雅虎香港 搜尋

  1. 柏傲莊 相關
    廣告
  1. 国鉄D51形蒸気機関車 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/デゴイチ

    D51形蒸気機関車(D51がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が設計、製造した、単式2気筒で過熱式のテンダー式 蒸気機関車である。 主に貨物輸送のために用いられ、太平洋戦争中に大量生産されたこともあって、国鉄における所属総数 ...

  2. 楽天モンキーズ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ラミゴ・モンキーズ
    • 歴史
    • 帽章
    • 永久欠番
    • 日本の球団に在籍したことのある主な選手・コーチ
    • その他在籍していた選手・コーチ
    • 外部リンク
    1997年:台湾大聯盟(TML)発足に伴い、金剛、雷公、太陽、勇士の4球団が発足。
    2003年
    2006年:台湾初のメジャーリーガーである陳金鋒が入団。前後期とも1位。台湾シリーズを制し、TMLからの球団としては初優勝。アジアシリーズでは、リーグ戦で韓国の三星ライオンズに勝つなどして決勝進出。決勝で北海道日本ハムファイターズに敗れ、準優勝となる。決勝、リーグ戦とも優勝した日本ハムとの試合は1点差勝負だった。
    2008年11月:読売ジャイアンツの二軍と台中、台北で交流戦を4試合実施し、3勝1敗と勝ち越した。同球団の台湾遠征は1993年以来15年ぶり3度目だった。

    チームの帽章は楽天のマーク。 La New時代の帽章は靴を向かい合わせにした形で作った牛の顔である。これはLa New社のマークであり、熊でなく牛がかたどられていることも、革靴の主な原材料が牛革であることによるものである。Lamigo時代は「L」と「M」を組み合わせたもの。

    9(王柏融の背番号)
    10(ファンの背番号)
    52 (陳金鋒の背番号)

    第一金剛時代

    選手 1. クラウディオ・ガルバ(高力歐)

    La New時代

    コーチ 1. 呂明賜 2. 大田卓司 3. 加藤初 4. 二宮至 5. 金崎泰英 6. ビル・マドロック(梅洛克) 選手 1. 張誌家 2. 呉偲佑 3. 王溢正(練習生) 4. 入来智 5. マック鈴木(鈴木誠) 6. 佐藤和宏(入団テスト受験) 7. 荒川祐輔(1軍出場なし) 8. 竹岡和宏(入団テスト受験) 9. 三橋直樹(入団テスト受験) 10. クラウディオ・ガルバ(高力歐) 11. コリー・ベイリー(貝力) 12. ネリオ・ロドリゲス(雷德里茲) 13. ラモン・モレル(魔銳) 14. クリストファー・ライト(萊特) 15. マーチン・バルガス(巴克斯) 16. ケニー・レイボーン(雷鵬) 17. ヘクター・メルカド(猛克) 18. ルイス・マルティネス(馬帝茲) 19. ゲーリー・ラス(銳斯) 20. マイク・ジョンソン(強森) 21. トッド・ベッツ(貝茲) 22. ゲイリー・バーナム・ジュニア(霸漢) 23. ケニー・レイ(銳) 24. スティーブ・ハモンド(悍猛) 25. ダニエル・リオス(里歐斯、入団テスト受験)

    Lamigo時代

    コーチ 1. 杉山賢人 2. 荘勝雄 3. コーリー・ポール(保羅) 4. トッド・ベッツ(貝茲) 選手 1. 許銘傑 2. 陽耀勲 3. 林英傑 4. 王溢正 5. 林彦峰 6. 王柏融 7. 正田樹 8. 冨田康祐(入団テスト受験) 9. 高塩将樹(入団テスト受験) 10. ロバート・ブース(河本羅柏特) 11. エイドリアン・バーンサイド(奔薩) 12. スティーブ・ハモンド(悍猛) 13. ブライアン・コーリー(酷力) 14. ケニー・レイ(銳) 15. JDダービン(德本) 16. ミゲル・メヒア(米吉亜) 17. クリス・セドン(神盾) 18. パット・ミッシュ(明星) 19. オーランド・ロマン(羅曼) 20. ラダメス・リズ(李茲)

    第一金剛時代

    選手 1. 陳峰民 2. 黄龍義 3. 許文雄 4. エリック・マーティンズ(馬丁)

