雅虎香港 搜尋

  1. 大約 5 個搜尋結果
  1. ja.wikipedia.org › wiki › 選科選科 - Wikipedia

    当時の選科生というものは、誠にみじめなものであった。無論、学校の立場からして当然のことでもあったろうが、選科生というものは非常な差別待遇を受けていたものであった。今いった如く、二階が図書室になっていて、その中央の大きな室が閲覧室になっていた。

    • 生涯
    • 子女
    • 脚注
    • 参考文献

    フリードリヒ・ヴィルヘルムは1620年2月16日、ベルリン近郊のケルンでブランデンブルク選帝侯ゲオルク・ヴィルヘルムとその妃であるプファルツ選帝侯フリードリヒ4世の娘エリーザベト・シャルロッテの間に生まれた。1627年、三十年戦争から逃れてキュストリンに移り、1634年から1638年までオランダへ留学していた。 1640年、父の死去にともなってフリードリヒ・ヴィルヘルムは弱冠20歳でブランデンブルク選帝侯となるが、いまだブランデンブルクが不穏な状態にあるためプロイセンに留まった。1642年にグスタフ2世アドルフの娘で16歳の従妹、スウェーデン女王クリスティーナに求婚するが、この縁談は破談となった。彼女がカトリックに同情的であったためと思われる。1643年にブランデンブルクへ戻り、初めてベルリ...

    最初の結婚

    1646年12月7日、フリードリヒ・ヴィルヘルムはハーグでネーデルラント総督のオラニエ公フレデリック・ヘンドリックの娘ルイーゼ・ヘンリエッテと最初の結婚をし、間に5男1女をもうけた。ルイーゼとは1667年に死別した。 1. ヴィルヘルム・ハインリヒ(1648年 - 1649年) 2. カール・エミール(1655年 - 1674年) 3. フリードリヒ(1657年 - 1713年) - ブランデンブルク選帝侯、プロイセン王 4. アマーリア(1664年 - 1665年) 5. ハインリヒ(1664年) - アマリアの双子の弟 6. ルートヴィヒ(1666年 - 1687年) - ラジヴィル=ビルツェ侯女シャルロッテと結婚

    2度目の結婚

    1668年6月14日、フリードリヒ・ヴィルヘルムはハルバーシュタット近郊のグレーニンゲン城において、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公フィリップの娘ドロテア・ゾフィーと結婚式を挙げた。ドロテアはリューネブルク侯クリスティアン・ルートヴィヒの未亡人であり、再婚同士の夫婦であった。夫妻は4男3女に恵まれた。 ドロテアは選帝侯家を継げない自分の産んだ息子達の財産を確保するため、シュヴェートとヴィルデンブルフ(現在のポーランド領スフォブニツァ)の領地を購入した。1701年に継子の選帝侯フリードリヒ3世がプロイセンの王となった際、ドロテアの産んだ息子達もプロイセンの王子(Prinz in Preußen)及びブランデンブルク辺境伯(Markgraf zu Brandenburg)の称号を与えられた。彼らの家系はブランデンブルク=シュヴェート辺境伯家と呼ばれ、1788年までプロイセン王家の分家として存続した。また、ドロテアは夫の心を動かし、ブランデンブルク選帝侯領をフリードリヒ3世と自分の息子達の間で分割相続させる、という約束を一時的に取り付けることまでし...

    成瀬治・山田欣吾・木村靖二編『世界歴史大系 ドイツ史2』山川出版社、1997年。
    セバスチャン・ハフナー 『図説プロイセンの歴史 伝説からの解放』魚住昌良監訳、川口由紀子訳、東洋書林、2000年。
    友清理士『イギリス革命史(上)』研究社、2004年。
  2. ja.wikipedia.org › wiki › 選帝侯選帝侯 - Wikipedia

