雅虎香港 搜尋

  1. 防水外套 相關
    廣告
    • 速乾服飾

      高效速乾面料,方便日日換洗,低至5折

      衛生清潔,清涼速乾 ,日日洗密密換

    • 防護裝備

      防水外套,易潔易乾,低至5折

      防水面料,抗污速乾,全方位防護

  1. レインコート - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › レインコート

    レインコート(英: raincoat )とは、耐水性あるいは防水性のある素材でつくられた、主に雨天時に着る外套。 合羽(かっぱ)、雨合羽(あまがっぱ)ともいう。 丈の短いものはレインジャケット(英: rain jacket )、トップスとボトムスのセットはレインウェアと呼 ...

  2. トレンチコート - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › トレンチコート
    • 概要
    • 特徴
    • 関連項目

    トレンチコートの起源は第一次世界大戦のイギリス軍で、寒冷な欧州での戦いに対応する防水型の軍用コートが求められたことから開発されたものである。もっとも、その原型は既に1900年頃には考案されており、第一次大戦での普及が、一般への広がりの契機となったとも見られる。 「トレンチ(塹壕)」の称は、このコートが第一次大戦で多く生じた泥濘地での塹壕戦で耐候性を発揮したことによる。平時のファッションとして用いられるようになってからも、軍服としての名残を多く残す。 イギリスのバーバリーとアクアスキュータムの2社の製品が元祖と言われ、現在でも有名である。 実用性が高く、かつ外観的にも機能美に優れることから、1930年代以降、特に男性の冬のファッションにおいて定番の一つとなった。ハンフリー・ボガートやアラン・ラッドなどの俳優がフィルム・ノワールの中で着用したことでより人気が高まり、トレンチコートに「ハードボイルド」のスタイリッシュなイメージを植え付けた。

    生地にはギャバジン(防水加工した綿生地)ないしウールを用いるのが普通であるが、近年は合成繊維や皮革も用いられる。 肩にはボタン留めのショルダーループ(エポレットとも言う。肩章と同一視されることもあるが厳密には異なる)が付き、水筒や双眼鏡、ランヤード(拳銃吊り紐)などを吊ったり、ベルトを掛ける、またループ式の階級章や徽章を装着することができる。戦闘中に仲間が撃たれて倒れた時には、このストラップを持って物陰に引き込むことにも役立った。こうしたショルダーストラップは同様の理由から、諸外国の軍人や現在の日本の自衛官などの制服や外套、戦闘服や作業服、更には警笛を繋いだモールやチェーンを吊るために警察官や警備員の制服や外套にも付いている。また、腰回りに備え付けられているD鐶は、もともと手榴弾を吊り下げる用途の名残とされているが、もっぱらマップケースといった装具を吊り下げることが想定されていた。 襟元にはチン・ストラップと呼ばれる帯が付き、また、手首にもストラップを備え、これらを適宜締めることで寒風を防ぐことができる。 容易に着脱できるよう、ラグラン袖が用いられる場合が多い。 ウエスト位置のベルトはトレンチコート最大の特徴で、腹部を暖かく保つと共に、整ったシルエットを形作る。 右胸(肩)に縫い付けられた当て布はストームフラップと呼ばれ、襟を全てボタン留めした際に雨だれの侵入を防ぐための物である。本来は男性用被服の右前合わせなので、右側にのみ設けられ、女性用の左前合わせであれば左側に設けられる。現在は単なる飾りになっている場合も多く、両側に設けられたり、省略された製品もある。 古典的なトレンチコートの場合、両腰のポケット部分は、内側に着込んだ上着のポケットに手を届かせるため、袋でなく単なるスリット(筋状切り口)になっている。 1. 革製のトレンチコート 2. 東ドイツ・ライプツィヒの国有工場で製造されたトレンチコート 3. 女性用のトレンチコート白 4. ビロード製の女性用のトレンチコート黒 5. 1930年のナチ党示威行進。中央のゲッベルスがトレンチコートを着ている 6. トレンチコートを着た、第1ノルウェー独立中隊(イギリスSOE隷下)の指揮官マルティン・リンゲ 7. トレンチコートを着た東ドイツ市民

  3. 外套 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 外套
    • フォーマル系
    • セミフォーマル系・スポーツ系
    • マント系
    • ビジネス・軍服関係の外套
    • カジュアル・軍服関係の外套
    • カジュアルの外套
    • 和服の外套
    • レインコート(雨衣)

    1. 礼装用途にも使用される外套。屋内礼装・屋内準礼装である燕尾服、モーニング、ディナージャケット(タキシード)、ディレクターズスーツの上に着用しても礼を失しないとされる。 2. フロックコートや背広に似た形状で、ノッチト・カラー[注釈 3]で、胸に箱ポケット、両脇にフラップ付きポケットが付き、ウエストをやや絞った背広を巨大化したような外見。前袷は本来シングルフロントの比翼仕立てであったが、ダブルフロントの物もあり、どちらの形であっても中に着込んだ上着が見えないようにVゾーンを狭く着丈を長く作るのが伝統的な意匠である。また上襟をベルベットやサテンなどの光沢のある別素材で仕立てると、よりフォーマル性が高くなる。 3. 名前の由来はイギリスのチェスターフィールド伯爵が最初に着たという説が有力とされる。

