雅虎香港 搜尋

  1. 广部 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › まだれ

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 广部 (げんぶ)は、 漢字 を 部首 により分類したグループの一つ。. 通称は「まだれ」。. 康熙字典 214部首では53番目に置かれる(3画の24番目)。.

  2. 走部 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › はしる

    走部(そうぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。 康熙字典214部首では156番目に置かれる(7画の10番目、酉集 ...

  3. 元寇 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 文永の役

    元寇(げんこう)とは、日本の鎌倉時代中期に、当時モンゴル高原及び中国大陸を中心領域として東アジアと北アジアを支配していたモンゴル帝国(元朝)およびその属国である高麗によって2度にわたり行われた対日本侵攻の呼称である。 1度目を文永の役(ぶんえいのえ ...

  4. 陝軍 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 陝軍
    • 陝軍
    • 陝軍候補
    • 参考文献
    • 外部リンク

    元総書記江沢民氏の上海幇(上海閥)と同様な有力政治基盤とみなされた習近平・兪正声・王岐山の三氏を筆頭とする陝西幇(陝西閥)の系譜を引き継ぐ予備軍とも言える面々が、中央においては中央直属機関の部長・主任など正副職級、地方においては書記・省長などの正副職級の領導層に進出した之江新軍に対して陝軍あるいは政壇陝軍として2015年半ばから報道・論説により認められた。特に官職の履歴が重視されている。属しているとされるのが、李希、李錦斌、王東峰、江沢林、それに加えて景俊海、斉玉、別格扱いで陝西幇にも名を連ねる栗戦書と趙楽際がいる。儲君下属とされる何毅亭は陝西省漢中市生まれながら陝西省官歴がないため陝軍とはされていない。 今後の動向に注目が集まる。 ちなみに、政壇とは政界の意である。1990年代に文学運動を惹起した陝西省出身の文学者たちの団体「文壇陝軍」や、1900年代初頭に存在していた軍隊としての陝軍との区別のため、政壇陝軍と表されることも多い。 報道に現れてくるのは、2015年6月からだが、李希氏の昇進から認められはじめているので、表においては5月時点までの役職を比較の対象とした。

    次に、陝軍候補と言える陝西省の元職現職の主要幹部を紹介する。すべて常務委員以上の王俠(女性)、姚引良、婁勤倹、祝列克、毛万春、胡和平、梁桂である。 王俠は、陝西生まれ陝西育ちの生粋の陝西人の女性官員。省政府の水利部黄河水利委員会黄河中游治理局一筋で局長まで登り詰める。一転、延安市に移り市長・書記を経験する。市長兼任のまま常務委員となり、紀律検査委員会書記を経て、省副書記、党校校長、省教育工委書記、中国延安幹部学院第一副院長を任された。中国延安幹部学院第一副院長がポイントだ。2011年57歳で人生の大転換を迎えた。中央地方幹部の転属型人事交流に選ばれ人口家族計画委員会(zh)の党組書記・主任として昇進転任したからだ。国務院の組成部門である委員会は正部級の機構。大出世である。その後組織改正に合わせて中華全国供銷合作総社(zh)(農民を主体とする供給販売協同組合の全国連合体)に党組書記・理事会主任として異動。 姚引良は地元生まれ地元育ちで官員になった典型的な地元昇進組。習政権になってからの省常務委員・延安市書記・乗務副省長への昇進である。このところ延安市書記職につくと正省部級へ出世するようだ。延安は習近平の下放先である大衆路線の原点の地、習仲勲の決起の地である。先先代の王俠は上述したとおり、そして先代の李希(zh)は上海市に移り市副書記に昇進ののち遼寧省入りし2015年からは省書記を務めているからだ。李希はすでに陝軍認定が済んでいる。 婁勤倹省書記は、2010年から中央組織部の肝煎で推進されてる中央からの転属先が中国中西部とされている中央地方の転属型人事交流で陝西省入りした情報化技術の官員。すでに陝軍あつかいである。 祝列克は林業の専門家。国唯一の農業ハイテクパークの楊凌農業ハイテクモデル区のために国家林業局副局長の時に転任してきた。2011年から2016年まで主任。副省長も四年ほど務めたが、2015年からは常務委員・紀律検査委員会書記を務めている。 毛万春は2014年に落馬したひとに替わり中央委員に増補昇格して出色の常務委員・組織部部長。昇進幹部に対して財産申告を求める制度を陝西省が省級地区として全国に先駆けて導入する元となる提案作成の中心人物であり注目を集めていた。通常、中央委員は中央で言えば国務院部長、地方で言えば書記・省長の正省部級幹部が中心である。 胡和平...

