雅虎香港 搜尋

  1. 黄光鋭 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 黄光鋭

    1938年、南昌航空站原站長の楊官宇に命じて容章、容章灝ら元広東空軍メンバーを集めさせ、空中運輸隊を新設 [21]。 老朽化した輸送機を使っていたが、成都に逃れた頃には全機喪失していたため、1939年夏に ビーチクラフト D17R と デ・ハビランド DH.89 ...

  2. 中華民国空軍 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中華民国空軍
    • 創設期
    • 拡充期
    • 日中戦争
    • 第二次世界大戦後
    • 現状

    中国に飛行機が持ち込まれたのは清末期の1909年2月21日、上海競馬場にてフランス人ルネ・バロンがソメール複葉機を操縦したことに始まる。1910年10月にはロシア人飛行家アレクサンドル・コセミンスキーが北京の天安門広場でブレリオ XIの飛行を行った。また、1911年3月には広州出身で、1909年にアメリカ合衆国(米国)で中国人初の飛行を成功させた米国籍中国人馮如が、広州の燕塘にて自作の航空機で飛行した。中国籍としては浙江省出身の厲汝燕が1911年10月17日にイギリス(英国)にてライセンスを取得した。清国政府もこうした動きを看過できず、新軍気球部隊の創設のほか、劉佐成と李寶浚に南苑に飛行機小試験廠を設置させた。 辛亥革命勃発後、黎元洪率いる湖北軍政府(中国語版)はエトリッヒ・タウベ2機を発注。しかし機体が届いた頃には革命は終結しており、南京臨時政府は南京衛戍司令部交通団の管轄下に初の航空隊である飛行営(営長:李寶浚)を組織する。しかし、北洋政府の成立後、飛行営は解体され、タウベは南苑に送られた。 中華民国建国後、臨時大総統に就任した袁世凱と副大総統の黎元洪は、航空機と潜水艦がこれからの戦力で重要になるとするフランス人軍事顧問パリゾの提案で航空隊の創設に着手。また北京に南苑航空学校を創設した。使用機はコードロン G.3(英語版)およびG.4、コードロンC型(英語版)などである。 1913年冬にボグド・ハーンの侵攻に呼応して内蒙古で反乱が起こると、南苑航校教官の潘世忠操縦、1期生生徒の呉経文偵察で「托羅蓋」(新疆省綏来県(中国語版)、現:新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県北北東のホシフトロカイ(和什事托羅蓋)の事か)にて偵察任務を行う。これが初の実戦投入となる。その後も、1914年春の白朗の反乱、1915年の陳宧の四川派遣、同年末の護国戦争(袁世凱の死により帰還)、1917年7月の張勲復辟で教官や生徒が偵察や爆撃、伝単散布に投入された。 その後、安直戦争による安徽派の失脚で南苑航空学校の人員は直隷派や奉天派に分散。各地で勢力を築いた軍閥は互いに戦闘を繰り広げたが、その中で彼らの航空戦力は偵察や爆撃に重要な役割を果たした。それに伴い、直隷派の保定航空学校、山西派の山西航空学校、奉天派の東北航空学校や山東航空学校、雲南派の雲南航空学校が開校した。 一方、孫文率い...

