雅虎香港 搜尋

  1. 腰痛治療運動 相關
    廣告
    • 【腰痛肩膊痛成因、紓緩、治療】 貓式側面深蹲3招紓緩咪做錯!
      • 出現,應找出原因,對症下藥,而一些伸展動作簡單易做,亦有助改善問題。 註冊物理治療師蔡永基就為大家推介以下3個伸展動作 : 1)+肩膊痛 - 貓式伸展(cat camel)
      www.hk01.com/健康/530345/每日3分鐘-成日坐腰骨肩膊痛-貓式側面深蹲3招紓緩咪做錯
  1. 改善腰背痛 | 護腰好方法 | 治療腰痛運動 | Medimart 樂康軒

    www.medimart.com.hk › 精選健康專題 › 護腰有法

    腰痛是一種常見的都市痛症,很多時都是長期勞損而造成。Medimart樂康軒教您護腰好方法,強化你的核心肌群,讓你遠離腰痛困擾,同腰背痛講再見。此文教各種自助方法鍛練核心腰肌遠離腰痛;如何選擇腰墊;急性腰痛及慢性腰痛如何處理?樂康軒22門店, 您的護理專家。 ...

  2. 改善腰痛的復健運動 | 健談 | 健康遠見

    health.gvm.com.tw › article › 62922

    31/10/2016 · 許多人都有慢性腰痛問題,疼痛主因可能是因為椎間盤突出壓迫神經,或是因為腰椎退化出現骨刺而致。常見的症狀包括坐骨神經痛,從大腿後外側、小腿側面、甚至延伸到腳跟、腳底都出現疼痛問題。佑康復健科診所院長張凱翔醫師表示,若想改善疼痛不適,除了就診找出病 ...

  3. 腰痛背痛怎麼辦?復健運動四招有效舒緩!

    drlee-morehealth.blogspot.com › 2020 › 06

    每天做以上的運動,相信一定能有效緩解腰痛、背痛和腳麻,如果還是有症狀或是做運動會更痛時,建議找醫師評估,是否需要做更進一步的治療(像是 增生注射治療、震波或是徒手治療),一起來克服擾人的腰背疼痛和腳麻。 #腰痛 #背痛 #腰痛怎麼辦 #背痛 怎麼辦 #舒緩 # ...

  4. 代表性的運動,是抱住雙膝的體操。. 抱雙膝式體操:仰躺,雙手抱住雙膝,停幾秒,做10次左右。. 改善腰痛體操. 彎腰拱背伸展操. 在不勉強的情況下做前彎伸展. 腰往後仰時會痛,就是後仰障礙型腰痛,身體往前彎的話可以減輕疼痛,不過在身體感覺舒服、不 ... ...

  5. 30/4/2019 · 【文、圖/摘自方言文化《深層核心肌群 科學鍛鍊運動》,作者尹濟弼】 「椎間盤突出症」,腰痛腳麻如何舒緩? 說到痠痛,最惡名昭彰的疾病,就是椎間盤突出症了。有些人常

  6. 17/6/2020 · 有腰椎滑脫問題可以運動嗎?適度加強核心肌群鍛鍊、穩定肌肉能幫助改善 也正因為如此,張軒彬博士指出,一般來說二級內的滑脫大多可以透過保守治療改善,與它和平共處,只有少數的腰椎滑脫問題需要手術治療

  7. 12/9/2018 · 持續運動‧改善腰痛. 在腰痛當中,雖然有只靠自我照護而難以獲得改善的嚴重案例,但對於較輕微的腰痛症狀,「持續自我照護」才是最重要且有效的治療。. 不少人相信「腰痛就算去治療也好不了」、「就算有慢性的疼痛,也沒辦法」,但建立起腰痛的「不 ... ...

  8. 6/10/2020 · 站直就腰痠,明明不胖但小腹怎麼都瘦不了嗎?也許你該檢視一下自己是否有骨盆前傾(又稱盆骨前傾)的狀況喔!1. 呈跪姿做準備動作。2. 雙手與腳用力將身體撐起。3. 頸部放鬆,讓頭部自然垂下。維持30至60秒,做3~4組。

  9. 10/10/2018 · 除了透過復健治療及擦藥膏,逐漸緩解症狀,我也提醒病人,要做伸展運動來舒緩肩頸緊繃的肌肉,否則很容易再復發。 此外,長時間坐著,而感到腰痛、腳麻,或是頸部疼痛、手麻、頭暈、頭痛等,整體來說,都是姿勢不良造成的,要如何才不會引起這些問題呢? ...

