雅虎香港 搜尋

  1. 大約 11 個搜尋結果
  1. 自衛隊大規模接種センター(じえいたいだいきぼせっしゅセンター)、自衛隊大規模接種会場(じえいたいだいきぼせっしゅかいじょう)とは、日本国内での新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に際し、2021年(令和3年)4月から同年11月30日までと2022年(令和4年)1月31日(大阪会場は同年2月 ...

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 予防接種予防接種 - Wikipedia

    • 歴史
    • 副作用
    • 使用される物質
    • ヒトに対する予防接種
    • 日本の予防接種
    • イタリアの予防接種
    • 動物に対する予防接種
    • 関連項目
    • 外部リンク

    人間が、故意に別種の感染を受けることで病気を軽減しようとした最初の例は、天然痘である。紀元前1000年頃には、インドで人痘接種法(人痘法)が実践され、天然痘患者の膿を健康人に接種し、軽度の発症を起こさせて免疫を得る方法が行なわれていた。この人痘法は18世紀前半にイギリス、次いでアメリカにももたらされた。 1718年、メアリー・ワートリー・モンターギュは、症状の軽い天然痘から採取した液体を接種させるトルコ人の習慣について書き、また自らの子供に同様の接種を施している。イギリスの医師エドワード・ジェンナーは、牛痘ワクチンを人間の天然痘に対する免疫生成に利用できるかに関して、1796年までの数年間に少なくとも6人に試験を行っている。この6人は、身元不明のイングランド人(1771年ごろ)、ミセス・ゼベ...

    日本では1948年の「予防接種法」以降、強制接種や集団接種が拡大していったが、安全な方法で行われていなかった。一例を挙げれば、1964年に茨城県で行われた集団接種では、不十分な問診、複数の人に対して注射針を変えずに接種、マスクをせずに接種、不正確な量の注入、などのやり方が行われていた。複数の人に対して針を替えずに接種をする行為が蔓延していたことが、日本でB型、C型肝炎が多発した原因である、と考えられている( 医原病も参照)。

    不活性化ワクチン

    毒性を十分に弱めた、生きたウイルスを接種する。ウイルスは繁殖するが、その速度は遅い。接種後も繁殖し、抗原として存在し続けるため、追加免疫はあまり必要ない。このワクチンは、組織培養によって毒性の少ない種類のウイルスを残したり、遺伝子の突然変異を誘発したり、毒性を発揮する特定遺伝子を除去することで作られる。この主のワクチンには毒性が再発するリスクがあるが、特定遺伝子の除去は比較的このリスクが少ない。

    サブユニットワクチン

    免疫系に示す抗原としてウイルス性物質を接種しない。ウイルス中の特定のタンパク質を分離して接種する、などの方法がある。この方式の弱点は、分離したタンパク質が変質する可能性があり、その場合ウイルスに対応するものとは別の抗体が作られてしまうと言うことである。 他のサブユニットワクチンには、組み替え型ワクチンがある。これは対象となるウイルスのタンパク質遺伝子を別のウイルスに注入する方法である。この第二のウイルスはタンパク質情報を発現するが、病気のリスクはない。この種のワクチンは現在ウイルス性肝炎に用いられており、エボラウイルスやHIVなど、予防接種が難しいウイルスに対するワクチンを作るため、さかんに研究されている。

    世界における接種状況は以下の通り。 1. ジフテリア、破傷風、百日咳の三種混合 - 全世界で86% 2. 麻疹- 全世界で85% 3. ポリオ- 全世界で86% 4. ロタウイルス- 全世界で23% 5. 風疹- 全世界で46%

    定期接種

    予防接種法に基づいて接種される。対象年齢の接種費用には、自治体による公費助成が行われ、A類疾病については地方公共団体の多くで無償とされる(行政措置予防接種, 有償とする地方公共団体も存在)。日本で認可された予防接種により健康被害が発生した場合は、予防接種法第11条による救済制度がある。

