母体としていることが多い。肢体不自由者のみを対象としている特別支援学校の中には、特別支援学校の制度が発足した後も、校名に「養護学校」の名称であることも多い。「肢体等特別支援学校」の呼称は、法令文の一般名詞として用いられることもある。一般的に肢体不自由者のための学校と捉えられている。 児童福祉法が規定する医療型障害児入所施設(重症心身障害児対象)に併設もしくは隣接するものには、重症心身障害児の比率が高い。数としては、児童福祉法に規定される医療型・入所型肢体不自由者療育施設(通常は、医療法に基づいた病院の機能を併せ持つ)に併設されているものが多くみられるが、前2者のいずれも併設されていない学校も数は少ないがいくつか見られる(ちなみに、現行の児童福祉法の法規上は、肢体不自由児と重症心身障害児を区別せず、入所型の「医療型障害児施設」としているが、実際に施設が内容としている範疇は、2つの区分けがされている場合と両方手掛ける場合とがある)。 変わったところでは、秋田県立秋田きらり支援学校のような、児童福祉法が規定する医療型障害児入所施設(病院機能も設置)・医療型児童発達支援センター・児童発達支援センターを併せ持った施設(秋田県立医療療育センター)が渡り廊下でつながっている上、きらり支援学校の建物本体に視覚支援学校・聴覚支援学校を併設し、エントランスや大体育館などの施設の一部を3つの特別支援学校で共用している、というケースも見られる。構想としては、聴覚障害や視覚障害を重複する子供のケアに対して、3学校が連携する、「センター的機能」を究極的に実現しようとしていたとされる。

    病弱者(身体虚弱者を含む。)を対象としている特別支援学校は、主に旧・養護学校の制度を母体としていることが多い。病弱者(身体虚弱者を含む)のみを対象としている特別支援学校の中には、特別支援学校の制度が発足した後も、校名に「養護学校」の名称であることも多い。「病弱特別支援学校」の呼称は、法令文の一般名詞として用いられることもある。 「病弱者」とは、慢性の呼吸器疾患、腎臓疾患及び神経疾患、悪性新生物などの疾患で、継続して医療下生活規制の必要な人をいい、「身体虚弱者」とは、明確な病気および病名の診断はないものの、継続して病弱者に准じた対応の必要な人を指す。病弱者(身体虚弱者を含む)を対象としている特別支援学校は、大抵の場合それぞれの地方の国公立病院に併設または隣接し、そこに入院している子供たちを中心としている。 病弱児のための特別支援学校が近くにないか、設置されていない場合、院内学級や訪問学級という名前で、地方の基幹病院の小児科病棟の中に、病弱児のためのクラスが設けられているが、最寄の小中学校の特別支援学級として設置されているものと、特別支援学校の分校・分教室(本校が、病弱対象の学校とは限らず、知的障害対象の場合や肢体不自由対象の学校の場合がある)として設置されているものがある。

    複数の障害者種を主たる教育領域とする特別支援学校を、「併置校」と称する。複数の障害を有する「重複障害」を扱う、という意味ではなく、独立した2種類以上の障害に関する教育領域を1つの学校で取り扱う、という意味である(重複障害の場合は、単一の障害種を扱う各特別支援学校の収容能力に応じて重複学級を設置することで対応することが多い)。

    〔視覚障害者系統〕 虹の輪 (遠浜 々(とおはま のま)著、文芸社、2006年9月、ISBN 4286018431)
    〔病弱者系統〕 聖の青春 (大崎善生著、講談社、2002年5月、ISBN 4-06-273424-9)
  4. 刺股 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 刺又
    • 歴史的背景
    • 防犯器具として
    • 脚注
    • 参考文献
    • 関連項目

