雅虎香港 搜尋

  1. 大約 44 個搜尋結果
  1. 『二月の勝者-絶対合格の教室-』(にがつのしょうしゃ ぜったいごうかくのきょうしつ)は、高瀬志帆による日本の漫画作品。『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2018年1号から連載されている [1]。2022年6月時点で累計部数は280万部を突破している [2]。

  2. SASUKE1999秋 合計18エリア(1st-7 2nd-5 3rd-5 FINAL-1). 1stクリア者は37人と史上最多となった一方、山本進悟と大森晃は自身初の1stリタイア。. 2ndではスパイダーウォークで脱落者が相次ぎ、2ndで最多記録となる26人がリタイア。. クリア者は11人で同じく最多となっ ...

  3. 民主党 維新の党 日本共産党 次世代の党. 社会民主党 生活の党 無所属. < 2012年 2017年 >. 衆議院議員総選挙. 第47回衆議院議員総選挙 (だい47かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、 2014年 ( 平成 26年) 12月14日 に 日本 で行われた 国会 ( 衆議院 ) 議員 ...

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 科挙科挙 - Wikipedia

    • 概説
    • 歴史
    • 試験区分
    • その他中国の科挙
    • 外国への影響
    • 科挙と近代化
    • 題材とした作品
    • 参考文献
    • 関連項目

    科挙という語は「(試験)科目による選挙」を意味する。選挙とは郷挙里選や九品官人法などもそう呼ばれたように、伝統的に官僚へ登用するための手続きをそう呼んでいる。「科目」とは現代の国語や数学などといった教科ではなく、後述する「進士科」や「明経科」などと呼ばれる受験に必要とされる学識の課程である。北宋朝からはこれらの科目は進士科一本に絞られたが、試験自体はその後も“科挙”と呼ばれ続けた。 古くは貴族として生まれた者たちが政府の役職を独占する時代が続いたが、隋朝に至り、賢帝として知られる楊堅(文帝)が初めて導入した。家柄や身分に関係なく誰でも受験できる公平な試験で、才能ある個人を官吏に登用する制度は、当時としては世界的にも非常な革新であった。しかし隋から唐までの時代には、その効力は発揮できていなかっ...

    科挙は隋の文帝によって始まる。隋より前の六朝時代には、世襲の貴族が家柄によって官僚になるという、貴族政治が行われていた。それまで採用されていた九品官人法は貴族勢力の子弟を再び官僚として登用するための制度と化しており、有能な人材を登用するものとは到底言いがたい存在であった。文帝は優秀な人材を集め、自らの権力を確立するため、実力によって官僚を登用するために科挙が始められた。九品官人法は廃止され、地方長官に人材を推薦させた上で、科挙による試験が行われた。推薦よりも試験の結果に重きを置かれ、官僚の採用が決定されることとなった。 隋代の科挙は、秀才・明経・明法・明算・明書・進士の六科からなり、郷試・省試の二段階であった。隋は二代で滅びるが、科挙はその後、唐に受け継がれた。

    唐では、秀才、進士、明法、明書、明算などの科目が設けられた。はじめは秀才科が最も重んじられていたものの、受験者が不合格になるとそれを推薦した地方長官まで処罰されたため、受験者が減少、やがて廃止。その後、明経と進士の両方が主な科目となる。しかし、経書の単純な暗記能力を試すのが中心であった明経科は軽んじられ、「詩」と「賦」を主な試験内容としていた進士科が最も尊重されるようになった。中唐では、進士科は受験者千人に対し、合格者が1%から2%、その次に重んじられた明経科では、受験者二千人に対し、合格率10%から20%であった。進士科は、当時、士大夫に重んじられた教養である経書、詩賦、策(時事の作文問題)が試験に行われ、合格者は格別に尊重された。進士科合格者は唐代では毎年、30名ほどであった。 最終試験である省試への受験資格を得るために、国子監の管理下にあった六学(国子学、太学、四門学、律学、書学、算学)を卒業するか、地方で行われる郷試に合格する必要があった。省試は吏部の管理下にあったが、開元24年(736年)に礼部に移された。原則として毎年行われており、合格者の再試験である覆試もたびたび実...

