雅虎香港 搜尋

  1. 大約 89 個搜尋結果
  1. ja.wikipedia.org › wiki › 宮沢賢治宮沢賢治 - Wikipedia

    宮沢 賢治(みやざわ けんじ、正字: 宮澤 賢治、1896年(明治29年)8月27日 - 1933年(昭和8年)9月21日)は、日本の詩人、童話作家。 仏教(法華経)信仰と農民生活に根ざした創作を行った。 作品中に登場する架空の理想郷に、郷里の岩手県をモチーフとしてイーハトーヴ(Ihatov、イーハトヴや ...

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 件件 - Wikipedia

    • 綱要
    • 由来
    • くたべ
    • 牛女
    • 経緯
    • 出典
    • 関連項目

    図像学

    江戸時代後期に文献や民俗学的資料があるが、最古級の手記にもすでに「人面牛身」と記載される(『密局日乗』文政2年/1819年)。 天保7年(1836年)付の瓦版によれば[注 3]、天保7年12月、丹後国「倉橋山」に人面牛身の獣「件」が出現したと言う[注 4][注 5]。なお、この丹後の与謝郡(よさのこおり)にあったとおぼしき[注 6]「倉橋山」は、現・京都府宮津市、天橋立の以西にある標高91mの倉梯山が合致する[注 7]。 天保7年に流布した瓦版から書写したと思われる件の史料も現存する。「止可雑記」(毛利家文庫。山口県文書館蔵)に残される絵・文は展示もされている。 また、旧・五郎兵衛新田村の古文書にも書写例が見つかっている しかし文政10年(1827年)頃に越中国立山に出現したとされる「くたべ」系(後述)は、件と同種・変種というものの、その絵にいくつかの特異点がみられる。長い髪の女性のような顔の絵が数点、老翁顔や老躯のものもあり、爪が伸びた胴体に目が付いた例も2点挙げられている。 牛頭の女性(牛女、後述)についても第二次世界大戦ごろから都市伝説化している。

    予言獣

    江戸時代後期に出回ったいくつかの予言獣[注 8]と共通して、「件(くだん)」は疫病の流行を予言するかわり、その厄除招福の方法を教示する。予言獣の典型では自分の絵姿を見る、書き写すと説くが、「クダベ」や「どだく」の場合がそうである。 天保年間の瓦版でも「この件の絵を貼っておけば、家内繁昌し疫病から逃れ、一切の災いを逃れて大豊年となる。じつにめでたい獣である」ともある[注 9]。慶応3/1867年と鑑定された錦絵「件」も同様である。 また「件(くだん)」のうちでもクタベ系は、疫病の災厄のみで、豊作の吉兆は予言しない点が、予言獣の典型と異なる[注 10]。

    牛の子

    『密局日乗』という日記の、文政2年5月13日条(=西暦1819年7月4日)に牛の子として生まれたクダンの記述がみられる。それによれば防州上ノ関(現・山口県上関町)の民家の牛から生まれた人面牛身の子牛が、人語をあやつり、みずからを「件」と名づけよと指示し、異形という理由で自分を屠殺してはならないと諭し、7年の豊作が続くが、8年目に兵乱が起こる、と予言している。 また、安政7/1860年3月12日付で牛から件が生まれたという報告書が近年(2020年)、兵庫県立歴史博物館で発見されている。 さらに幕末の錦絵「件獣之写真(くだんじゅうのしゃしん)」(慶応3/1867年作と考証)に、牛の子として生まれ、予言を残して三日で死ぬと書かれている。 明治の文献にも牛の子として生まれたり、剥製が見世物になった記述がみられる。 のち大正時代に内田百閒が発表した短編小説「件」(初稿1921年)では、「件は生れて三日にして死し、その間に人間の言葉で未来の凶福を予言するもの」という設定であった。昭和時代、第二次世界大戦後の民俗学の書物をみると、「件(くだん)」は牛から生まれる奇獣、または人と牛とのあいのこ(...