    1928年10月、全国の軍政は統一され、国民革命軍総司令部航空処は軍政部航空署に改編された。飛機隊2個と水面飛機隊1個を保有していたが、後に航空隊に改称され、5個隊に拡充された。しかし国民政府による統治はまだ不安定で、東北空軍、広西空軍など一部の有力な軍閥空軍は中央空軍に編入されず勢力を温存していた。中でも中原大戦では西北軍空軍が中央空軍と中国史上初の空中戦を展開するなど、大きな脅威となった。加えて1931年5月に陳済棠が広州国民政府(第5次広東政府)を樹立すると張恵長、黄光鋭、陳慶雲ら中山航空隊以来の古参軍人が離反して同空軍に加わるという痛手を負った。これらの私設空軍は、海外の航空専門家からは「阿片空軍」と呼ばれた。 1928年10月、国民政府は空軍兵力の中央人員を養成するため、南京の中央陸軍軍官学校内に航空隊を設立。のち杭州の筧橋に移転し「中央航空学校」を称する。教育はジョン・ジュエット元大佐率いる米国軍事顧問団が担当し、厳格な審査基準で既存パイロットも容赦なくふるいにかけられた。 第一次上海事変では、日本海軍の空母「加賀」「鳳翔」艦載機と3度の空中戦を展開。最初の空中戦では双方不慣れだったため戦果はなく、2回目はアメリカ人義勇兵のロバート・ショート(英語版)が加賀航空隊の生田乃木次に撃墜されるが、3回目は石邦藩ほか1名が加賀航空隊の一三式艦上攻撃機2機を撃墜した。当時、戦闘機はV-65Cコルセア(英語版)やボーイング218、爆撃機はユンカース W33(英語版)やユンカース K47(英語版)等を使用していた。 事変後の1932年春には8個隊にまで拡大するが、同年8月に4個に縮小。1933年、轟炸(爆撃)、駆逐、偵察の3隊が増設され、同時に航空教導総隊が編成された。 1933年、満州事変で拠点を追われた旧東北航空の人員や器材を接収。1933年2月、航空署の全職員は空軍階級に変更。空軍階級は、例えば中校→空軍上尉、中将→空軍上校というように本来より2階級低く設定されたが、待遇自体は元の階級と変わらなかった。また航空部隊は整備され、飛行人員の一部は中央航空学校高級班で再教育を受け、一部の非軍事学校出身者は中央陸軍軍官学校で軍事訓練を受けた後、中央航空学校に送られた。 1933年、カーチス・ホークⅡ、ローニング水陸両用機、アブロ621練習機(英語版)を購入するも、...

    開戦初期(1937~1938年)

    日中戦争(支那事変/抗日戦争)勃発後の1937年8月14日、高志航率いる第4大隊の新ホークが杭州への渡洋爆撃を行った九六式陸攻を迎撃し、うち3機を撃墜(八一四空戦(中国語版))。この出来事は戦後「空軍節」として長らく記憶されることとなる。戦闘機隊はその後も度々陸攻に痛手を負わせ、特に日本海軍内部でも巻き起こっていた戦闘機無用論を大きく改めさせることとなった。また、1938年5月19日には徐煥昇(中国語版)率いる第14大隊のB-10が九州に飛来し、鹿地亘の作成した反戦ビラを散布した。しかし、これらの航空機の供給源となっていた米国は日本との対外関係悪化を危惧。同じくイタリアも3月までに軍事顧問団を撤収させ、中国は閉塞状態となっていた。そんな中、中ソ不可侵条約によりSBやI-15、I-16などのソ連機が大量供給され、南京・武漢空中戦などで戦果を挙げた。 また、スペイン内戦経験者も多く構成されたソ連空軍志願隊が派遣され、中国空軍戦闘機隊との共同作戦の他、台湾・松山飛行場への爆撃に成功している。この他の外国人義勇部隊として、スペイン内戦経験者のヴィンセント・シュミットを隊長とする国際第14...

    暗黒時代(1939~1940年)

    しかしこの間、南京、武漢、杭州、南昌、広州といった沿岸部が日本軍の攻撃により陥落。また、高志航、劉粋剛、李桂丹、楽以琴など初期に活躍したエースパイロットも次々と命を落としていった。中国空軍は国民政府とともに奥地に逃れ、梁山飛行場(中国語版)、重慶白市駅飛行場(中国語版)、懐化芷江飛行場(中国語版)などを拠点とし防御に努めたが、次第に物量的に圧倒されることとなる。加えて、零式艦上戦闘機の登場とソ連の支援終結は中国空軍に大打撃を加えた。同時期に行われた重慶爆撃など奥地への空爆に対しては奥田喜久司大佐乗機の撃墜など多少の戦果はあったものの、「積極防空」を果たすほどの力はなかった。消耗した中国空軍は日本軍の戦闘機との戦闘を避けざるを得なくなり、この時期は中国空軍の「避戦時期」「暗黒時代」と呼称される。 この間、1939年夏に戦闘機としてカーチス・ライト CW-21、輸送機としてビーチクラフト D17Rとデ・ハビランド DH.89を少数導入している。

    米国の参戦(1941~1945年)

