雅虎香港 搜尋

  1. 大約 21,600 個搜尋結果
  1. ja.wikipedia.org › wiki › 逃港者逃港者 - Wikipedia

    林行止 [4] 李鵬飛 關惠群 李摩西 鍾錦 倪匡 周慶峻 羅文 黎智英 孟飛 關聰 列孚 夏雨 劉夢熊 盧海鵬 劉千石 黃永幟 梁立人 惠英紅の父親 麥嘉 吳大江 馬思聰 曾憲梓 李永健 梁體賢 林澤飄 陳鴻道 林順潮の父親 [5] 経済学者雷鼎鳴の父親 [6] 脚注

    • 経歴
    • 誤認事件
    • 主な著作
    • 翻訳

    蔡英文は1952年6月4日に台湾で生まれた。東海大学歴史学科を専攻後、イギリスのヨーク大学で政治学の博士号を取得した。その後中央研究院の研究員を経て、ケンブリッジ大学の客員研究員を務めた。主な研究分野は、西洋の政治思想史であった。 蔡は、ハンナ・アーレントの政治理論を中国語圏に紹介した最初の学者の一人である。蔡は、アーレントの影響力の強い著作『全体主義の起源』の第2部(帝国主義)と第3部(全体主義)を中国語に翻訳した。更にアーレントの理論をカール・シュミットの理論と比較したり、イタリアの学者ジョルジョ・アガンベンの例外状態の概念をいち早く中国語話者に紹介するなどした。 蔡が中華民国総統の蔡英文と同姓同名であることから、政治学者の蔡の作品はしばしば誤って総統の蔡のものとされた。2016年1月1...

    学者の蔡英文と中華民国総統の蔡英文は同姓同名であり、共にイギリスに留学していたため、よく誤認されることがある。蔡英文が総統に選出された数日後の2016年1月19日、香港の政治評論家である林行止(中国語版)は、信報財経新聞(中国語版)にコラム記事「造潛艇怒海不揚波 睜鳳目保兩岸相安」(参考訳:怒れる海で波を立てずに潜水艦を作り 両岸の平和から目を離すな)を掲載し、蔡英文がイギリス留学時にイギリスの政治学者であるクェンティン・スキナーのニッコロ・マキャヴェッリに関する本を翻訳したことを挙げ、「関連の専門書を翻訳した蔡英文総統は、目的を達成するためには手段を選ばないというマキャヴェッリの学説を深く理解しているはずで、これまでに(国民党と民進党から)民選されたどの総統よりも手ごわい台湾の政治的リーダ...

    『韓非的法治思想及其歷史意義』、文史哲出版社、1986年2月1日。ISBN 9789575473457(繁体字中国語)
    『政治實踐與公共空間——漢娜·鄂蘭的政治思想』、聯經出版公司、2002年1月15日。ISBN 9570823038(繁体字中国語)
    『主权国家与市民社会』、北京大学出版社、2006年10月1日。ISBN 7301105339(簡体字中国語)
    『當代政治思潮』、三民書局、2009年7月1日。ISBN 9789571452012(繁体字中国語)
    クェンティン・スキナー『マキャヴェッリ』、1983年
    ロジャー・スクルートン『カント』、1984年
  2. ja.wikipedia.org › wiki › 茅盾茅盾 - Wikipedia

    • 経歴
    • 作品
    • 参考文献

    生い立ち

    茅盾は浙江省桐郷県鳥鎮鎮で生まれた。茅盾の父は医者(儒医)で清朝末期の維新派に共鳴しており、子供の頃の茅盾は私塾で天文や地理などを学ばせられ、小学校へ進む。父は茅盾が10歳の時に死去し、茅盾は湖州の浙江省第三中学に入り、その後嘉興の浙江省第二中学に転じ、そこで専制的な舎監に反抗して処罰され、杭州の中学に転学。 1913年に北京大学予科に進むが、家計のために3年で退学する。上海の出版社商務印書館に入社し、『四部叢刊』編集、『学生雑誌』誌の記事執筆などに従事。この頃は胡適、陳独秀、周作人らによって西欧の個人主義に基づく文学観が導入された時期だったが、茅盾も独自に西欧文学を研究していた。1920年に中国共産党の前身である上海共産主義小組に参加する。中国共産党創立時からの党員であった。