  5. 旧識 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 旧識
    • 習近平の側近としての旧識
    • 旧識一覧表<年代順>
    • 参考文献
    • 外部リンク

    習近平党総書記の側近に関するアメリカ・ブルッキングス研究所の李成(Cheng Li)による分析では、"Friends from Xi's Formative Years"(旧識)という概念が提示されている。これは、李の"Xi Jinping's Inner Circle" と題された習近平の側近を分析する英文による一連の研究の中で提示されたものである。習近平の側近を5つのパートに分けて執筆している。パート1:陝西幇、パート2:旧識、パート3:旧部、パート4:秘書群I、パート5:秘書群IIである。ただしパート4は、既知ではない中国政界における秘書の分析に充てられ、習近平の秘書はパート5で叙述されているので習近平の側近に関しては実質4パートである。2014年7月に発表したパート2において習の7歳から29歳までの、年代にすると1960年から82年の間を4つのライフステージに分けて、それぞれに属する主な人物のことを記述している。7歳から16歳(1960-1969)までの時期に、劉衛平・張又俠・劉鶴・劉源の4人。16歳から22歳(1969-1975)までの時期に王岐山・王晨。22歳から26歳(1975-1979)までが陳希。そして26歳から29歳(1979-1982)が劉曉江である。 劉衛平は、文革により習近平の在学していた八一学校が解散させられたあとに共に移った第二十五中学での親しい友人と李は記述している。それぞれの父親が文革で迫害されたことに触れているが、本文中では難兄難弟(苦難を共にした仲間)であるとか、習近平の父習仲勲と同じく劉衛平の父劉震(人民解放軍空軍大将)も打倒されたため、彼らが黒幇子弟(犯罪者の子ども)として過ごさねばならなかったことまでは触れていない。脚注中で原典としているものがあるが、2016年8月13日閲覧できない状態である。彼が少将の階級を有する軍人で総後勤部副参謀長の役職にあったことは明らかなのだが、人民解放軍の組織大改正以降の役職の確認が2016年8月でも取れていない。 張又俠は李曰く習が最も信頼を置く腹心である。12期の中国共産党中央軍事委員会の副主席のうちひとつを任せようと企んだほどの関係だという。習と張の絆は父親が共に死戦を越えた戦友であるのみならず共に陝西人で、共に北京生まれの本人たちも共に直ぐ近くの大院で育ったこと。2016年8月時...

    Xi Jinping's Inner Circle(Part 2:Friends from Xi's Formative Years) 2014-7-28,李成(Cheng Li),China Leadership Monitor,No.44,Hoover Institution(2016年7月16日閲覧)のp.6 Table 1 を基に2016年8月12日作成。

  6. 常用漢字一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 常用漢字表

    常用漢字一覧(じょうようかんじいちらん) 常用漢字は2136字。下表の配列は常用漢字表(平成22年内閣告示第2号)に準じる。 学年の数字は、小学校学習指導要領(2017年3月告示)の学年別漢字配当表において配当されている学年を示す。 Sは中学校以降で習うことを ...

  7. 高雄の歴史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 高雄の歴史
    • 先史文化
    • 開墾と地方建設時期
    • 政治事件と地方政界
    • 経済の発展
    • 文化芸術
    • 関連項目
    • 外部リンク

    高雄地区で最も古い遺跡は約4700年から5200年前のものである。現在発見された遺跡は多くが古高雄湾周辺の丘陵上に位置し、寿山遺跡、龍泉寺遺跡、桃子園遺跡、左営旧城遺跡、左営遺跡、後勁遺跡、覆鼎金遺跡、鳳鼻頭などが発見されている。その中でも左営旧城遺跡からは漢人系の土師器と須恵器が発見され、漢人文化との関連性が強い遺跡として注目されている。それらの遺跡により推測される先史文化は大坌坑文化、牛稠子文化、大湖文化、蔦松文化、漢文化に分類され、龍泉寺遺跡は推定される年代と文献に記録されるマカタウ族の活動時期と重複し、その両者が相当に関連している可能性が指摘されている。現在発見されている遺跡は何れも開発により破壊されているものが多いが、龍泉寺遺跡は比較的完全な状態で発見されており、また鳳鼻頭遺跡や左営旧城遺跡の一部も保存状態が良好である。 遺跡から出土した遺物により、当時の古高雄湾は潟湖の状態であり、狩猟採取を中心とした生活様式であったと推測されている、しかし斧や鋤の形状の遺物も出土しており、併せて農業も行われていたとも考えられている。