    中国伝来の白澤の起源説がある。白澤の図絵は、江戸期の日本でも旅行の際の厄除けとして配られる慣習があり、この図像を引用したものが「件」であるという論旨を佐藤健二(1995年、「クダンの誕生」等)が打ち立てている[注 12]。戸隠山や八海山などで厄除けの札して「白沢避怪図」なるものを参詣者に配っていた。白澤は獣形であったものが、後世には主として人面獣身に描かれるようになり、見た目は「件」と紛らわしい、と笹方政紀が解説している。

    異聞として、文政10–12年(1827–1829)頃、越中(現在の富山県)の立山に出現した怪獣クタベがいるが、その摺物(題名は非標準漢字二文字で「くたべ」。人偏に「久」の下に「田」、獣偏に「部」。右図の漢字表記参照[注 13])では、「件」が唐名(中国風の名前)で、「クタベ」を和名だと主張している。この「くたべ」系には、くたべの他にクダベ、クタヘ、さらにどだく/どたくなど表記の揺れがみられる。ぐだべ、あるいは具多遍(ぐたべ)という表記も、フランスに渡った史料にみつかるとされる[注 14]。 北陸地方の立山で遭遇したという談話だが、史料は、大阪や名古屋で見つかっている。また、同案件とおぼしき記載が屋代弘賢の雑稿から編んだ『弘賢随筆』にみられる(挿絵・文は左図参照)。年代は「当亥年」としかないが...

    小川未明が「牛女」(1919年)という短編小説を発表しているが、おそらく内田百閒「件」を読んだうえで書かれたものと察せられる。 のち、第二次世界大戦末期から戦後復興期にかけては、通常は人面牛身とされる「件(くだん)」と逆に、牛面人身で和服を着た女の噂も流れ始めた。以下、これを仮に牛女と呼称する。 小松左京『くだんのはは』(1968年)も百閒の小説や「件」の類の噂に取材して小説を執筆したと考えられており、牛女の都市伝説の伝搬に貢献したものとと考えられる。 牛女の伝承は、ほぼ兵庫県西宮市、甲山近辺に集中している。例えば空襲の焼け跡で牛女が動物の死骸を貪っていたとする噂があった。また、兵庫県芦屋市・西宮市間が空襲で壊滅した時、ある肉牛商の家の焼け跡に牛女がいた、おそらくその家の娘で生まれてから座敷...

    江戸時代

    昔、宝永2年(1705年)12月に件が現れ、その翌年から豊作が続いた、という記述が天保年間の瓦版(既述)にみられる。 早い史料としては『密局日乗』(文政2/1819年)の記載があり、周防国で民家の牛から生まれ、人面牛身の子牛が件と名乗り、豊作とその後の兵乱を予言した、とさrている(上に詳述)。 富山県の立山には「くだん」ならず「くたべ」(または「くだべ」等)と呼ばれる山の精が出現するとされる、文政10–12年(1827–1829)の複数の史料が残ることは既述した。くだべは「これから数年間疫病が流行し多くの犠牲者が出る。しかし自分の姿を描き写した絵図を見れば、その者は難を逃れる」と予言した。これが評判になり、各地でくだべの絵を厄除けとして携帯することが流行したという。くたべ系/クダベ系の史料は、それから嘉永年間(1848–1854年)まで例に欠けるとされているが、漢字のくたべの摺物(年代不詳)は、『保古帖』という嘉永4年に着手された編本に貼られている。 天保年間のの瓦版では、天保7年(1836年)12月に丹後国「倉橋山」に人面牛身の獣「件」が出現したとする(既述)。ちなみにこの報道...

    明治以降

    明治42年(1909年)6月21日の『名古屋新聞』の記事によると、その10年前に五島列島の農家で、家畜の牛が人の顔を持つ子牛を産み、生後31日目に「日本はロシアと戦争をする」と予言をして死んだとある。この子牛は剥製にされて長崎県 長崎市の八尋博物館に陳列されたものの、現在では博物館はすでに閉館しており、剥製の行方も判明していない。 明治時代から昭和初期にかけては、件の剥製と称するものが見世物小屋などで公開された。小泉八雲も自著『知られぬ日本の面影』の中で、件の見世物についての風説を書き残している。それによると明治25年(1892年)、旅の見世物師が島根県美保関に件の剥製を持ち込もうとしたところ、不浄の為に神罰が下り、その船は突風のため美保関に上陸できなくなったという。 昭和に入ると、件の絵に御利益があるという説は後退し、戦争や災害に関する予言をする面が特に強調された。昭和5年(1930年)頃には香川県で、森の中にいる件が「間もなく大きな戦争があり、勝利するが疫病が流行る。しかしこの話を聞いて3日以内に小豆飯を食べて手首に糸を括ると病気にならない。」と予言したという噂が立った。昭和...