    La New時代

    監督・コーチ 1. 洪一中 選手 1. 石志偉 2. 曾豪駒 3. 鍾承佑 4. 耿伯軒 5. 陳峰民 6. 黄俊中 7. 許文雄 8. 蔡英峰 9. 張家浩 10. 林泓育 11. 林智勝 12. 陳金鋒 13. 詹智堯 14. 黄龍義 15. 許銘倢 16. トニー・フィオーレ(飛銳) 17. ビクター・ザンブラーノ(戰銳龍) 18. ハンベルト・サンチェス(勝騎士、入団テスト受験) 19. トニー・アーマス・ジュニア(艾猛士、1軍出場なし)

    Lamigo時代

    監督・コーチ 1. 洪一中 2. 葉君璋 3. 曾豪駒 選手 1. 石志偉 2. 曾豪駒 3. 鍾承佑 4. 耿伯軒 5. 張家浩 6. 林智勝 7. 陳金鋒 8. 許銘倢 9. 王躍霖 10. 郭嚴文 11. 林泓育 12. 陳俊秀 13. 嚴宏鈞 14. 林承飛 15. 林立 16. 詹智堯 17. 廖健富 18. マット・デサルボ(迪薩猛) 19. シェーン・ユーマン(尤猛) 20. レニー・ディナルド(狄納多) 21. ブライアン・バレス(波拉斯) 22. マイク・ローリー(雷力) 23. ザック・マイナー(邁能) 24. コリー・リオーダン(雷盾) 25. シーザー・バルデス(瓦徳茲) 26. ライアン・サール(索爾) 27. ミッチ・タルボット(泰霸) 28. ダリン・ダウンズ(道恩斯) 29. ジーク・スプライル(史博威) 30. ロジャー・バーナディーナ(柏納帝那) 31. ジェームズ・ハウザー(豪瑟、一軍出場なし)

    楽天モンキーズ (@RakutenMonkeys) - Twitter
    楽天モンキーズ (rakuten_monkeys) - Instagram
    • 20,000人
    • 2003年
  3. 名家 (諸子百家) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/弁者
    • 人物・書物
    • 他の諸子百家との関係
    • 思想
    • 関連項目
    • 参考文献
    • 外部リンク
    • 脚注

    「名家」という呼称は、漢代に書かれた『史記』や『漢書』芸文志(諸子百家の分類の由来になった図書目録)が後から与えた呼称である。戦国時代に書かれた『荘子』天下篇(諸学派の学説誌的な篇)では、名家にあたる学派は「弁者」と呼ばれていた。また「弁士」「察士」と呼ばれることもあった。 『漢書』芸文志によれば、名家の書物は以下の七冊(七家三十六篇)が漢代当時に存在した。 1. 『鄧析』二篇 - 春秋末期の鄧析に帰される。 2. 『尹文子』一篇 - 尹文に帰される。 3. 『公孫龍子』十四篇 - 公孫龍に帰される。 4. 『成公生』五篇 - 秦代の成公生(中国語版)に帰される。 5. 『恵子』一篇 - 恵施に帰される。 6. 『黄公』四篇 - 秦代の黄疵(中国語版)に帰される。 7. 『毛公』九篇 - 公孫龍と同時代の毛公に帰される。 このうち現存するものは、「白馬非馬」で知られる『公孫龍子』六篇、および後世の仮託・偽書の疑いがある『鄧析子』二篇と『尹文子』二篇、以上の三冊である。 名家の人物は以上に挙げた七人以外にもいる。例えば『荘子』天下篇や『列子』仲尼篇では、桓団(別表記: 韓檀)という人物が、公孫龍と同時代の名家の中心人物とされる。また例えば、『韓非子』外儲説左上篇では、兒説という宋の弁者に「白馬非馬」が帰される。またある書物では、田巴という斉の弁士に名家の学説が帰される[注釈 1]。またある書物では、綦毋子という人物が公孫龍の門徒にいたとされる[注釈 2]。 そのほか、『隋書』経籍志などの後世の図書目録では、三国時代の劉劭『人物志』のような、人材品評術の書物も名家の書物とみなされる。しかしながら、内容的には戦国時代の名家とほぼ関係ない。 なお、20世紀後半から21世紀初頭には、馬王堆帛書・郭店楚簡・上博楚簡といった新出文献が相次いで発見されており、諸子百家の大半はそれらの新出文献により研究が進んでいる。しかしながら、名家に関する新出文献は特に発見されていない。ただし、後述の黄老思想(刑名思想)や生成論の「名」の思想に関しては、むしろ豊富に発見されている。

