雅虎香港 搜尋

  1. 独孤皇后〜乱世に咲く花〜 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 独孤皇后〜乱世に咲く花〜

    独孤皇后 〜乱世に咲く花〜 各種表記 繁体字: 獨孤皇后 簡体字: 独孤皇后 テンプレートを表示 『独孤皇后〜乱世に咲く花〜』(どっここうごう らんせにさくはな、簡体字中国語: 独孤皇后 )は、2019年の中国のテレビドラマ。 概要 隋の初代皇帝とその皇后の生涯 ...

    • 独孤皇后
    • 獨孤皇后
  2. 世界名作童話 おやゆび姫 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 世界名作童話_おやゆび姫
    • 概要
    • 声の出演
    • スタッフ
    • 推薦
    • 同時上映
    • 脚注
    • 関連項目

    ハンス・クリスチャン・アンデルセン原作の「親指姫」をアニメ化した作品。アンデルセン原作の東映長編アニメは、1968年春の『アンデルセン物語』(長編アニメ版)、1975年春の『アンデルセン童話 にんぎょ姫』、1977年春の『世界名作童話 白鳥の王子』に続いて4作目[注 1]。 キャラクターデザインは漫画家・手塚治虫が担当、手塚の東映長編アニメ製作参加は1963年12月公開の『わんわん忠臣蔵』以来15年振り。また、手塚の推薦で、かつて虫プロダクションに所属していた中村和子が作画監督補佐を担当している。 当時のポスターでは今回の「まんがまつり」を「まんがまつり初めてのオール新作大行進!」というキャッチコピーで宣伝していたが、実際は『ダンガードA』のみ副題は添えているもののTVブローアップ版であり、「オール新作」ではない。

    おやゆび姫:杉山佳寿子
    ブンブー:宮城まり子
    ナレーター / ゲコオ:岸田今日子
    チュミ:野沢雅子
    原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン(『親指姫』)
    製作:今田智憲
    企画:有賀健、高見義雄
    脚本:大藪郁子

    注釈

    1. ^ ただし『アンデルセン物語』は、話の中にアンデルセン原作童話を挿入する形式の作品であるため、単一原作作品では『にんぎょ姫』・『白鳥の王子』に次いで3作目となる。

    出典

    1. ^ a b c 「東映動画 長編アニメ大全集 下巻」(徳間書店)301頁 1978年 2. ^ 「1978年邦画四社<封切配収ベスト5>」『キネマ旬報』1979年(昭和54年)2月下旬号、キネマ旬報社、1979年、 124頁。 3. ^ 「日本特撮映画アドCOLLECTION」(徳間書店)83頁 2000年

  3. 龍珠伝 ラストプリンセス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 龍珠伝_ラストプリンセス

    龍珠伝 ラストプリンセス 各種表記 繁体字: 龍珠傳奇 簡体字: 龙珠传奇 拼音: Lóngzhū Chuánqí 日本語 漢音読み: りゅうじゅでんき 龍珠伝 ラストプリンセス』(りゅうじゅでん ラストプリンセス)は、2017年の中国のテレビドラマ。全30話。 ...

  4. 荘穆王后 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 荘穆王后

    荘穆王后(そうぼくおうこう、1259年 7月19日 - 1297年 6月11日)は、高麗の第25代王忠烈王の正妃。 モンゴル人で、本名は忽都魯掲里迷失(クトゥルク=ケルミシュ)。 元の世祖の娘で、1274年5月に忠烈王に降嫁される [1]。 1275年9月に生まれた長男の益知礼普花 ...

  5. チグゥ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › チグゥ
    • 概要
    • 子孫
    • 脚注
    • 参考文献

    『集史』によると、チグゥはコンギラト部族長のアルチ・キュレゲンの息子で、チンギス・カンの娘トマルンを娶って「キュレゲン(駙馬/婿)」を称した人物であったという。ただし、『集史』は「アルチ・キュレゲンの息子でトマルンの夫」に当たる人物の名前が場所によってバラバラで、シク・キュレゲンやキュレゲン・キュレゲンと表記されることもある。この内、「シク・キュレゲン(shīkū gūrkān)」を『元朝秘史』の功臣表で83位に列せられる「アシク・キュレゲン(阿失黒古咧堅)」とする説もある。一方、『聖武親征録』/『元史』といった漢文史料では一貫して「チグゥ(赤古/赤渠/赤駒/赤窟)」と表記されており、「トマルンの夫」の名前は「チグゥ」とするのが正しいと考えられている。 チンギス・カンはチグゥに対し、自らの娘トマルンを嫁がせると同時に4つのコンギラト千人隊をチグゥに委ね、西寧州(現在の青海省西寧市一帯)に派遣した。これ以後、チグゥ家はコンギラト本家から離れて西寧一帯に独立したウルスをかまえるようになる。 アルチ・キュレゲンの息子チグゥとチンギス・カンの娘トマルンの婚姻と並行してアルチ・キュレゲンの娘オキ・フジンとチンギス・カンの息子ジョチの婚姻も行われており、これは「姉妹交換婚」として対となる婚姻であると考えられている。しかし、ジョチ家はチグゥ家の領地(西寧州)から遠く離れたキプチャク草原を本領としたため、ジョチ家とチグゥ家の婚姻は続かなかった。一方、トルイの息子ジョリケは「アルチ・キュレゲンの孫娘」ブルガイを娶ったと記録されているが、これはチグゥの娘を指しているのではないかと考えられている。 チグゥはチンギス・カンによる金朝遠征にも従軍し、チンギス・カンの末子トルイとともに徳興を攻略したことが記録されている。チグゥが金朝遠征でトルイと行動をともにしたことは『モンゴル秘史』/『聖武親征録』/『元史』/『集史』といった諸史料が一致して伝えているが、その年代については史料ごとに異なる。これ以後のチグゥの動向は不明である。