    こうした状況を打開するべく、シェンノートは米本国に戦闘支援の交渉に赴く。米国政府は対ナチス・ドイツ戦重視の観点から最初は中国支援に冷淡であったが、最終的にフランクリン・ルーズベルト大統領が動き、支持獲得に漕ぎ付けた。1941年3月のレンドリース法成立後にアメリカから供与されたP-40で日本陸海軍に挑んだ。また、シェンノートの手で同年8月に米陸軍航空隊出身者で義勇軍部隊「フライング・タイガース」が創設され、戦力を補った。 日本軍による真珠湾攻撃後、第二次世界大戦に正式に賛成した米国は日独と直接戦うとともに、中国への支援に本格的に乗り出した。フライング・タイガースに代わり、正規軍として第10航空隊第23戦闘機大隊(中華特遣隊)、中国航空機動部隊(CATF)が設立される。1943年3月には、蔣介石とシェンノートの要求で昆明に第14航空隊が設立。更に11月には中国空軍と第14航空隊との合同組織として中美混合空軍団(英語版)(CACW)が創設された。中国空軍は、新飛行士の育成や米国留学による再訓練で実力を回復させ、日本軍施設の空爆や連合軍の対地支援に大きな役割を果たした。 また、末期には、...

    第二次世界大戦終結後は米国から供与されたP-38やP-51を運用し、共産党を相手に内戦を戦い(国共内戦)。当時、共産党空軍はまだ航空戦力が乏しかったため対地攻撃が主で、東北民主連軍航空学校の練習機を破壊したり、共産党に寝返った巡洋艦「重慶号」を使用不能に追い込んだりするなどの功績を挙げた。たが、米国大統領ハリー・トルーマンが中華民国軍への支援縮小を決定したために支援が減少し、共産党の人海戦術に圧倒されて敗北。中華民国政府とともに台湾へ移動する。また、蔣経国が蔣介石の度重なる催促を受け、1949年1月に突貫工事で完成させた舟山群島の定海飛行場を拠点として、上海付近からの湯恩伯系部隊の撤退を支援した。 3軍の中では遷台を早期に完了させたため、陸海軍のような部隊単位での反乱は起こらなかったが、パイロットが飛行機に乗って共産党に寝返る事件が戦後~1949年までの間に27件起こった(中華民国国軍と人民解放軍間の空軍機脱走事件(中国語版))。1950年以降、上海の発電施設等に空爆を行ったが、民間人も多く犠牲になったとされる(上海空戦(中国語版))。 1960年代までは「大陸反攻」を前提とした編制を行ってきた。しかし、本格的な上陸侵攻能力に乏しい海軍が悩みの種であり、そのため空軍はより守勢な形での防空を主任務とせざるを得なかった。その後、U-2撃墜事件でアメリカ空軍のU-2が本国帰還を余儀なくされる一方で、供与されたU-2を運用して中国本土を偵察する黒猫中隊が編成され、1970年代には超音速戦闘機であるF-104がアメリカより供与されるなど、空軍として充実した体制を整えた。しかし、1972年の米中国交樹立、台湾国民政府の国連議席喪失などもあり台湾は国際的孤立を深め、そのため装備面では旧式の航空機を闇市場で武器商人から通常の3~4倍もの高価格で調達せねばならないといった苦境も味わった。1990年代以降、最新鋭のAMRAAM空対空ミサイルを装備するF-16戦闘機や、E-2早期警戒機が米国から、ミラージュ2000戦闘機がフランスから供与されるなど、ある程度の近代化も図られたほか、F-CK-1の開発により戦闘機の国産化を実現した。