    雑家・法家

    名家は雑家と重なる部分が大きい。というのも、『尹文子』と『鄧析子』は、現代では雑家に分類されることもある。あるいは、その『尹文子』の雑家的な思想、すなわち黄老思想(刑名思想)を含む「名」の政治思想が、「後期名家の思想」「名家思想の残照」のように位置付けられることもある。また、雑家の書物の『呂氏春秋』(とりわけ審応覧の諸篇)や『淮南子』には、名家の学説や逸話が記録されている。 名家は法家と重なる部分も大きい。『鄧析子』は法家に分類されることもある。また、『尹文子』では「名」と「法」の両字が重要な術語として扱われている。また、清代の章学誠は主著『校讐通義』で、名家と法家の二家は相通ずると考察している。

    荘子・墨子・宋子・荀子

    名家は道家の『荘子』と深く関わる。『荘子』は複数の章(主に万物斉同を説く章)で、名家の学説と似た表現を用いている(#学説)。また、恵施は『荘子』に度々登場し、荘周の友人あるいは好敵手として描かれている。また、恵施の著作は完全に散逸したが、『荘子』天下篇にその学説が記録されているおかげで、恵施の思想は現在に伝わっている。一方で、公孫龍は『荘子』秋水篇において、「井の中の蛙」として嘲笑的に描かれている。しかし他方で、その秋水篇にも登場する道家の魏牟(中国語版)(魏の公子牟)は、『列子』仲尼篇において、公孫龍の学説を弁護している。 名家は墨家の『墨子』とも深く関わる。墨家が「兼愛」「非攻」といった博愛主義・平和主義を説いたのと同様に、恵施や公孫龍もまた「氾愛」「兼愛」「偃兵」といった博愛主義・平和主義を説いたとされる[注釈 3]。また、『墨子』の墨弁(中国語版)(経上篇・経下篇・経説上篇・経説下篇・大取篇・小取篇の総称、「墨経」ともいう)には、名家の術語や学説と似た表現が頻繁に出てくる(#学説)。 名家は小説家の宋子(宋銒)とも深く関わる。『荘子』天下篇では、尹文は弁者ではなく宋銒の学...

    その他

    名家は縦横家の張儀とも関わる。張儀は恵施と論争して勝った人物とされる。具体的には、張儀が魏に仕えていた時、魏の宰相だった恵施との間で、外交政策をめぐる論争が起こった。張儀が連衡策を背景に斉・楚との開戦論を説いたのに対し、恵施は非戦論(上記の「偃兵」)を説いた。最終的に、張儀の開戦論が多数派の支持を得たため、恵施は魏を去ることになった。その際、恵施は魏の君主に諫言的な発言をしている。(出典: 『韓非子』内儲説上篇、『戦国策』魏策一) 名家は陰陽家の鄒衍とも関わる。鄒衍は公孫龍と論争して勝った人物とされる。具体的には、鄒衍が趙を訪れた時、趙の平原君の食客だった公孫龍との間で論争が起こった。鄒衍は、「辯」という営為の勝ち負けの仕組みを評価しつつも、結局は卑小な営為だとして非難した。同時に、鄒衍自身の「至道」の思想を説いて平原君の寵愛を得た。それにより、公孫龍は趙を去ることになった。(出典: 『史記』孟子荀卿列伝、平原君虞卿列伝。および『史記集解』平原君虞卿列伝に引用される逸書『別録』) 『孟子』は、名家との関わりは薄いが、孟軻は邪説と闘うために「辯」を好んだ人物だと伝えられる。とりわけ...

