雅虎香港 搜尋

  1. MIRROR (香港の音楽グループ) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › MIRROR_(香港の音楽グループ)

    MIRRORは、2018年11月3日にデビューした香港初の大規模な男性アイドルグループである。 ViuTVのサバイバル番組「 Good Night Show 全民造星 (中国語版) 」の12人の出場者で構成されている [1]。マネージャーは、「Good Night Show 全民造星」のプロデューサーで ...

    • MIRROR
    • 香港
  2. 李最応 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 李最応

    李 最応(イ・チェウン、朝鮮語:이최응、1815年 3月27日 - 1882年 7月24日)は、李氏朝鮮の王族で興宣大院君の兄。 称号は興寅君。字は良伯、号は山響。諡号は文忠。 大院君政権では要職に就くことはなかったが、1873年大院君の失脚で閔氏政権に登用され、1874年 ...

    • 良伯, 山響
    • 最応
  3. 権擥 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 権ラン

    権擥 各種表記 ハングル: 권람 漢字: 權擥 発音: クォン・ラム 日本語読み: けん らん ローマ字: Kwon Ram テンプレートを表示 権 擥(けん らん、クォン・ラム、1416年(太宗16年) - 1465年(世祖11年))2月6日は、李氏朝鮮前期の権臣。 勲旧派として王朝 ...

  4. 徐在応 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ソ・ジェウン
    • 略歴
    • 関連項目
    • 外部リンク

    メジャー時代

    仁荷大学在学中の1998年1月6日にニューヨーク・メッツにスカウトされ入団。本来速球派ピッチャーとして期待を集めたが、マイナー在籍中に肘を故障。トミー・ジョン手術を受けるなど、苦労が続いた。術後は、球速が回復できず、技巧派への転身を余儀なくされる。以後、制球に磨きをかけて、2002年にメジャーデビューを果たす。 2003年、メッツ先発陣の崩壊で先発5番手としてローテーションに定着。9勝止まりだったが、防御率は3点台と悪くなく、当時のメッツのチーム事情から見ると健闘したと言える成績だった。 2006年1月4日にデュアネル・サンチェス、スティーブ・シュモルとのトレードでティム・ハムラックと共にロサンゼルス・ドジャースへ移籍。また第1回韓国代表に選出された。2次リーグの日本戦の試合終了後、エンゼルスタジアムのマウンドに太極旗を立てた選手である。この行為に日本が気分を害していると伝えられると、「日本の選手のことまで考えられない。あれは勝利のお祝いであり、自然な行為だった。」と反論した。レギュラーシーズンでは6月まで2勝止まりで不安定なピッチングが続き、ブルペンに回された末、同年6月26日...

    起亜時代

    2007年12月に起亜タイガースと契約し、2008年からは韓国プロ野球でプレーすることになった。韓国プロ野球での1年目は故障に悩まされ戦線を離脱した時期が長く、5勝どまりだった。 2009年こそ本領発揮が期待されたが、調子が上がらずシーズン後半は中継ぎで起用されることも多く、チームは12年ぶりの韓国シリーズ優勝を飾ったが、あまり貢献できなかった。 2010年は先発ローテーションを守って安定した投球を続け、韓国3年目にして初めて規定投球回数に達したが、チームは前年の優勝から5位に転落してしまった。 2011年はチーム事情で4月はリリーフに回り、韓国初セーブを記録したものの、5月以降は先発に復帰した。 2012年は9月から10月にかけ、先発として44イニング連続無失点の韓国プロ野球新記録を樹立するなど活躍した。 2013年よりプロ野球選手会会長に就任。第3回WBC韓国代表にも選ばれ、1次ラウンドのオランダ戦で1試合リリーフ登板したが、チームは同ラウンドで敗退となった。 2014年は韓国で初めて未勝利に終わり、2015年も1勝だけだった。 2016年1月28日、現役引退を表明した。

    現役引退後

    2016年より野球解説者として活動を始めた。2018年より起亜の投手コーチに就任。

    選手の通算成績と情報 MLB、ESPN、Baseball-Reference、Fangraphs、The Baseball Cube、Baseball-Reference (Register)
  5. ルール5ドラフト (KBO) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ルール5ドラフト_(KBO)
    • 概要
    • 選手選抜方法
    • 歴代移籍選手
    • 関連項目

    公式には2次ドラフトと呼ばれ、MLB(メジャーリーグベースボール)のルール5ドラフトを模したものである。 9球団目のNCダイノスの創設により、新たな選手需給の方法を模索した結果、ドラフト会議(1次ドラフト)とフリーエージェント(FA)以外の別の獲得方法として、この方法が採用され、2011年シーズン終了後の2011年11月に初めて実施された。 主に高校や大学を卒業予定の選手による新人ドラフト会議と違い、ルール5ドラフト(2次ドラフト)は既存のプロ野球チームに所属する選手たちだけが対象である。