    アルスターコート(ガーズコート、ガーズマンコート)

    1. トレンチコートの元祖。元々、北アイルランドのアルスター地方産のウール素材を使用したことが名の由来。1860年代末に男性用として登場し、のちに女性用にもデザインが採用されるようになった。英国の旅行着として流行し、シャーロック・ホームズのシリーズの一作におけるホームズの旅行外套としてもアルスターコートが取り上げられている。 2. アルスターカラーの前袷がダブルフロントの6ボタンか8つボタンが特徴。取り外しができるフードやケープつきで、背バンドという帯が背中に付いている。仲間にポロコート、ブリティッシュウォーマーがある。重い生地で仕立てることが多かったためヘビーコートとも呼ばれ、また袷の深いダブルフロントで嵐にも耐える意味からストームコートとも呼ばれる。

    ポロコート

    1. ポロ競技者が待ち時間に着用するイギリス発祥の厚手ウール製のロングコートで、ブリティッシュウォーマー、アルスターコートと関連が深い。元々ウエイト・コートとよばれていたが、アメリカに渡り、ブルックス・ブラザーズ社からポロコートの名で売り出された。ダブル6つボタン。背バンドが付き、袖口は幅広の折り返しのターンナップカフ、襟はアルスターカラーまたはピークドラペル、ポケットは大きめのフレームドパッチ式ポケットが特徴。 2. 日本には20世紀半ばにアイヴィールックのアイテムの一つとして米国経由で紹介され、その当時ブルックス・ブラザーズ社が提案したキャメルブラウンのポロコートが人気を博した。但しブルックス・ブラザースモデル以前の、英国での伝統的ポロコートはダークカラーが中心であったとの説もある。

    1. 古くは乗馬や狩猟の際の防寒外套として、カバートクロスと呼ばれる丈夫な綾織りウールで作ることから名づけられたコート。カバートクロス生地は、狩猟時に獲物を追いながら木立や藪をくぐり抜ける際に引っ掛かったり鉤裂きが起きにくいように、起毛を寝かせ滑らかに仕上げられていることが多い。 2. チェスターフィールドコートと同様にフォーマルで用いられる場合もあり、また20世紀前半から英国の街着としても流行し今日に至る。意匠としては、袖に3本から4本のステッチ(レールウェイステッチと呼ばれる)が入り、前袷は風が入りにくい比翼仕立てのシングル3つまたは4つボタン。

    1. 取り外しのできる長めのケープの付いた男性用の外套で、袖があるものと無いものがある。スコットランド北西部のインヴァネス(インバネス)地方で生まれたことからこの名称がついた。日本へは明治期に入り、袖がないものは「とんび」「二重回し」などともよばれ、着物と組み合わせて着用された。かつては礼装用途にも使用されていた外套。

    1. 肩からゆったり下がる袖なしの外套。通常は前開きで、円形裁断や直線裁ちなどがあり、丈や素材、デザインは多種多様。ケープのポルトガル語である「カッパ (capa) 」は、日本に入り合羽(かっぱ)となった。

    1. 袖なしの外套のことで、ケープの一種。古くは男性用のオーバーコートの一種(ケープ、マント)を指した。着た形が釣鐘に似ていることから、フランス語で釣り鐘を意味するクロッシュ (cloche) あるいは、クローク (cloque) からきている。

    ブリティッシュウォーマー(ブリティッシュウォーム、グレートコート)

    1. 第一次世界大戦のイギリス陸海軍の士官の軍服に使用された厚手ウール素材の防寒コートで、その後は一般に普及した。アルスターコート、ポロコートの一種。前袷はダブル仕立てで、勲章付きの軍礼装の上に羽織る前提で容積を大きめに作ることが多い。膝丈か少し短めの丈で、インバーテッドプリーツは馬に乗ることを想定したボタン留めで、肩章が付いているのが特徴。

    タイロケン(タイロッケン)

    1. もともと英国バーバリー社の19世紀末頃のオリジナル・デザインで、冬季軍装として多く用いられた。 2. フロントボタンがなく、タイでロックするすなわち帯で固定するという名称由来の通り、ウエスト全周を共素材のベルトのみで絞って留めるガウンのような構造。ベルトはバックル付きで、コートの後ろ中心部と、前脇部分に留めつけられている。シングルフロントながらダブルフロントに見えるほど前袷が深い。綿やウールのギャバジンでつくられることが多い。