    オランダ統治時代(1624年 - 1661年)

    1624年(天啓4年)、澎湖で明朝の水師に敗れたオランダ人は台湾に進出し東インド会社を組織し、台湾の統治を開始した。当時の打狗港は台湾南部の重要な漁港であり、オランダ人は打狗をTankoya、打狗港をTancoiaと称していた。オランダ宣教師ハリンタイが表した『オランダ貿易誌』の地図では打狗山を「猿山」(Ape Berg)と記録し、18世紀のヨーロッパの地図の中に散見することができる。オランダ統治時代の台湾は5つの会議区に分けられ、高雄地区は南部地方会議区に所属していた。1630年(崇禎3年)、福建省が旱魃に見舞われると明朝の招撫を受けた鄭芝龍が福建巡撫熊文燦に対し福建より移民を台湾に入植させることを建議、これが台湾への漢人移民の嚆矢となった。

    鄭氏政権時代(1661年 - 1683年)

    1661年(永暦15年)、鄭成功がオランダ人を台湾より駆逐すると、台湾を東都と改称、承天府、天興県、万年県の一府二県を設置、軍屯制度を施行した。万年県県治は現在の高雄市左営区設置され、現在の高雄市、高雄県、屏東県及び台南県の一部地域を統括した。また当時の鄭成功軍が屯田した左営、前鎮、右昌、後勁、前鋒尾、右沖(現在の右昌)などの地名は現在でも使用されている 1662年(永暦16年)、鄭成功が病没すると子の鄭経がその地位を継承した1664年(永暦18年)、鄭経は東都を東寧と改称し、天興、万年を州と改め承天府の所属に改めた1681年(永暦35年)に鄭経も病没、その地位は子の鄭克塽により継承された。 1683年(永暦37年、康熙22年)、清朝は福建水師提督施琅に命じ台湾を攻撃、鄭克塽は降伏し、鄭氏政権時代は終焉を迎えることとなった。

    日本統治時代(1895年 - 1945年)

    日本統治時代、高雄の開発は1899年に台湾総督府民政長官であった後藤新平の台湾南部視察により開始された。1900年6月より日本政府は打狗港の調査を8ヶ月の歳月と7800円の経費をかけて実施、気象、地形、地質、潮流など各方面について詳細な資料を作成した。それをもとに日本は積極的に高雄建設を推進し、港湾整備以外に鉄道建設、都市計画などを実施、石油精製、機械、造船、コンクリート等の工業を誘致し、高雄は僅か50年足らずで台湾第二の都市に成長することとなった。

    オランダ統治時代の反蘭闘争

    1652年(永暦6年)、郭懷一が台南でオランダに対する叛乱を起こし失敗、戦死している。その残党の一部が現在の高雄市岡山区逃れ、更にその地で敗れたものが内門に逃れ開墾に従事した。

    清統治時代の反清闘争

    1. 1721年(康熙60年)、清朝官人の重税に苦しむ民衆の叛乱が発生した。鴨母王朱一貴事件と称されるこの叛乱では岡山鎮を占拠した後、台南府城を陥落させ朱一貫は中興王を自称した。しかし内部対立によりまもなく崩壊し、叛乱は失敗に終わった。 1. 1732年(雍正10年)、彰化大甲西荘で土蕃騷動が発生した。鳳山の呉福星は清朝の軍勢が討蕃のため北に向かった間隙を利用し頭山、赤山などで叛乱を起こし、鳳山の攻撃を計画した。反乱軍は岡山旧汎塘を焼き払い、旧券城埤頭を攻撃、万丹巡検署などが殺害された。しかし間もなく叛乱は平定されている。 1. 1770年(乾隆35年)、善化地区の黄教教徒による叛乱が発生している。記録によれば黄黃は牛を盗む盗賊であったが、台湾が清朝に搾取されていることに心を痛め、10月1日に朱一徳を軍師とし陳宗寬、鄭純石などと共に叛乱を岡山にて起こした。翌年3月27日、台湾知府であった鄒應元が率いる兵により李背敗北し、黄教教徒は敗走、その後の消息は不明である。 1. 1787年(乾隆52年)、台湾中部で林爽文の叛乱が発生した。左営の鳳山県城を攻撃するが、翌年叛乱は平定されるが、...

