雅虎香港 搜尋

  1. 夏 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/盛夏
    • 定義
    • 気候と自然
    • 人の生活との関わり
    • 夏の天文・自然
    • 夏を題材にした作品
    • 関連項目

    夏の期間にはいくつかの定義がある。以下は北半球での定義で、南半球では半年ずれる。 日本における定義 日本における「夏(なつ)」の定義は、中国暦の「夏(xia)」の定義の強い影響を受けた上、近代においてグレゴリオ暦に付随する欧米の文化的影響も受けて複雑な様相を呈している。 中国暦以外の暦法を知らなかった前近代の時期には、中国暦の「夏(xia)」の定義を日本人もそのまま受け入れざるを得なかった。しかし、海洋性気候であり、肝心の夏至の時期には梅雨により日射が遮られる日本では、前述の昼間の長さと気温のズレは中国より著しく大きくなる。日本列島においては、気温のピークは立秋の時期にずれこむため、気温がピークになる頃には、夏が終わって秋が始まってしまっているという現象が生じることになる。このギャップが、現在でも「暦の上では…夏(秋)ですが…(気温の実感は全く違います)」というフレーズが天気予報などで頻繁に用いられる原因となっている。 近代に入り、グレゴリオ暦を採用してからは、この矛盾からは建前上は解放された。しかし、日本人は曲がりなりにも中国暦の定義に千年以上馴染んできたため、欧米型の定義では季節の到来があまりにも遅すぎ、日本においては、6月・7月・8月の3か月を夏であるとすることが一般的である。日本においては気象学においても、この独自の定義が用いられている。気象庁では最高気温が25℃以上の日を夏日(なつび)、30℃以上の日を真夏日(まなつび)と呼んでいる。気象庁は地球温暖化やヒートアイランドなどの影響で最高気温が35℃以上になる日が増えているという背景から、2007年(平成19年)より新たに35℃以上の日を猛暑日(もうしょび)という呼称を使う事に決めた。比較的寒冷である北海道・東北北部以外では、このような日は毎年7・8月を中心に6月から9月頃にかけて生じる(年や地域によっては、5月・10月でも生じる場合もある)から、この時期のあたりが夏の範囲に入ることになろう。

    (北半球の)夏には、太陽エネルギーの放射が北半球に偏るため、ハドレー循環、フェレル循環を中心とする大気循環も全体として大きく北側に移動することになる。中緯度地帯においては、亜熱帯高気圧が北上することになるが、そのもたらす気候は、大陸西岸と大陸東岸で対照的な様相を示す。大陸西岸では、亜熱帯の砂漠地帯を形成する亜熱帯高気圧がそのまま北上して、地中海性気候の地域に高温と乾燥をもたらす。都市によっては、亜熱帯高気圧が西岸海洋性気候の地域まで北上することがあり、西ヨーロッパなどに猛暑と旱魃をもたらす。他方、大陸東岸では、夏期のモンスーンが北上して、熱帯地方の海上から大量の湿気を運び、温暖冬季少雨気候や温暖湿潤気候の地域に高温多湿と多雨をもたらすのが一般的である。日本の多くの地域では、8月を中心に、亜熱帯高気圧の一つである太平洋高気圧に広く覆われてしまい、高温多湿ながら晴天が持続することが通常である。日本における稲作は、この太平洋高気圧による高温と晴天の到来を前提として成立しているため、太平洋高気圧が十分に北上しない場合には、東日本の太平洋側を中心に稲作が大打撃をうける(冷夏)。また、南アメリカを除く大陸東岸においては、晩夏を中心に、亜熱帯高気圧の縁に沿って移動する台風やハリケーン、サイクロンに襲われることがある。 このように、大陸東岸の夏は高温多雨の時期であり、動植物の活動が最も盛んな時期となる。東アジアや北アメリカ東部を原産とする植物は、夏を生育の中心時期とするものが大変に多い。他方、大陸西岸においては、夏は高温であるが乾燥に襲われる時期でもあり、特に小さな植物にとっては生育の難しい時期でもある。地中海沿岸や西アジア、アフリカ南端部のケープタウン周辺を原産とする草本を中心に、夏を休眠時期とする植物も多い。 農業従事者以外(もしくは主にその人々で構成される社会=主に都市社会)にとっては夏は別の意味を持つ。主に休息の時期(その暑熱な気候の回避または逆に享受)であるが、それ以外の意味を夏に持たせる例も多い。詳細は「人の生活との関わり」で後述。 夏にとれるものは旬を参照。

    中高緯度の多くの国にとって、夏は最も活動的な時期である。 農業面でも重要な季節である。温帯では「実りの季節」とは夏を終えた秋を指すことが通例である。ただし、大陸東岸においては穀物・果実を含めたほとんどすべての作物の「収穫の時期」となるが、大陸西岸では秋とはもっぱら果物の収穫時期であり(フランス革命暦「葡萄月」)、夏の初めが麦類の収穫を祝い感謝する時期である(キリスト教、ユダヤ教の「ペンテコステ」)

    星座

    北半球では、夏の夜空で目立つのは、天の川を隔てて向かい合うこと座とわし座、その間にあるはくちょう座である。それぞれに含まれる一等星であるベガ・アルタイル・デネブを結んだものを夏の大三角という。このベガを織女、アルタイルを牽牛として両者を夫婦と見なし、年に一度だけ出会える、という伝説が七夕のいわれである。 南の空ではさそり座が姿を現す。これは冬のオリオン座と入れ替えに出入りすることで有名である。 1. 二百十日 - 台風の襲来 2. 入道雲

    植物

    日本で炎天下に咲く花としてはヒマワリやサルスベリが有名。夏の風物詩としてはアサガオも代表格。日本で夏本番といわれる7月・8月はすでに日長が短くなり始める時期に当たり、そのころに咲く植物は往々にして短日植物である。 高山では高山植物が一斉に花を咲かせる。夏の終わりには実をつけ、短い活動期間を終える。「夏の思い出」という詩にはミズバショウがでるが、春の花であり、夏には2mにもなる大きな葉をつけている。 また、夏後半には高温と水不足のために植物の衰弱を起こす場合があり、時には落葉が起こる場合がある。

    昆虫

    日本の夏(盛夏)にもっとも目立つのはセミである。大部分のセミが夏に出現し、それぞれに鳴き声を響かせる。鳴く虫は秋のものと考えられがちだが、キリギリスも夏が最盛期である。 カブトムシやクワガタムシも夏のものと考えられている。クワガタムシには成虫で年を越すものが多いが、カブトムシは夏だけ成虫が現れる。ほかにもスズメバチやカナブンなど、様々な昆虫が樹液の醗酵したものに集まるので、昆虫の場所取り合戦が見られる。子供の昆虫採集の目当ての一つでもある。もっとも、夏の盛りには昆虫は少なくなり、昆虫採集家はこれを俗に夏枯れという。昆虫の一番多い時期は初夏である。 また、ホタルやカも夏の風物詩である。

    文学

    1. 湯本香樹実『夏の庭 The Friends』 2. ウィリアム・シェイクスピア『夏の夜の夢』夏至のフェアリー騒ぎである。 3. 三島由紀夫『真夏の死』 4. 枕草子夏は夜 5. 春過ぎて夏来たるらし白妙の 衣干したり天香具山 (持統天皇・万葉集) 6. 夏山に恋しき人や入りにけむ 声振り立てて鳴くほととぎす (古今和歌集夏の部)