    1. 防水素材製の肩章付ダブル前のベルト付きコート。前述のブリティッシュウォーマー、タイロッケンコートを原型として、ラグランスリーブ、ガンパッチ、エポーレット、手榴弾携行用Dリングなどを追加した軍用機能性外套。トレンチの名称は英国軍が第一次世界大戦時の塹壕戦で着用されたのが由来。バーバリーが発明した目の詰まったゴム引きコットンギャバジンなどの、汚れにくく雨風を通しにくい素材で作られることが多く、戦後は一般市民に広がった。

    1. 50年代にアメリカ軍の野戦用コートとして採用された。60年代初期に流行したモッズルックで着られたフード付きコートで、ドローストリングで腰を絞ることができ、裾の後ろが割れた作りで、裾に縫い付けられた紐で腿に巻き付けられるようになっている。日本では主に「モッズコート」として知られるが、アメリカ軍では「コート」ではなく「パーカ」と呼ばれている。軍用パーカーは完全武装した兵士が装備の上から着るなので普通のコートの基準で考えると大きいそのサイズ感に特徴がある。

    1. 60年代にアメリカ軍の野戦用ジャケットとして採用された。マウンテン・パーカに似た機能性と堅牢性を最優先としたデザインで、オリーブグリーン色の耐水性綿素材でつくられる。アメリカ軍では「コート」に分類される。

    1. M-51シェルパーカの後継として60年代にアメリカ軍の野戦用コートとして採用された。フードが取り外せるようになっている。

    スパニッシュコート(ゴールコート)

    1. スパニッシュカラーと呼ばれる、襟が特徴のカジュアルなコート。コーデュロイで作られることが多い。

    スペクテーター・コート

    1. スタジアムや野外スポーツ観戦のときなどに着用するコートで、別名スタジアム・コートや、ベンチ・ウォーマーなどともよばれる。防水性のある合成繊維素材などでつくられ、衿や裏地にボアやファー、ニットなどを使い、前開きをトグルボタンやドットボタン留めるカジュアルなデザインで、カラフルでチームのロゴ入りのものが多い。スペクテーターとは、スポーツ観戦する人の意味。サッカー選手が待ち時間にはおるベンチ・ウォーマーの一種で、応援するチームのカラーやマークが入ったサッカー観戦用のコートのことを、特にサポーター・コートという。

    ダスター・コート

    1. 春先に風でほこりが多いときなど、主に「ほこりよけ」として着る薄いコートで、綿や合成繊維の目が詰んだ素材でつくられる。防水性もあり、レインコート兼用のものが多い。西部劇でよく着用される。

    角袖コート

    1. 着物に合わせて着るコート(洋服でも良い)インバネスコートから別れたコート、ステンカラーコートの外観を参考にした。

    道行コート

    1. 男女兼用のコート、主に着物に合わせる(着物でなくても良い)。半コートとも。

    1. 着物に合わせて着るコート(洋服でも良い)

    1. 女性用の雨コート。

    雨コート

    1. 主に着物に合わせるレインコート(洋服でも良い)

    1. ケープと同じ語源。

  4. コート (衣服) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › コート_(衣服)

    外套 (がいとう)。. スリーシーズンコート( 英: three season coat ). 断熱材 が脱着式になっているコート。. それぞれ狭義にはもっと細かな条件が存在するが、そこまで厳密に呼び分けされることは稀である。. 例えばオーバーコートは、寒い季節に着用して ... ...

  5. スキーウェア - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › スキーウェア

    スキーウェアは、スキーやスノーボードの際に衣服の一番上に着用するスーツ [1]。スノーボーダー用に作られているものもあるが、ほとんどはスキー、スノーボードのスタイルを問わずどちらにも使用される。よりカジュアルなものは、子どもたちが冬の日常のアウター ...

  6. マント - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › マント
    • 歴史
    • 職業別・身分別
    • 現代の創作作品におけるマント
    • 関連項目