    モンゴル帝国の第2代皇帝オゴデイは金朝を征服した後、征服地を「投下領」として諸王・勲臣に分配した(丙申年分撥)が、この時チグゥは濮州に領地・領民を与えられた。東平府の旧名鄆州にちなんでチグゥ家に嫁いだチンギス・カン家の女性は「鄆国公主」と呼ばれるようになり、チグゥ家の投下領は「鄆国公主位」という名義で管理されるようになった。 『元史』巻109表4諸公主表によるとチグゥ家は代々チンギス・カン家との婚姻を続けていたようで、チグゥの孫カイドゥは甕吉八忽公主を、その甥アイ・ブケは采真公主を、その息子ジャンギは鄆国大長公主忙哥台を、その弟トク・テムルは大長公主桑哥不剌を、それぞれ娶っている。 また、チグゥ家にはトク・テムル以降「駙馬濮陽王」「岐王」という王号を与えられており、トク・テムルの後は瑣南管卜なる人物が岐王位を継いだ。岐王瑣南管卜は隣接するコデン・ウルス当主イェス・エブゲンと所領争いを起こしたことが記録されている。

    宇野伸浩「チンギス・カン家の通婚関係の変遷」『東洋史研究』52号、1993年
    宇野伸浩「チンギス・カン家の通婚関係に見られる対称的婚姻縁組」『国立民族学博物館研究報告別冊』20号、1999年
    志茂碩敏『モンゴル帝国史研究 正篇』東京大学出版会、2013年
    杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年
  6. オラル (オルクヌウト部) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › オラル_(オルクヌウト部)
    • 概要
    • 子孫
    • オルクヌウト部系図
    • 脚注
    • 参考文献

    『集史』「コンギラト部族志」によると、オラルはコンギラトから派生したオルクヌウト部族の出身で、チンギス・カンの生母ホエルンの兄弟であったという。ホエルンがイェスゲイに嫁いだのを皮切りに、この一族は代々チンギス・カンの一族と姻戚関係を結ぶようになる。 オラルがどのような経緯でチンギス・カンに仕えるようになったかは不明であるが、1206年にモンゴル帝国が建国されると帝国の幹部層たる千人隊長(ミンガン)に任ぜられた。『元朝秘史』の功臣表では79位に列せられている。

    オラルにはタイチュという息子がおり、チンギス・カンの晩年には父の千人隊を継承して右翼17番目の千人隊長に数えられている。タイチュはチンギス・カンの娘アルタルカンを娶り、キュレゲン(駙馬/婿)を称した。 タイチュの後を継いだのは息子のジュジンバイ(ウジュジャガイとも)で、彼もまた第4代皇帝モンケの娘を娶った。ジュジンバイが娶ったのはモンケとオグルトトミシュとの間に生まれたシーリーンという娘であったが、シーリーンは早くに亡くなったためその妹ビチカを新たに娶っている。 タイチュ(塔出)、ジュジンバイ(朮真伯)の婚姻については『元史』巻109表4諸公主表にも記されているが、そこでは結婚相手(公主)の名前が塗りつぶされて不明となっている。諸公主表は続けて「ジュジンバイの子ベクレ(別合剌)」、「ベクレの子タバク(塔八)」もチンギス・カン家の女性(公主)を娶ったことが知るされており、姻族としてのオラル家の地位は後代まで存続していたことが確認される。

    志茂碩敏『モンゴル帝国史研究 正篇』東京大学出版会、2013年
    村上正二訳注『モンゴル秘史 2巻』平凡社、1972年
  7. 大宋伝奇之趙匡胤 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 大宋伝奇之趙匡胤

    『大宋伝奇之趙匡胤』(『大宋传奇之赵匡胤』)(英題:The Great Emperor in Song Dynasty、副題:The Legend Of Song)は、2012年に撮影され、2015年に公開された中国の歴史ドラマ。総監督は高希希。『三国志 Three Kingdoms』『項羽と劉邦 King's War』に続く ...

  8. 金童 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 金童

    金童(キムトン、1308年 - 1325年 11月26日)は、高麗の第27代王忠粛王の妃。 モンゴル人で、元の皇族の魏王アムガの娘。 1324年、忠粛王の王妃の亦憐八剌の没後、忠粛王の王妃に降嫁される [1]。翌年10月、漢陽の龍山行宮で死去。没後の1343年、元より曹国長公 ...

  9. 穆泰 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 穆泰

    として生まれた。章武長公主を妻に迎え、駙馬都尉の位を受けた。典羽猟四曹事をつとめ、馮翊侯の爵位を受けた。殿中尚書に転じ、散騎常侍・安西将軍の位を加えられた。爵位は公に進んだ。鎮南将軍・洛州 刺史として出向した。

  10. 夸呂 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 夸呂

    夸呂 [1] (かりょ / こりょ、生年不詳 - 591年)は、吐谷渾の首長。 生涯 伏連籌のとして生まれた。伏連籌が死去すると、夸呂が後を嗣いだ。可汗を号し、青海の西15里の伏俟城にいた。 城郭はあったがそこに居住せず、穹廬に常居し、水や草を求めて牧畜した。

  11. 其他人也搜尋了