    • 名称について
    • 歴史
    • 選帝侯の一覧
    • 宮内官

    選「帝」侯とは言うが、法的には彼らが有するのは「ローマ王」の選挙権であって、皇帝の選挙権ではない。ローマ王は東フランク王から連続する君主号であり事実上神聖ローマ帝国の君主でもあるが、さらに神聖ローマ皇帝として即位し戴冠されなければ皇帝ではないからである。このため、「選挙侯」とも呼ばれるが、研究者によっては「選定侯」と呼ぶ者もいる。「選定」との語は、当時のローマ王の選挙手続において「選挙」(Wahl)と「選定」(Kur)が法的に区別されており、選帝侯が担ったのは後者であったことによる。なお、1508年にマクシミリアン1世が教皇に戴冠されることなく皇帝を称し、その後の皇帝もこの例にならうこととなったため、実質的には「選帝侯による選出」イコール「皇帝即位」となった。 選帝侯の「侯」は侯爵ではなく「...

    ローマ王(ドイツ王)の選挙は1198年から1792年まで行われた。1198年、ローマ教皇インノケンティウス3世はヴェルフ家及びホーエンシュタウフェン朝のローマ王位争いについて、ライン川流域の4人の選帝侯、すなわちマインツ大司教、ケルン大司教、トリーア大司教、ライン宮中伯の賛同が不可欠であると定めた。ライン宮中伯の選帝権はバイエルン公と交代で行使された。 1257年以来、選帝侯会議は上記の4人とザクセン公、ブランデンブルク辺境伯の合計6人によって占められ、これに1289年、ボヘミア王が加わって7選帝侯となった。1356年にカール4世が発した金印勅書によって、この顔ぶれと選挙の手続き、選帝侯の特権が法的に確定した。なお、カール4世の当選に貢献したマインツ・ケルン・トリーア大司教の功績を称えて、ラ...

    金印勅書以降に選帝権を与えられた諸侯

    ライン宮中伯(ライン・プファルツ伯) 1. 1623年、バイエルン公に領土と選帝権を奪われたが、1648年にヴェストファーレン条約でオーバープファルツを除く領土を回収した上で新たな選帝権と内帑長官の宮中職を獲得した。ただしこの選帝権はバイエルン公と同君連合した時点で失われると定められていた。1777年、ライン宮中伯カール4世フィリップ・テオドールがバイエルン選帝侯位を継承し、これによりライン宮中伯としての選帝侯位は消滅した。 ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公(ブラウンシュヴァイク=カレンベルク公) 1. 宮廷所在地からハノーファー選帝侯と呼ばれることもある。1692年に選帝権を獲得した(但し、帝国議会に承認されるのは1708年)。宮中職は初めは旗手長、ライン宮中伯の選帝権の消滅後は内帑長官。1714年以降グレートブリテン王国と同君連合(ハノーヴァー朝)。

    選帝侯はそれぞれ、席次に対応した名義上の上位帝国宮中官職を持っており、皇室の一員とされた。3人の聖界選帝侯は全員、神聖ローマ帝国を構成する3王国の大書記官長(ドイツ語: Erzkanzler, ラテン語: archicancellarius)の官職を持っており、マインツ大司教はドイツ大書記官長、トリーア大司教はガリア=ブルグント大書記官長、ケルン大司教はイタリア大書記官長の官位をそれぞれ持っていた。それ以外の世俗選帝侯については以下に保持した宮中職位とそれを示す個別の紋章(世俗選帝侯は皇帝の即位式のパレードの際にレガリアを掲げる役を与えられており、献酌侍従長(杯)を除いて担当する宝物を選帝侯としての紋章の意匠として組み込んでいた)の一覧を記す。

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 鄭文燦鄭文燦 - Wikipedia

    • 学歴
    • 参謀経歴
    • 公職・党職
    • 桃園市長
    • 日本との関係
    • 逸話
    • 2009年桃園県長選挙
    • 2014年桃園市市長選挙
    • 関連項目
    • 外部リンク
    桃園県立大安国民小学
    桃園市立八徳国民中学(中国語版)
    1991年 - 陳菊、林濁水(中国語版)、蘇煥智(中国語版)、楊秋興らが当選した国民大会代表でのスポークスマンに就任。
    1992年 - 新国民大会聯合研究室(後に「新国会政策研究中心」に改称)研究員として工会法、労工法改正法案を提出。同年邱垂貞(中国語版)立委弁公室主任に就任し桃園航空城構想を提出。
    1993年 - 高植澎澎湖県長選挙事務所広報就任。
    1994年 - 陳定南(中国語版)台湾省長(中国語版)選挙事務所広報就任