    現在の中華民国空軍では、アメリカ製やフランス製をはじめ規格の異なる多種類の機体を運用することによるコストの増大や整備の煩雑さ、また人手不足が稼働率を脅かす課題となっている。大量の第4世代ジェット戦闘機に加え、近未来の戦闘機といわれる第5世代ジェット戦闘機の開発を敢行して急速な近代化を進める中国人民解放軍空軍への対策も急務である。日本政府の発表した『防衛白書』によれば、諸外国が有する空軍力の指標である第4世代ジェット戦闘機の数では、台湾は2006年前後に人民解放軍に追いつかれ、2008年前後には追い抜かれており、2013年時点では少なくとも300機の格差をつけられている。 質量ともに拡大しつつある格差への対策として、中華民国空軍は2011年から向こう10年前後の時間をかけて人民解放軍に対する対抗措置を実施することとなった。具体的には、空軍のレーダーサイト1か所において弾道ミサイル早期警戒システム(アメリカ製フェーズドアレイレーダー)を1基導入し、2012年に導入された直後には、同年12月に北朝鮮がフィリピン東方沖の太平洋に向けて発射した「飛翔体」が1段目と2段目のブースターを分離しながら飛んだ様子をレーダーで確認した。また、F-16が装備するAMRAAMミサイルの能力を最大限に発揮するための機材として、AESAと電子戦関連機器をアメリカから輸入すると共に、66機のF-16C/Dを輸入する。空軍の地対空ミサイル部隊への指揮命令系統の改善を通じて、空軍力の向上も図られる。 中華人民共和国は、台湾に対する兵器や軍事技術の移転に反対しているが、2010年代後半から激化している米中対立を背景に、米国政府はF-16のF-16Vへのアップグレードに協力しており、2021年11月18日に記念式典が開かれた。 先制攻撃により基地の滑走路が使用不可能となることを想定し、幹線道路の直線区間を代替滑走路とする離発着訓練が行われている。

    • 空軍
    • 1929年
  3. 広東航空学校 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 広東航空学校
    • 沿革
    • 参考文献
    • 外部リンク

    孫文率いる中華革命党は、軍閥を殲滅し中華統一を果たすべく、海外華僑と協力して日本の滋賀県八日市町に中華革命党航空学校(1915年)、アメリカに美州航空学校(1916年)や図強飛行機公司(1919年)、カナダに中国強華飛行機学校(1919年)等の飛行学校を創設し、楊仙逸(中国語版)、黄秉衡、陳慶雲らパイロットの育成に着手した。また、1916年の護国戦争では中華革命党航空学校卒業生と坂本寿一、立花了観ら日本人教官9名を含む87名の人員が中華革命軍東北軍(長:居正)指揮下に「華僑義勇団飛機隊」(管理主任:胡漢堅)として、7月より山東省濰県城に実戦投入された。 1917年9月、広東軍政府大元帥として広州に拠点を構えた孫文は、海外で訓練を受けた華僑パイロットとマカオで購入した航空機を集めていた。そうしたパイロットの張恵長(中国語版)、林福元(アート・リム)、譚根(トム・ジム)の3人は1919年1月、広州に飛行学校の設立を立案。しかし、譚はサンフランシスコで人力車に乗っていたところを何者かに暗殺され、計画はとん挫した。 1920年、大元帥府の下に航空局(局長:朱卓文(中国語版))、および「中山航空隊」第1隊(隊長:張恵長)と第2隊(隊長:陳應權)が編成された。1921年、孫文は62項目からなる「国防計画」を策定、うち9項目に「航空救国」と題し、航空隊の拡充、航空学校の建設によるパイロットの自主育成や飛行場、修理施設の設置を立案した。本計画に基づき1924年7月、広東軍事飛機学校として設立。前年度より飛機廠として利用されていた東山新河浦(中国語版)の革製品工場跡に建てられたが、経費の関係により学校の設備は非常に粗末なもので、練習機は4機のみであった。後に航空局がある大沙頭飛行場(中国語版)付近に移転。 第1期学生は、黄埔軍官学校第1期生から劉雲、王勲(叔銘)、馮洵(達飛)、王翺(鳳儀)、万鵬(少鼎)、袁政(滌清)、郭予如(一予)の7人、飛機修理廠から唐鐸、金震一、朴泰廈が選定された。 1925年秋、第1期生卒業。しかし飛行時間が不足していたため、広東国民政府は8月30日に劉雲、唐鐸、王勲、王翺、馮洵、朴泰廈の6人をソ連に留学させた。 第2期学生は、1925年7月に黄埔軍官学校第2期生から選定され、9月に入学、10月から正式に開学した。飛行班と観察班の二班があり、それぞれに1...