    臨時接種

    予防接種法に基づいて接種される。まん延予防上緊急の必要があると認めるとき、都道府県知事は市町村長に行うよう指示することができる。 対象年齢の接種費用には自治体による公費助成が行われ、A類疾病については原則無償とされる。予防接種により健康被害が発生した場合は、予防接種法第11条による救済制度がある。

    任意接種

    予防接種法に定めがなく、被接種者(又はその親権者等)の自由意思による接種。 接種費用は、全額自己負担となる。予防接種により健康被害が発生した場合は、医薬品副作用被害救済制度が適用される。 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、A型肝炎、成人用肺炎球菌、狂犬病、ワイル病秋やみ等の他、定期接種の対象年齢層以外に対するA類疾病/B類疾病も任意接種となる。

    イタリアでは2017年より、義務教育を受ける前(6歳まで)にポリオ、ジフテリア、破傷風、B型肝炎、インフルエンザ、B型髄膜炎、C型髄膜炎、麻疹、風疹、流行性耳下腺炎、百日ぜき、水疱瘡の予防接種が義務付けられることとなった。

    動物から人に伝染する動物由来感染症(ズーノーシス:人獣共通感染症にも含まれる)や人から動物に伝染する人獣共通感染症を予防する目的で行う予防接種がある。野生動物の保護や産業に有用な家畜、ペットの伝染病の蔓延を予防するための予防接種もある。 農林水産省動物医薬品検査所・動物用医薬品データベースで「ワクチン」を検索すると、2014年12月時点で201件登録されている。しかし、家畜伝染病予防法は「家畜の伝染性疾病(伝染病)の発生の予防、及びまん延の防止について定めた法律」であり、伝染病が発生した場合患畜などのと殺処分や消毒についての規定はあるが、予防接種に関する規定は無い。「都道府県知事は、家畜伝染病のまん延を防止するため必要があるときは、家畜防疫員に、農林水産省令で定める方法により家畜の検査、注射...

    予防接種とは? - 東京都医師会
    『予防接種』 - コトバンク
    • 構成
    • 予防接種の対象
    • 歴史
    • 国際比較
    • 脚注
    • 関連項目
    • 外部リンク

    2020年1月時点での予防接種法は、以下の構成をとっている。 1. 第一章 総則(第1条・第2条) 1.1. 第2条(定義) - 予防接種の対象となるA類疾病およびB類疾病の感染症名を列記のほか、定期予防接種と臨時予防接種の用語を定義。 2. 第二章 予防接種基本計画等(第3条・第4条) 2.1. 第3条(計画内容) - 厚生労働大臣指示のもと、ワクチンの研究開発・供給確保、予防接種の安全性向上などの施策を計画・実行。 3. 第三章 定期の予防接種等の実施(第5条―第11条) 3.1. 第6条(臨時の予防接種) - A類あるいはB類疾病に指定された感染症の蔓延予防が必要であると都道府県知事が判断した場合、対象者と期間を指定した上で、臨時の予防接種を行う。 3.2. 第7条(予防接種を行っては...

    予防接種の対象となる疾病は、主に予防接種法の第2条で定めるほか、内閣が制定する政令である「予防接種法施行令」(昭和23年政令第197号)の第1条にて別途定めることができる。対象者および対象年齢は本法に記載が無く、施行令によって規定されている。対象疾病は以下の通り、A類とB類に分類されている。 1. A類疾病 - 集団予防、および重篤な疾患の予防を目的としていることから、本人および保護者などに努力義務が発生する。 2. B類疾病 - 個人予防を主な目的としていることから、本人および保護者などに努力義務が発生しない。 法定接種の記載対象外となっている任意接種のワクチンには、ロタウイルスワクチンや、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)を対象としたMMRワクチン(流行性耳下腺炎ワクチンを含む新三種混合ワク...