    戦前から戦中

    茅盾は1921年に近代文学運動の組織「文学研究会」設立に参加し、22年まで機関誌『小説月報』の編集を務め、外国文学の紹介や自然主義、写実主義に関する評論を執筆、儒教道徳を含まない文章は文学ではないと規定する漢以来の文学観や、文学を遊戯視する名士派を批判し、「真の文学は時代を反映した文学である」(「社会背景と創作」1921年)と主張した。また平民女子学校で教鞭をとり、上海大学で中国文学の教授となる。1924年頃から革命運動に加わって宣伝を担当、この頃の茅盾は神話の研究や小説の試作を始めた。1926年には商務印書館を退社、27年からは武漢国民政府で新聞『国民日報』の学芸欄の編集に携わったが、これが分裂すると廬山の牯嶺に滞在した後に上海に戻って文学に専念。草稿を元に中編小説「幻滅」を書き上げて、『小説月報』に茅盾の名で掲載、続いて1928年にかけて革命運動を描いた「動揺」「追求」を書き、職業作家となる。この三作は「蝕」三部作と呼ばれた。第一次国共合作崩壊後の混乱の中で共産党組織との連絡が切れ、以後は左派系無党派作家として活動することとなる。 茅盾は1928年7月に上海から船に乗り日本の...

    戦後

    大戦終結後、茅盾は上海に戻り、葉以群とともに『文聯』の編集に就いた。1946年にはソ連のヴォスクに招かれソ連各地を旅行した。47年3月に香港に戻り、『小説月刊』誌の編集をしながら旅行記やエッセイを執筆していた。1949年に北京で中華全国文芸工作者代表大会が開催されると、茅盾も南方代表団の一員として参加し中華全国文学芸術聯合会(全国文聯)の副主席に選ばれ、その下部組織中華全国文学工作者協会の主席となった。同年10月に中華人民共和国が成立すると文化部部長となり1965年1月まで務めた。公人としては沈雁冰の名を使い、また以後文学者としては評論などの活動を行った。 1955年に講演「文芸創作の問題」にて社会主義リアリズムを主張した。1953年には外国文学紹介雑誌『訳文』編集主任となる。文化大革命の際には夏衍が映画化した『林家舗子』が批判されたり、健康上の理由で一時隠遁した。 茅盾は1979年に全国文聯の名誉主席、中国作家協会主席に選ばれた。1981年、北京において85歳で没した。茅盾の死後、1921年に遡って中国共産党員として認定された。茅盾の故郷の桐郷烏鎮の旧居は全国重点文物保護財とさ...

    小説

    1. 『幻滅』1927年 2. 『動揺』1928年 3. 『追求』1928年 4. 『虹』1929年 5. 『野薔薇』1929年 (「創造」「自殺」「1人の女性」「詩と散文」「曇」という5編の短編小説からなる) 6. 『三人行』1931年 7. 『宿莽』1931年(短編集) 8. 『路』1932年 9. 『子夜』1932年 10. 『茅盾自選集』1933年 11. 『林商店』(林家舗子)1934年 12. 『茅盾小説短篇集』1934年 13. 農村三部作『春蚕』『秋収』『残冬』1934-37年 14. 『煙雲集』1937年 15. 『君はどこへ行くか』1937年(1945年出版時に『第一段階の物語』に改題) 16. 『腐蝕』1941年 17. 『劫後拾遺』1943年 18. 『耶蘇之死』1945年(短編集) 19. 『霜葉は二月の花に似て紅なり』(霜葉紅似二月花)1946年 20. 『委曲』1945年(短編集) 21. 『鍛煉』1948年