    名家および上記の『墨子』墨弁、『荀子』正名篇などの思想は、近代以降「名学」または「名弁」(名辯)等と通称される。また、「論理学」(Logic、中国語: 逻辑)と呼ばれることもあるが、これは後述の研究史の事情に由来する慣例的な呼称であり、厳密には「論理学」ではない、とする学者もいる。 とはいえ、少なくとも言語についての思想(言語哲学)ではある。その上で、知識の正しさについての思想(認識論・知識論・真理論)でもあり、あるいは物の有り方・有無・同一性・関係等についての思想(存在論・形而上学)でもある。また、『公孫龍子』堅白論篇や『荀子』『墨子』の関連学説[注釈 4]から、視覚光学・感覚器官・統覚機能などの理論も含むとされる。また、『公孫龍子』通変論篇の内容から、五行説とも関わるとされる。また、『公孫龍子』跡府篇で「士」の評定や「殺人者死、傷人者刑」などの賞罰論を説くこと[注釈 5]、恵施と公孫龍はどちらも逸話が残るほどの政治家でもあること(特に恵施は魏の宰相であること)や、上記の平和主義や黄老思想のことなどから、政治哲学とも無縁ではない。 しかしながら、具体的にどのような思想だったかに関しては、文献の乏しさや難解さなどの理由から、定説が無く、諸説ある(#研究史)。 21世紀初頭の教科書的な説明(一応の定説)としては、論理学の要素もあるが論理学だけに収まらない、抽象的で複雑な「哲学」だった、すなわち「認識能力」「色彩概念と形状概念の複合概念」についての思想だった、などと説明される。

    日本語

    1. 赤塚忠 『諸子思想研究 再版(赤塚忠著作集 第4巻)』 研文社、2002年 [1987年]。ISBN 978-4990092047。 1.1. 「天下篇所載の名弁について」初出1974年、『中哲文学会報』1号、東大中哲文学会 2. 浅野裕一 「恵施像の再構成 ― 弁者と魏相との接点」 『日本中国学会報』 28号、1976年。http://nippon-chugoku-gakkai.org/wp-content/uploads/2019/09/28-02.pdf。 3. 浅野裕一 『古代中国の言語哲学』 岩波書店、2003年。ISBN 978-4000228336。(1970年代以降の諸論文のまとめ) 4. 浅野裕一 『諸子百家』 講談社〈講談社学術文庫〉、2004年 [原著2000年講談社]。ISBN 978-4061596849。(非専門家向けの要約) 5. 池田知久「『墨子』の経・経説と十論」 『中哲文学会報』 10号 東大中哲文学会、1-27頁、1985年。 6. 池田知久 『荘子 全訳注 上・下』 講談社〈講談社学術文庫〉、2014年。上: ISBN 978-406...

    日本語以外・翻訳

    1. 曹峰 『中国古代"名"的政治思想研究』 上海古籍出版社、2017年。ISBN 978-7532584840。 (下記博士論文の増補改訂・書籍化・中国語訳) 1.1. 曹峰 『中國古代における「名」の政治思想史研究』 東京大学 博士論文、2004年。http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/gazo.cgi?no=119566。 2. Cheng, Anne (1997), Histoire de la pensée chinoise, Seuil, ISBN 978-2020125598 2.1. アンヌ・チャン、志野好伸;中島隆博;廣瀬玲子訳 『中国思想史』 知泉書館、2010年。ISBN 978-4862850850。 3. Fung, Yiu-ming [馮耀明] (2020), “Introduction: Chinese Philosophy of Logic”, in Fung Yiu-ming, Dao Companion to Chinese Philosophy of Logic, Springer, ISBN 9...

    ctext.org「名家」 - 中国哲学書電子化計画(管理人 Donald Sturgeon が名学の専門家)
    cjfraser.net(下記SEPの「名家」「墨家思想」「墨経」執筆者 Chris Fraser のWebサイト)
    School of Names (英語) - スタンフォード哲学百科事典「名家」の項目。

    注釈

    1. ^ 『太平御覧』巻385等に引用される逸書『魯仲連子』。 2. ^ 『史記集解』平原君虞卿列伝に引用される逸書『別録』等。 3. ^ 「偃兵」は、名家の術語というわけではなく、「非戦」「休戦」を意味する一般的な語である。 4. ^ 『公孫龍子』堅白論篇の「目以火見」「神」、『荀子』天論篇や正名篇の「天官」、『墨子』墨弁の「目以火見」「五路」など 5. ^ 「殺人者死、傷人者刑」は、名家と直接関係ない文脈で『荀子』や『墨子』にも出てくる。 6. ^ 「兼」は、名学とは別に、『墨子』の兼愛思想や『荀子』の国家論でも術語として用いられている。そちらの用法の意味についても諸説ある。 7. ^ 「内・外」は、名学とは別に、いわゆる「仁内義外説」、すなわち『孟子』告子上篇や郭店楚簡『六徳』『語叢一』などの思想でも術語として用いられている。そちらの用法の意味についても諸説ある。 8. ^ その他、後述の論理学説を採る場合は、墨弁冒頭の「故」「大故」「小故」なども重要な術語とみなされる。 9. ^ その場合、「指非指」や「指之非指」という学説は、親指や人差し指と五本指全体の関係についての学...