    • 1.運動の重要性と得られる効果
    • 2.運動の種類
    • 3.運動を行う際のポイント・注意点

    ◆慢性的な腰痛に有効

    腰痛は痛みが続く期間の違いによって大きく2つに分けられます。筋肉痛やぎっくり腰のような一時的な腰痛である「急性腰痛」と、骨や椎間板の変形、筋肉の衰え、肥満やストレスなどが原因で、痛みが長期的に続く「慢性腰痛」です。(参考:急性腰痛と慢性腰痛) 急性腰痛はしばらく腰を休ませていれば良くなるため、鎮痛剤などで痛みを和らげつつ安静を続けることで十分対処できます。しかし、痛みの原因がより深刻で複雑な傾向がある慢性腰痛の場合、こうした対処法では一時的に痛みを和らげることはできても、痛みの根本的な原因を取り除くことはできません。 慢性腰痛の多くは、腰まわりの筋肉や骨が衰えて腰を支える力が弱くなった結果生じます。更にストレスや内臓の病気が関わっているケースもあります。運動療法は、腰を丈夫にするだけでなく、肥満やストレスの解消効果や、体力・免疫力の向上によってケガや病気を遠ざける効果もあります。 慢性腰痛の治療に役立つだけでなく、腰痛の再発を抑える高い予防効果も期待できます。 急性腰痛は急激な炎症を伴うことが多いため、腰を動かすと炎症が強まって症状が悪化することが多いです。そため体を動かさずに安...

    ◆運動によって得られる効果

    1.腰が強くなる・腰を支える力が強まる 運動で適度な負荷をかけると、腰の骨が丈夫になり、腰まわりの筋力も強くなります。 腰部の背骨である「腰椎」は、腰の中心を通り、周囲を筋肉や靭帯によって支えられています。これらの組織が強化されることで腰を支える力が強まり、背骨もまっすぐに保てるようになります。 腰痛体操やストレッチを行うと筋肉や靭帯の柔軟性が高まり、関節の可動域(動く範囲)も広くなります。その結果、腰への負荷や衝撃をよく吸収・分散できるようになります。 2.姿勢が良くなる 姿勢の悪さは腰痛の大きな原因の一つです。腹筋や背筋が鍛えられると上体が安定するため、猫背などの悪い姿勢になりにくくなります。また、体の老化が進むほど骨盤が前傾して背骨の歪みがひどくなりますが、運動によって筋力を強化したり老化を抑えることで、背骨の形を正常に保つことができます。(参考:背骨のゆがみと腰痛) 3.体の老化を防ぐ 適度な運動を行うと、体の老化のスピードが遅くなり、体の組織を若く保てます。 「軟らかく柔軟性のある筋肉と靭帯」、「若く水分に富んだ柔軟な椎間板」、「スムーズに動く関節」、「緩やかなS字カー...

    運動療法の内容は、種類別に大きく3つに分けられます。 腰をゆっくり動かして曲げ伸ばしする「柔軟体操・ストレッチング」、基礎体力の向上や肥満・ストレスの解消につながる「全身運動(有酸素運動)」、腰まわりの組織を強化する「筋力トレーニング」があります。

    ◆いくつかの運動を組み合わせて行う

    柔軟体操、有酸素運動、筋力トレーニングの3種類の運動は、それぞれ得られる効果が異なります。一つだけ行うよりも、複数並行して行うほうが治療効果は高くなります。まんべんなくできれば一番ですが、初めから全て行うのは大変ですので、まずは自分に一番必要と思われるものから試し、慣れてきたら徐々に色々な運動法を取り入れていきましょう。

    ◆継続して行う

    運動で最も大事なことは「継続すること」です。例えば運動の効果を得るためには合計で20時間以上続ける必要があるというデータがあります。1日30分行った場合でも1か月以上かかることになります。できれば毎日、忙しくても週に2、3回は運動を行うようにしましょう。AAOS(アメリカ整形外科学会)では、腰の筋力強化・早期社会復帰を目的とした場合、10~30分の運動を1日1~3回行うように勧めています。 継続することが大切とはいえ、自分で決めた目標やノルマは必ずこなすという厳しいルールを作ってしまうと、無理をして症状を悪化させる危険性が高まります。あまり気負わずに、大体の目安をほぼ毎日続けるといった気楽な心構えで臨みましょう。 普段から体を動かす習慣がある人でもない限り、毎日続けるのは難しいものです。運動を続けやすくする工夫・対策をしましょう。 まず、どんな運動をするか決める際には、一般に腰に良いとされているものを選ぶより、「自分が行って楽しいかどうか」を基準としたほうが続けやすいです。 また、初めからきつい運動を行ったり高い目標を設定せず、まずは外出する機会を多くしたり、気分転換の散歩を日課...

    ◆しっかり準備してから行う

    豊富な運動の経験や予備知識もなく、自己判断だけで安易に運動を初めてしまうと、思わぬトラブルに見舞われる恐れがあります。 運動経験の少ない人や腰痛の症状がひどい人は、運動の種類、量、強さなどについて事前に医師と相談してから行った方が安全です。特に椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、骨粗しょう症の患者、関節の変性が進んでいる人、痛みが激しい人、持病のある人、通院中の人などは、必ず事前に医者の指示を仰いで下さい。 思わぬケガや腰痛の悪化を起こさないよう、運動の前には入念すぎるくらいの準備運動(ウォーミングアップ)を行い、腰の筋肉や関節をしっかりほぐしておきましょう。運動後の整理運動(クーリングダウン)も大事です。整理運動は筋肉の疲れをとり、回復を早めたり筋肉痛の予防効果があります。

  1. 腰痛治療運動 相關
    廣告
  1. 相關搜尋

    腰痛運動