    陳存恭 (1978-6). “中國航空的發軔(1906-1929)” (PDF). 中央研究院近代史研究所集刊 (中央研究院近代史研究所) 7: 321-420. http://www.mh.sinica.edu.tw/MHDocument/PublicationDetail/PublicationDetail_1133.pdf 2019年12月10日閲覧。.
    中山雅洋『中国的天空(上)沈黙の航空戦史』大日本絵画、2007年。ISBN 978-4-499-22944-9。
    马毓福編著 (1994). 1908-1949中国军事航空. 航空工业出版社
    盧克彰編著『空軍建軍史話』空軍總部政治作戰部、1974年。
    “广东航空史略” (中国語). 广州文史. 2018年5月22日閲覧。
    “廣東空軍航校簡史” (中国語). 中國飛虎研究學會. 2018年5月22日閲覧。
  4. Category:中国の男優 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Category:中国の男優

    下位カテゴリ このカテゴリには下位カテゴリ 2 件が含まれており、そのうち以下の 2 件を表示しています。 カテゴリ「中国の男優」にあるページ このカテゴリには 184 ページが含まれており、そのうち以下の 184 ページを表示しています。

  5. サミー・リョン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › サミー・リョン
    • 出演作品
    • 音楽作品
    • 外部リンク

    ラジオ番組

    1. 『捜尋音楽』 2. 『森美小儀COLOR CAFE』 3. 『森美心思思日記』 4. 『KPS反轉一粒鐘』 5. 『末日嬉戲』 6. 『不日嬉戲』 7. 『青蘋果與紅提子』 8. 『志健美先生』 9. 『恐怖份子』 10. 『愛上903吧』 11. 『一切從音樂開始』 12. 『森美變態樂園』 13. 『森美小儀餓o靚之home』 14. 『森美小儀餓o靚之van』 15. 『森美小儀dot dot dot』 16. 『森美小儀山寨王』 17. 『嘩嘩嘩打到嚟! 森美梁何國良 大小不良』(2004年6月28日-2004年7月2日) 18. 『森美小儀K饉40』 19. 『903 傍住你放榜』 20. 『架勢堂』 21. 『森美移動』

    ラジオドラマ

    1. 『獨臂少年』 2. 『來不及聽你說愛我』 3. 『七剣』 4. 『Model王傳奇』 5. 『公子日記』 6. 『大衛営』 7. 『爆籃無敵』 8. 『森美幻想劇』 9. 『奪標前傳』 10. 『天空之王』 11. 『街車王』 12. 『十九樓半的夏天』 13. 『uma與neko』 14. 『宇宙突擊隊 Uma與Neko—砂鍋雲吞雞』 15. 『巴治奧』 16. 『仙樂都』 17. 『鴿子園』 18. 『黄金少年』 19. 『森之愛情』(クリスマス篇) 20. 『森之愛情Ⅱ 電燈膽』 21. 『生滋愛情Ⅱ 電鬚刨』 22. 『笑談広東話』 23. 『森美幻想劇』

    テレビ番組

    2005年 1. 香港ケーブルテレビ『先睇星期四』(サンドラ・ン&サミー・リョン) 2. 香港ケーブルテレビ『再睇星期五』(サンドラ・ン&サミー・リョン) 2006年 1. tvb『15/16』(サミー・リョン&キティ・ユン) 2. tvb『2006年ミス・チャイニーズ・インターナショナル・ページェント』 2007年 1. tvb『香港小姐奧運任務』(サミー・リョン&キティ・ユン) 2. tvb『2007年ミス香港コンテスト』 3. tvb『殘酷一叮』(サミー・リョン&ミリアム・ヨン) 4. tvb『開森玩家』(サミー・リョン&ヤン・ン) 5. tvb『2007年ミス・チャイニーズ・インターナショナル・ページェント』 2008年 1. TVB『2008年ミス・チャイニーズ・インターナショナル・ページェント』 2. TVB『亮相』(サミー・リョン&キティ・ユン)

    アルバム

    1. 2001年:『十九樓半的夏天-舞台オリジナルサウンドトラック』 2. 2002年:『奪標-舞台オリジナルサウンドトラック』 3. 2003年:『大衛営舞台オリジナルサウンドトラック』 4. 2005年:『亞卡比槍擊事件-舞台オリジナルサウンドトラック』 5. 2007年:『Don't Be Scared EP第一版』(森美移動)(Silly Thing) 6. 2007年:『Don't Be Scared EP第二版』(森美移動)(Silly Thing)

    歌曲

    1. 2007年7月-2007年9月:「八月的蝴蝶」(『森之愛情』主題歌) 2. 2008年3月:「金牌司儀」(『森美金牌司儀 The Show Must Go Wrong』主題歌) 3. 2008年3月:「Sound Track」(『森美金牌司儀 The Show Must Go Wrong』)