    評論集

    1. 『話匣子』1934年 2. 『速写与随筆』1935年 3. 『印象・感想・回憶』1936年 4. 『見聞雑記』1941年(旅行記など) 5. 『蘇聯見聞録』1948年 6. 『雑談蘇聯』1949年 7. 『夜読偶記』1956年 8. 『鼓吹集』1959年

    作品集

    1. 『茅盾文集』人民文学出版社 1958年-1961年 2. 『茅盾全集』人民文学出版社 1984年-1987年

    『茅盾作品集』尾坂徳司訳 青木書店 1955年(茅盾年譜)
    松井博光『薄明の文学 中国のリアリズム作家・茅盾』(東方書店1979年)
    是永駿『茅盾小説論-幻想と現実-』(汲古書院2012年)
    • 大元帥(陸海軍大将)
    • 兵科・機関科(昭和17年11月1日兵科に統合)
    • 主計科
    • 法務科
    • 技術(造船、造兵、造機、水路、施設)科
    • 軍医科
    • 衛生(看護)科
    • 軍楽科
    • 参考文献
    • 関連項目

    元帥海軍大将

    1. 西郷従道 2. 伊東祐亨 3. 井上良馨 4. 東郷平八郎 5. 有栖川宮威仁親王 6. 伊集院五郎 7. 東伏見宮依仁親王 8. 島村速雄 9. 加藤友三郎 10. 伏見宮博恭王 11. 山本五十六 12. 永野修身 13. 古賀峯一

    海軍(機関)中尉

    1. 池田宏平 2. 三上 卓 3. 林正義 4. 梅林孝次 5. 豊田穣 6. 池田清 7. 東中光雄 8. 北条浩 9. 堀之内久男 10. 前田優 11. 松尾秀輔 12. 斎藤兼之助 13. 角園九十九

    海軍(機関)少尉

    1. 阿武天風 2. 玉木信助 3. 吉川猛夫 4. 酒巻和男 5. 有栖川宮栽仁王 6. 樫村寛一 7. 吉田之久

    海軍主計中将

    1. 川口武定 2. 久野工 3. 武井大助

    海軍主計少将

    1. 真野観我 2. 等松農夫蔵

    海軍主計大佐

    1. 片桐酉次郎 2. 伏下哲夫 3. 青木大吉

    海軍法務大尉

    1. 栗栖弘臣

    海軍技術(造船、造兵、造機、水路、施設)中将

    1. 澤鑑之丞 2. 有坂鉊蔵 3. 佐双左仲 4. 福田馬之助 5. 近藤基樹 6. 平賀 譲 7. 徳川武定 8. 向山均 9. 伍堂卓雄 10. 名和武 11. 朝熊利英 12. 福田啓二 13. 江崎岩吉

    海軍技術(造船、造兵、造機、水路、施設)少将

    1. 藤本 喜久雄 2. 大八木静雄 3. 片山有樹 4. 山田幸五郎

    海軍技術(造船、造兵、造機、水路、施設)大佐

    1. 徳川達成 2. 牧野茂 3. 伊藤庸二 4. 友永英夫 5. 庄司元三 6. 松本喜太郎 7. 福井又助 8. 山本正敏

    海軍軍医総監

    1. 戸塚文海 2. 高木兼寛 3. 実吉安純 4. 河村豊洲

    軍医中将

    1. 菅原佐平 2. 高田六郎

    軍医少将

    1. 山下奉表

    海軍軍楽長

    1. 田中穂積 2. 瀬戸口藤吉

    軍楽隊員

    1. 江口夜詩 2. 斉藤丑松 3. 大村能章

    『日本海軍指揮官総覧』(新人物往来社・1995年8月) ISBN 4-404-02246-8
    福川秀樹『日本海軍将官辞典』(芙蓉書房出版・2000年12月) ISBN 4-8295-0272-X
    太平洋戦争研究会『帝国海軍将官総覧』(KKベストセラーズワニの本・2002年7月) ISBN 4-584-01073-0
    戸高一成『日本海軍士官総覧』(柏書房・2003年2月) ISBN 4-7601-2340-7
    • 加害者
    • 事件の経緯
    • 捜査
    • 刑事裁判
    • 被害者遺族たちのその後
    • 少年たちのその後
    • その他
    • 参考文献
    • 脚注
    • 関連項目