  4. 石家荘市 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/石門市

    河北省中の石家荘市の位置 中心座標 簡体字 石家庄 繁体字 石家 拼音 Shíjiāzhuāng カタカナ転写 シージャーヂュアン 国家 中華人民共和国 省 河北 行政級別 地級市 市長 鄧沛然(辞任) 面積 総面積 15,848 km² 市区 455.81 km² 建成区 (2004) 155 km² 海抜 83 m ...

  5. 鹿泉区 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/鹿泉市

    鹿泉区(ろくせん-く)は中華人民共和国 河北省 石家荘市に位置する市轄区。 歴史 戦国時代には石邑県の管轄地域とされた。 現在の鹿泉区は596年(開皇16年)、隋朝により設置された鹿泉県を前身とする。 唐代になると756年(至徳元載)、安史の乱の平定に際し獲鹿 ...

  6. 荘子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/
    • 人物
    • 思想
    • 著書『荘子』
    • 孔子と儒教
    • 著名な語句
    • 関連項目
    • 関連文献
    • 外部リンク

    荘子については複数のテキストや説が存在するが、それらの信頼性には様々な疑義があり、また相互に矛盾する記述もあるため、詳らかでない。たとえば『史記』巻63には荘子の伝があるが、これは司馬遷が当時の寓言を多く含む『荘子』から引いたものと推定されており、池田知久は「司馬遷が思想家たちの作ったフィクションを材料にして書いた荘子の伝記」と述べている。その他、『呂氏春秋』や『荀子』などにも記述が見られるが、いずれも『荘子』の影響を強く受けている。

    荘子の思想はあるがままの無為自然を基本とし、人為を忌み嫌うものである。老子との違いは、前者は政治色が濃い姿勢が多々あるが、荘子は徹頭徹尾にわたり俗世間を離れ無為の世界に遊ぶ姿勢で展開される。 軸となる傾向は徹底的に価値や尺度の相対性を説き、逆説を用い日常生活における有用性などの意味や意義にたいして批判的である。 こうした傾向を、脱俗的な超越性から世俗的な視点の相対性をいうものとみれば、従来踏襲されてきた見方であるが、老荘思想を神秘主義思想の応用展開として読むことになる。他方で、それが荘子の意図であったかはもちろん議論の余地があるが、近年の思想研究の影響を受けつつ、また同時代の論理学派との関連に着目して、特権的な視点を設定しない内在的な相対主義こそが荘子の思想の眼目なのであり、世俗を相対化する絶対を置く思想傾向にも批判的であるという解釈もなされている。 荘子の思想を表す代表的な説話として胡蝶の夢がある。「荘周が夢を見て蝶になり、蝶として大いに楽しんだ所、夢が覚める。果たして荘周が夢を見て蝶になったのか、あるいは蝶が夢を見て荘周になっているのか」。この説話の中に、無為自然、一切斉同の荘子の考え方がよく現れている。 近年では、方法としての寓話という観点や、同時代の論理学派や言語哲学的傾向に着目した研究もあらわれている。

    著書とされる『荘子』(そうじ)は、西晋の郭象が刪訂した内篇七篇、外篇十五篇、雑篇十一篇の構成のものが現在に伝わっている。 内篇は逍遙遊、斉物論、養生主、人間世、徳充符、大宗師、応帝王 外篇は駢拇、馬蹄、胠篋、在宥、天地、天道、天運、刻意、繕性、秋水、至楽、逹生、山木、田子方、知北遊 雑篇は、庚桑楚、徐無鬼、則陽、外物、寓言、譲王、盗跖、説剣、漁父、列禦寇、天下 この現行『荘子』は、晋の郭象が注釈を加えた際に刪定したものだが、史記には「荘子十余万字」とあり、現行より多いことがわかる。また漢書の芸文志には「五十二篇」あったと記録されているが、郭象の刪定したもの以外は現在見ることはできない。これらのうち内篇のみが荘子本人の手による原本に近いものものされ、外篇・雑篇は弟子や後世の手によるものと見られている。 荘子「内篇」は逆説的なレトリックが随所に満ち満ちており、多くの寓話が述べられ、読者を夢幻の世界へと引きずり込む。