    (中国語) サミー・リョンのDJプロファイル(香港コマーシャルラジオから)
    (中国語) SAMMY-LEUNG.COM
    (中国語) Sammy's Flavor
    (中国語) サミー・リョンのインタビュー
  6. 大水滸シリーズの登場人物 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 大水滸シリーズの登場人物

    大水滸シリーズの登場人物(だいすいこシリーズのとうじょうじんぶつ)は、北方謙三の小説『大水滸シリーズ』(『水滸伝』およびその続編の『楊令伝』『岳飛伝』)に登場する架空の人物の一覧である。

  7. 水滸伝 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 水滸伝
    • ストーリーの概略
    • 水滸伝の来歴
    • 『水滸伝』の原本
    • 日本における『水滸伝』の受容
    • 回目(百回本)
    • 回目(百二十回本)
    • 内容(百二十回本)
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    時代は北宋末期、汚職官吏や不正がはびこる世の中。様々な事情で世間からはじき出された好漢(英雄)百八人が、大小の戦いを経て梁山泊と呼ばれる自然の要塞に集結。彼らはやがて、悪徳官吏を打倒し、国を救うことを目指すようになる。 ストーリーの詳細については#内容(百二十回本)を参照。人物については#登場人物、「水滸伝百八星一覧表」、または「Category:水滸伝の登場人物」を参照。

    水滸伝の物語は実話ではない。しかし14世紀の元代に編纂された歴史書『宋史』には、徽宗期の12世紀初めに宋江を首領とする三十六人が実在の梁山泊の近辺で反乱を起こしたことが記録されている。講談師たちは12世紀中頃に始まる南宋の頃には早くも宋江反乱の史実をもとに物語を膨らませていったと推定され、13世紀頃に書かれた説話集『大宋宣和遺事』には、宋江以下三十六人の名前と彼らを主人公とする物語が掲載されている。 15世紀頃にまとめられた水滸伝では、三十六人の豪傑は3倍の百八人に増やされた。また、荒唐無稽で暴力的な描写や登場人物の人物像を改め、梁山泊は朝廷への忠誠心にあふれる宋江を首領とし、反乱軍でありながらも宋の朝廷に帰順し忠義をつくすことを理想とする集団と設定され、儒教道徳を兼ね備え知識人の読書にも耐えうる文学作品となった。とは言え、反乱軍を主人公とする水滸伝は儒教道徳を重んじる知識人にはあまり高く評価されず、もっぱら民衆の読む通俗小説として扱われた。その風潮の中で、明末の陽明学者で儒者の偽善を批判した李卓吾が水滸伝のような通俗小説を高く評価したことはよく知られている。同じ時期に農民反乱を扇動する作品であるとして禁止令が出されており、また清代には京劇の題材にとられ、108人が皇帝に従うという展開が西太后などに好まれた。 中国共産党では、「投降主義」的であると見なされ、降伏経験のある幹部や原則主義的な立場から見て妥協的であるとされる幹部への間接的な批判として水滸伝批判が行われた。1975年の毛沢東の名による水滸伝批判では、宋江が前首領の晁蓋を棚上げして実権を握り、自ら首領となった挙句に朝廷に帰順したことが革命への裏切りであるとして非難され、批判的に読むための連環画形式のものも出版された。これは「四人組による周恩来批判であった」と後に解釈された。 文化大革命が党によって全面批判された後は、このような政治的位置付けは行われなくなり、京劇の上演なども復活している。