    この事件の加害者として逮捕・起訴され、刑事裁判で有罪判決が確定したのは以下の計6名(うち5名が犯行当時未成年者)である。 1. 殺害実行犯・主犯格の男X 1. 犯行当時19歳[判決文 1]、名古屋市港区在住のとび職[新聞 5]。『新潮45』(新潮社)2003年10月号記事中では「石田滋」[雑誌・書籍 3][雑誌・書籍 4]、2016年9月号では「中川政和」と仮名表記されている[雑誌・書籍 5]。 2. Xは1968年(昭和43年)8月20日、長野県東筑摩郡山形村で次男として生まれた[判決文 1]。1975年(昭和50年)4月、Xは名古屋市中川区内の小学校に入学し、1981年(昭和56年)4月、同区内の中学校に入学したが[判決文 1]、中学校在学中の1983年(昭和58年)4月27日、Xは同区...

    事件で殺害された理容師見習い女性B(当時20歳)は、1988年2月22日午後10時頃にいったん勤め先から帰宅し「女友達のところへ行くかもしれない」と家族に言い残し、父親所有の車トヨタ・チェイサーで外出した[新聞 2][新聞 1]。しかしBはその女友達の家には立ち寄っておらず、同じ理容店に勤務する交際相手の理容師男性A(当時19歳)とともに愛知県営大高緑地公園にドライブに出かけた[新聞 2][新聞 1]。Aは23日午前零時過ぎ、同室の同僚に「デートしてくる」と話して外出していた[新聞 2]。 2月23日午前4時30分頃、県営大高緑地公園の第一駐車場でA・Bの男女2人が乗ったチェイサーを、Xを中心とする男女6人の不良少年グループが突然、襲撃した[新聞 5]。6人はXが所有する茶色の日産・グロリア...

    2人が拉致された直後の23日午前8時30分頃、フロントガラスやヘッドライトなどが滅茶苦茶に破壊された白いトヨタ・チェイサーが公園北側入口付近の第一駐車場で北向きに駐車してあるのが発見された[新聞 1]。車は窓ガラスが全て叩き割られ、ヘッドライド・テールライト・サイドミラーが破損し、車体も棒状の物で叩かれたと思われる数十か所の跡があり、べこべこに凹んでいた[新聞 1]。車内からはいくつかの血痕が見つかり、また2人の家族からも翌2月24日になって捜索願が出された[新聞 1]。愛知県警察捜査一課・緑警察署は24日、2人が何者かに襲撃・拉致された可能性が高いとして捜査本部を設置し、本格的な捜査を開始した[新聞 1]。 捜査本部は25日までに、直前に名古屋市港区の名古屋港金城ふ頭で発生した「アベック連...

    6人は強盗致傷罪・殺人罪・死体遺棄罪・強盗未遂罪・強盗強姦罪・道路交通法違反の容疑に問われた[判決文 1]。 名古屋地方検察庁は1988年3月19日、被疑者Vを殺人・死体遺棄・強盗致傷などの各罪状で名古屋地裁に起訴した[新聞 14][新聞 15]。一方で主犯格のXら犯行時未成年の被疑者5人に関しては同日、「犯行は悪質で刑事処分が相当」とする意見書を添付した上で、同じく殺人などの各罪状で名古屋家庭裁判所に送致した[新聞 14]。 名古屋家裁は約1カ月にわたり家庭環境の調査などの少年審判を行い[新聞 16]、1988年4月14日付で主犯格のXら犯行時未成年の被疑者5人を「刑事処分が相当である」として名古屋地検に逆送致することを決定した[新聞 17][新聞 18]。 名古屋地検は1988年4月22...