  2. 梅雨 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/梅雨明
    • 東アジアの四季変化における梅雨
    • 名称
    • メカニズムと経過
    • 各地の梅雨
    • 梅雨の気象の特徴
    • 梅雨予想の目的
    • 梅雨に関連する文化
    • 類似の気象現象
    • 参考文献
    • 関連項目

    気候学的な季節変化を世界と比較したとき、東アジアでは春夏秋冬に梅雨を加えた五季、また日本に限るとさらに秋雨を加えた六季の変化がはっきりと表れる。 東アジアでは、春や秋は、温帯低気圧と移動性高気圧が交互に通過して周期的に天気が変化する。一方、盛夏期には亜熱帯高気圧(太平洋高気圧)の影響下に入って高温多湿な気団に覆われる。そして、春から盛夏の間と、盛夏から秋の間には、中国大陸東部から日本の東方沖に前線が停滞することで雨季となる。この中で、春から盛夏の間の雨季が梅雨、盛夏から秋の間の雨季が秋雨である。なお、梅雨は東アジア全体で明瞭である一方、秋雨は中国大陸方面では弱く日本列島方面で明瞭である。また、盛夏から秋の間の雨季の雨の内訳として、台風による雨も無視できないほど影響力を持っている。 梅雨の時期が始まることを梅雨入りや入梅(にゅうばい)といい、社会通念上・気象学上は春の終わりであるとともに夏の始まり(初夏)とされる。なお、日本の雑節の1つに入梅(6月11日頃)があり、暦の上ではこの日を入梅とするが、これは水を必要とする田植えの時期の目安とされている。また、梅雨が終わることを梅雨明けや出梅(しゅつばい)といい、これをもって本格的な夏(盛夏)の到来とすることが多い。ほとんどの地域では、気象当局が梅雨入りや梅雨明けの発表を行っている。 梅雨の期間はふつう1か月から1か月半程度である。また、梅雨期の降水量は九州では500mm程度で年間の約4分の1・関東や東海では300mm程度で年間の約5分の1ある。西日本では秋雨より梅雨の方が雨量が多いが、東日本では逆に秋雨の方が多い(台風の寄与もある)。梅雨の時期や雨量は、年によって大きく変動する場合があり、例えば150mm程度しか雨が降らなかったり、梅雨明けが平年より2週間も遅れたりすることがある。そのような年は猛暑・少雨であったり冷夏・多雨であったりと、夏の天候が良くなく気象災害が起きやすい。 東アジアは中緯度に位置している。同緯度の中東などのように亜熱帯高気圧の影響下にあって乾燥した気候となってもおかしくないが、大陸東岸は夏季に海洋を覆う亜熱帯高気圧の辺縁部になるため雨が多い傾向にある。これは北アメリカ大陸東岸も同じだが、九州では年間降水量が約2,000mmとなるなど、熱帯収束帯の雨量にも劣らないほどの雨量がある。この豊富な雨量に...

    漢字表記「梅雨」の語源としては、この時期は梅の実が熟す頃であることからという説や、この時期は湿度が高くカビが生えやすいことから「黴雨(ばいう)」と呼ばれ、これが同じ音の「梅雨」に転じたという説、この時期は「毎」日のように雨が降るから「梅」という字が当てられたという説がある。普段の倍、雨が降るから「倍雨」というのはこじつけ(民間語源)である。このほかに「梅霖(ばいりん)」、旧暦で5月頃であることに由来する「五月雨(さみだれ)」、麦の実る頃であることに由来する「麦雨(ばくう)」などの別名がある。 なお、「五月雨」の語が転じて、梅雨時の雨のように、物事が長くだらだらと続くことを「五月雨式」と言うようになった。また梅雨の晴れ間のことを「五月晴れ(さつきばれ)」というが、この言葉は最近では「ごがつばれ」とも読んで新暦5月初旬のよく晴れた天候を指すことの方が多い。気象庁では5月の晴れのことを「さつき晴れ」と呼び、梅雨時の晴れ間のことを「梅雨の合間の晴れ」と呼ぶように取り決めている。五月雨の降る頃の夜の闇のことを「五月闇(さつきやみ)」という。 地方名には「ながし」(鹿児島県奄美群島)、「なーみっさ」(喜界島での別名)がある。沖縄では、梅雨が小満から芒種にかけての時期に当たるので「小満芒種(スーマンボースー、しょうまんぼうしゅ)」や「芒種雨(ボースーアミ、ぼうしゅあめ)」という別名がある。 中国では「梅雨(メイユー)」、台湾では「梅雨(メイユー)」や「芒種雨」、韓国では「장마(チャンマ)」という。中国では、古くは「梅雨」と同音の「霉雨」という字が当てられており、現在も用いられることがある。「霉」はカビのことであり、日本の「黴雨」と同じ意味である。中国では、梅が熟して黄色くなる時期の雨という意味の「黄梅雨(ファンメイユー)」もよく用いられる。

    気団

    梅雨の時期には、以下の4つの気団が東アジアに存在する。 1. 揚子江気団 1.1. 中国北部・モンゴルから満州にかけての地域に存在。暖かく乾燥した大陸性の気団。移動性高気圧によって構成される。 2. オホーツク海気団 2.1. オホーツク海に存在。冷たく湿った海洋性の気団。 3. 熱帯モンスーン気団 3.1. インドシナ半島・南シナ海から南西諸島近海にかけての地域に存在。暖かく非常に湿った海洋性の気団。インド洋の海洋性気団の影響を強く受けている。 4. 小笠原気団 4.1. 北太平洋西部に存在。高温・多湿で海洋性の気団。 春から夏に季節が移り変わる際、東アジアでは性質の違うこれらの気団がせめぎ合う。中国大陸方面と日本列島・朝鮮半島方面ではせめぎ合う気団が異なる。 1. 中国大陸方面 : 北の■揚子江気団と南の■熱帯モンスーン気団が接近し、主に両者の湿度の差によって停滞前線が形成される[注 1]。 2. 日本列島・朝鮮半島方面 : 北の■オホーツク海気団と南の■小笠原気団が接近し、主に両者の温度の差により、停滞前線が形成される[注 1]。 性質が似ていることや、距離が離れていて干渉...

    梅雨前線の最初

    冬の間、シベリアから中国大陸にかけての広範囲を冷たく乾燥したシベリア気団が覆っている。シベリア気団はしばしば南下して寒波をもたらし、日本の日本海側に大雪を降らせるが、チベット高原では高い山脈が邪魔して気団がそれ以上南下できない。そのチベット高原の南側、インド-フィリピンにかけての上空を亜熱帯ジェット気流が流れる。 冬が終わり春が近づくにつれ、シベリア気団は勢力が弱くなり、次第に北上していく。代わって中国大陸には暖かく乾燥した揚子江気団ができ始め、勢力を強めていく。春になると、揚子江気団は東の日本列島や朝鮮半島などに移動性高気圧を放出し、これが偏西風に乗って東に進み、高気圧の間にできた低気圧とともに春の移り変わりやすい天候を作り出している。 春が終わりに差し掛かるにつれて、南シナ海付近にある熱帯モンスーン気団が勢力を増し北上してくる。すると、揚子江気団と熱帯モンスーン気団が衝突し始める。地上天気図でみると、揚子江気団からできた高気圧と熱帯モンスーン気団からできた高気圧が南シナ海上でせめぎあい、その間に前線ができていることがわかる。これが最初の梅雨前線である。 例年、華南や南西諸島南...