    マントの歴史は古く、その起こりは人間が狩猟を始め、その毛皮などをそのまま羽織って防寒具としたことから始まる。マントはラテン語で"Mantellum" といい、英語では "マントル(Mantle)" であるが、この語は「覆い」を意味する。なお、日本語のマントに関してポルトガル語を起源とする説があるが、フランス語のmanteauが語源とされている。 体を覆うためのマントのような衣服は各地で見ることができる。ここではヨーロッパ諸国のマントの歴史を見てみる。 人間が織物をし、布地を生産できるようになるとそれらを利用するようになってくる。まずは古代ローマやギリシアで用いられたヒマティオンやパルラなど四角い布を体に巻くような単純なものやトガのようにある程度裁断された布を体に巻いて着付けるようなものが出始める。ビザンティン時代になると半円形または台形に裁断されたものを肩から羽織り、片方の肩で留めるようなマントが見られるようになる。 特に有名なのは、イタリアはラヴェンナのサン・ヴィターレ聖堂のモザイク画に見られるユスティニアヌス1世と皇后テオドラの姿である。二人が着ているのはパルダメントウムと呼ばれるマントで紫の生地を基本とし、襟周りは宝石に彩られ、裾周りは金糸による豪華な刺繍が見られる。 中世からルネサンスにかけて、マントは当時のファッションに欠かせないものとなってくる。特に支配層となる人たちとって、マントは権威を象徴するものとなり、より長く、より豪華になっていった。形状は主に半円形のものが多く、それを両肩を隠すように羽織り、胸元でブローチや紐で留める、または、頭から羽織って胸元で留める、またはそのまま包まる、片方の肩を出して体に巻きつけるなどの多彩なバリエーションで着られるようになる。ルネサンス期に描かれた聖母マリアの姿に当時の女性のマントの羽織り方を見ることができる。 産業革命以後、いろいろな名前をつけられたマントが出てくる。ニスデール (Nithsdale) とはフードつきの長いボリュームのあるマントであるが、ニスデール伯爵夫人 (en) から名づけられたマントである。これは自分の夫をロンドン塔から逃がすために使われたため、その名前が付いた。また、四角い布の上部にギャザーを寄せ、開口部を調節できるように紐が通されたフードをつけたキンセールクローク (Kinsale c...

    学生のマント

    日本では第二次世界大戦前から戦後にかけて、旧制中学校や旧制高等学校、大学の学生が、防寒着として着用していたことがある。白線帽、高下駄に黒マントという服装は、バンカラ旧制高校生の象徴とされ、旧制高校の記念像などに見られる。現在では学生がマントを着用することはほとんどない。1980年代の一時期に大阪府の四天王寺中学校・高等学校で防寒着として採用されていた。また、卒業式に着用されるアカデミックガウンをマントと呼ぶこともある。 ポルトガルの大学生が新入生歓迎の行事や卒業を祝う行事で、大学の制服であるスーツの上からマントを着用することがある。

    看護師のマント

    日本や欧米の看護学校や大学の看護学部の学生が戴帽式のときにマントを着用することがある。また、1960年代までの欧米の看護師が防寒着として着用していたこともある。 そのデザインは、表地が紺色、裏地が赤の場合が多い。丈は膝丈程度のものもあれば、踝(くるぶし)まで覆うほど長いものもある。

    ビジネスマンのマント

    イギリスではスーツを着る際、ハット(主としてソフト帽)も被るのが当然であり、外ではマントも着用しなければならない。正装時はステッキを片手で持つ。スーツに加えハット、マント、ステッキを揃えるのが正統とされる。現代の日本ではハットやマントは着けないが、冬季は防寒のためにマント代わりに上から外套(オーバーコート)を着ることが多い。今でこそスーツには様々なタイプがあるが、元々スーツはベストを含めて一式であり、ベスト等を廃したツーピースは伝統的なものではない。 礼装としても用いることができる。マントのほかにもインバネスコート・ケープ・クローク・ローブ等が該当する。

    マントは、キャラクター性を際立たせる演出的に優れた衣裳として、現代の創作作品(舞台芸術、映画、テレビドラマ、小説、漫画、アニメ、ゲーム等々)の中で数多くの着用例がある。男性が身にまとうことは多いが、女性でもめったに見られないというほど珍しいものではない。

  7. ディッキー (衣服) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ディッキー_(衣服)
    • 概要
    • ディッキーの材質
    • 女性服のディッキー
    • 現代ファッションにおけるディッキー

    ディッキーの上に付け襟をつけ、さらにその上にウェストコート、カマーバンド、タイなどを着用すれば、どう見ても普通にシャツを着ているように見える。 激しい運動などをするとディッキーが外に飛び出すことがあり、そうなるとディッキーであることがばれてしまう上に色々と見えてしまって恥ずかしいが、ボードビルの芸人にとっては鉄板ギャグの一つである。ディッキーが外に飛び出すのを防ぐため、タブを降ろしてズボンに引っ掛けるものもある。 材質は布・紙・硬質プラスチック(セルロイド)などがある。セルロイドのディッキーは19世紀終盤に登場し、史上初めて商業的に成功したセルロイド製品の一つとなった。 もともとはシャツの洗濯などが手軽にできなかった時代の発明である。ディッキーが発明されたことで、正礼装のシャツの前部分を付け襟と同様に分離して、洗濯や糊付けをより簡単にできるようになった。ディッキーは伝統主義者からは「悪」とみなされ、次第に使われなくなっていったが、現代ではそもそも伝統主義者でも毎日イブニングスーツを着て生活している人はほとんどいない。 ディッキーの語は、「シャツ」を意味するコックニー(イギリスの労働者階級で話される下町言葉)の押韻俗語「dicky dirt」に由来する。当時のイギリスのオフィス・ワーカーはシャツを着用することが求められたが、彼らの給与からすると洗濯した綺麗なシャツを毎日着ることは難しかった。特に1850年代にはみんな汚いシャツをディッキーで覆い隠して生活していた。