    理容師男性Aの遺族のその後

    『新潮45』2003年10月号に掲載された記事「反省し『シャバ』に戻った少年少女のそれから」によると、Aの父は1993年頃、名古屋市中村区内のマンションの一室で、誰にも看取られることなく、机に突っ伏したまま息を引き取っていたという[雑誌・書籍 18]。

    理容師見習い女性Bの遺族のその後

    『新潮45』2003年10月号に掲載された記事「反省し『シャバ』に戻った少年少女のそれから」によると、Bの父は他の子供たち一家と暮らしているが、母は事件から9年後の1997年11月、59歳の若さで他界している[雑誌・書籍 18]。

    主犯Xの近況

    Xの近況については何度か報道されている。 『月刊現代』2006年7月号に掲載された元弁護人・安田好弘の話や[雑誌・書籍 19]、『共同通信社』の2008年11月29日の報道によれば[新聞 58]、Xは1989年に名古屋地裁で死刑判決を受けてから、2人の被害者の遺族へ謝罪の手紙を書き始めた[新聞 58]。また、岡山刑務所に収監された1997年以降は、作業賞与金(刑務作業に支払われる給与)も添えて送るようになり、2005年3月にBの父親から「頑張りなさいよ」と書かれた手紙を受け取り、それ以降も文通を行っていると報道された[新聞 58][新聞 59][新聞 60]。殺人事件の被害者と加害者の文通は極めて異例であり、修復的司法の試みとされた[新聞 58]。また、『西日本新聞』2009年7月6日朝刊の報道によれば、Aの遺族からの返信はないが、手紙を受け取ってもらえていることは分かっていると報道された[新聞 61]。ただしその「遺族」の、Aとの続柄についての記述はなく[新聞 61]、2019年現在でも「Aとどのような関係の人物なのか」は全く不明である。 死刑廃止運動家・高田章子(「死刑廃止国...

    共犯者たちの出所後

    『新潮45』2003年10月号記事によると、無期懲役が確定したW・X両名を除き、V・2000年頃に岡山刑務所から出所したS・T・Uの4人は、『新潮45』記者がUを取材した2003年8月中旬時点で、いずれも既に刑期を終え出所していたが[雑誌・書籍 22]、逮捕後に反省の弁を述べていた本人も、その親たちも、誰1人として被害者遺族の元を訪れ謝罪していないという[雑誌・書籍 18][雑誌・書籍 12]。 1988年11月下旬、被害者らの互いの遺族は名古屋簡易裁判所に、加害者やその家族らへの損害賠償請求調停申し立てを行い、Aの両親には4926万3459円(調停総額は3551万円)は、Bの遺族には5218万3026円(同5551万円)を支払うことが取り決められたが、事件から15年後の2003年8月時点で実際に支払われたのはAの両親には約半分の798万6500円、Bの遺族には3分の1未満の1572万9000円しか支払われていない[雑誌・書籍 8]。 1. W・Xは無期懲役が確定し、ともに仮釈放の目途が立たないため、本人分は調停不調に終わった[雑誌・書籍 8]。 1.1. Xの両親はその後の調停...