    明瞭になる梅雨前線

    5月上旬には南西諸島も梅雨前線の影響を受け始める。5月中旬ごろになると、梅雨前線ははっきりと天気図上に現れるようになり、華南や南西諸島付近に停滞する。 一方、初夏に入った5月ごろ、亜熱帯ジェット気流も北上し、チベット高原に差し掛かる。ただし、チベット高原は上空を流れる亜熱帯ジェット気流よりもさらに標高が高いため、亜熱帯ジェット気流はチベット高原を境に北と南の2つの流れに分かれてしまう。 分かれた亜熱帯ジェット気流のうち、北側の分流は、樺太付近で寒帯ジェット気流と合流する。さらにこの気流は、カムチャツカ半島付近で南側の分流と合流する。この合流の影響で上空の大気が滞ると、下降気流が発生して、その下層のオホーツク海上に高気圧ができる。この高気圧をオホーツク海高気圧といい、この高気圧の母体となる冷たく湿った気団をオホーツク海気団という。 同じごろ、太平洋中部の洋上でも高気圧が勢力を増し、範囲を西に広げてくる。この高気圧は北太平洋を帯状に覆う太平洋高気圧の西端で小笠原高気圧ともいい、この母体となる暖かく湿った気団を小笠原気団という。 5月下旬から6月上旬ごろになると、九州や四国が梅雨前線の...

    中国大陸部・台湾

    中国中部・南部、台湾でも梅雨がみられる。中国大陸部では各都市の気象台が、台湾では中央気象局が梅雨入りと梅雨明けの発表をおこなっている。ある研究では、1971年-2000年の各都市の梅雨入り・梅雨明けの平均値で、長江下流域の梅雨入りは6月14日、梅雨明けは7月10日、淮河流域の梅雨入りは6月18日、梅雨明けは7月11日となっている。 目安として、台湾や華南では5月中旬ごろに梅雨前線による長雨が始まり6月下旬ごろに終わる。時間とともにだんだんと長雨の地域は北に移り、6月中旬ごろから7月上旬ごろに華東(長江中下流域)、6月下旬ごろから7月下旬ごろに華北の一部が長雨の時期となる。長雨はそれぞれ1か月ほど続く。

    朝鮮半島

    朝鮮半島では6月下旬ごろから7月下旬ごろに長雨の時期となり、1か月ほど続く。北にいくほど長雨ははっきりしないものになる。

    梅雨入り前の5月-6月ごろ、梅雨に似た天候がみられることがあり、これを走り梅雨(はしりづゆ)、梅雨の走り(つゆのはしり)、あるいは迎え梅雨(むかえづゆ)と呼ぶ。 梅雨入り当初は比較的しとしととした雨が連続することが多い。梅雨の半ばには一旦天気が回復する期間が出現することがある。この期間のことを梅雨の中休み(つゆのなかやすみ)という。 梅雨の時期、特に、長雨の場合は、日照時間が短いため、気温の上下(最高気温と最低気温の差、日較差)が小さく、肌寒く感じることがある。この寒さや天候を梅雨寒(つゆざむ)または梅雨冷(つゆびえ)と呼ぶ。一方、梅雨期間中の晴れ間は梅雨晴れ(つゆばれ)または梅雨の晴れ間と呼ばれ、特に、気温が高く、湿度も高い。そのため、梅雨晴れの日は不快指数が高くなり過ごしにくく、熱中症が起こりやすい傾向にある。 梅雨末期には降雨量が多くなることが多く、ときとして集中豪雨になることがある。南および西ほどこの傾向が強く、特に、九州では十数年に1回程度の割合でこの時期に一年分の降水量がわずか一週間で降ることもある(熊本県・宮崎県・鹿児島県の九州山地山沿いが典型例)。逆に、関東や東北など東日本では梅雨の時期よりもむしろ秋雨の時期のほうが雨量が多い。 梅雨末期の雨を荒梅雨(あらづゆ)あるいは暴れ梅雨(あばれづゆ)とも呼ぶ。また、梅雨の末期には雷をともなった雨が降ることが多く、これを送り梅雨(おくりづゆ)と呼ぶ。また、梅雨明けした後も、雨が続いたり、いったん晴れた後また雨が降ったりすることがある。これを帰り梅雨(かえりづゆ、返り梅雨とも書く)または戻り梅雨(もどりづゆ)と呼ぶ。これらの表現は近年ではあまり使われなくなってきている。 梅雨明けが遅れた年は冷夏となる場合も多く、冷害が発生しやすい傾向にある。 梅雨は日本の季節の中でも高温と高湿が共に顕著な時期であり、カビや食中毒の原因となる細菌・ウイルスの繁殖が進みやすいことから、これらに注意が必要な季節とされている。

    日本の気象庁が梅雨入り・梅雨明けの情報提供を始めたのは1955年ごろとされ、「お知らせ」として報道機関に連絡していた。気象情報として発表を始めたのは1986年になってからである。 梅雨の時期を発表することにより、長雨・豪雨という水害・土砂災害につながりやすい気象が頻発する時期としての「梅雨」を知らせることで防災意識を高める、多雨・高温多湿が長続きする「梅雨」の時期を知らせることで生活面・経済面での対策を容易にする、「梅雨」という一種の季節の開始・終了を知らせることで季節感を明確にする(春一番、木枯らし、初雪などの発表と同様の役割)といった効果が期待されている。

    植物

    1. ツユクサ(梅雨草) 2. ツユアオイ(梅雨葵) 3. アジサイ- 梅雨の時期に咲く代表的な花。梅雨を表現する際に出てくることが多い。

    楽曲

    1. 雨(作詞:北原白秋、作曲:弘田龍太郎) 2. 雨ふり(作詞:北原白秋、作曲:中山晋平) 3. 雨ふりお月さん(作詞:野口雨情、作曲:中山晋平) 4. 雨降り熊の子 5. てるてる坊主(作詞:浅原六朗、作曲:中山晋平) 6. かたつむり(唱歌) 7. 五月雨(作詞・作曲・歌:大瀧詠一)

    俳句

    1. 五月雨を 集めて早し 最上川(松尾芭蕉) 2. 五月雨や 大河を前に 家二軒(与謝蕪村)

    菜種梅雨

    おもに3月下旬から4月上旬にかけての、連日降りつづく寒々とした降雨を「菜種梅雨」(なたねづゆ)という。菜の花が咲くころに降るためこの名前があり、花を催す雨という意味で「催花雨」(さいかう)とも呼ばれる。梅雨のように何日も降り続いたり、集中豪雨をみたりすることは少ないが、やはり、曇りや雨の日が多く、すっきりしない天気が何日も続くことが多い。 また、「春の長雨」や「春霖(しゅんりん)」、「催花雨(さいかう) とも言う。「春霖」の「霖」は長雨を表す漢字であり、春の長雨を表している。「催花雨」は、桜をはじめいろいろな花を催す(咲かせる)雨という意味である。「春雨(はるさめ)」も、このころの雨を指して言う場合が多く、月形半平太の名せりふ「春雨じゃ、濡(ぬ)れてゆこう」も、草木の芽を張らせ花を咲かせる柔らかい春の雨だからこそ、粋(いき)に聞こえる。 なお、NHKで「菜種梅雨」を言うときには、必ず説明を付けるようにしている。 冬の間、本州付近を支配していた大陸高気圧の張り出しや、移動性高気圧の通り道が北に偏り、一方で、その北方高気圧の張り出しの南縁辺に沿って、冷湿な北東気流が吹いたり、本州南岸...

