雅虎香港 搜尋

  1. 相關搜尋:

  2. 大約 3 個搜尋結果
  1. コートにかける青春 ジャンル テレビドラマ 原作 志賀公江『スマッシュをきめろ! 出演者 紀比呂子 森川千恵子 ナレーター 納谷悟朗 オープニング 「きめろ!スマッシュ」 製作 制作 フジテレビ 東宝 放送 放送国・地域 日本 放送期間 1971年9月3日 - 1972年8月25日

  2. 妙義荒船スーパー林道(みょうぎあらふねスーパーりんどう)は、長野県 佐久市香坂から群馬県 安中市 旧松井田町(現安中市)に至る延長約30kmのスーパー林道である。 長野県の区間は妙義荒船林道(みょうぎあらふねりんどう)として有料道路であったが、2010年4月より無料開放となった [1]。

    • 概要
    • 登場人物
    • テレビアニメ
    • テレビドラマ
    • ゲーム
    • パチンコ・パチスロ
    • 関連商品
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    名門・県立西高等学校テニス部に入部した主人公の岡ひろみが、部内のいじめにはじまる様々な苦難を乗り越えて一流テニス選手へと成長していく過程を描く。 原作漫画は、『週刊マーガレット』の1973年2・3合併号より1975年5号まで連載され、いったん完結。その後、アニメ版第1作の再放送による人気上昇を受けて第二部として再開され、1978年4・5合併号から1980年8号まで連載された。 作品中の随所に、1920年代に活躍した日本の往年の名選手、福田雅之助(1897年 - 1974年)による有名な"この一球、絶対無二の一球なり"という「庭球訓」が織り込まれている。この漫画を通して、福田の名言もより広く知られるようになった。 原作漫画には、1970年代当時に活躍していた実在選手たちのエピソードも随所に盛り...

    主要人物

    岡ひろみ(おか ひろみ) 1. 本作の主人公。お蝶夫人こと竜崎麗香に憧れてテニス部に入部する。新任コーチの宗方から代表選手に抜擢されたことで、それまでの生活が一変してしまう。それに翻弄されながらも、宗方の厳しい指導の下、天性の運動神経と持ち前の根性により自身の才能を開花させて行く。平凡ながら愛情豊かな家庭に育ったおかげで、普段は明るく女の子らしい性格の持ち主。自宅の自室にいるシーンでは花柄の半袖のルームウェアを着て、紫色のサングラスをしている。「もちろん」を略して「もち」と言うことがある。 宗方仁(むなかた じん) 1. 西高コーチに就任早々、ひろみの素質に注目しいきなり彼女を代表選手に抜擢して猛特訓を開始する。このようにその考えや言動は周囲に理解し難いものだが、理屈に合わないことはしない。トップ選手だったが、22歳の時に練習中に倒れて再起不能を宣告された。祖父母と3人暮らし。3年の命だと宣告され必死にひろみを鍛え、自身の死後のひろみを親友の大悟と、彼女に寄り添う藤堂に託して入院先で27歳の生涯を閉じた。 竜崎麗香(りゅうざき れいか) 1. 通称お蝶夫人[注釈 1]。超高校級の...

    県立西高等学校

    藤堂貴之(とうどう たかゆき) 1. 生徒会長。西高テニス部男子副キャプテンでもある。宗方の特訓や先輩たちのいじめに耐えるひろみを優しく励ます。成長初期のひろみを動揺させたことで宗方に苦々しい思いを抱かせるが、彼の忠告を真摯に受け止めて、恋する相手に無闇に激情をぶつけることの愚かさを悟り、ひろみのプレイヤーとしてのステージアップに貢献。渡米直前に「お前達の自覚に任せる」とほぼ交際を許す言葉を与えられる。しかしその後入院した宗方に呼び出され、もうすぐ彼の命が燃え尽きることを宣告され、激しく動揺しつつ宗方の死後のひろみを思い遣り、なお一層のひろみに対する献身を誓う。 尾崎勇(おざき ゆう) 1. 西高テニス部男子キャプテン。藤堂とダブルスを組めば天下無敵。お蝶夫人に想いを抱き、幾度かモーションもかける。初期のアニメではスポーツ刈りだったが、後のアニメ化では原作通りのデザインに変更された。 牧(まき) 1. アニメでは愛川マキ、ドラマでは愛川牧。ひろみの親友。テニス王国と呼ばれる西高テニス部員としては平凡で本人もその事を気にしていたが、明るく優しい性格で、ひろみがレギュラーに選ばれた時...