    評論家・赤塚行雄は、この種の犯罪を通り魔的「狂宴的犯罪」と名付け、先駆としては本事件に加え、1983年の横浜浮浪者襲撃殺人事件、翌1989年の女子高生コンクリート詰め殺人事件を挙げた[雑誌・書籍 1][雑誌・書籍 2]。
    本事件から6年後の1994年、大阪市を皮切りに、本事件と同じ中京圏(東海三県、名古屋市近郊)の、愛知県・木曽川河川敷、岐阜県・長良川河川敷の3府県で、シンナーなどを接点に集まった3人の暴力団組員の少年らを中心とする、不良グループによる凄惨なリンチにより、11日間に4人の男性が殺害された、大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件が発生した。この一連の連続殺人事件では、3事件すべてに関与した主犯格3人...
    「何様」という殺人思想は、今でも根深い。(集団の論理)

    刑事裁判の参考判決文

    1. 名古屋地方裁判所刑事第4部判決 1989年(平成元年)6月28日 『判例時報』第1332号36頁、『判例タイムズ』第711号266号、D1-Law.com(第一法規法情報総合データベース)判例体系 ID:27911223、昭和63年(わ)第486号/昭和63年(わ)第876号/昭和63年(わ)第908号、『強盗致傷、殺人、死体遺棄、強盗未遂、強盗強姦、道路交通法違反被告事件』。 1.1. 判決内容:Xを死刑(求刑同・控訴)、Wを無期懲役(求刑同・確定)、Vを懲役17年(求刑無期懲役・控訴)など 1.2. 裁判官:小島裕史(裁判長)・伊藤新一郎・柴﨑哲夫 2. 名古屋高等裁判所刑事第2部判決 1996年(平成8年)12月16日 『判例時報』第1595号38頁、『高等裁判所刑事裁判速報集』(平8)148頁、D1-Law.com(第一法規法情報総合データベース)判例体系 ID:28020812、平成1年(う)262号、『強盗致傷、殺人、死体遺棄、強盗未遂、強盗強姦被告事件』。 2.1. 判決内容:破棄自判。Xを無期懲役(求刑死刑)、Vを懲役13年(求刑無期懲役) 2.2. 裁判官...

    雑誌掲載記事

    1. 『オール讀物』(文藝春秋社)1989年8月号「惨殺の構図」p.256-285 1.1. 検察による冒頭陳述書を収録した記事。加害者6人及び被害者2人の経歴、本件の前に起こした2件の恐喝・同未遂事件、及び本件の犯行内容が記述されている。

    関連書籍

    1. 『新潮45』編集部『殺戮者は二度わらう - 放たれし業、跳梁跋扈の9事件』新潮文庫、2004年6月1日、271-322頁。ISBN 978-4101239163。 1.1. 取り上げられている9事件中の1話として、『新潮45』2003年10月号の本事件についての記事「反省し『シャバ』に戻った少年少女のそれから」が収録されている。本件の犯行内容及び、Bの被害者遺族、V本人、Xの母親へのインタビューなどで構成されている。 2. 丸山佑介『判決から見る猟奇殺人ファイル』彩図社、2010年1月20日、132-141頁。ISBN 978-4883927180。 2.1. 本事件概要、裁判の経過、加害者らのその後が収録された。 3. 年報・死刑廃止編集委員会「特集・少年事件と死刑 罪を犯した少年は、更生できないのか?(死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90・高田章子)」『少年事件と死刑 年報・死刑廃止2012』インパクト出版会、2012年10月25日、44-51頁。ISBN 978-4755402272。

    出典

    以下の出典において、記事名に本事件当事者の実名が使われている場合、この箇所を本項目で用いているその人物の仮名及び伏字とする。

  3. 周二 - 経営学者 東京大学名誉教授・教養学部教授 静岡県立大学経営情報学部初代学部長・名誉教授 明治学院大学経済学部教授 長谷川修 - 原子力工学者 九州大学工学部長・名誉教授 久留米工業大学学長 久留米工業高等専門学校校長 日本伝熱学会会長

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 广部广部 - Wikipedia

    概要. 「广」の字は 岩屋 を意味する。. 『 説文解字 』によると崖を利用した家屋の形に象る。. 現代の 黄土高原 においてもこのような崖面を利用した洞窟型住居( 窰洞 という)は多く見られる。. 偏旁 の意符としては家屋の種類や住宅内部の部屋・部分 ...

  1. 其他人也搜尋了