    江戸時代には犯罪者を捕獲する捕り物のための三道具の内の一つとされ、突棒・袖搦と共に、日本では古くより捕縛に使う道具として発展してきたため、三道具術なる刺股・突棒・袖絡を使う武芸の一種として発展した。『和漢三才図会』には、関人(せきもり)・門番が用いるものとしての記述がみられる。 町火消が家屋の破壊器具として使用していたこともあった。これは当時、延焼中の家屋を手早く引き倒して防火帯とし、延焼を防止して消火していたためである。現在の消防署の地図記号はこの刺股を図案化したものである。 捕り物用の物では、対象が柄を掴んで逃れたりしないよう、柄の金具に近い部分には鋭く長い刺があり、これを集団で用いて金具部分で叩いたり押さえ込んだりして対象者の活動を停止させて捕縛した。 刺股を使う三道具術は、現在では古武術の一部流派を除きほとんど残っていないが、昨今では防犯用品として見直されつつある関係上、これを復興する動きも見られる。

    現代では、柄が木製からアルミや強化プラスチック製になり軽量化され、更に取り回しが楽になった物が登場しており、警察でも使用されている。近年では附属池田小事件やその他の不審者らによる学校侵入事件が相次いだ2002年以降、防犯グッズとして教育委員会や小学校、中学校、高等学校が学校施設の防衛力強化に導入するところが増えており、また金融機関も強盗の被害から防衛する意図で導入する動きも見られる。その他、民間警備会社所属の警備員も警備業法の改正により刺股の携帯及び使用が可能となった。 刺股だけでは制止力に欠けるため、同器具で対象者と距離を取った上で催涙スプレーやスタンガンなどにより相手の行動の自由を奪い捕縛するといった方法もみられる。刺股だけで対象者を制圧する事は困難で技術を要するため、対象者を怯ませて撃退するか、もしくは壁などに押さえ付けて応援を待つために利用される。 ただしこれらの行為は、単独では対象者の腕力が取り押さえる側よりも強い場合に、返り討ちに遭う危険も伴うため、複数人数で同器具を複数用いて集団で押さえ込む方法が勧められる。江戸時代の刺股術では首や手足を押さえ込むような物が多かったが、現用の刺股では対象者の胴体を押さえ込むよう、先端部の金具が大型化している。訓練度の低い人が使う場合には胴体を押さえ込む方が、手でガードされやすい首や、動きの速い手足を狙うよりも、扱いやすく確実である。 またこれら器具の扱いに際して、器具の製造・販売メーカーの担当者や警察官などが主体となり、扱いを学校関係者や金融機関従業員に教える講習会も日本の全国各地で開催されている。

    ^ “歴史民俗用語辞典「刺又」の項”. 2020年6月7日閲覧。
    ^ 破壊消火・当時の建物はほとんどが木造建築であり、消防ポンプの能力が弱かったこともあり、放水より確実で迅速だった。
    名和弓雄『間違いだらけの時代劇』(河出文庫、1989年)ISBN 4-309-47184-6
    名和弓雄『続 間違いだらけの時代劇』(河出文庫、1994年)ISBN 4-309-47265-6
    社団法人全国警備業協会刊『刺股操作要領』
  5. 宮崎県中学校一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 宮崎県中学校一覧

    宮崎県中学校概要(令和3年度) 総数 136校 国立 1校 公立 126校 私立 9校 教育委員会所在地 〒 753-8501 宮崎県 宮崎市橘通東二丁目10番1号 宮崎県中学校一覧(みやざきけんちゅうがっこういちらん)は、宮崎県の中学校および中等教育学校(前期課程)の一覧。 ...

  6. 憲兵訓練センター - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 憲兵学校_(中華民国)

    憲兵訓練センター Military Police Training Center 憲兵訓練中心 モットー 忠貞鐵衛 種別 軍学校 設立年 1925年 学長 洪源在少将 所在地 中華民国 (台湾)新北市 五区成泰路一段175號 キャンパス 郊外、 31.8969エーカー 憲兵司令部 テンプレートを表示

    • 忠貞鐵衛
    • 洪源在少将
    • 軍学校
    • 1925年
  7. 健康診断 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 身体測定
    • 日本における健康診断
    • 中国における健康診断
    • 東南アジアにおける健康診断
    • 脚注
    • 関連項目
    • 外部リンク