    セルロイド(硬質プラスチック)のディッキー

    セルロイドのディッキーは、その防水性と汚れにくさで人気があった。伝統的な布地のシャツの前身頃とは異なり、セルロイドのディッキーはシワになったりくしゃくしゃになったりすることが無く、滑らかで真っ白でままであった。セルロイドのディッキーは、モーニングやイブニングの正礼装のシャツのときに着用する胸当て(いわゆるイカ胸)の外観を再現している。いろんなデザインがあり、例えば縁が丸いもの、まっすぐなもの、ひもなどで服にくくりつけないもの、ズボンにくくりつけるもの、横に伸ばしたひもで背中でくくりつけるもの、などがあった。そのため、このディッキーはエンターテイナーやミュージシャンなどのパフォーマーによく使われていたが、一方で、硬い、扱いにくい、よく外に飛び出す、などといった点が必要以上にネタにされていた。「バッグス・バニー」のアニメで、バッグス・バニーがオペラの指揮者をしている設定で、オペラ歌手のズボンがずり落ちてディッキーがパンツ丸見えのオペラ歌手の喉に巻きつくというシーンがある。「The flapping dickey」は、わざとパタパタするように調整したディッキーを使うボードビルの有名な鉄...

    紙製のディッキー

    紙製のディッキーは、劇場やサービス業などで、制服としてリネンの礼服を使うのにかかる費用を節約するために使われた。ウェイター、ホテルのボーイ、ドアマン、ベルボーイ、リムジンのドライバー、召し使いなどが使っていた。現在でも生産されている。

    布製のディッキー

    布製のディッキーは様々なスタイルに使われ、例えばドレスシャツの前身頃と襟、フリルシャツ(いわゆるヒダ胸)などに使われた。 プラスチック製のディッキーがファッションの先端から消えて長い期間がたつが、布製のディッキーは現代でも時折見られることがある。現代のファッションとしてはセーターを着ているように見せるタートルネックのセーターのディッキーがよく使われる。マーチングバンドのユニフォームにもよく使われる。

    ディッキーは伝統的に男性が着用していたが、1943年頃より女性にも着用されるようになった。それ以前から着用されていたかどうかはともかくとして、1943年の『Vogue New York』誌にディッキーの広告が出ている。宣伝文句によると「あなたの新しいスーツを活気付け、古いのは若返らせる」とのこと。女性のディッキーは綿やレーヨンで作られ、刺繍、レース、ジャボット、フリルなどで装飾されている。当時の価格は2~3ドルだった。 女性向けディッキー用のパターンは、1944年に発行されたButterick社(アメリカの洋裁用具会社)のパターン集に8種類のディッキーが載せられているのを見ることができる。ディッキーは長きに渡ってファッションの主流からは遠ざかっていたが、手芸のレベルでは続いていて、近年のファッション界における流行につながっている。

    近年、ディッキーの人気が高まっている。2011年には、ディッキーズとメンズウェアからインスピレーションを得たランジェリーがミニマリストの間で人気となった。2011年には付け襟とディッキーが「ピーターパンカラー」としてファッションショーに登場した。2013年には、従来のニットとコットンだけでなくレザーとシルクのディッキーがネックウォーマーとして登場した。2015年にはディッキーのネックウォーマーが冬物のアクセサリーとして登場。2015年には現代デザイナーのMichael Korsがディッキーを採用。 テレビの『The Big Bang Theory』のキャラクターHoward Wolowitzがディッキーを着ており、『Dinner for Schmucks』のTherman Murch(Zach Galifianakisが演じる)がオレンジのタートルネックのディッキーを着ている。『National Lampoon's Christmas Vacation』のCousin Eddie(Randy Quaid)が濃いグリーンのタートルネックのディッキーを着ている。

  8. ギャバジン (織物) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ギャバジン_(織物)

    ギャバジン(英語: Gabardine )は、織目がきつく丈夫に作られた綾織りの布で、スーツや外套、ズボン、制服、ウインドブレーカーなどに用いられる。 日本では略してギャバと呼ばれることもある [1] [2]。 伝統的には ウーステッド(梳毛) (英語版) のウール(羊 ...