    走り梅雨

    おもに5月下旬から梅雨本番前ぶれのように雨が降り続く状態をいう。ちょうど、その時期が卯の花が咲くころにあたり、卯の花を腐らせるような雨ということから、卯の花腐し(うのはなくたし)とも呼ぶことがある。「走り」とは「先駆け」を意味し、「走り梅雨」とは梅雨に先駆けて降り続く雨と解釈することもある。「梅雨の走り」ともいう。沖縄など南西諸島の梅雨期にあり、南西諸島付近にある梅雨前線が一時的に本州南岸沿いに北上したときに多くみられる。また、オホーツク海高気圧が5月前半に出現した場合に北東気流の影響を受けやすくなるため、関東以北の太平洋側で低温と曇雨天が長続きすることがある。その他、メイストームなど、日本海や北日本方面を通過する発達した低気圧の後面に伸びる寒冷前線が本州を通過して、太平洋側に達した後、南海上の優勢な高気圧の北側に沿って、そのまま停滞前線と化して、太平洋側、おもに東日本太平洋沿岸部でしばらくぐずつき天気が続くケースもそのたぐいである。

    秋雨

    おもに8月後半頃から10月頃にかけて(地域によって時期に差がある)降り続く長雨の時期をいう。「秋霖(しゅうりん)」、「すすき梅雨」などとも呼ぶ。

    児玉安正、山田広幸「アジアの梅雨・世界の梅雨」、『天気』54巻6号、日本気象学会、7-10頁、2007年6月 NAID 110006317416
    新田尚、伊藤朋之、木村龍治、住明正、安成哲三(編) 『キーワード 気象の事典』、朝倉書店、2002年 ISBN 4-254-16115-8
    日本気象予報士会(編) 『気象予報士ハンドブック』、オーム社、2008年 ISBN 978-4-274-20635-1
    「梅雨(ばいう) 」、Yahoo!百科事典(日本大百科全書)、小学館、2013年9月1日閲覧[リンク切れ]
  3. 青天を衝け - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/青天を衝け
    • 主人公とその縁戚
    • 徳川慶喜と周囲の人々
    • 江戸幕府
    • 水戸藩
    • 諸藩
    • 朝廷
    • 市井
    • 京都近辺の人々
    • 諸外国
    • 語り部

    渋沢・中の家

    渋沢篤太夫(しぶさわ とくだゆう) 1. (渋沢栄一 → 渋沢篤太夫) 2. 演:吉沢亮(少年:小林優仁) 3. 本作の主人公。 4. 中の家(なかんち)当主・渋沢市郎右衛門の子。初名は栄一(えいいち)。 5. 剛情っぱりでおしゃべりな性格。また物事を理論づけて考えることが得意であり、藍葉の買付や藍農家の番付などに商才を顕していく一方で、理屈に合わない迷信や理不尽には人一倍腹を立てたり反抗したりする。 6. 結婚前後から攘夷思想に染まり、一時は高崎城の襲撃と横浜焼き討ちを計画するが、村に戻ってきた長七郎に「異国との軍事力の差からの武力による攘夷活動の限界」となった事件の数々を知らされ、別の道を模索するため喜作と父に頼み込んで村を出るが、円四郎と出合ったことで一橋家に仕えることになり篤太夫と名乗る。 渋沢市郎右衛門(しぶさわ いちろうえもん) 1. 演:小林薫 2. 栄一の父。中の家の当主。 渋沢ゑい(しぶさわ えい) 1. 演:和久井映見 2. 栄一の母。 渋沢千代(しぶさわ ちよ) 1. (尾高千代 → 渋沢千代) 2. 演:橋本愛(少女:岩﨑愛子) 3. 栄一の妻。尾高惇忠の...

    渋沢・新屋敷

    渋沢成一郎(しぶさわ せいいちろう) 1. (渋沢喜作 → 渋沢成一郎) 2. 演:高良健吾(幼少:石澤柊斗) 3. 栄一の従兄。初名は喜作(きさく)。 4. 結婚に際しては栄一の恋敵となったが、思い合うふたりを前にして身を引き、よしと結婚する。栄一と同じく攘夷思想に傾くが、共だって江戸に出て一橋家に仕えることになり成一郎と名乗る。 渋沢よし(しぶさわ よし) 1. (よし → 渋沢よし) 2. 演:成海璃子 3. 喜作の妻。国領村の福田直三郎の姉。

    渋沢・東の家

    渋沢宗助(しぶさわ そうすけ) 1. 演:平泉成 2. 栄一の伯父。渋沢・東の家(ひがしんち)の当主。 渋沢まさ(しぶさわ まさ) 1. 演:朝加真由美 2. 栄一の伯母。宗助の妻。 3. 口さがない性格で、何かと理由をつけてはよく中の家に口を出す。

    慶喜と家族(一橋家)

    徳川慶喜(とくがわ よしのぶ) 1. (七郎麻呂 → 徳川慶喜) 2. 演:草彅剛(七郎麻呂:笠松基生) 3. 一橋家当主。水戸藩主・徳川斉昭の七男。幼名は七郎麻呂(しちろうまろ)。官職は刑部卿(ぎょうぶきょう)。のち一橋宰相、一橋中納言と称される。 徳信院(とくしんいん) 1. 演:美村里江 2. 一橋家先々代当主徳川慶壽の正室。慶喜の養祖母にあたる。 美賀君(みかぎみ) 1. 演:川栄李奈 2. 慶喜の正室。今出川家の姫。

    平岡家

    平岡円四郎(ひらおか えんしろう) 1. 演:堤真一 2. 慶喜の側近。慶喜上洛に伴い、近江守(おうみのかみ)に任官する。 3. 栄一と喜作を見込み、攘夷に逸っていた二人を慶喜に目通りさせ一橋家の家中に迎え入れる。 やす 1. 演:木村佳乃 2. 平岡円四郎の妻。元は芸者だったが円四郎に見初められる。 3. 竹を割ったような性格であり、円四郎からは「おかしれえ女」と称される。 よね 1. 演:高野渚 2. 平岡家の女中。

    慶喜の配下

    中根長十郎(なかね ちょうじゅうろう) 1. 演:長谷川公彦 2. 一橋家側用人。 須磨(すま) 1. 演:安部智凛 2. 美賀君付きの女中。 川村恵十郎(かわむら えじゅうろう) 1. 演:波岡一喜 2. 一橋家家臣。 原市之進(はら いちのしん) 1. 演:尾上寛之 2. 水戸藩士。 黒川嘉兵衛(くろかわ かへえ) 1. 演:みのすけ 2. 一橋家用人。 猪飼勝三郎(いかい かつさぶろう) 1. 演:遠山俊也 2. 一橋家家臣。 伊之吉(いのきち) 1. 演:松原正隆 2. 京都一橋邸の奥口番。 稲垣練造(いながき れんぞう) 1. 演:おかやまはじめ 2. 備中一橋領代官。 崎玉清兵衛(さきたま せいべえ) 1. 演:国木田かっぱ 2. 一橋領大坂代官。