    近代以前の例を挙げると、松本良順が新選組の構成員に対して健康診断を行っている[注釈 1]。 日本における近代的な健康診断の仕組みは、結核の撲滅という目的のためにスタートした。また、日本では健診車で巡回するスタイルも一般的になっているが、これは結核予防を目的とするレントゲン車が始まりとなっている。 学校や職場、地方公共団体で行われるなど『法令により実施が義務付けられている』ものと、受診者の意思で『任意に』行われるものがある。任意に行われる健康診断は診断書の発行を目的とした一般的評価のことが多いが、全身的に詳細な検査を行い多種の疾患の早期発見を目的としたサービスも広く普及しており、船舶のオーバーホール施設になぞらえて人間ドックと呼ばれる。 また労働安全衛生法により、危険物・特定の化学物質などを扱う職業の従事者は、それに応じた健康診断を定期的に受けることが義務づけられており、この健康診断は、重大な職業病の発生を未然に防ぐことが目的という点で、一般的なものとはやや性格を異にする。

    中国では読影困難な写真による診断や検査部位を把握しないままでの検査機器の操作などが問題となっており、撮影技術や読影技術など健診従事者の人材育成や研修が課題になっている。 中国の沿海部や大都市では健診サービスを展開する医療機関で価格競争がおきている。一方で富裕層では日本式の健康診断が評価を受けており高い費用を支払っても受けたいという人々も存在している。

    インドネシア

    インドネシアでの政府の重点的な取り組みは結核など感染症の早期発見にあり、がんや生活習慣病などは次の段階にある。都市部では食事の欧米化が進み中間層にも生活習慣病予備軍が拡大しており、健診の実施による早期発見、早期治療の重要性や健診の実施により医療費の大幅な抑制が可能なことは理解されている。しかし、インドネシアでは健康診断について予算化されておらず自費での受診となる。

    ミャンマー

    ミャンマーでは健康診断以前に医療環境が未整備な状況である。日本式の健診車による健診事業も検討されたが、まずは健診車よりも医療機器の整備されていないクリニックを巡回する医療車としてのニーズに応える事業が検討されている。

    出典

    1. ^ a b c d e f g h i j “日本の高度健診システム輸出による海外医療サービスビジネス展開プロジェクト 報告書”. 経済産業省. 2018年2月28日閲覧。 2. ^ “労働安全衛生規則(昭和四十七年労働省令第三十二号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年8月30日). 2020年1月14日閲覧。 “2019年10月1日施行分” 3. ^ “児童福祉施設の設備及び運営に関する基準(昭和二十三年厚生省令第六十三号)第十二条:入所した者及び職員の健康診断”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2020年1月14日閲覧。 4. ^ 高齢者の医療の確保に関する法律第21条 5. ^ “ブラトップはダメ?ストッキングは?お医者さんオススメ「診察しやすい服装」がめちゃ参考になる”. BuzzFeed News. (2019年6月3日). https://www.buzzfeed.com/jp/harunayamazaki/kenkoshindan-fashion 2019年9月22日閲覧。 6. ^ 佐藤純一 中川輝彦 ・黒田浩一郎(編)「...

    健診・保健指導のあり方 - 厚生労働省
    『健康診断』 - コトバンク
  8. 東京都立日比谷高等学校の人物一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 東京都立日比谷高等学校の

    東京都立日比谷高等学校人物一覧(とうきょうとりつひびやこうとうがっこうじんぶついちらん)は、東京都立日比谷高等学校およびその前身校の主な出身者・教員・関係者などについての一覧。 ※全般的に多数につき各分野内において省略した。

  9. イグノーベル賞受賞者の一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イグノーベル賞受賞者の一覧

    イグノーベル賞受賞者の一覧は、第1回(1991年)から現在までの、イグノーベル賞受賞者の一覧である。 イグノーベル賞は、4例(1991年の創作された架空の3例、ならびに1994年の誤報に基づき選ばれた1例。どちらもここには記載していない)を除きすべて実在の業績に ...