    日本統治時代の抗日運動

    1897年(明治30年)に林少猫が鳳山、潮州一帯を攻撃、翌年12月には潮州弁務署を攻撃する林少猫事件が発生した。日本側は後壁林(現在の小港)に林少猫が居住を構え開墾、酒造、製糖の特権を付与する招撫策を実施、1899年(明治32年)に林少猫は「帰順」した。しかし1902年(明治35年)5月、日本側の計略により林少猫は殺害された。

    瓦窯

    台湾における民間建築は伝統的に紅瓦を用いていた。清朝統治時代は唐山より紅瓦を台湾に輸入していたが、清末になり台湾の人口が急増すると台湾で瓦窯が行われるようになった。台湾南部の瓦窯の大部分は台南県六甲鎮、高雄県旗山鎮渓洲、大樹郷大樹、竹寮両村に分布していた。最盛期人は大樹郷の瓦窯は20か所を越え、生産される紅瓦などの建築資材は高雄、澎湖、屏東、台南に供給されていた。しかし建築工法の変化や新しい建築材料の登場により紅瓦窯は次第に衰退していき、現在瓦窯は僅かに高屏旧鉄橋北側の三和瓦窯の3か所となり、生産される紅瓦も台湾の古跡修復用に主に用いられている。

    製塩業

    高雄の塩田の歴史は鄭氏政権の時代まで溯る事ができる。古くは台湾の塩は中国商人により大陸より輸入されていたが、1661年に鄭氏政権が台湾で成立すると、清朝が台湾に対する経済封鎖を実施し塩の供給が停止する事態となった。参軍の陳永華は台南瀬口地区に海水を引き込み製塩事業を開始し、これが台湾における製塩業の始まりとなった。その後今日の台南県永康市と高雄市塩埕区に洲仔尾塩田と打狗塩田が設置され、民間での製塩業が行われるようになった。清と異なり塩の専売制は採用されず、官衙は塩田の面積により塩埕税を徴収していたため生産量が増大、当時の瀬口塩田、洲子尾塩田、打狗塩田は台湾三大古塩田と称されていた。1895年に日本に割譲されるまでの170年間に高雄地区には瀬西場(弥陀塩田)、瀬東場(大林浦塩田)が設けられ、日本統治時代には更に北門中洲、蚵寮、高雄塩田等が設けられた。 日本統治時代後期は、台湾総督府により1930年代より製塩工業の近代化を図り、日本資本を導入しての台南四草、布袋新塭、高雄竹滬、七股台区、中寮、頂山、後港などの新式塩田が建設され、また台湾製塩株式会社が台湾人の所有する塩田を購入し大規模...

    沿岸及び遠洋漁業

    高雄は黒潮が流れ、また西部には澎湖水道が位置する好漁場に近く南台湾の主要な漁業基地となっている。古くから近海でのマグロ、カジキ、トビウオなどが水揚げされ、冬季のボラはカラスミの原料として特に知られている。オランダ統治時代より高雄は漁業基地としての性格を有していた。しかし当時は小船を利用しての沿岸漁業が注視であり、水揚げされた魚介類は紅毛港や旗后などの魚市場で売られていたに過ぎない。 日本統治時代の1912年(大正元年)、高雄港の第一期築港工事が完成すると、哨船頭運河周辺は大型漁船が停泊可能となり、また魚市場や燃料補給所、船舶整備工場、製氷工場、冷凍庫が設置され、高雄地区の漁業は哨船頭運河口に集中するようになった1919年(大正8年)には鼓山魚市場と哨船頭対岸の哈瑪星船着場が完成、1927年(昭和2年)には50t以下の漁船150隻の収容が可能な鼓山漁港が完成すると、哨船頭に代わり哈瑪星が漁業の中心へと変貌した。 1924年(大正13年)の統計によると、高雄地区の竹筏は310余隻、帆船50余艘、発動機付漁船12隻のみであり、その漁獲量は限定的なものであったが、総督府及び高雄州などによ...