  9. 体操着 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 体操着
    • 各国での指定
    • 歴史
    • 構成
    • 着用
    • 脚注
    • 関連項目

    北海道以外の日本全国の小学校、中学校、高等学校では学校体操服が指定されていることが多い。日本では体育の時間以外にも遠足やボランティア活動などにも着用されるため所属を示す固有のデザインの体操服であることがその条件とされている。学校体操服はメーカーの設計したデザインやブランドから選択されるが、学校体操服は「制服に準ずる服装」という考え方と「体育の教材」という考え方があるとされ、学校ごとの体操着の選択は投票で決定している学校もあれば体育科教員が決定している学校もある。 中国でも学校体操服の指定がある。中国の中学校・高校では、登下校時や体育を含むすべての授業で「校服」と呼ばれるジャージ上下を着用している(学校制服#中華人民共和国も参照)。 韓国でも学校体操服の指定がある。韓国では多くの小・中・高校で体操着を定めている。小学校では青や水色を基調としている場合が多い。中学校・高校では、冬季はジャージや丸首のトレーナーを着用し、夏季は日本と同じ白地の半袖体操着も見られる。体操着は「体育服」と呼ぶが、学校の体操着だけでなく、成人が着用するジャージやトレーニングウェアなども「体育服」と呼ぶことがある。 日本人学校(小・中学校)では現地、海外の児童、生徒も日本の児童、生徒と同じ体操着を着用するだけでなく、体育帽子まで被らせているところもある。 欧米では体育の授業の際は各自で運動しやすい服装や靴を自由に着用することとしている学校もある。アメリカ合衆国では服装も自己表現の一つと考えられており制服や体操着は一般的ではない。フランスでも体操着の指定は一般的ではなくジャージの着用でよいとしている例がみられる。一方、イギリスやイタリアでは学校によっては体操服が指定されている場合もある。

    日本では森有礼が文部大臣就任後の1887年夏頃に「兵式体操に関する建言案」を起稿し、これを背景に師範学校を含む学校の体操科では軍事的色彩が強くなり、学校体操服も軍服に準じた服装となった。1886年(明治19年)の高等師範学校を皮切りに陸軍士官学校の制服、制帽、靴に模したフランス式の服制が一般化した。当初の学校体操服は「演習服」と呼ばれており教練や兵式体操の延長の行軍旅行にのみ着用されていたが、やがて通常の授業でも着用されるようになった。 一方、女子は明治初期には「着流し」と呼ばれる和服を着用していたが、着物の裾は長くタスキ掛けなどをして運動に参加していた。明治30年代になりドイツ人医師エルヴィン・フォン・ベルツ(東京医学校教師)の主張などもあり袴が着用されるようになり、袴の裾などを改良した「くくり袴」も登場した。さらに1903年(明治36年)にはアメリカでスウェーデン体操を学んだ井口阿くりが留学から帰国し、ブルーマーズと呼ばれる1850年代からアメリカで採用されていたズボンの上にスカートを着けた改良服をもとに「体操袴」を考案した。この体操袴に若干の改良を加えたものが日本での女子用体操ブルーマーズとなり、1906年(明治39年)の「体操遊戯取調報告」の「女生徒運動服ニ関スル件」で図案付きで紹介されたが、これが運動服に採用されるのは大正末期から昭和初期である。 第二次世界大戦終戦直後の1947年(昭和22年)の『学校体育指導要綱』では、学校体操服について「服装は簡易、軽快、清潔にして品位をもたせる。」と定められた。ところがそれ以降の学習指導要領において体操服に関する記述はなくなった。 1964年(昭和39年)の東京オリンピックの開催でジャージの学校体操服の普及・定着がなされたといわれている。 1975年、複数の学販スポーツウェアメーカーによって任意団体である「SSC(スクールスポーツクラブ)会」が発足した。

    体操着は普段着より身体の動かしやすさを重視して作られている。 多くの学校では体操着は基本的に次のセットで揃えられる 地域や学校によっては、気候的、もしくは精神論的な理由等から年中上着Bのみの姿で過ごさせる場合も有る。 学校によっては、体操着またはラインや名前の刺繍や校章の色を変えて学年を区別していたり、ジャージ上下のみ学校指定で、体操シャツ・ハーフパンツは色だけ指定しているところもある。 体操着と共に着用する下着(インナーウェア)はTPOに応じて着用する必要があり、スポーツ・体育授業など運動時はスポーツブラ(スポーツブラは形状・材質が通常のブラジャーと異なり、運動時以外での着用は適さない)などのスポーツ用の下着またはそれに準ずる下着を着用、健康診断受診時は下着着用に制限がある。小学校5年生女子の体育授業で体操着の下に汗をかいてそのままにしていると風邪を引くと言う理由で下着・ブラジャー着用を禁止して問題になったことがあった [注 1]。 男子は学校によって組体操・騎馬戦・棒倒しなどの実施時や男女ともに健康診断の一部検診項目などでは、体操着はボトムスのみ着用して上半身は下着姿または裸の場合がある。 マニア向けに大人用の体操服も売られている。