    主な施政実績

    姉妹都市・友好都市締結 1. 加賀市(石川県) 2. 香川県 3. 千葉県 4. 成田市(千葉県) 5. カリフォルニア州サンバーナーディーノ郡 6. ラマト・ガン 市関連施設・企業友好提携 1. 成田国際空港株式会社 - 桃園国際機場公司と。 2. 関西エアポート・南海電鉄 - 桃園国際機場公司・桃園捷運公司と。 その他 桃園捷運公司筆頭株主である市政府の首長として、安全基準を下げることなく桃園機場捷運を開業に漕ぎ着けた。高架化が決まっていた台鉄縦貫線立体化事業を地下化推進に切り替えた。また、市内鉄道網整備(桃園捷運)でも政府から多くの認可を勝ち取っている。 市議会は国民党が多数派で難しい舵取りを迫られることも多いが、2016年12月20日発表の満足度調査では6大直轄市でトップの施政満足度を、市長個人での満足度でも頼清徳、陳菊に次いで60%弱の評価を得ている。 ラバーダックが桃園市で展示されたときに美観を損ねるとの苦情が相次いだのを受けて、電線の地中化を推進することになった。 新型コロナウィルス 防疫対応では空の玄関口となる桃園国際空港を抱えながらも、2020年4月に行われた遠...

    争議

    1. 2015年1月20日 - 6名の消防士も殉職した桃園市新屋区ボーリング場火災事故で視察時にFacebookでの状況報告と追悼文をアップロードしたが一部市民から不謹慎と批判された。その後「当時はメディアも来ておらず第一報を発信する形となった。今後同様の事態になれば、市政府新聞処の専門スタッフによる速報体制に一任する。」と事実上の謝罪に追い込まれた。

    施政評価

    市長に対する市政満足度と施政評価調査の結果、評価は以下のようになっている。1期目初期はさほど高くなかったが、高雄・台南市長として高評価だった頼清徳や陳菊が中央政界に去って以降は評価ポイントも順位も上がりつつある。 遠見雑誌(中国語版)(毎年5月末に発表) 1. 2015年が満足度56.1、施政68.0、星は4 2. 2016年が満足度68.8、施政70.9、星は4.5 3. 2017年が満足度70.5、施政72.6、星は5 4. 2018年が満足度77.9、施政74.5、星は5 5. 2019年が満足度77.7、施政77.1、星は5 6. 2020年が満足度84.8、施政79.0、星は5[注 1] 天下雑誌(中国語版)(毎年9月発表) 1. 2015年が施政満足度60.11 2. 2016年が施政満足度61.10(六都3位、全22県市中13位) 3. 2017年が施政満足度69.45(六都1位、全22県市中4位) 4. 2018年が施政満足度68.74(六都1位、全22県市中4位) 5. 2019年が施政満足度74.47(六都1位、全22県市中4位)

    上述の通り日本との友好関係構築に積極的なほか、2016年熊本地震では他の民進党系首長と同じく報酬の1ヶ月分を被災地に寄贈。また、桃園市政府消防局(中国語版)特捜大隊(レスキュー隊)及び災害救助犬をいつでも派遣可能な態勢を整えた。 設立50周年を迎えたYKK台湾法人の記念式典で来賓として登壇、祝辞を送ったほか、董事長に名誉市民証を授与した。日本統治時代に建立、近年修復された桃園神社については今後の歴史的遺産として活用する考えを示している。

    台大には電気工学部に入学するも、社会学部に鞍替えしたことについて、同党立法委員で大学の先輩でもある邱太三(中国語版)に「クラスメートの女子の後を追いかけて社会学部に転入した」と暴露されている。ただし対外的には「台湾では1人の技術者であるよりも1人の社会の変革者を必要としていると感じた」ことをその理由としている。 妻は環保署の技術者。結婚は文燦が政治活動に専念する契機となった。 2009年の桃園県長選挙時、公認過程で紆余曲折があり公示日が迫っていた中で総統の蔡英文が鄭に白羽の矢を立てることとなった。鄭の参選声明は「庶民台湾、勇敢承擔」と赤壁の戦いを捩ったものだった。また、映画《レッドクリフ》の台詞「困難に立ち向かうために勇気を振り絞る(要用無比的勇氣來對抗困難)」などを引用している蔡は鄭を武双...