    徳川将軍家

    徳川家慶(とくがわ いえよし) 1. 演:吉幾三 2. 江戸幕府第12代将軍。 3. 実子の家定を将軍とすることに不安を覚え、英邁な慶喜を可愛がり彼に期待を寄せる。やがてペリー艦隊が来航した頃に体調を崩し、慶喜に徳川を託してこの世を去る。 徳川家定(とくがわ いえさだ) 1. (徳川家祥 → 徳川家定) 2. 演:渡辺大知 3. 江戸幕府第13代将軍。家慶の子。初名は家祥(いえさち)。 4. 病弱で、料理をすることが趣味。正室の篤君とは、その密命を知りつつも自身には篤く接してくれることなどから仲は良い。将軍として凡愚であることに自覚があり、自身を軽んじて慶喜に期待する幕閣や徳川・松平一門、そして慶喜に対して鬱屈した思いを抱き、期せずして名門譜代の家門を継いだ直弼を実績のないまま優遇する。最期には直弼に、慶喜と慶喜を推している者たちへの処断を託して若くして没する。 天璋院(てんしょういん) 1. (篤君 → 天璋院) 2. 演:上白石萌音 3. 家定の正室。島津斉彬の養女。名は篤君(あつぎみ)。 4. 家定に輿入れした際は慶喜を将軍後継に認めさせるという密命を負っていたが、やがて家...

    幕閣

    阿部正弘(あべ まさひろ) 1. 演:大谷亮平 2. 家慶・家定期の老中首座。官職は伊勢守(いせのかみ)。 久世広周(くぜ ひろちか) / 内藤信親(ないとう のぶちか) 1. 演:佐瀬弘幸(久世) / 唐沢龍之介(内藤) 2. 家慶・家定期の老中。 井伊直弼(いい なおすけ) 1. 演:岸谷五朗 2. 彦根藩主。大老。官職は掃部頭(かもんのかみ)。 3. 庶子の生まれの14男であり長年部屋住みの境遇で、茶道・和歌・狂言などの趣味にのめりこんでいたため「茶歌ぽん」と渾名されていたが、兄の急逝により彦根藩主となる。当時の幕閣や徳川・松平一門の重鎮を厭う家定に抜擢され、大老となる。家定には忠義心が篤く、家定の最期の想いを汲み、斉彬や春嶽をはじめとする慶喜派ともいえる幕閣を解職や謹慎蟄居に追いやる。新将軍である家茂に対しては、自ら汚れ役になることを告げ、開国を決めた幕府として攘夷派を弾圧する「安政の大獄」を主導したため、攘夷派浪士たちによる「桜田門外の変」で暗殺される。 堀田正睦(ほった まさよし) 1. 演:佐戸井けん太 2. 佐倉藩主。官職は備中守(びっちゅうのかみ)。 松平忠固(...

    川路家

    川路聖謨(かわじ としあきら) 1. 演:平田満 2. 江戸幕府勘定奉行。官職は左衛門尉(さえもんのじょう)。 佐登(さと) 1. 演:坪井木の実 2. 聖謨の妻。

    水戸徳川家

    徳川斉昭(とくがわ なりあき) 1. 演:竹中直人 2. 第9代水戸藩主。慶喜の父。家督を譲った後は「水戸の御老公」、没後は烈公(れっこう)と称される。 貞芳院(ていほういん) 1. (吉子 → 貞芳院) 2. 演:原日出子 3. 斉昭の正室。慶喜や慶篤の母。実名は吉子(よしこ)。京の皇族の有栖川宮家の出で、幼称は登美宮(とみのみや)。 徳川慶篤(とくがわ よしあつ) 1. 演:中島歩 2. 慶喜の兄。第10代水戸藩主。 徳川昭武(とくがわ あきたけ) 1. (余八麻呂 → 松平昭徳 → 徳川昭武) 2. 演:板垣李光人(少年:有山実俊) 3. 慶喜の異母弟。水戸藩世子、のち清水徳川家当主。幼名は余八麻呂(よはちまろ)。世子時代は松平昭徳(まつだいら あきのり)を名乗る。官職は民部大輔(みんぶたいふ)で、通称民部公子。 茂姫(しげひめ) 1. 演:吉澤梨里花 2. 慶喜の異母妹。

    水戸藩士

    藤田東湖(ふじた とうこ) 1. 演:渡辺いっけい 2. 斉昭の側近。 3. 諍臣(そうしん)として斉昭を支える。『回天詩史』などの著作により全国の尊攘の志士から信望を集めるが、安政の大地震により命を落とす。 井上甚三郎(いのうえ じんざぶろう) 1. 演:山中敦史 2. 七郎麻呂の傅役。 林忠五郎(はやし ちゅうごろう) / 江幡広光(えばた ひろみつ) 1. 演:丸山敦史(林) / 嘉人(江幡) 2. 水戸藩士。 市川三左衛門(いちかわ さんざえもん) 1. 演:神農直隆 2. 水戸諸生党筆頭。 鳥居瀬兵衛(とりい せべえ) / 榊原新左衛門(さかきばら しんざえもん) 1. 演:小杉幸彦(鳥居) / 岡雅史(榊原) 2. 水戸藩家老。 菊池平八郎(きくち へいはちろう) 1. 演:町田悠宇 2. 水戸藩士。 井坂泉太郎(いさか せんたろう) 1. 演:林雄大 2. 水戸藩士。 加治権三郎(かじ ごんざぶろう) 1. 演:尾関伸次 2. 水戸藩士。 三輪端蔵(みわ たんぞう) 1. 演:川端康太 2. 水戸藩士。 服部潤次郎(はっとり じゅんじろう) 1. 演:石川啓介 2....

    岡部藩

    高島秋帆(たかしま しゅうはん) 1. 演:玉木宏 2. 岡部藩の獄に繋がれた砲術家。 3. 幼き日の栄一と出会い、国を憂う思いを伝え影響を与える。のちに釈放された際に、長じた栄一と再会し、今後も励むようにという言葉を与える。 利根吉春(とね よしはる) 1. 演:酒向芳 2. 岡部藩代官。 3. 血洗島の農家に労役を急に申し付けるなど、無理難題を強いる高慢な役人。御用金の取立にすぐには応じなかった栄一に怒りを露わにし、理不尽に罵倒する。また後日栄一が改めて御用金を収めに来た際は、彼の訴えを聞くこともなく金子だけを取り立てる。 村田文右衛門 / 舟田兵衛門 1. 演:福井博章(村田) / 火野蜂三(舟田) 2. 岡部藩の役人。

    福井藩

    松平春嶽(まつだいら しゅんがく) 1. (松平慶永 → 松平春嶽) 2. 演:要潤 3. 福井藩主。諱は慶永(よしなが)。官職は越前守(えちぜんのかみ)。 4. 美しいものに心酔する癖があり、それゆえに慶喜に期待を寄せる。 橋本左内(はしもと さない) 1. 演:小池徹平 2. 福井藩士。松平春嶽の側近。 3. 将軍継嗣問題に際して慶喜の英邁さを伝える著作を記すため円四郎に接触する。しかしのちに安政の大獄による弾圧に遭い、生きるよう円四郎を促して、自身は処刑される。

    薩摩藩

    島津斉彬(しまづ なりあきら) 1. 演:新納慎也 2. 薩摩藩主。官職は薩摩守(さつまのかみ)。 3. 将軍継嗣問題に慶喜を推し、彼を認めさせる密命を篤君に与えて彼女を大奥に送る。 島津久光(しまづ ひさみつ) 1. 演:池田成志 2. 薩摩藩国父。斉彬の弟。 五代才助(ごだい さいすけ) 1. 演:ディーン・フジオカ 2. 薩摩藩士。 大久保一蔵(おおくぼ いちぞう) 1. 演:石丸幹二 2. 薩摩藩士。諱は利通(としみち)。 西郷吉之助(さいごう きちのすけ) 1. 演:博多華丸 2. 薩摩藩士。諱は隆盛(たかもり)。 折田要蔵(おりた ようぞう) 1. 演:徳井優 2. 薩摩藩士。摂海防禦御台場築造御用掛。 三島通庸(みしま みちつね) 1. 演:松村龍之介 2. 薩摩藩士。 川村純義(かわむら すみよし) 1. 演:日向丈 2. 薩摩藩士。通称は与十郎(よじゅうろう)。 中原猶介(なかはら なおすけ) 1. 演:川畑和雄 2. 薩摩藩士。 新納刑部(にいろ ぎょうぶ) 1. 演:藤井宏之 2. 薩摩藩士。 岩下佐次右衛門(いわした さじえもん) 1. 演:俵木藤汰 2....