    荘子は孔子を批判しているとされているが、文章をよく読むと孔子を相当重んじており、儒家の経典類もかなり読んだ形跡がある。このことから、古来より、荘子は儒家出身者ではないかという説があり、内容も本質的には儒教であると蘇軾が『荘子祠堂記』に於いて論じているほどである。白川静は孔子の弟子顔回の流れを汲むのではないかと推定している。

    ※購入しやすい書目のみ。 1. 金谷治訳注 『荘子』 岩波文庫(全4巻)- ワイド版も刊 2. 森三樹三郎訳注 『荘子』 中公クラシックス(全2巻)- 旧版・中公文庫(全3巻) 3. 福永光司・興膳宏訳注 『荘子』 ちくま学芸文庫(全3巻)、2013年。福永の訳稿を興膳が改訂 4. 池田知久訳注 『荘子 全現代語訳』 講談社学術文庫(上下)、2017年 4.1. 『荘子 全訳注』 講談社学術文庫(上下)、2014年。詳細な訳注・解説 5. 『新書漢文大系12 荘子』 市川安司・遠藤哲夫訳注(石川泰成編、明治書院、2002年)。抜粋版 5.1. 元版『新釈漢文大系 7 老子、荘子 上』、『同 8 荘子 下』 - 完訳版、原文・読み下し・詳細な訳・注解を収録 6. 森三樹三郎 『老子・荘子』 講談社学術文庫、1994年 7. 諸橋轍次『荘子物語』 講談社学術文庫、1988年 8. 蜂屋邦夫 『荘子=超俗の境へ』 講談社選書メチエ、2002年 9. 中島隆博 『荘子 鶏となって時を告げよ』 岩波書店〈書物誕生〉、2009年 10. 金谷治 『老荘思想がよくわかる本』 新人物往来社〈新人物文庫〉、2012年。講座での講義録 11. 湯浅邦弘 『入門 老荘思想』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2014年 12. 蔡志忠・和田武司訳 『マンガ老荘の思想』 講談社+α文庫、1994年 13. 岸陽子訳・松枝茂夫・竹内好監修『中国の思想[Ⅻ] 荘子』徳間書店、1996年

  7. 国立台北科技大学 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台北科技大学

    国立台北科技大学(こくりつたいぺいかぎだいがく National Taipei University of Technology)は、中華民国 台北市にある工業(科学技術)大学である。 前身は台湾総督府が設立した台北州立台北工業学校であり、100年近くの歴史があり、これまでに数多くの企業家 ...

  8. 許銘傑 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ミンチェ
    • 経歴
    • 選手としての特徴
    • 詳細情報
    • 関連項目
    • 外部リンク

    来日前

    中正高工から台湾プロ野球の台中金剛へ入団した。 1998年12月に開催されたバンコクアジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。

    西武時代

    2000年に西武ライオンズに入団。台湾プロ野球との選手獲得紳士協定解除後の最初の入団選手で、かつて西武で活躍した郭泰源にちなみ、「郭泰源二世」と呼ばれて期待され、同年は一軍で6勝。 2001年は視力矯正のためメガネをかけコントロールが向上した。あと5イニングを4自責点以内に抑えれば規定投球回数に到達し最優秀防御率のタイトルが確定するという状況で,本人のこのシーズン最後の登板で5回8失点、タイトルを逃した。 2002年にも9勝。2003年はアテネオリンピック進出を懸けた台湾代表として出場し、アジア野球選手権で日本代表戦で先発する。 2006年はサイドスローへ挑戦するが、上体が高く、思うように球がコントロールできなかったため、終盤に再び元に戻した。先発ローテーションの谷間に数試合先発したが結果を残せず、その後はロングリリーフ要員となった。 2007年は許に加えジェイソン・ジョンソン、アレックス・グラマン、クリストファー・ギッセルと4人の先発投手タイプの外国人が所属した。その中で許は主に先発投手が早い回で降板した際のロングリリーフを任され、15試合に登板した。一時は防御率2点台となるが...