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 伊藤計劃伊藤計劃 - Wikipedia

    • 略歴
    • エピソード
    • 作品リスト
    • 日本国外での刊行
    • 参考文献
    • 外部リンク

    千葉県の八千代松陰高等学校を経て、武蔵野美術大学美術学部映像学科卒業。1999年、『ネイキッド』にてアフタヌーン四季賞 冬のコンテスト(選考者 かわぐちかいじ)佳作を受賞(四季賞CHRONICLE解説書 72頁より)。2004年1月から「はてなダイアリー」にて映画・SF評論ブログを開始する。 Webディレクターの傍ら執筆した『虐殺器官』が、2006年第7回小松左京賞最終候補となり、ハヤカワSFシリーズ Jコレクションより刊行され、作家デビュー。同作は『SFが読みたい! 2008年版』1位、月刊プレイボーイミステリー大賞1位、日本SF作家クラブ主催の第28回日本SF大賞候補となる。 全く同じ経緯でデビューした円城塔[注 1] と共に、期待の新人として脚光を浴びるも、2009年3月、ユーイング肉...

    漫画家の篠房六郎と糸杉柾宏は大学時代からの後輩・先輩にあたる。
    相当なシネフィルとしても知られ、黒沢清の映画から受けた強い影響を度々口にしている。自身のサイトではナイン・インチ・ネイルズの全作品をレビューしたり、『機動戦士ガンダム』の設定の甘さへの批判をしばしば行っていた。贔屓の日本の映画監督では黒沢清、押井守を挙げている。篠房六郎は、「同じ作品を見た後で先輩の評論を読むと、映画の視力が違うことに驚いた。私がぼんやりとしか見ていなかったものを、微細に的確...
    2001年、右足にユーイング肉腫が発見される。手術により病巣を除去したが、2005年には左右の肺への転移が判明。2006年に肺の一部を切除している。死去の直前には、全身6か所に癌が転移していた。
    デビュー作『虐殺器官』は、癌が寛解状態だった2006年5月、10日間をかけて執筆した。

    長編

    1. 『虐殺器官』Genocidal Organ (早川書房 ハヤカワSFシリーズ Jコレクション 2007年) ISBN 9784152088314 1.1. ハヤカワ文庫 2010年2月 ISBN 9784150309848 2. 『METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS』(角川グループパブリッシング 2008年) ISBN 9784047072442 2.1. 角川文庫 2010年3月 ISBN 9784043943449 2.2. ゲームメタルギアソリッド4のノベライズ作品 3. 『ハーモニー』 (早川書房 ハヤカワSFシリーズ Jコレクション 2008年) ISBN 9784152089922 3.1. ハヤカワ文庫 2010年12月 ISBN 9784150310196 3.2. 第40回星雲賞日本長編部門 3.3. 第30回日本SF大賞(日本SF作家クラブ主催) 3.4. フィリップ・K・ディック賞特別賞 4. 『屍者の帝国』 The Empire of Corpses (河出書房新社 2012年) ISBN...