    皇室

    孝明天皇(こうめいてんのう) 1. 演:尾上右近 2. 第121代天皇。 夙子(あさこ) 1. 演:辻本みず希 2. 孝明天皇の女御。准后。 明治天皇(めいじてんのう) 1. (祐宮 → 睦仁親王) 2. 演:犬飼直紀(幼少:柴崎涼吏) 3. 第122代天皇。孝明天皇の皇子。幼称は祐宮(さちのみや)。

    公家

    岩倉具視(いわくら ともみ) 1. 演:山内圭哉 2. 公家。 三条実美(さんじょう さねとみ) 1. 演:金井勇太 2. 公家。 賀川肇(かがわ はじめ) 1. 演:清水ヨネタロウ 2. 公卿用人。 中川宮(なかがわのみや) 1. 演:奥田洋平 2. 皇族公家。実名は朝彦(あさひこ)。 二条斉敬(にじょう なりゆき) 1. 演:森啓一朗 2. 関白。 正親町三条実愛(おおぎまちさんじょう さねなる) 1. 演:置鮎龍太郎 2. 公家。 中山忠能(なかやま ただやす) 1. 演:堀内正美 2. 公家。明治天皇の外祖父。

    血洗島近在の人々

    朔兵衛(さくべえ) / 権兵衛(ごんべえ) 1. 演:小久保寿人(朔兵衛) / 永野宗典(権兵衛) 2. 血洗島の藍農家。 三太 / 利吉 / 吉五郎 1. 演:笠松伴助(三太) / 小手山雅(利吉) / 所広之(吉五郎) 2. 中の家で働く作男。 おうめ / おたか / おはる 1. 演:三輪和音(おうめ) / 笠井里美(おたか) / 梶原みなみ(おはる) 2. 中の家で働く女中。 藤兵衛(とうべえ) / 勘左衛門(かんざえもん) 1. 演:カトウシンスケ(藤兵衛) / 松本亮(勘左衛門) 2. 信州浅牧村の藍農家。 金八 / 善太郎 / 伊之助 / 民治郎 / 林蔵 1. 演:田村令(金八) / 福吉大雅(善太郎) / 武田匠(伊之助) / 志村光貴(民治郎) / 白戸達也(林蔵) 2. 尾高惇忠の剣術の門弟。 伝蔵(でんぞう) 1. 演:萩原護 2. 中の家で働く若い作男。仕官後は須永虎之助(すなが とらのすけ)と名乗る。 角兵衛(かくべえ) 1. 演:渡辺哲 2. 血洗島で長老格の藍農家。

    江戸の人々

    真田範之助(さなだ はんのすけ) 1. 演:板橋駿谷 2. 北辰一刀流千葉道場の門人。 3. 道場破りのために血洗島に現れ、栄一たちと手合わせをする。長七郎に敗れた後は彼らと酒を酌み交わし、尊攘の志を共有して意気投合する。 やがて惇忠たちが横浜の外国人居留地を焼き討ちする計画を立てた際はそこに参加するが、尊攘活動の実際を知る長七郎に涙ながらに止められ、彼らとは違う道から尊攘を追い求めることとなる。 大橋訥庵(おおはし とつあん) 1. 演:山崎銀之丞 2. 思誠塾の主催者。 3. 過激な尊攘論者。江戸に遊学に行った長七郎や栄一と出会い、影響を与える。桜田門外の変で井伊直弼が殺されたのちに坂下門外の変を計画し、門下生に実行に移させるも、安藤信正の殺害には至らず捕縛される。 河野顕三(こうの けんぞう) 1. 演:福山翔大 2. 大橋訥庵の門下。 多賀谷勇(たがや いさむ) 1. 演:新納だい 2. 大橋訥庵の門下。 椋木潜(むくのき ひそむ) 1. 演:阿岐之将一 2. 大橋訥庵の門下。 梅田慎之介(うめだ しんのすけ) 1. 演:渡辺徹 2. 江戸の武器商人。 3. 尊攘思想に傾...

    一橋領近在の人々

    阪谷朗廬(さかたに ろうろ) 1. 演:山崎一 2. 漢学者。備中寺戸村興譲館の主宰。 関根(せきね) 1. 演:辻本一樹 2. 備中在住の撃剣家。 阪谷シオ(さかたに しお) 1. 演:ともさと衣 2. 阪谷朗盧の妻。 山本三四郎(やまもと さんしろう) / 山本五六郎(やまもと ごろくろう) 1. 演:興津正太郎(三四郎) / 平松來馬(五六郎) 2. 阪谷朗盧の門人兄弟。 庄左衛門(しょうざえもん) 1. 演:大滝寛 2. 備中一橋領の庄屋。 多呂作(たろさく) 1. 演:土平ドンペイ 2. 播磨一橋領の百姓。 治郎作 / 三郎作 1. 演:平田理(治郎作) / 鈴木康平(三郎作) 2. 播磨一橋領の百姓。

    伝六 / 源八

    1. 演:吉岡睦雄(伝六) / 植木祥平(源八) 2. 在京の長州人。

    トメ

    1. 演:梅沢昌代 2. 岩倉具視の手伝いの老女。

    アメリカ合衆国

    マシュー・ペリー 1. 演:モーリー・ロバートソン 2. 東インド艦隊司令長官。 アダムズ 1. 演:ブレーク・クロフォード 2. ペリーの副官。 タウンゼント・ハリス 1. 演:チャールズ・グラバー 2. 駐日総領事。 ヒュースケン 1. 演:レネ・ブデク 2. ハリスの通訳官。

    イギリス帝国

    アーネスト・サトウ 1. 演:カイル・カード 2. 通訳官。 ダウエル 1. 演:ネイサン・ベリー 2. イギリス海軍大佐。 ハリー・パークス 1. 演:イアン・ムーア 2. 駐日公使。 アレクサンダー・シーボルト 1. 演:アレキサンダー・サガラ 2. 通訳官。

    フランス帝国

    レオン・ロッシュ 1. 演:ディディエ・ケアロック 2. 駐日公使。 カション 1. 演:ド・ランクザン望 2. 神父。日本語通訳。 モンブラン伯爵 1. 演:ジェフリー・ロウ 2. 琉球王国博覧会委員長。和名は白山。 フリュリ・エラール 1. 演:グレッグ・デール 2. 日本総領事。 ナポレオン三世 1. 演:ジュリアン・ジョラン 2. フランス皇帝。 ウジェニー 1. 演:マリー・モリエット 2. ナポレオン三世の皇后。 レオポルド・ヴィレット 1. 演:サンシモン 2. 陸軍中佐。

    1. 演:北大路欣也 2. 江戸幕府の祖にして、当ドラマの案内役。劇中の登場人物からは「東照大権現」と称される。 3. 歴史背景などの情報を交え、自ら興した江戸幕府が終焉に向かう物語を俯瞰して解説する。

  4. 予報用語 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/予報用語

    予報用語のあり方 天気予報や注意報・警報など気象庁が発表する各種情報は、電話、ラジオによる音声を主体にしたもの、テレビ、FAX、インターネットによる画像・文字を主体にしたものと多様化している [2]。このように様々な形で提供される天気予報などが誰にでも ...