    中国の通俗小説は「回」と呼ばれる講談の一話に相当するまとまりからなるが、現存する版本からの考察では百回構成が最も古い形とされる。容与堂本では、梁山泊に百八人の豪傑が集うまでを描いた七十一回と、梁山泊と朝廷の奸臣たちが派遣した官軍との戦いを描く十回、百八人が朝廷の招安を受けて、北方の契丹人の王朝遼と戦う九回、江南で宋江たちと同じように方臘の乱を起こしていた方臘を官軍として討伐する中で梁山泊集団が壊滅してゆく過程を描いた十回に分かれる。 水滸伝が人気を博するようになると、16世紀頃に最後の方臘戦十回の前に、百回本では叛徒として名前が登場するのみの田虎、王慶の反乱軍を鎮圧するそれぞれ十回が付け加えられた百二十回からなる版が生まれた。これを百二十回本と呼び、もともとの百回構成の版を百回本と呼ぶ。 17世紀の清代に、金聖嘆は百回本のうち物語が面白い部分は梁山泊に百八人が集う第七十一回までであると判断し、第七十二回以降を切り捨てた上で、第七十一回後半を書き改めて最終回とし、かつ回数を整えるため本来の第一回を前置きとし、第二回以下の回目をそれぞれ一回ずつ繰り上げた七十回本を作り、出版した。遼との戦いを含む後半部分を、女真人による異民族王朝である清が忌避したためとする説もある。清代には七十回本が流行し、中国では20世紀に入るまで水滸伝と言えば七十回本を指した。中華人民共和国成立後、七十回本の体裁にならいつつ、回目を復旧した七十一回本も出版されている。

    日本へは江戸時代に輸入され、1728年(享保13年)には岡島冠山により一部和訳され普及し19世紀初めには翻訳、翻案が数多く作られ、浮世絵師の歌川国芳や葛飾北斎が読本の挿絵や錦絵に描いた。 1773年(安永2年)には建部綾足『本朝水滸伝』が成立した。これは本編を換骨奪胎し、さらに日本の歴史をも改変した、現在日本の伝奇小説の先駆けともなる作品である。ほかに『水滸伝』ものとしては『新編水滸画伝』を著したこともある戯作家曲亭馬琴は特に水滸伝を日本を舞台とする物語に取り入れ、代表作となる『椿説弓張月』や『南総里見八犬伝』を書いた。また、パロディである『傾城水滸伝』も書いている。 江戸時代後期の侠客である国定忠治の武勇伝はのちに『水滸伝』の影響を受けて脚色された。浪曲や講談で知られる『天保水滸伝』は、侠客笹川繁蔵と飯岡助五郎の物語に水滸伝の名を冠したものである。

    第一回 張天師祈禳瘟疫 洪太尉誤走妖魔
    第二回 王教頭私走延安府 九紋龍大鬧史家村
    第三回 史大郎夜走華陰県 魯提轄拳打鎮関西
    第四回 趙員外重修文殊院 魯智深大鬧五台山
    第九十一回 宋公明兵渡黄河 盧俊義賺城黒夜
    第九十二回 振軍威小李広神箭 打蓋郡智多星密籌
    第九十三回 李逵夢鬧天池 宋江兵分両路
    第九十四回 関勝義降三将 李逵莽陥衆人

    百八の魔星、再び世に放たれる

    北宋は第四代皇帝仁宗の時代、国の全土に疫病が蔓延し、打てる手を尽くした朝廷は最後の手段として、竜虎山に住む仙人張天師に祈祷を依頼するため、太尉の洪信(こうしん)を使者として派遣する。竜虎山に着いた洪信は様々な霊威に遭うが、童子に化身した張天師と会い、図らずも都へと向かわせることが出来た。翌日、道観内を見学する洪信は「伏魔殿」と額のかかった、厳重に封印された扉を目にする。聞けば、唐の時代に、天界を追放された百八の魔星を代々封印している場所で、絶対に開けてはならないという。しかし、これに興味を持った洪信は道士らの制止も聞かず、権力を振りかざして無理矢理扉を開けさせる。中には「遇洪而開(こうにあいてひらく)」という四文字を記した石碑があり、これを退けると、突如目も眩まんばかりの閃光が走り、三十六の天罡星(てんこうせい)と七十二の地煞星(ちさつせい)が天空へと飛び去った。恐れをなした洪信は、皆にこの事を固く口止めして山を降り、都へ戻った。