    短篇集

    1. 『The Indifference Engine』 (ハヤカワ文庫、2012年3月) ISBN 9784150310608 1.1. 『伊藤計劃記録』『伊藤計劃記録 第弐位相』に収録された作品から、主に小説作品を再編して刊行。 1.2. 「The Indifference Engine」「Heavenscape」「フォックスの葬送」「セカイ、蛮族、ぼく。」「Automatic Death:episode 0:No Distance, But Interface.」「From the Nothing, with Love.」「解説」(「ディファレンス・エンジン」再刊時の解説、円城塔との共作)、「屍者の帝国」(絶筆・未完)

    中編

    1. 「The Indifference Engine」 - 〈SFマガジン〉2007年11月号掲載、『虚構機関 年刊日本SF傑作選 ※2007年度』(創元SF文庫)収録 1.1. 『虐殺器官』のスピンオフ。第19回SFマガジン読者賞 2. 「 From the Nothing, with Love 」- 〈SFマガジン〉2008年4月号掲載、『超弦領域 年刊日本SF傑作選 ※2008年度』(創元SF文庫)収録 2.1. ジェームズ・ボンドをパロディにしたSFミステリ

    虐殺器官
    METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS
    ハーモニー
    屍者の帝国
    『METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS』角川文庫 ISBN 9784043943449小島秀夫のインタビュー「伊藤計劃さんとのこと」
    風野, 春樹「からだでしかないじぶん : 癌患者としての伊藤計劃と創造性 (特集 健康生成の病跡学 : サルトグラフィの試み)」『精神神経学雑誌』第122巻第1号、日本精神神経学会、2020年、 41-46頁、 NAID 40022150732。
    旧個人サイト - ウェイバックマシン(2006年12月16日アーカイブ分)
    図書館にある伊藤計劃に関係する蔵書一覧 - WorldCatカタログ
  4. ja.wikipedia.org › wiki › 陣中食陣中食 - Wikipedia

    陣中食(じんちゅうしょく)とは戦国時代に戦争の際に食された野戦糧食の一種である。 カロリーと栄養を手早く摂取すること、簡易に携行される事や保存性、手に入りやすさや作りやすさに主眼が置かれるため、それまでの保存食や非常食が流用・転用されることが多かった。

    • 概説
    • 批判
    • 関連項目

    ホーリズムは有機体論やシステム理論と関連がある。 これらの考え方は、現在では分子から人間社会に至るまで、生物、社会、経済、精神、言語体系など様々な系において成り立つことが分かっている。 古い科学の問題点を克服するために、今後の科学に求められている論点である 「ホーリズム」という表現自体は、ギリシア語の「ホロス(ὅλος, holos)」(全体、総和)に由来する。 「holism」という用語自体は、ジョン・スコット・ホールデンの生物学理論から影響を受けた、南アフリカの哲学者ヤン・スマッツがHolism and Evolution『ホーリズムと進化』(1926)が用いたものが広まったものである。 概念としての起源はドイツ・ロマン主義の自然哲学に遡ることができ、機械論の問題点を指摘し自然の全体的認...

    19〜20世紀の西洋近代科学はおおむね、自然現象を分割できたと信じ、(人間が恣意的に作り出した少数の)物理法則だけで本物の自然の法則(自然法則)を説明しきったと信じる還元主義の手法をとってきたので、その手法の信者の立場からは、その手法を批判したホーリズムに対して反発や批判がある。 ピーター・メダワー(1915 - 1987没)は、ホーリズムが還元主義は「有機体の各部分を分離して研究している」と指摘している点について「ある器官を『分離して』研究する芸当など実際できることではない」と述べ、「ホーリズムが生物学理解を進めたことはなかったとしても、その理解をこれというほど妨げたこともなかった」と述べたという。 カール・ポパーは、当時の世界の政治情勢などに苦慮しつつ、「この考え方が社会学に持ち込まれる...

    ホリスティックマネジメント (農業)(英語版)
  5. 倉沢は母と考えた芸名で、女優の 倉沢淳美 やミスマガの先輩でもある 倉科カナ 、および通っていた小学校名にあやかっている。. しえりは本名で、 尾崎豊 の楽曲「シェリー」やフランス語で可愛いという意味の「cherie」、空という意味の「ciel」が由来に ...

  6. 直武は秋田藩角館裏町(現:秋田県 仙北市 角館町)に生まれる [1]。幼名は長治、通称は武助 [2]。角館は、佐竹家の分家である佐竹北家が治める城下町であった。直武の生まれた小田野家は、佐竹北家の家臣であり佐竹本家から見れば陪臣であったとする説もあるが、当時の日記類に従えば ...

  1. 餅乾的測試報告 相關
    廣告