    同法が制定された1948年(昭和23年)以前から、日本でも予防接種制度は運用されていた。1849年には既に種痘接種を開始しており、1909年(明治42年)には予防接種法の前身に該当する種痘法が制定されている。また、予防接種とは別に伝染病予防法が1897年(明治30年)に制定され、1998年(平成10年)まで併存していたほか、結核予防法が1951年(昭和26年)に制定され、2007年(平成19年)に廃止されるまで併存していた。予防接種法が制定された1948年当時は、対象疾患は12であり、接種を怠った者は罰則が科される「義務接種」の方式であった。その後、1950年代から60年代にかけて大型の改正が複数回実施され[注 1]、接種ワクチンの種類も増加している。この結果、1960年代以降は罹患者数と死...

    国際的に比較すると、日本のワクチン新規導入は他の先進国より遅れていると指摘され、この状況は「ワクチン・ギャップ」とも呼ばれている。たとえば、ムンプスワクチン(おたふくかぜ用ワクチン)が法定接種の対象に含まれていない先進国は、世界の中で日本ただ1国となっている(2011年時点の世界調査)。日本におけるワクチン・ギャップの要因として、先述の副作用・健康被害への社会的な慎重配慮に加え、予防接種制度を検討する専門家委員会が、日本では常設されていなかったことが挙げられる。 2009年の新型インフルエンザ流行を受け、同年に予防接種部会が設置されたことから、後の予防接種法改正への提言につながっており、日本のワクチン・ギャップ改善の動きも見られる。また、2008年ごろから日本でも導入ワクチンの種類が増加傾向...

    引用文献

    1. “定期接種と任意接種のワクチン”. 日本小児科学会の「知っておきたいわくちん情報」 (公益社団法人 日本小児科学会) (02). (2018). https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/VIS_02teikisesshu.ninisesshu.pdf. 2. 高木武 (1986). “判例研究 : 予防接種禍事件”. 東洋法学 (東洋大学) 29 (2): 71-76. http://id.nii.ac.jp/1060/00003620/. 3. “日本のワクチン政策の変遷” (PDF). The Value of VACCINE (米国研究製薬工業協会 (PhRMA)) (改訂版): 14-19. (2014). http://www.phrma-jp.org/wordpress/wp-content/uploads/old/library/the_value_of_vaccine/the_value_of_vaccine04.pdf. 4. 土井脩 (PMRJ理事長) (2016). “薬事温故知新 第76回 ジフテリア予防接種禍事件...

    公益社団法人 予防接種リサーチセンター - 乳幼児や高齢者向けリーフレットや予防接種従事者向け研修資料など
  3. ワクチン接種推進担当大臣(ワクチンせっしゅすいしんたんとうだいじん)は、日本の国務大臣で、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を円滑に推進するため、行政各部の所管する事務の調整を担当することを命じられた者の呼称 [2]。 2021年 1月18日に、河野太郎 行政改革担当大臣が口頭 ...

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 接種接種 - Wikipedia

    接種(せっしゅ)は、多くの場合、予防接種のことであるが、本来は種を植え付けることである。 広い意味では、微生物学の分野で、微生物が繁殖可能な場所に人為的に植え込むことを表す。 原義 本来、字義通りに取れば、接種とは種を植え付けることであるが、種子植物の種まきにこの言葉 ...

  5. 麻疹・風疹混合ワクチン(ましん・ふうしんこんごうワクチン、MRワクチン)とは、従来の麻疹(Measles)・風疹(Rubella)ワクチンを混合した2価ワクチンである。 2005年6月に承認され、2006年4月から日本の定期接種として接種が開始された。 なお、世界では、MRワクチンを定期接種している国家 ...

  6. ja.wikipedia.org › wiki › 種痘種痘 - Wikipedia

    種痘(しゅとう)とは、天然痘の予防接種のことである。 ワクチンをY字型の器具(二又針)に付着させて人の上腕部に刺し、傷を付けて皮内に接種する。 1980年に天然痘ウイルスは撲滅され、自然界に存在しないものとされているため、1976年を境に日本では実施されていない。

  1. 其他人也搜尋了