    党幹部の要請により、急遽2009年の統一地方選挙に出馬することになった。選挙活動は58日間しかなく4万9,000票あまりの僅差で国民党名誉主席で呉伯雄を父にもつ呉志揚に惜敗するも、得票率では46%に迫る善戦ぶりだった。これは特に伝統的に国民党が強い桃園県においては党の過去最高の得票率であり、新世代の中心人物へと上り詰めることになる。その後新総統となる蔡英文はこの件を「鄭文燦58日間の奇跡(鄭文燦的五十八天奇蹟)」と評した。

    下馬評では圧倒的に有利だった現職の呉が3万票差の僅差で敗れ、メディアは「十大不可思議」と評した。直轄市長選挙において47歳での当選は、陳水扁が台北市長に当選を果たした44歳時に次いで史上2番目に若かった。

    頼清徳 - 民進党系の元台南市長、行政院長、中華民国副総統
    鄭文燦 (@chengwentsan) - Facebook (繁体字中国語)
    鄭文燦 Cheng Wen-Tsan (@chengwentsan) - Twitter (繁体字中国語)(英語)(日本語)
    鄭文燦 (@wentsancheng) - Instagram
    鄭文燦 - YouTubeチャンネル
    • 概要
    • 選挙制度
    • 候補者
    • 関連項目

    一国二制度による統一を拒否する立場を打ち出している現職で民主進歩党の蔡英文が再選を果たした。対する中国国民党の韓国瑜は香港で起きた民主化デモの影響で蔡英文に逆転されてから支持が低迷し、親中派のイメージが裏目となった。親民党の宋楚瑜は二大政党の争いに埋没し支持を伸ばすことができなかった。 蔡英文の得票数は、2008年の総統選挙で馬英九が集めた766万票を超え1996年の直接選挙開始以来過去最多となった。

    総統候補は副総統候補とペアで出馬し、比較多数の候補ペアを当選者とする。総統任期は4年、連続再選は2回まで。 選挙権は20歳以上の自由地区(台湾地区)に6ヶ月以上在住する中華民国国民。在外住民にも選挙権が有する。被選挙権は自由地区に6か月以上在住し、中華民国国民として15年以上経過した者で40歳を超えた時に被選挙人として登録される。 ただし中華民国国籍を回復または帰化した者、大陸地区(中華人民共和国)あるいは香港、マカオから台湾に移住した国民は被選挙人として登録できない。 立候補にあたって政党(直近の国政選挙で5%以上の得票)からの推薦を得るか、複数の政党による推薦(推薦政党の直近国政選挙の得票数合計が5%以上)が必要である。無所属で立候補する場合は、直近の立法院選挙有権者1.5%の署名が必要...

    民主進歩党

    2019年3月14日告示、6月13日に開票された民進党総統選予備選挙に現職の蔡英文と前行政院長(元台南市長)の頼清徳が立候補し、蔡が頼を約8.6%差の得票で下し、蔡が正式に民進党総統候補に立候補した。

    中国国民党

    2019年3月22日告示、7月15日に国民党総統選予備選挙の結果、韓国瑜が44.805%得票し、郭台銘(22.73%)、朱立倫(17.90%)、周錫瑋(6.02%)、張亜中(中国語版)(3.54%)を下し、総統選候補に選出された。

    親民党

    2019年11月13日、親民党主席の宋楚瑜は、無所属で連広グループ社長の余湘を副総統候補として、自身4度目となる総統選への立候補を表明した。

  1. 其他人也搜尋了