    オリックス時代

    2011年シーズンオフの12月12日、FA権を行使してオリックス・バファローズへ移籍。日本プロ野球では初のFA権を行使して移籍した外国人選手となった。また、オリックスにとって球団合併後に獲得した初めてのFA獲得の選手となった。2012年より、前年に国内FA権を取得したことにより外国人枠が適用されず日本人選手と同じ扱いとなる。 2012年は新天地でもリリーフの一角として開幕一軍入りを果たす。しかし、ソフトバンクとの開幕第2戦で1点リードの7回裏に登板するも、本多雄一に満塁走者一掃の適時打を浴びて逆転負けを喫した。その後も開幕から8試合で防御率11.12と精彩を欠いた投球が続き、4月22日に登録抹消。交流戦から一軍に合流し、5月19日の対ヤクルト戦で3点をリードした直後の延長11回裏に登板し、無失点に抑えて移籍後初のセーブを挙げ、チームの連敗を6で阻止した。しかし、5月23日の対阪神戦では押し出し四球などで3失点し降板、監督の岡田彰布に「逃げる投手はいらん」と激怒され、翌日再度登録抹消となった。7月16日に再昇格となり、その後はまずまずの投球を見せたが、接戦の場面で打たれることも多く...

    スリークォーターから平均球速約140km/h、最速148km/hのストレートとスライダー、シュートによる横の揺さぶりを使った、打たせて取るピッチングスタイルである。他にもカットボール、カーブ、フォーク、チェンジアップなど豊富な球種を持っている。

    記録

    NPB投手記録 1. 初登板:2000年4月2日、対日本ハムファイターズ2回戦(西武ドーム)、4回表1死に2番手で救援登板、1/3回1失点 2. 初先発:2000年4月26日、対大阪近鉄バファローズ4回戦(西武ドーム)、3回1/3を4失点で敗戦投手 3. 初奪三振:同上、1回表に中村紀洋から見逃し三振 4. 初勝利・初先発勝利:2000年5月7日、対日本ハムファイターズ8回戦(西武ドーム)、8回1/3を1失点 5. 初完投勝利・初完封勝利:2000年8月11日、対千葉ロッテマリーンズ20回戦(西武ドーム) 6. 初ホールド:2005年5月20日、対横浜ベイスターズ1回戦(横浜スタジアム)、7回裏に2番手で救援登板、1回無失点 7. 初セーブ:2011年6月12日、対阪神タイガース4回戦(西武ドーム)、7回表2死に4番手で救援登板・完了、2回1/3を無失点 NPB打撃記録 1. 初安打:2010年5月25日、対広島東洋カープ2回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、3回表に岸本秀樹から二塁内野安打 2. 初打点:同上、4回表に梅津智弘から一塁適時内野安打 その他の記...

    背番号

    1. 18(1998年 - 1999年) 2. 17(2000年 - 2003年) 3. 23(2004年 - 2011年) 4. 00(2012年 - 2013年) 5. 16(2014年 - 2015年) 6. 21(2016年 - 2017年) 7. 91(2018年 - )

    登録名

    1. 許 銘傑(シュウ・ミンチェ)(2000年 - 2010年、2018年 - ) 2. ミンチェ(2011年 - 2013年)

    選手の各国通算成績 Baseball-Reference (Japan)、 The Baseball Cube、 CPBL
    許銘傑 - Facebook
  9. 金荘線 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/金荘線

    金荘線(きんしょうせん)は中国 遼寧省 大連市 金州区の金州駅より荘河市の荘河駅に至る中国国鉄が運営する鉄道路線。非電化路線。沿線は海塩、搾油用の作物、材木および果物を豊富に産出する。正式には、金州より城子坦を金城線、城子坦より荘河は城荘線と区別さ ...

  10. 人名用漢字一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/人名用漢字一覧?s=1

    この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。 人名用漢字一覧(じんめいようかんじいちらん) 本項では子の名に使える漢字(常用漢字 [1] および人名用漢字 [2] )について扱う。 子の名に使える漢字は2999字 [3]。

  11. 其他人也搜尋了
  1. 柏傲莊 相關
    廣告