    唐が滅んだ後の五代十国時代の戦乱の中で、旧来の貴族層は没落し権力を握ることはなくなった。北宋を建てた趙匡胤は文治を旨としたことで、科挙に合格しなければ権力の有る地位に就くことは不可能になった。これ以降、官僚はほぼ全て科挙合格者で占められるようになった。更に趙匡胤は皇帝自らが臨席の上で審査にあたる殿試を、最終試験として課した。殿試の魁選に一甲及第した進士は「状元」「榜眼」「探花」を総称して三魁と呼ばれた。殿試の実施によって、科挙に合格した官僚は皇帝自らが登用したものという感覚が強まり皇帝の独裁体制を強めるものとなった。 宋代当初は受験科目が進士科と諸科に大きく分けられていたが、王安石の行った科挙制度の改革によって諸科がほぼ廃止されて科目が進士一科に絞られた。本来、進士科は詩文などの才能を問う要素が強かったが、この時より経書・歴史・政治などに関する論述が中心となった。また、初めて『孟子』が受験必修の書として定められた。王安石の後に司馬光率いる旧法党が政権を執るが科挙に関しては旧に復することもなく更に変更が加えられ、進士科の中に経義を選択するもの(経義進士)とその代わりに詩賦を選択する...

    武科挙

    中国においては、政治と軍事は車の両輪に例えられ、この2つがうまくかみ合って国家は安定すると考えられていた。このため軍人を採用する科挙も存在し、この試験を武官を採用する試験として武科挙(武挙、清代には武経と呼ばれた。)と呼ばれていた。対し、一般的に言われている文官登用試験は対比して文科挙といわれる。 文科挙と同様に武県試・武府試・武院試・武郷試・武殿試(皇帝の前でおこなわれ学科のみ)の順番で行われ、最終的に合格した者を武進士と呼んだ。試験の内容は馬騎、歩射、地球(武郷試から)と筆記試験(学科試験)が課された。 1. 馬騎 - 乗馬した状態から3本の矢を射る。いわゆる騎射。 2. 歩射 - 50歩離れた所から円形の的に向かって5本の矢を射る。 3. 地球 - 高所にある的を騎射によって打ち落とす。 4. 技勇 - 青龍偃月刀の演武、弓を引く強さや持ち上げる石の重さを計る。 矢の的に当たる本数、引ける弓の強さ、持ち上げる石の重さが採点基準となる。学科試験には、『孫子』などの『武経七書』の兵法書に関する問題が出題された。しかし、総外れもしくは落馬しない限りは合格だったり、カンニングもかな...

    制科

    制科とは、普通の科挙では見つけられない大物を官僚に採用するため、天子の詔で不定期に実施された試験である。隋代から始められ、唐・宋時代にも行われた。清朝の1678年にも行われた記録がある。しかし、乾隆期以後は制科は著しく廃れることとなった。科挙出身の官僚は制科出身の官僚と派閥争いを行ったが、人数が圧倒的に多い科挙出身の官僚が優位に立った。

    博学鴻詞科

    康煕帝の勅令により、優れた学者や文人など在野の才人を推挙するために臨時で設けられた制度。合格すると翰林院に登用された。 洪邁、全祖望、王応麟などの儒学者、王昌齢などの詩人が登用されている。呂祖謙のように進士と博学鴻詞科に同時合格した者もいる。 推薦制であるため断ることも可能であり、文選に最も詳しいとされた呉敬梓は安徽の巡撫に推挙されたが断っている。

    ベトナム

    ベトナムにおいては李朝の仁宗治世の太寧元年(1075年)に科挙が導入され、中国が廃止した後の1919年まで存続した。ベトナムは世界で最後に科挙制度を廃止した国である。 李朝期に有能な人材を登用するために科挙制度が導入されたが、李朝期を通じて実施された科挙の回数は4回のみで、採用人数も少なかったことから、李朝期の段階ではいまだ科挙が大きな影響を与えるには至っていなかったといえる。その後、陳朝の太宋治世の建中8年(1232年)に科挙が再開された。その際、国子監が新たに設置され、太学の学生の中から試験に参加し、進士の資格を得るようになった。更に1314年、科挙出身の官僚の登用を拡大するために正式に進士科が設けられ、より多くの人が科挙に参加できるようになった。李朝期に始まったベトナムにおける科挙制度は、陳朝期に至って広まることとなった。 陳朝滅亡後、1406年(永楽4年)から1532年まで、ベトナムは明朝によって支配された。このことで、中国の科挙制度が後黎朝期以後のベトナムにおける科挙制度に大きな影響を与えた。すなわち、郷試→会試→殿試といった三段階の試験、武科挙の実施といった制度が、い...