    高雄地区は元来文化活動は限定的なものであり、以前は「文化砂漠」と形容されることもあった。しかし近年高雄地方政府及び各芸術団体の努力により、1980年代に建設された中正文化中心を初め、美術館、科学工芸博物館などの大型施設が整備されつつある。 高雄市立図書館は日本統治時代の「高雄州立民衆教育館」に由来し、1954年5月の新館落成に伴い現在の名称に改称されている。高雄市議会は1995年に文化局設置を議決、2003年に高雄市政府文化局が正式成立しると、それまで教育局が所管していた文化施設が文化局により運営されることとなり、文化都市としての都市建設が進められている。

  8. 人名用漢字一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 人名用漢字一覧

    この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。 人名用漢字一覧(じんめいようかんじいちらん) 本項では子の名に使える漢字(常用漢字 [1] および人名用漢字 [2] )について扱う。 子の名に使える漢字は2999字 [3]。

  9. 漢文教育用基礎漢字 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 漢文教育用基礎漢字

    漢文教育用基礎漢字(かんぶんきょういくようきそかんじ)は、朴正煕政権時代の大韓民国政府文教部が1972年に制定した漢字の集合。 日本の教育漢字(学習漢字)に相当 [要出典]。 漢文学習に用いる漢字として、中学校・高等学校でそれぞれ900字、計1800字を学習する。

  10. 台中捷運藍線 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 台中捷運藍線
    • 概要
    • 沿革
    • 脚注
    • 関連項目
    • 外部リンク

    当初は台湾鉄路管理局(台鉄)海岸線沙鹿駅が起点だったが、同駅で接続する計画だった雙港軽軌(中国語版)を代替する形で再開発が進む台中港方面への延伸が盛り込まれ、全長26.2km(高架12.7km、地下13.5km)となった。高架駅が9駅(BA1~BA3、B2~B7)、地下駅が9駅(B1、B8~B15)の計18駅が設置され、車両基地は台中港付近に台中港機廠と東海大学付近に東海機廠の2ヶ所設置される。 路線は三井アウトレットパーク台中港(中国語版)南側から高架で台湾大道(中国語版)に沿って東に進み、中華路(中国語版)との交差点付近で地下区間となる。中華路(台1線)と青年路を経由して沙鹿駅に至り、再度高架区間となって鎮南路を経由して台湾大道に再合流し、福安路および安和路との交差点付近からの都心寄りでは地下となる。市政府が所在する文心路との交差点に設けられる台中市政府駅で緑線と接続。民権路(中国語版)と建国路 (台中市)(中国語版)、八徳街を経由して台中駅西側で台鉄と連絡、楽業路と進徳路に至り、三井不動産グループ進出が予定されている再開発計画地区の台糖生態公園(中国語版)付近が終点となる。 総事業費は約981.49億ニュー台湾ドル(土地収用費34.04億を含む)を見込んでおり、工事費用の負担割合はは市が494.66億(市政府一般会計122.71億と市債366.95億)、中央政府の補助が452.79億となっている。

    延伸計画

    南投延伸(取消) 台糖生態公園を起点に大里区、霧峰区、草屯鎮および南投市を経て南投県政府(中国語版)庁舎付近に至る全長約30km、18駅の高架路線で、総事業費は750億ニュー台湾ドルを見込んでいる。かつてこの区間は戦前(大日本製糖)から1961年(台湾糖業公司)まで台湾糖業鉄道の中濁線が運行されていた。また、1990年代に霧峰まで計画されていた捷運橘線の代替案でもある。2018年1月10日、市交通局長の王義川(中国語版)が南投県への延伸を盛り込んだ藍線第二期延伸構想の具体化を表明したが、2020年には台中機場捷運(中国語版)(橘線)を延伸する案に切り替えられている。 太平延伸 2019年、新市長盧秀燕は南投ではなく太平区への延伸を推進すると表明した

    出典

    1. 臺中都會區大眾捷運系統路網,臺中市政府交通局 2. 臺中都會區大眾捷運系統後續路網規劃工作執行計畫書(定稿本),臺中市政府交通局 3. 臺中都會區大眾捷運系統後續路網藍線可行性研究,臺中市政府交通局 4. 臺中都會區大眾捷運系統後續路網藍線可行性研究(2014年版),臺中市政府交通局 5. 臺中都會區大眾捷運系統後續路網藍線可行性研究(2014年版)交通部審查意見彙總表,臺中市政府交通局

    王義川、馮輝昇. “臺中捷運藍線規劃與工程經驗展望”. 工程 (中國工程師學會) (Vol.92 第4期): pp.92-101. ISSN 1015-0773. http://www.cie.org.tw/cms/JournalFiles/10708_chapter10.pdf 2019年6月8日閲覧。.
  11. 其他人也搜尋了