    体育授業以外での着用

    体育の授業以外でも、体を動きやすくするために掃除活動、ボランティア活動、部活、遠足、健康診断、学習発表会など学校活動時や、地域のマラソン大会や盆踊り大会、テレビの視聴者参加型番組等で着用することもある。また、映画やドラマ、グラビア等の撮影でも着用することもあり、学校卒業後も体操着一式を廃棄しないで保管したり、何らかの事情で着用することもある。 上記の理由で、体操シャツ、体操パンツだけでなく、紅白帽子や鉢巻、手拭い、水泳帽子などの被り物、ハイソックス、上履きまたは運動靴などの靴下や履き物、軍手や手袋、マスク、競泳ゴーグルなどの装身具、チョッキや法被など半袖体操着シャツの上に着用する上着やスクールセーター、カーディガンなど長袖体操着シャツの上に着用する上着まで体操着一式として使用するケースもある。 従来、登下校及び授業において学校制服の着用が義務付けられていた学校でも、熱中症対策やクールビズ対応等のため、登下校や体育以外の授業中にも任意で体操着の着用が認められるようになっている。さらに、登校後には、必ず体操着に着替えるよう着用を強制している学校もある(千葉県の一部地域の中学校など)。...

    出典

    1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 佐藤園、川村佳子、古川育実、松田太希、越宗久美子. “学校管理下における傷病の発生と子どもの環境としての被服に関する一考察〜体操服を例として〜”. 岡山大学大学院教育学研究科研究集録第152号(2013)51-63. 2021年1月4日閲覧。 2. ^ a b c d e f 坂出市国際交流協会. “6か国の小学生の生活比較表”. 2021年1月4日閲覧。 3. ^ 1989年4月23日付の読売新聞、首都圏教育の記事「先生不足に悩む日本人学校」より 4. ^ “SSC会/スクール・スポーツウエア販売/6%減の1819万枚”. 繊維ニュース. (2016年8月10日). http://www.sen-i-news.co.jp/seninews/viewArticle.do?data.articleId=308453&data.newskey=cd0f317f0655598dbcbbccfa44480e07&data.offset=0 2021年1月16日閲覧。 5. ^ “恥ずかしがる娘もOK 「友ブラ」で思春期の胸...

  10. おむつ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › オムツ
    • 概要
    • 語源
    • 布おむつ
    • 使い捨ておむつ(紙おむつ)
    • 廃棄物の問題
    • おむつなし育児
    • 関連項目

    主として、赤ちゃん(乳幼児)や一部の高齢者・障害者・入院患者など、排尿や排便を自己の意思で制御できない者や、体の自由が利かないためにトイレに行くことが困難な者が使用する。また、普段はトイレで用を足せるが、失禁・過敏性腸症候群・夜尿症などを患っている人の対策としても使われる。 特殊な例としては、長時間不自由な状況下に置かれる宇宙飛行士にも着用されている。犬や猫などのペットに使わせる場合もある。ペット専用の物は尻尾を通す穴がある物もある。 尿や便の水分を保持する目的から吸水性を求められ、水分の漏れを防ぐために防水性のある素材で外側を覆い、脱落を防止するために固定、あるいはゴム状の素材などである程度締め、固定する必要がある。肌に直接触れ、かつ特に肌の弱い乳幼児に使用される性質上、素材の肌触りもまた重視されている。

    古来よりの言葉「むつき(襁褓)」が口語として変化したものとする説と、1反のさらしから6枚分のおしめが取れることからおむつと呼ぶようになったとする説がある。ちなみに、源氏物語の桐壷の巻に、光の君(光源氏)が繦緥(むつき)にくるまれていたという記述があるが、古来よりの言葉「むつき(襁褓)」は、嬰児の産着を指していたのであって、現代のおむつ(おしめ)を指していたのではない。

    使い捨ておむつの普及にともない、旧来の布製おむつを区別するために使われる呼称。吸水性のある布や綿でできた吸水部分を股間にあて、全体を覆うようなカバーを使って体に密着するように固定する。おむつもカバーも、洗濯して繰り返し使用する。 おむつは1日に多いときは20回ほども替えるので最低で20組、余裕をもたせるには30-40組ほどは必要になる。おむつカバーは4-5枚、赤ちゃんの成長に合わせてサイズの大きい物に買い替える。 さらしやドビー折りの布で輪になるように縫い、成長に合わせて適度な大きさに折り畳んで使用するもの(輪おむつ)、あらかじめ折った状態で縫い付けてあるもの、また近年は履かせ易さ、履き心地が考慮され、おむつカバー内にそのまま納まる形に成形され、水分吸収力を強化したもの(成形おむつ)などがある。成形おむつは吸収部と肌に触れる部分が別体になったものもある。 おむつの内側に敷いておむつ自体の汚れを軽減させるおむつライナー(使い捨てタイプと繰り返し使えるネットタイプがある)を利用したり、使い捨ておむつ同様に、カバーと一体化したもの、防水加工されたものなど、使い捨ておむつに近い使い勝手のものもある。 日本の布おむつカバーの主流商品は、高温多湿の日本の気候に合った、通気性の良いウールや綿素材が多い。通年、特に春先から秋口にかけては、通気性の良いウールや綿素材のカバーが好まれる傾向がある。また、秋から春先にかけては、通気性はやや落ちるが、洗濯後に乾き易いポリエステル素材が好まれる傾向もある。 海外の布オムツカバーの主流商品は、ポリエステル100%など化学繊維でできているものが多い。 1970年代までの日本では、三角おむつや巻きおむつと呼ばれる腰に巻きつけるようなおむつの当て方による股関節脱臼児が多かった為、1980年代以降、布おむつは股おむつと呼ばれる当て方で使用するように徹底的な指導が行われた。