  5. 日本の地理 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/日本地理

    日本の地理(にほんのちり)では、日本の地理についての概略を記す。 概略 日本は、島国すなわち領土がすべて島から成る国である [2] [3] [6]。 日本の領土は、日本列島(本州・北海道・九州・四国などが主たる島)を中心に、南に延びる伊豆・小笠原諸島、南西に延 ...

  6. 樊少皇 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ルイス・ファン

    樊少皇 ファン・シウウォン プロフィール 出生: 1973年 6月19日(47歳)出身地: イギリス領香港 職業: 俳優 各種表記 繁体字: 樊 少皇 (ルイス・ファン、1973年 6月19日‐)は香港出身のテレビドラマ・映画俳優。籍貫は山東省。妻は女優の賈曉晨

  7. 九州 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/九州本島

    九州 所在地 日本 所属諸島 日本列島 面積 36,782.37 [1] km² 海岸線長 3,888 [2] km 最高標高 1,791 m最高峰 中岳 最大都市 福岡市 九州地方のデータ 7県の合計 面積 42,231.48km 2 [3] (2015年10月1日) 推計人口 12,700,892人 (2020年9月1日) 人口密度 301人 ...

  8. 入山杏奈 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/入山杏奈
    • 来歴
    • 人物
    • Akb48での参加楽曲
    • 出演
    • 書籍
    • 外部リンク

    2010年 3月、AKB48 第10期研究生オーディションに合格し、6月22日に劇場デビュー。 2011年 7月23日、『AKB48 コンサート よっしゃぁ〜行くぞぉ〜!in西武ドーム』の2日目の公演において研究生からチーム4への昇格が発表される。 12月17日、加藤玲奈・前田亜美とともに香港・西九龍中心で開催された握手会・イベントに参加。 2012年 3月25日、コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』の3日目の公演において、当時の所属事務所であったAKSから太田プロダクションへの移籍打診があったことが発表され、5月に正式移籍する。 3月27日、ワシントンD.C.で開催された全米桜祭りのイベント『日本の元気をアピールしたい!』において、「ヘビーローテーション」の前田敦子ポジションを務めた。 5月2日 - 5月14日、『AKB48 ネ申テレビ』の企画で撮影した写真作品が、第86回国展写真部入選を果たし、同じく入選となった竹内美宥とともに国立新美術館に作品が展示される。 5月23日発売の26thシングル「真夏のSounds good !」で初めてシングル表題曲の選抜メンバー入りすることが、3月24日に開催されたコンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』の2日目の公演において発表される。 8月24日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チーム再編に伴うチームAへの異動とチーム4の消滅が発表される。 9月24日に放送の『豪華!秋の歌祭り!HEY!HEY!HEY!お台場から生放送スペシャル!!』に川栄李奈・加藤玲奈との3人のユニット「アンリレ」として出演し、10月17日発売の「意気地なしマスカレード」を「指原莉乃 with アンリレ」として4人で初披露する。 11月1日、チームAに異動。11月2日、チームAウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する。 2013年 5月21日から6月7日にかけて投票が実施された『AKB48 32ndシングル 選抜総選挙』で30位となり、アンダーガールズに選出される。 2014年 5月25日、岩手県滝沢市の岩手産業文化センターで開催された握手会で、刃物を持った暴漢に襲われ、右手の指の裂傷と骨折...

    落ち着いた雰囲気と整った顔立ち、目力の強さが特徴であり「クールビューティー」と称される。そのようなクールなイメージの一方で、横山由依によれば「クールに見えるが、実はなかなかのポンコツ」で、腹筋を割ろうとして何故か首を痛める他、天然な一面もあるという。また「やる気がない」という印象で見受けられることもあるが、入山と舞台で共演した宅間孝行は1か月間の稽古前のトレーニングや一人で発声練習をするなど努力を重ねていたことから「根性はある」と評価している。 基本的に先輩後輩問わず「あんにん」と呼ばれるが、先輩の大家志津香からは「いりあんちゃん」と呼ばれ、横山由依からは「あんちゃん」と呼ばれる事がある。 2011年時点でのキャッチフレーズは「イチゴの国からこんにちは。あなたのハートをラブズッキュン! 永遠の15歳、中学3年生の入山杏奈です」であったが、のちに「黒歴史」としている。 好きな食べ物は「お母さんのコロッケ」、イチゴ。入山いわく、キャッチフレーズは黒歴史であるが、イチゴは本当に好きである。またニックネームは「あんにん」だが、杏仁豆腐は苦手。 特技はフルートの演奏。 2013年4月20日放送分『めちゃ×2イケてるッ!』のスペシャル番組『国立め茶の水女子大学付属第48高等学校期末テスト』に出演し1位を獲得。「昔から覚えるのは得意」としている。 映画が好きで洋画を見ることが多く、特に1980年代のフランス映画を好み、『ローマの休日』のオードリー・ヘプバーンと『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカ、『スイミング・プール』のリュディヴィーヌ・サニエ、『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチといった憧れている映画ヒロインのコスプレを披露したり、あまり見に行かないジャンルのアメコミ映画の『デッドプール』を映画館で見て楽しかったと発言している。日本映画では『そこのみにて光輝く』などで知られる呉美保監督作品のファンであり、映画のサントラを聞くのも好きで『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』や『ラ・ラ・ランド』は作品も好きでサントラもよく聞く。将来の目標は女優になること。 親しいAKB48のメンバーは、横山由依や阿部マリア(現・AKB48 Team TP)、柏木由紀のほか、元メンバーでは小林茉里奈、川栄李奈、木﨑ゆりあ。 ちなみに入山は初期アンダーの頃からの横山由...

    シングル選抜楽曲

    1. 「チャンスの順番」に収録 1.1. フルーツ・スノウ - 「チーム研究生」名義 2. 「桜の木になろう」に収録 2.1. 黄金センター - 「チーム研究生」名義 3. 「Everyday、カチューシャ」に収録 3.1. アンチ - 「チーム研究生」名義 4. 「風は吹いている」に収録 4.1. 蕾たち - 「チーム4+研究生」名義 5. 「上からマリコ」に収録 5.1. 走れ!ペンギン - 「チーム4」名義 6. 「GIVE ME FIVE!」に収録 6.1. NEW SHIP - 「スペシャルガールズA」名義 7. 真夏のSounds good ! 8. 「ギンガムチェック」に収録 8.1. あの日の風鈴 - 「ウェイティングガールズ」名義 9. 「UZA」に収録 9.1. 次のSeason - 「アンダーガールズ」名義 9.2. 孤独な星空 - 「Team A」名義 10. 「永遠プレッシャー」に収録 10.1. とっておきクリスマス 10.2. 永遠より続くように - 「OKL48」名義 11. 「So long !」に収録 11.1. Waiting room -...

