雅虎香港 搜尋

  1. 大約 62,300 個搜尋結果
  1. 5g Wifi 相關
    廣告
  2. Get Info From Multiple Sources...

  3. Get Results for 5G Wifi Home. Find Quick Results from Multiple Sources. Search for 5G Wifi Home and Find Millions of Results at BlendedSearch.

  1. 第5世代移動通信システム(だい5せだいいどうつうしんシステム、英語: 5th Generation Mobile Communication System, 「5G」 )とは、1G・2G・3G・4Gに続く国際電気通信連合 (ITU) が定める規定「IMT-2020」を満足する無線通信システムである。 一般的に英語の"5th Generation"から、「5G」(ファイブジー、ごジー)と ...

  2. 周波数帯とチャネルの帯域幅 次の表は、3GPP TS 38.101から、5G新無線の指定周波数帯がサポートするチャンネルの帯域幅を記したものである [4]。 5G新無線周波数帯では帯域番号に接頭辞「n」がつくことに注意。 4G LTEと同じ周波数帯を使用している5G新無線周波数帯は、それと同じ帯域番号を持つ。

  3. ja.wikipedia.org › wiki › Home5Ghome5G - Wikipedia

    • 概要
    • 端末
    • 料金プラン
    • エリア
    • 出典等
    • 関連項目

    これはスマートフォンのテザリング機能だけを独立させ据え置き型の端末にし、その端末と専用の料金プランを組み合わせることで容量無制限のブロードバンド接続契約を可能とするものである。技術的には目新しいことは特に何もなく、回線も携帯電話回線を用いており、端末も有線lanがある他はモバイルWifiルーターと基本的には同じような構造をしている。

    対応端末は2021年7月現在、シャープ製の"HR01"のみが発表されている。これは5G/4G接続機能と802.11ax対応のWi-Fi機能、ギガビット対応の有線LAN機能を持つ。QRコードによるWi-Fi接続設定が可能と記載されているため、何らかのディスプレイが搭載されていると思われる。家庭での利用を想定しているためWi-Fiの最大接続台数は64台と通常のモバイルルーターよりも比較的多い。WPS接続に対応し、接続する機器同士でボタンを押すだけで接続できる。 サイズは高さが約170mm、幅が約95mm、厚さが約95mm、重量は約720gとなっている。homeという名称からしても、ドコモの宣伝態勢からしても、家庭での利用を想定したものであるため、持ち運びには向かないとされている。ただしドコモは今...

    月のデータ使用量によらず、いかなる割引も無しで税込み月4950円と発表されている。ただし直近3日間のデータ使用量が特に多い場合(明確な基準は不明)は通信制限する場合があるとも公式サイトに記載がある。これはドコモが提供する容量無制限の料金プランにも記載されていることである。例として通常は月100GBのところをキャンペーンで無制限となっている「5Gギガホ」が月1200GB以上使用しても通信制限されないことから、特に厳しい制限はされないのではないかとの考察もある。

    前述の通り携帯電話と同じ電波・回線を用いるため、基本的にドコモの携帯電話が繋がる場所であればどこでも利用可能である。5Gエリアに在圏する場合は自動で5G通信、4Gエリアに在圏する場合は自動的に4G通信に切り替わり通信する。3G(FOMA)通信は利用できない。

    ^ a b c d “「home 5G」の提供を開始”. NTTドコモ (2021年8月19日). 2021年8月21日閲覧。
    ^ a b “home 5G | NTTドコモ”. www.nttdocomo.co.jp. 2021年7月6日閲覧。
    ^ “https://twitter.com/taikonochoujin/status/1409649688513433608” (日本語). Twitter. 2021年7月6日閲覧。
    ^ author. “【NTTドコモ】光回線不要のお家インターネットhome5Gを解説” (日本語). スマサポポータル. 2021年7月6日閲覧。
  4. ja.wikipedia.org › wiki › 5G_NR5G NR - Wikipedia

    • 周波数帯
    • 開発
    • 展開方式
    • サブキャリア間隔
    • 参考
    • 参考文献

    5G NRの周波数帯は、 2つの異なる周波数範囲に分割されている。450MHz〜6GHzの周波数帯(Frequency Range 1、FR1)、24.250GHz – 52.600GHzの周波数帯(Frequency Range 2、FR2)である。

    2018年、3GPPはリリース15を公開した。これは5G NR規格の標準化「フェーズ1」と言えるものを含んでいた。 3GPPは2019年末までに5G NRの「フェーズ2」を含むリリース16を発行する予定である。

    5Gコアネットワークでのスタンドアローン(SA)モードが成熟するまで、5G NRサービスでは既存のLTE 4Gインフラストラクチャに依存する非スタンドアローン(NSA)モードが選ばれるだろうと予想される。

    NRは5つの異なるサブキャリア間隔をサポートする。 1. 15 kHz:LTEと同じ、1ミリ秒のスロット期間に対応する。FR1で利用可能。 2. 30 kHz:スロット持続時間0.5ミリ秒。FR2で利用可能。 3. 60 kHz:スロット持続時間0.25ミリ秒。通常のCyclic Prefix(CP)と拡張CPの両方を60 kHzで使用できる。FR1とFR2の両方で利用可能。 4. 120 kHz:スロット持続時間0.125ミリ秒。これはデータパスの最大サブキャリア間隔である。FR2で利用可能。 5. 240 kHz:スロット期間0.0625ミリ秒。同期信号ブロック(SSB)を使用した検索および測定目的でのみ使用できる。FR2で利用可能。 CPの長さはサブキャリア間隔に反比例する。15kHz...