    高俅の栄達

    その後、祈祷の霊験があって疫病は収まり、数十年の時が過ぎて、洪大尉を始め、龍虎山での事件を知るものの多くは既に世を去った。天下は八代目の皇帝(徽宗)が治める時代となっていたが、その寵臣に高俅という男がいた。この男は、その天才的な蹴鞠の腕だけで異例の出世を遂げた心の拗けた悪漢で、帝の寵愛を笠に好き勝手に振舞っていた。禁軍の棒術師範である王進は、父がゴロツキ時代の高俅を逮捕した事があり、報復を恐れて都から逃げ出す。途中、華州の豪農の一人息子史進に会い、彼に武芸を教授した。史進はその後、しばらくして少華山の山賊と交流を持つようになるが、これが役人に漏れ、故郷を出奔、諸国遍歴の旅に出た。史進は渭水で情に厚く豪放磊落な下級武官魯達と遭う。魯達は悪い高利貸に騙された旅芸人の親子を救おうとするが、誤って高利貸の肉屋を殺してしまい逃走、五台山に逃げ込んで出家し智深と法号を得る。だが、大の酒好きで天衣無縫の魯智深には寺務めは肌に合わず破門、何かと目をかけてくれる禅師の紹介で都の大寺院大相国寺の菜園番となる。

    梁山泊

    魯智深は都で、禁軍槍棒術師範の林冲と意気投合し義兄弟となる。だが林冲は妻が高俅の息子に横恋慕されたために、無実の罪に陥れられて流罪となり、親友にも裏切られるという悲劇に見舞われる。何度も命を狙われた林冲だが、魯智深や流刑先の大富豪柴進らの助けでなんとか生き延び、柴進の紹介で済州にある山賊の根城、水郷・梁山泊へと向かう。梁山泊の首領・王倫は柴進の旧知だが、狭量な男で、林冲の武芸の腕を怖れて入山を渋るものの、周りの取り成しで三日以内に追剥ぎを成功させるという入山試験を課す。三日目に林冲は、任務に失敗して出奔中の武官・楊志と交戦、楊志の腕を見た王倫は林冲への対抗勢力として入山を勧めるが、大赦を機に復職を目指す楊志は拒絶、王倫は渋々林冲の入山を認めざるを得なくなる。一方、都へ向かった楊志は復職に失敗、自暴自棄になっていた所をゴロツキに絡まれこれを殺害、北京大名府での労役という刑罰を与えられるが、そこの御前試合で活躍したことにより留守司梁世傑に気に入られ、図らずも復官を果たす。数ヵ月後、楊志は梁世傑の舅で宰相・蔡京への莫大な誕生祝(実質は賄賂)・生辰綱の運搬の責任者となった。

    長尾光之、「「水滸」集団の形成と性格」『福島大学教育学部論集 人文科学』 1976年 28-2号 p.129-138, 福島大学教育学部
    笠井直美、「『水滸』における「対立」の構図」『東洋文化研究所紀要』 1993年 122巻 p.43-118, doi:10.15083/00027137, 東京大学東洋文化研究所
    笠井直美、「李宗侗(玄伯)旧蔵『忠義水滸傳』」『東洋文化研究所紀要』 1996年 131巻 p.27-104, doi:10.15083/00027106, 東京大学東洋文化研究所
    馬場昭佳、「清代における『水滸伝』七十回本と征四寇故事について」『東京大学中国語中国文学研究室紀要』 2004年 7巻 p.74-97, doi:10.15083/00035311, 東京大学文学部中国語中国文学研究室
  8. 劉顕 (後趙) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 劉顕_(後趙)

    劉 顕(りゅう けん、生年不詳 - 352年)は、五胡十六国時代 後趙の人物。実質的に後趙を滅ぼした人物である。 経歴 後趙に仕え、石祗麾下の将軍であったという。351年3月、石祗の命により、7万の兵を率いて魏帝を称していた冉閔討伐に向けて出兵し、鄴から23里の ...

  9. 大紫荊勲章 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 大紫荊勲章

    大紫荊勲章(だいしけいくんしょう、Grand Bauhinia Medal)は、香港の栄典制度における最高位の勲章であり、香港の繁栄に対する生涯に渡る顕著な貢献を表彰して授勲されるものである。 受勲者は、名前の後ろに GBM あるいは 大紫荊勲賢 の敬称(ポスト・ノミナル ...

  10. 香港の小学校一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 香港の小学校一覧

    香港の小学校の一覧では十八区に分けて、香港の公立、私立、英基学校協会 (中国語版) 旗下の小学校および国際学校を挙げる。 九龍塘宣道小学校 黄埔宣道小学校 美国国際学校 香港澳洲国際学校 畢架山小学校(英基学校) 中華基督教会基華小学校 (九龍塘)

  11. 其他人也搜尋了