  10. 三宅米吉 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 三宅米吉
    • 生涯
    • 栄典
    • 著作
    • 参考文献
    • 関連文献
    • 外部リンク

    和歌山・東京修学時代

    1860年(万延元年)、和歌山藩士・三宅栄充の長男として紀伊国和歌山城下に出まれた。7歳で藩校学習館に入り、3年ほど漢籍を学んだ後、民政局参事草野政信の教えを受けた。 1872年(明治5年)、宮内大監の職にあった父を追って上京し、慶應義塾正則部に入学。義塾では成績優秀で、5年制の正則部で飛び級を重ね、在学2年ほどで第5学年に進んだが、この時、学則改正により正則と変則が合併されたため、少年には難解な政治学、経済学が学科の中心となった。不平を覚えた三宅は同級の尾崎行雄とともに別の学級の設置を訴えたが、一二の学生のための特設はできないとして転校を促され、尾崎とともに退学するに至る。

    中等学校教員時代

    1876年(明治9年)、父の新潟裁判所転任にともなって新潟に移り、7月に官立新潟英学校英語教員心得の職を得た。翌年3月、新潟英学校が県立新潟学校英語教場に改組された際には同校百工化学教場助手となり、次いで英語教場訳読教師、舎中監事を兼任した。百工化学教場では教諭中川謙二郎の元で物理学、化学などを実習し、科学的実験・研究法を学んでいる。同校での教え子には、後に東京師範学校や金港堂で同僚となる新保磐次、歴史・地理学者となる吉田東伍、工学博士となる近藤虎五郎らがいた。また同校時代には外国人から製造化学を学んでおり、1879年(明治12年)7月に製造工業の道に進むことを志して新潟学校を辞し、再度上京したが、当時の工業社会には適当な職が見つからなかったという。 東京では結局、草野政信宅に寄寓し、旧藩主である紀州徳川家の家扶上田章に漢文を学びながら同家の蔵書(後の南葵文庫)を借覧する機会を得ることになった。ここで和漢の史籍を目にしたことがきっかけで、三宅は科学的な日本史研究の必要を覚え、歴史学者の道を歩むことになる。1880年(明治13年)3月、新潟学校時代の校長で千葉師範学校長となっていた...

    欧米留学・金港堂時代

    金港堂編集所取締役となり、雑誌『都の花』『文』等を創刊。

    1904年(明治37年)12月27日 - 勲六等瑞宝章
    1929年(昭和4年)11月11日 - 帝都復興記念章、勲一等瑞宝章
    『考古学研究』 岡書院、1929年10月
    『文学博士 三宅米吉著述集』 文学博士三宅米吉著述集刊行会編纂、文学博士三宅米吉著述集刊行会、1929年10月上巻・下巻
    『三宅米吉集』 木代修一編、築地書館〈日本考古学選集〉、1974年3月
    『三宅米吉教育論集』 森田俊男編、明治図書出版〈世界教育学選集〉、1974年5月
    栗原古城 「三宅米吉君」(『教育界』第9巻第1号、金港堂書籍、1909年11月)
    白鳥庫吉 「三宅米吉君小伝」(白鳥庫吉著 『白鳥庫吉全集 第10巻 雑纂他』岩波書店、1971年11月)
    斎藤斐章 「文学博士三宅米吉先生小伝」(三宅博士古稀祝賀会編纂 『三宅博士古稀祝賀会 記念誌』 三宅博士古稀祝賀会、1929年)
    「故東京文理科大学長三宅米吉叙勲ノ件」(国立公文書館所蔵 「叙勲裁可書・昭和四年・叙勲巻四」) - アジア歴史資料センターRef.A10113056100
    「三宅米吉君」(大屋専五郎編 『現今名家 記者列伝 上巻』 春陽堂、1889年7月)
    「三宅米吉氏」(三田商業研究会編纂 『慶應義塾出身名流列伝』 実業之世界社、1909年6月)
    『教育』第369号(文学博士三宅米吉先生母校在職満二十五年祝賀記念号)、茗渓会、1913年12月
  11. 其他人也搜尋了