    ^ “What is 5G New Radio (5G NR)”. 5g.co.uk. 2019年3月12日閲覧。
    ^ “Making 5G New Radio (NR) a Reality – The Global 5G Standard - IEEE Communications Society”. comsoc.org. 2019年3月12日閲覧。
    ^ “3GPP specification series: 38series” (英語). www.3gpp.org. 2018年10月31日閲覧。
    ^ 3GPP Specification series3GPP
  5. ja.wikipedia.org › wiki › Wi-FiWi-Fi - Wikipedia

    • 歴史
    • 概要
    • Wi-Fi認証の種類
    • 利用
    • 今後の方向
    • 関連項目
    • 外部リンク

    オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)で天文学や宇宙科学を研究していたジョン・オサリヴァンがWi-Fiの父であるといわれている。オサリヴァンは当時CSIROで、ミニブラックホールの研究をしていた。原子ほどの大きさのミニブラックホールの爆発で生じる電波を検出する実験のために、ノイズなどの影響をなるべく受けないような方法が必要であった。そして彼はそのためのワイヤレスネットワークを作った。実験は結果としては失敗に終わったが、その副産物としてWi-Fiが生まれたのである。

    無線LANが商品化された当初は、同一メーカーであってもラインナップの異なる製品間では相互接続は保証されていなかった。このため、購入検討にあたり実際に接続可能かどうかユーザーに分かりづらく、無線LANの一般への普及に問題があった。 Wi-Fiに認定されるには、Wi-Fi Allianceという団体による認証が必要である。Wi-Fi Allianceは、ユーザーのニーズを汲んで技術が成熟できるように、この問題を解決するための団体として1999年にWireless Ethernet Compatibility Alliance (WECA) という団体名でスタートし、2000年3月から認定業務を開始した。その後Wi-Fiの認知度が高まってきた2002年10月にWi-Fi Allianceに改名した...

    ナンバリング規格

    2018年10月、Wi-Fi Allianceは認証プログラム名称に4、5、6の番号表記を導入する事を決定し、製品の認証を2019年より開始することを発表した。なお、通信規格自体の名称(IEEE 802.11/n/ac/ax)に変更はない。ただし、Wi-Fi Allianceはこの番号表記を広くOSやスマートフォン等の端末で使用する事を推奨している。 なお、ナンバリング導入開始時では、ナンバリングの1から3までと7以降は未定義となっている。 (備考)Wi-Fi 4 とWi-Fi 5 は、後方互換性のためであり、既存のIEEE 802.11n/ac製品の認証を自動的に置き換えるものではない。

    Wi-Fiにより異なるメーカーの機器間での相互接続性が保証されているため、コンピュータ、フィーチャーフォン、スマートフォン、タブレット、PDAのような多様な機器が無線LANを利用し、例えばアクセスポイントを経由しインターネットへ接続できる。アクセスポイントによりインターネット接続が可能な領域をホットスポットという。ホットスポットは部屋の中だけのものから、複数のアクセスポイントを重ねることで数キロメートルにまで及ぶものもある。無線LANはまたメッシュネットワークを構築するために利用できる。両方のアーキテクチャがコミュニティネットワークで使われている。 また、この規格の中にはアクセスポイントなど外部通信機器を経由せずに通信端末同士を直接接続するP2P(ワイヤレス・アドホック・ネットワーク)という...

    当初想定されていたノートパソコンなどのモバイルコンピューティング機器のLocal Area Network以外にも、PSP・PS Vitaなどの携帯ゲーム機や、フィーチャーフォン、スマートフォン、スマートテレビ、音楽プレイヤー、デジタルカメラ等の家電製品にも搭載されている。 Wi-Fiにより、相互接続性が保証されているアクセスポイントに接続することで、インターネットのほか、インターネット電話、ゲーム機器などの多様な無線LAN機器が接続、利用されている。Wi-Fiを利用したdocomo Wi-Fi(d Wi-Fi)、フレッツスポット、FON、ソフトバンクWi-Fiスポット、au Wi-Fi SPOTを始めとする多くの有料/無料の公衆無線LANが存在する。 また、携帯電話網を由来とした3G(HS...

  6. ja.wikipedia.org › wiki › 無線LAN無線LAN - Wikipedia

    無線LAN(むせんラン)とは、無線通信を利用して構築されるLANである。 ワイヤレスLAN (Wireless LAN, WaveLAN [1])、もしくはそれを略して WLAN とも呼ばれる。 無線LANの通信方式には様々なものがあるが、著名な無線LANの規格としてIEEE 802.11があり、Wi-Fi(ワイファイ)は、その規格を使用する無線LANに ...

  7. 第6世代移動通信システム(だい6せだいいどうつうしんシステム、英語: 6th Generation Mobile Communication System, 「6G」 )とは、1G・2G・3G・4G・5Gに続く将来の無線通信システムである [1]。一般的に英語の"6th Generation"から、「6G」(シックスジー、ろくジー)と略され、5Gの先ということで「Beyond 5G」と ...

  1. 5g Wifi 相關
    廣告
  2. Search for What Is the Difference Between Netgear and Netgear 5G online today. Find all the info you need online on Alot.com. Start searching & find answers now!

  3. Get Results for 5G Wifi Home. Find Quick Results from Multiple Sources. Search for 5G Wifi Home and Find Millions of Results at BlendedSearch.

  1. 其他人也搜尋了