    その他

    宝力冴子(ほうりき さえこ) 1. 東京・白蘭高校に転入した帰国子女。関東メンバー合宿で自分と同学年のひろみを見つける。世界を知る立場から、ひろみを刺激するライバル。奔放な性格で、宗方コーチを尊敬している。大学生との恋で挫折しインターハイではひろみに惨敗するが、エディの叱責とひろみの真心で再起を果たす。 “ジャッキー”ジャクリーヌ・ビント 1. 世界ランキング・プレイヤーで、オーストラリア遠征でレイノルズ家に滞在したひろみを見初め、パートナーとしての彼女を選び宗方を通して正式にペアを申し込んだ。その陰には、ひろみとのペアを切望していた麗香の献身があった。 ゴエモン 1. ひろみが飼っている黒い猫。ひろみの部屋でよくひろみの思いを聞かされている。バスケットをベッド代わりに寝ていて、ついているタグには「ゴエモン領」と書かれている。シナモンと命名された雌の捨て猫と一緒に暮らし夫婦となり、自身に似た2匹と妻に似た2匹の計4匹の子供の父親になる。なお、ゴエモンという名の黒猫は作者の未完の作品『7つの黄金郷(エルドラド)』でも主人公の双児の飼い猫として登場している。

    1973年10月5日から1974年3月29日まで毎日放送制作、NETテレビ(現・テレビ朝日)系列[注釈 2]で毎週金曜日の19時00分 - 19時30分に放送されたが、視聴率低迷により26話で原作の中盤までを描いて打ち切られた。しかし、その後の再放送[注釈 3]で高視聴率をマークしたことで、1978年10月14日から1979年3月31日まで『新・エースをねらえ!』というタイトル名で日本テレビ系列で毎週土曜日の19時30分 - 20時00分にリメイク放送された。 その他に1979年に劇場版新作が東宝系で公開され、劇場版の続きにあたるOVA『エースをねらえ!2』『エースをねらえ!ファイナルステージ』が1988年から1990年にかけて発表された。アニメの制作はいずれも東京ムービー。

    2004年1月15日から3月11日まで毎週木曜日21:00 - 21:54に、テレビ朝日系の「木曜ドラマ」枠で放送された。主演は上戸彩。 開局45周年記念ドラマとして、初めて実写版として放送された。ひろみ役は上戸彩が務めた。 テレビ朝日はその前身のNETテレビが、毎日放送制作のアニメ版のネット局だったため、同局での同作品は30年ぶりの放映となる。また同一スタッフによる少女スポ根漫画のドラマ化としては、この後『アタックNo.1』を制作。『エース』の登場人物たちがモブシーンに登場するというお遊びもあった。 2004年9月23日(木曜日20:00 - 21:54)には続編として、スペシャル版「奇跡への挑戦」が放送。ストーリーの主体はOVA『エースをねらえ!2』とほぼ同じ部分。

    エースをねらえ! - 1993年12月22日発売。日本テレネット (ゲーム会社)より販売。スーパーファミコン用ソフト。
    エースをねらえ! 狙打 〜タイピングスマッシュ〜 - 2002年11月30日発売。SSIトリスターより販売。Windows用及びMacintosh用。
    パチンコ - CRエースをねらえ! (2011年、エース電研)
    パチスロ - エースをねらえ! (2009年、ゴールドオリンピア)

    LP・CD

    LPレコード 1. 新・エースをねらえ! / SKD-2001 - 1978年11月5日発売 1. VIPによるテレビアニメ版第2作の主題歌2曲と挿入歌6曲に加え、ステレオBGMを4トラック(「君に捧げる僕の愛」「白熱のテニスコート」「憧れのお蝶夫人」「不死鳥の人宗方」)収録。 1. 新・エースをねらえ! Vol.2 / SKD(H)-2011 - 1979年9月21日発売 1. テレビアニメ版第2作の主題歌2曲に、同作のテレビ名場面を加えた、ドラマ編サウンドトラック。台本とカラーポスター付き。 1. 新・エースをねらえ! III 音楽集 / K22G-7009 - 1981年1月21日発売 1. テレビアニメ版第2作の主題歌2曲と、そのBGM集。主題歌の2曲を除いてBGMはモノラル。 1. エースをねらえ! BGM集 / K22G-7024 - 1981年5月21日発売 1. テレビアニメ版第1作の主題歌2曲と、そのBGM集。主題歌の2曲を除いてBGMはモノラル。 1. 劇場版 エースをねらえ! ドラマ編 / K18G-7078〜7079 - 1982年4月21日発売 1. 劇...

    その他

    エースをねらえ! 鍋スープシリーズ 丸大食品より、2011年9月上旬発売 1. エースをねらえ! 岡ひろみのメラメラ美燃系ピリ辛トマト鍋 2. エースをねらえ! お蝶夫人のキラキラ美麗系コラーゲン白湯鍋 お腸夫人 2003年にダイドードリンコから発売されたドリンク。ラベルには竜崎麗香の絵とセリフのパロディが使われた。

    『ゴジラ 東宝チャンピオンまつり パーフェクション』電撃ホビーマガジン編集部、KADOKAWA(アスキー・メディアワークス)〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2014年11月29日。ISBN 978-4-04-866999-3。

    岡大海 - 日本ハムファイターズに所属していたプロ野球選手(現在は千葉ロッテマリーンズ)。2015年から、打席に向かう際の登場曲に、名前の音が主人公・岡ひろみと同じで「自分にしかできない」と考え(NHK「スポプラ」2015年6月15日放送のインタビューで発言[出典無効])、大杉久美子歌唱の「エースをねらえ!」を2018年途中に千葉ロッテマリーンズへトレード移籍するまで使用していた。
    トムス・エンタテインメントによる作品紹介
    エースをねらえ! - テレビ朝日 - 2004年8月24日時点のアーカイブ
  1. 相關搜尋

    黃澤林