    朝鮮

    朝鮮半島の高麗や李氏朝鮮でも、中国式の科挙が導入されていた。李氏朝鮮の科挙は、法的には特別な場合ではなければ全ての良民が受験可能だったが、実際では経済的理由で貴族層である両班ではなければ受験が難しかった。朝鮮後期には三代の間に科挙の及第者を出せなければ、両班と認められなかった。科挙の実施は礼曹が行い、及第者からの官僚への人選は文官は吏曹が、武官は兵曹が担当する。これは、唐以来の中国の制度を準用したものである。 韓国では現在でも、科挙の名残として「高等考試(ko:고등고시)」(日本の国家公務員一種試験に相当)がある。また、全国から受験者が集まるソウル特別市の公務員試験の様子を、かつて科挙受験のために漢陽(現在のソウル)に集まった状況に例えて、ニュース等で「現代版科挙」と言われる場合もある。民間でも、サムスングループの入社試験を、その難関さから科挙に例えられる場合がある。

    日本

    日本でも、平安時代に科挙の考え方が導入され、課試と呼ばれる試験が行われるようになった。庶民から進士に合格し下級官人となり、最終的に貴族にまでなった人物として勇山文継が知られているが、日本独自の「蔭位の制」と呼ばれる例外規定が設けられ、高位の貴族の子弟には自動的に官位が与えられたため(世襲)、受験者の大半は下級貴族で、合格者が中級貴族に進める程度であった。このため、大貴族と呼ばれる上級貴族層には浸透せず、当時の貴族政治を突き崩すまでには至らなかった。その後、律令制の崩壊とともに廃れ、院政期から官職の世襲制化が進み、基本的に江戸時代まで続く。科挙が日本の歴史に及ぼした影響は少なかった。しかし、明治時代に入ると、科挙を原型とした高等文官試験が実施された。高等文官試験においては、道徳(儒学)よりも一層強力で安定した統治を可能にする法律(法学)が中心に据えられた。そして、高等文官試験司法科を引き継いだ司法試験は、合格率が著しく低く、また合格する場合にも長期間を要したことから、「現代の科挙」と評されていた。

    『日中比較教育史』は、日本との比較において、中国の近代化が遅れた理由のひとつとして科挙制度の影響を挙げている。なぜ中国は西欧の学問思想の導入に遅れたのか、同書はその理由に、科挙による中国の学問・教育の硬直化と、江戸期の日本の学問の柔軟性との差を指摘している。 科挙制度の確立により、中国は世界に類をみない教育国家であり続けた。科挙に合格しさえすれば、だれでも政権の中枢に到達できるため、当時の中国教育の中心は科挙のためのものとなり、儒学以外の学問への興味は失われがちだった。また、科挙に合格するための教育が主流であった中国では、学習者はある程度の地位や財力を持つ者に限られた。さらに、科挙の本質は文化的支配体制の確立であったため、権威は権力と密接し、論争的・創造的学問は排除された。 それに比して、江...

    科挙は人生をかけた挑戦であるため様々なエピソードがあり、当時の中国ではそれを題材とした作品が多く発表されている。 1. 『儒林外史』- 科挙に翻弄される人々を描いた白話小説。作者の呉敬梓は博学鴻詞科に推挙されたが断っている。 2. 『孔乙巳』 - 科挙廃止により零落した元受験生の顛末を描いた短編小説。作者の魯迅が科挙廃止の15年後に発表したもので、当時の状況を描写している。

    宮崎市定『九品官人法の研究 科挙前史』
    宮崎市定『科挙史』(平凡社東洋文庫、1987年) ISBN 4-582-80470-5
    宮崎市定『科挙 中国の試験地獄』。※ この2冊は『全集15 科挙』(岩波書店)に収録。
  5. 行為無価値(こういむかち、独:Handlungsunwert)とは、刑法学上の用語で、違法性の実質に於いて狭義の行為に着目して否定的な価値判断が下されたことである。 行為反価値と訳す者もいる [1]。これに対し、結果無価値又は結果反価値とは、行為が法益の侵害もしくはその危険という結果を惹起 ...

  6. 新自由クラブ 社会民主連合. 無所属. 保守系無所属 革新系無所属. 無所属. < 1976年 1980年 >. 衆議院議員総選挙. 第35回衆議院議員総選挙 (だい35かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、 1979年 ( 昭和 54年) 10月7日 に 日本 で行われた 国会 ( 衆議院 ...

  7. 民主党 自由党 日本共産党 社会民主党. 無所属の会 自由連合 無所属. < 1996年 2003年 >. 衆議院議員総選挙. 表. 話. 編. 歴. 第42回衆議院議員総選挙 (だい42かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、 2000年 6月25日 に 日本 で行われた 国会 ( 衆議院 ) 議員 の ...