    アルバム選抜楽曲

    『ここにいたこと』に収録 1. High school days - 「チーム研究生」名義 2. ここにいたこと 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義 『1830m』に収録 1. 直角Sunshine - 「チーム4」名義 2. いつか見た海の底 - 「Up-and-coming girls」名義 3. やさしさの地図 4. 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義 『次の足跡』に収録 1. 確信がもてるもの - 「Team A」名義 2. 僕は頑張る 3. わたし リーフ 4. ぽんこつブルース 『ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録 1. 愛の存在 2. Oh! Baby! -「高橋Team A」名義 3. ここがロドスだ、ここで跳べ! 『0と1の間』に収録 1. Clap - 「Team A」名義 2. ロザリオ 『サムネイル』に収録 1. あの日の自分 2. 誕生日TANGO 『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』に収録 1. 靴紐の結び方 2. キスキャンペーン

    その他の参加楽曲

    シングル「初恋は実らない」(おじゃる丸シスターズ名義、2011年5月11日発売) 1. 初恋は実らない 2. かたつむり〜おじゃる丸シスターズ・バージョン〜 シングル「意気地なしマスカレード」(「指原莉乃with アンリレ」名義) 1. 意気地なしマスカレード - 歌唱はなし、ダンスのみの参加。「指原莉乃センターver.」(Type-Bの付属DVDに収録)と「川栄李奈センターver.」(Type-Aの付属DVDに収録)のミュージック・ビデオに出演。 配信限定楽曲 1. 離れていても

    映画

    1. 青鬼(2014年7月5日、AMGエンタテインメント) - 主演・堀川杏奈 役 2. 9つの窓「先客あり」(2016年2月6日、キャンター) - 主演・北岡奈々 役 3. あいあい傘(2018年10月26日、S・D・P) - 松岡麻衣子 役

    テレビドラマ

    1. マジすか学園2(2011年4月15日 - 7月1日、テレビ東京) - アンナ 役 2. マジすか学園3第4話 - 最終話(2012年8月10日 - 10月5日、テレビ東京) - アンニン 役 3. So long ! 第1話(2013年2月11日、日本テレビ) - 宮内夕希 役 4. 結婚させてください!! エピソード3「愛とトマト」(2014年9月1日 - 9月5日、NOTTV1) - 主演・小池逢 役 5. 黒服物語(2014年10月24日 - 12月12日、テレビ朝日) - 聖子 役 6. マジすか学園4(2015年1月19日 - 3月30日、日本テレビ) - ヨガ 役 7. 64(ロクヨン)(2015年4月18日 - 5月16日、NHK総合) - 三上あゆみ 役 8. マジすか学園5 第1話 - 第8話(2015年8月25日 - 9月29日、日本テレビ・Hulu)[注 1]- ヨガ 役 9. サイレーン 刑事×彼女×完全悪女 第3話 - 最終話(2015年11月3日 - 12月15日、関西テレビ・フジテレビ系) - レナ 役 10. 劇場霊からの招待状 第3話「偶像...

    舞台

    1. 歌姫(2016年9月15日 - 11月3日、大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ / 東京・サンシャイン劇場を含む7都市) - 岸田鈴 役 2. 魔女の夜(2021年2月8日 - 13日、渋谷キャスト・スペース) - 真島友紀 役 3. 天国(2021年10月 - 12月(予定))

    写真集

    1. 美しい罪(2017年3月22日、幻冬舎)

    雑誌連載

    1. VOCE(2017年12月22日 - 、講談社) - レギュラーモデル

    カレンダー

    1. 入山杏奈 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ) 2. 卓上 AKB48-149 入山杏奈 カレンダー2013年(2012年12月7日、ハゴロモ) 3. 壁掛 入山杏奈 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ) 4. 卓上 入山杏奈 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ) 5. 壁掛 入山杏奈 カレンダー2015年(2014年12月13日、ハゴロモ) 6. クリアファイル付 卓上 入山杏奈 カレンダー 2015年(2014年12月13日、ハゴロモ)

    Anna Iriyama 入山杏奈 (@iriyamaanna1203) - Twitter(2014年10月23日 - )
    【公式】入山杏奈写真集『美しい罪』 (@gento_iriyama) - Twitter
  9. 平岡円四郎 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/平岡円四郎
    • 生涯
    • 参考文献
    • 関連項目

    旗本・岡本忠次郎の四男として生まれ、16歳の時に旗本・平岡文次郎の養子となる。昌平坂学問所にて学問所寄宿中頭取(学生寮の寮長)に就任するなど若い頃から聡明だった。だが、人づきあいが苦手な性格が災いしてか「武術鍛錬のため」と2年ほどで学問所を辞めてしまう。その後10年近くは定職につかずにいたが、一時的に町方与力の助手をしたりすることはあったという。 徳川慶喜(一橋家相続及び改名前は松平昭致)が一橋家に入った際、父親の徳川斉昭は慶喜に諍臣が必要と考え藤田東湖にその人選を依頼。平岡の才能を認めていた川路聖謨や藤田から同家の小姓として推薦され、慶喜に仕えることとなった。安政5年(1858年)に徳川家定の将軍継嗣をめぐっての争いが起こったときには、平岡と中根長十郎(一橋家家老)は主君の慶喜を将軍に擁立しようと奔走したが、将軍には徳川慶福(紀州藩主)が擁立されてしまい、失敗する。しかも直後の安政の大獄では、大老・井伊直弼から一橋派の危険人物として処分され、小十人組に左遷された。安政6年(1859年)、甲府勝手小普請にされる。 文久2年(1862年)12月、慶喜が将軍後見職に就任すると江戸に戻る。文久3年(1863年)4月、勘定奉行所留役当分助となり、翌月一橋家用人として復帰した。この年、慶喜の上洛にも随行している。京都で慶喜は公武合体派諸侯の中心となるが、裏で動いているのは平岡と用人の黒川嘉兵衛と見なされた[注 1]。慶喜からの信任は厚く、元治元年(1864年)2月、側用人番頭を兼務、5月に一橋家家老並に任命される。6月2日には慶喜の請願により大夫となり、近江守に叙任される。その2週間後の6月14日、渡辺甲斐守の宿所から御用談所へ向かう途中に在京水戸藩士江幡広光、林忠五郎らに襲撃され暗殺された。平岡に同行し暗殺者を倒した川村恵十郎によると、一人に背後から頭へ、一人に腰へ一刀づつ斬り付けられ即死だったという。享年43。 遺体は京都で荼毘に伏せられ、本所の本久寺に葬られた。法号は養忠院殿徳孝日浄大居士。なお、円四郎自身の墓石は関東大震災後の特設墓地造営により失われており、東京大空襲においても同寺は被害を受け、現在はその名前は見ることはできないがコンクリート製の"平岡家之墓"に同族の平岡煕や平岡養一などと並んで葬られている。

  10. 北海道の気候 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/北海道の気候?redirect=no

    北海道の気候(ほっかいどうのきこう)としてこの項目では北海道の気候の特徴を解説する。 西岸海洋性気候や温暖湿潤気候が見られる道南の一部沿岸地域を除くと、ほぼ全域が亜寒帯湿潤気候である。 夏と冬の温度差が大きく冬の積雪は根雪となる。

  11. 其他人也搜尋了