    尿および便などが付着したら新品に交換し、再使用を前提としない市販のおむつである。素材として必ずしも紙のみが使われているわけではないこともあり、紙おむつという呼称は適しているとは言い難いが、習慣上そう呼ぶ人は少なくない。かつての使用素材は紙や綿やパルプであったが、1980年代以降は高吸水性ポリマーや不織布を使用するなどの工夫により、布おむつを凌ぐ性能を有するようになっている。種類は大きく分けて、テープ止めタイプ、パンツタイプ、フラットタイプ、パッドタイプと4つあり、大人用はすべての種類が使用され、乳幼児用は主にテープ止めタイプとパンツタイプが使用される。乳幼児用は少子化で国内の需要が減退している中、海外輸出が旺盛である。一方で大人用は高齢化社会により需要が急増し、2000年頃からドラッグストアなど販売店での、大人用紙おむつ・吸収パッド・吸収パンツの売り場スペースが拡大される傾向にある。 テープ止めタイプ、パンツタイプのサイズは小さい順から赤ちゃん・子供用では「未熟児用」(~3kg)、「新生児用」(~5kg)、「Sサイズ」(4~8kg)、「Mサイズ」(6~11kg)、「Lサイズ」(9~14kg)、「ビッグサイズ」(12~20kg)、「ビッグより大きいサイズ」(13~25kg)、「乳幼児用スーパービッグ」もしくは「大人用ジュニア(SS)サイズ」(15~35kg)、大人用は「大人用Sサイズ」(20kg~40kg/ヒップ50~75cm)、「大人用Mサイズ」(30kg~60kg/ヒップ70~95cm)、「大人用Lサイズ」(50kg~/ヒップ90~125cm)、「大人用LLサイズ」(50kg~/ヒップ90~144cm)、「大人用3Lサイズ」(ヒップ110~140cm)と展開している。乳幼児用は体重、大人用は腰囲(ヒップサイズ)を目安として選び、乳幼児用は月齢又は年齢と体重、大人用は体重とヒップ・ウエストサイズが併記されている場合が多い。サイズの目安はメーカーによって一部異なる。 テープ止めタイプ 1. テープ止めタイプの紙おむつ 2. テープ止めタイプはフラットタイプのおむつにおむつカバーの機能の一つである面ファスナーの固定部と横漏れ防止のギャザーを一体化させたものであり、基本的におむつカバーは不要である。乳幼児用と大人用では形状が違い、大人用の方が股上部分が大きく、臍まで...

    おむつを乳幼児・幼児に使用する場合、1日5回から10回程度と、頻繁に交換使用される。布おむつの場合汚れた部分を洗い流し、何度かリユースすることができるが、使い捨ておむつの場合、リユースやリサイクルを前提には作られておらず、吸水部分のみならず、体に固定するカバーに相当する部分も含めて捨てざるを得ない。 イギリスでは下水道に流す者もおり、しばしば下水道内で異物(ファットバーグ)を成長させて詰まらせる原因となる。 日本においては大量の廃棄物を出す原因として、ゴミ処理を行う側の自治体や環境問題に熱心な人々から問題視されることがある。廃棄方法は自治体によって違う可能性はあるが、基本的には、汚物をトイレに捨て、おむつ本体は可燃物として廃棄するよう求められている。また、紙おむつに着いた便をそのままにしてごみに出した結果、収集車がごみを詰め込む過程で破裂してし尿が飛び散るという事故が頻発したことや、乳幼児が外出時に交換した使用済み紙おむつを公園などに捨てることが多発した報告を受け、メーカー側は紙おむつのパッケージに使用済み紙おむつの処分方法のマナーを絵表示している。 2019年10月17日、ユニ・チャームが使用済み紙おむつを原料に新しい紙おむつを製造するリサイクル技術が完成したと発表。2021年春に発売を予定している

    保護者が乳児の排泄サインを察してサポートし、なるべくおむつの外で排泄する機会を増やしていく育児方法。日本においては、2006年に津田塾大学教授の三砂ちづるが提唱したことが始まりとされている。 「早期トイレトレーニング」ではなく、あくまで、排泄を通した親子のコミュニケーションや、乳幼児にとって気持ち良い排泄をさせ、結果として排泄の自立につなげることを目的としている。

  11. 其他人也搜尋了
  1. 防水外套 相關
    廣告