雅虎香港 搜尋

搜尋結果

  1. FAX. +852-2968-1722. www.japan.travel/hk/hk/ 所長からのメッセージ:小沼 英悟. 日本人観光客に負けないレベルの知識と情報をリアルタイムで入手し、時々の目的に合わせ最適な日本国内の訪問先を選択し、関心ある商品やサービスがあれば、そこまで出向き積極的な消費もする。 そのような、日本全国の皆様にとってビジネスチャンスに満ちた魅力的な消費者がいるのが香港の訪日旅行市場です。 また、マカオは、人口68万人と少ないですが、訪日客数は12万人を超える高密度マーケット(香港・台湾に次いで世界第3位! )です。 マカオ空港のみならず、地方への定期直行便が充実した香港空港から日本に出かける人も多い成熟市場ですので、地方誘客の点でも成果が出やすい注目市場です。

  2. 香港市場マーケティング戦略. 全体方針. 海外旅行者のほとんどが訪日経験者である成熟市場。 訪日旅行回数が増えるに伴い、 旅行消費額単価が向上 する傾向があるため、 リピーターの更なる訪日 を促す。 具体的には、 再訪日意欲を喚起 させるために新規開業施設情報等をきめ細かに発信したり、 地方訪問需要を高める ために各地のアウトドア・アクティビティ、期間限定のイベント、食等に関する情報を積極的に発信するなどし、年齢や同行者を問わず何度でも楽しむことができる「生涯デスティネーション」の位置付けを目指す。 地方誘客の強化 を目指し、日本の地方空港との間で航空路線を有する航空会社などとの共同広告を実施する。 ターゲット. 30~50代 夫婦・パートナー.

  3. ドバイ事務所. 日本政府観光局(JNTO)は、訪日旅行市場主要都市を中心に世界26箇所に海外事務所を設置しており、各事務所の基礎情報や担当地域、業務内容などについてご紹介しています。.

    • Jnto海外事務所の活動【香港事務所
    • 香港市場における「Instagramの人気投稿カテゴリと傾向」について
    • インバウンド事業を支援するjntoの各種取り組み

    今回の記事では、香港事務所 の活動の一部をご紹介します。 ※2021年1月時点の資料のため、最新情報は変更している可能性があります。最新の市場動向は、毎月の報道発表資料に記載される「地域別訪日旅行市場の概況」をご確認ください。

    JNTOニュースフラッシュより抜粋した記事として、前回はデリー事務所発「インド人の心理を読み解く!(コミュニケーション編)」(下記参照)を当サイトで取り上げたことに引き続き、今回は香港事務所発の記事をご紹介します。 最近のJNTOニュースフラッシュでは、香港事務所発の記事として、「11月時点の香港の状況と、香港人の興味関心について」や「香港現地のレポートと、今後の訪日旅行の見通し」を取り上げました。当サイトでは、2020年4月7日に配信した「Instagramの人気投稿カテゴリと傾向」を掲載します。当内容は2020年4月時点のものですが、コロナ禍が続く状況でもSNS上における消費者の関心や好みには大きな変化はないので、改めて参考にしていただけますと幸いです。 ニュースフラッシュ内の最後でご紹...

    JNTOでは上記のニュースフラッシュをはじめ、賛助団体・会員向けに各種取り組みを行っております。詳しい内容については下記の記事や、こちらのパンフレットをご覧ください。 下記は、その他の海外事務所の記事です。ぜひご覧ください。

  4. ⽇本⼈旅⾏者の国別訪問者数については、各国の受⼊国統計やUNWTOの統計から情報⼊⼿可能な範囲で転記しJNTOでまとめています。 各国が公表した⽇本⼈来訪者数(受⼊国統計)に基づく数字となっていますが、国によっては過去年の数字が変更されることがありますのでご了承ください。 また、本表に掲載のない情報については各国の政府機関等にお問い合わせください。 各国・地域別 日本人訪問者数〔日本から各国・地域への到着者数〕(2017年~2021年) (PDF)

  5. JNTOツーリストインフォメーションセンター(JNTO TIC)へのアクセス. 〒100-0005. 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル1階. TEL: 03-3201-3331. 開所時間:9:00〜17:00(休館日 1月1日). 外国人観光案内所(TIC)の運営 外国人観光案内所の認定 JNTO認定外国人観光案内所 ...

  6. 台湾市場マーケティング戦略. 全体方針. 海外旅行者のほとんどが訪日旅行経験者であるという市場特性を踏まえ、リピーターであっても経験したことがないような地方の魅力をオウンドメディアや旅行博出展などを通じて発信するとともに旅行会社に関連旅行商品の造成を促すことで、 リピーターの更なる訪日 と 地方誘客の促進 を目指す。 家族・親族旅行の中核世代である30~40代及び訪日旅行の最大ボリューム層である20~40代を対象に、最新のアドベンチャートラベルや飲食施設の情報を積極的に発信し、 地方誘客促進・旅行消費額単価向上 を図る。 旅行消費額単価を向上 させるため、50代以上の高所得者層を対象に、上質な宿泊・飲食施設やSDGsを意識した文化体験などのコンテンツ紹介の発信を強化する。

  1. 其他人也搜尋了