    2年ごとに11月末に開催する。各球団は外国人選手と保留選手とFA申請選手を除いた40人の保護選手を2次ドラフト実施10日前までに確定し、KBOに通知する。リストは施行日に公開されて選手の譲渡金は1ラウンド目の選手が3億、2ラウンド目が2億、3ラウンド目から1億ウォン。1軍ロースターに必ず上げなければならないという規定がないというのがメジャーリーグベースボールのルール5ドラフトとは異なる点である。 1. 2011年11月:NCダイノスが創立され、最初に採用された。 2. 2013年11月:創設されたばかりのKTウィズを含む全10球団を対象に実施。 3. 2015年11月:3度目の実施。 4. 2017年11月:4度目の実施。 5. 2019年11月:5度目の実施。

    2012年

    また、以下の選手は新生チームの身分だったNCが3ラウンド後に追加指名した選手である。

    2014年

    また、以下の選手は新生チームの身分だったKTが3ラウンド後に追加指名した選手である。

  6. 洪允成 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 洪允成

    洪 允成(ホン・ユンソン、きょう いんせい、洪熙元年(1425年) - 成化11年9月8日(1475年 10月7日))は、李氏朝鮮前期の文臣、軍人、政治家。 世祖の最側近人士の1人である。初名は禹成、字は守翁、号は領海・傾海・鯨飮堂である。

  7. 劉氏 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 劉

    劉献 - 清の儒学者。 劉智 - 清のイスラム学者。 劉鶚 - 清末の小説家、考古学者。 劉錦藻 - 清末民初の政治家・実業家・歴史家。 現代の人物 劉少奇 - 政治家。 劉伯承 - 軍人。 劉瀬章 - 中華民国籍の日本の野球選手。 劉暁波 - 人権活動家。

  8. 権尚夏 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 權尚夏

    権 尚夏(けん しょうか、クォン・サンハ、朝鮮語:권상하、1641年 - 1721年 9月2日)は、李氏朝鮮後期の文臣、性理学者である。 宋時烈と宋浚吉の弟子として後継者になった。 老論の第2代領袖であり、老論学統の嫡統だった。字は致道、号は遂菴・寒水斎、諡号は文純。

  9. 金炳始 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 金炳始

    金炳始 各種表記 ハングル: 김병시 漢字: 金炳始 発音: キム ビョンシ 日本語読み: きんへいし ローマ字: Kim ByeongShi 金炳始(きんへいし、道光12年10月3日(1832年 11月24日) - 光武2年7月26日(1898年 9月16日))は李氏朝鮮末期の文臣。 本貫は安東金氏。

  10. 満州事変 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 東北最高行政委員会
    • 満州事変までの経緯
    • 事変の経過
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    条約無効問題と国権回復運動

    中国は清朝時代の1902年の英清通商航海条約改正交渉より、領事裁判権の撤廃や関税自主権の回復など国権の回復に着手しており、中華民国蔣介石派は1919年7月のカラハン宣言以降、急速に共産主義勢力に接近し、国家継承における条約継承否定説を採用し、日本との過去の条約(日清間の諸条約)の無効を主張しはじめた。特に、北伐に着手中の1928年7月19日には日清通商航海条約の破毀を一方的に宣言し、これに対して日本政府はその宣言の無効を主張した。 また1915年のいわゆる対華21カ条要求をめぐる外交交渉の際、対日制裁として発布された懲弁国賊条例はこの交渉で締約した2条約13公文に完全に違背する条例であったが、1929年に強化され「土地盗売厳禁条例」「商租禁止令」などおよそ59の追加法令となり、日本人に対する土地・家屋の商租禁止と従前に貸借している土地・家屋の回収が図られた。間島や満洲各地の朝鮮系を中心とした日本人居住者は立ち退きを強要されあるいは迫害された。このことは満洲事変の大きな要因となる。

    南満州鉄道と関東都督府

    1902年の日英同盟の締結を期に、ロシアは満州から撤兵を開始するが、日本を軽視し全兵力の撤兵は行わなかった。日本では対露強硬論が噴出し、また韓国、満洲の利益に関する日露外交交渉は決裂、1904年には日露戦争が勃発し。1905年、この戦争に勝利した日本はロシアとの間にポーツマス条約を締結した。これにより、日本は、東清鉄道の内、旅順-長春間の南満洲支線と、付属地の炭鉱の租借権、関東州の租借権などを獲得した。この規定に基づいて、12月、日清間でロシア権益の継承に加えて併行する鉄道新設の禁止などを定めた満洲善後条約が締結され、1906年6月7日の勅令第142号をもって1906年11月26日に南満洲鉄道が設立された。以降、南満洲鉄道を柱とする満洲経営権益は日本の重大な課題となった。鉄道守備隊はのちに関東軍となった。一方で、日本は、1905年10月、満洲軍総司令官下に関東総督府を設置し軍政を敷いた。これに清が抗議し、日本の門戸閉鎖に英米が反発し、1906年3月に満洲の門戸開放を迫ったため、日本は満洲開放の方針を確認し、同年7月31日の勅令196号をもって、関東総督府が関東都督府として改組され...

    奉天票問題及び現大洋票

    奉天票は1918年1月4日以降、不換紙幣であったため、度々暴落を起こしており、この問題が奉天票問題と呼ばれていた。1929年6月に現大洋票への幣制改革が行われた。

    柳条湖事件

    1931年(昭和6年)9月18日午後10時20分頃、奉天(現在の瀋陽)郊外の柳条湖付近の南満洲鉄道線路上で爆発が起きた。現場は、3年前の張作霖爆殺事件の現場から、わずか数キロの地点である。爆発自体は小規模で、爆破直後に現場を急行列車が何事もなく通過している[注釈 9]。関東軍はこれを張学良の東北軍による破壊工作と発表し、直ちに軍事行動に移った。これがいわゆる柳条湖(溝)事件[注釈 10]である。 戦後のGHQの調査などにより、本事件は河本大佐の後任の関東軍高級参謀板垣征四郎大佐と、関東軍作戦参謀石原莞爾中佐が首謀し、軍事行動の口火とするため自ら行った陰謀であったことが判明している[注釈 11]。奉天特務機関補佐官花谷正少佐、張学良軍事顧問補佐官今田新太郎大尉らが爆破工作を指揮し、関東軍の虎石台独立守備隊の河本末守中尉指揮の一小隊が爆破を実行した。

    関東軍の軍事行動

    事件現場の柳条湖近くには、国民革命軍(中国軍)の兵営である「北大営」がある。関東軍は、爆音に驚いて出てきた中国兵を射殺し、北大営を占拠した。関東軍は、翌日までに、奉天、長春、営口の各都市も占領した。奉天占領後すぐに、奉天特務機関長土肥原賢二大佐が臨時市長となった。土肥原の下で民間特務機関である甘粕機関を運営していた甘粕正彦元大尉は、ハルビン出兵の口実作りのため、奉天市内数箇所に爆弾を投げ込む工作を行った。9月22日関東軍は、居留民保護のためハルビン出兵の意向を示したが、陸軍中央は認めず、断念した。

    中華民国の対応と日中両国外交交渉

    事変翌日の9月19日、張学良は顧維鈞と今後の対応を協議し、顧維鈞は以下の2点を提言した。1.国民政府に連絡をとり、国際連盟に本件を提訴するよう依頼すること2.関東軍司令官 本庄繁と早急に会談すること。 また9月19日午前、中国(南京国民政府)(以下ここでは単に「中国」と表記する。)の行政院副院長 宋子文と日本の駐華公使 重光葵が会談し、日中直接交渉方針を確認する。重光は幣原喜重郎外務大臣に許可を仰ぐと幣原は同意し訓令を発した。だが後日、中国側は前言を撤回する。 9月21日、中国の国際連盟代表 施肇基は、国際連盟 事務総長 ドラモントに対して「国際連盟規約第11条により、事務総長は即時理事会を開いて速やかに明確且つ有効な方法を講ずる」よう要求した。一方日本は自衛のためと主張して国際連盟の介入を批判し、日中両国の直接交渉で解決すべきことと述べた。この時点で国際連盟理事会は日本に宥和的で中華民国に冷淡だったが、10月以降の事態拡大により態度は変化していった。連盟理事会は、最終的には制裁に至る可能性もある規約第15条の適用を避け、あくまで規約第11条に基づき、日中両国の和解を促すに留めた...

    小林龍夫、島田俊彦『現代史資料7 満州事変』みすず書房、1964年4月。ISBN 4622026074。
    山口重次『消えた帝国 満州』毎日新聞社、1967年。ASIN B000JA85DK。
    筒井清忠『昭和期日本の構造―二・二六事件とその時代』講談社〈講談社学術文庫〉、1996年6月。ISBN 4061592335。
    谷田勇『実録・日本陸軍の派閥抗争―復刻版「龍虎の争い」』川喜多コーポレーション、2002年8月。ISBN 4885460921。
  11. 其他人也搜尋了