雅虎香港 搜尋

  1. ビットコイン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ビットコイン

    ビットコイン(英: Bitcoin )は、2008年にサトシ・ナカモトと名乗る人物またはグループによって発明された、Peer to Peer(P2P)型の暗号通貨である [9]。この通貨は、その実装がオープンソースソフトウェアとして公開され、2009年に使用が開始された。

  2. 仮想通貨 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 仮想通貨
    • 定義
    • 用語の歴史
    • 通貨の分類表
    • 世界の仮想通貨
    • 規制
    • マイニング(採掘)
    • 関連項目

    2012年、欧州中央銀行(ECB)は、仮想通貨を「デジタル通貨の一種であり、規制を受けておらず、通常は開発者によって発行および管理され、特定の仮想コミュニティのメンバー間で使用および受け入れられるもの」と定義した。 :13 2013年、米国財務省のUS Financial Crimes Enforcement Network (FinCEN)は、自身の規制上の「実際の通貨」の定義と対照し、「一部の環境では通貨のように交換媒体として機能しているが、実際の通貨のすべての属性を備えているわけではない」とし、特に、どの地域においても法定通貨の地位をもっていない、とした(現在は、エルサルバドルの事例のようにビットコインが法定通貨の地位を得ている)。 2014年、欧州銀行監督局は仮想通貨を「中央銀行や公的機関によって発行されたものでも、必ずしも法定通貨の裏付けのあるものではないが、自然人または法人によって受け入れられている、価値のデジタル表現とし、電子的に転送、保存、または取引することができる」と定義した。 2018年に、欧州議会および理事会の指令 (EU)、2018/843では、「中央銀行または公的機関によって発行または保証されておらず、必ずしも法的に確立された通貨に関連付けられておらず、通貨の法的地位を持たない価値のデジタル表現」を意味すると定義し、交換媒体として自然人または法人によって受け入れられ、電子的に転送、保存、および取引することができる」とした よって、仮想通貨はゲーム内通貨などを含める場合がある。

    「仮想通貨」という用語は、デジタル通貨とソーシャルゲームの開発と並行して、2009年頃に造られたと言われている。 本来、ビットコインの正しい分類は「デジタル通貨」であるが、過去、特に米国政府では「仮想通貨」という用語を好み、一律に採用していた。 具体的には前述のFinCENに始まり、2012年にFBI 2013年に総会計局 、2013年11月に米国上院でビットコインに関する公聴会で証言した政府機関(国土安全保障省等)、米国証券取引委員会、司法長官、などに使用例が見られる。 概念そのものについては、2013年の米国議会聴聞会で、経済学者、元FRB議長のベン・バーナンキ氏は、「(我々は)過去20年にわたって進化してきた『電子マネー』または決済システム技術の分野の一種としてみなしている」と述べ、1995年の「通貨の未来」についての「銀行と金融サービスの未来委員会」による議会聴聞会における議論があった事について言及した。

    デジタル通貨は、電子的に転送され格納されるという特定の形態を持つ通貨であり、硬貨または紙幣といった物理的な実体をもつ通貨とは異なる。欧州中央銀行によれば、仮想通貨は「一般的にはデジタル」であるが、長い歴史を持つその先駆者であるクーポンは物理的なものである。 暗号通貨は、暗号を利用してトランザクションを保護し、新しい通貨単位の作成を制御するデジタル通貨である。 仮想通貨がすべてかならず暗号を用いているという訳ではないので、仮想通貨がすべて暗号通貨であるとは意味しない。

    世界にある仮想通貨の総数は年々増えていく傾向にある。『日本大百科全書』(ニッポニカ)の2016年ころに編集された版では、「600種類を超える仮想通貨が存在する」と記述され、「それらの推定時価総額は2016年4月時点で約80億ドル」とされた。2018年1月27日に掲載された朝日新聞の「キーワード」という記事では、「世界で1千種類以上あるとされ、全体の時価総額は約59兆円に達する」と解説された。

    中国

    2021年9月24日、中国人民銀行は国内で仮想通貨(暗号資産)のサービスを提供する行為を禁止、仮想通貨の使用を違法とした。合わせて海外の取引所が中国本土の住民にサービスを提供することも禁じた。

    仮想通貨の新規発行は「マイニング」(採掘)という方法で行われる。仮想通貨とは、高度な計算プログラムである。その仮想通貨の取引にはさらに複雑で高度な計算を必要とする。そこで、世界中のマイナー(採掘者)たちが、その仮想通貨のコンピューター演算の作業に協力し、その成功報酬として新たに発行される仮想通貨を得る仕組みが生まれている。 仮想通貨のマイニングをするにはパソコン1台あれば十分であり、現在は、ビジネスとして仮想通貨の採掘に励む個人のマイナーたちが世界中に存在する。

    通貨 - 電子マネー - デジタル通貨
    電子決済 - 電子取引
  3. 暗号通貨 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 暗号通貨
    • 概要
    • 歴史
    • アーキテクチャ
    • 理論価格
    • ステーブルコイン
    • 経済的側面
    • 法的側面
    • 詐欺
    • 批判
    • 問題点

    分散型暗号通貨はその暗号通貨システム全体から集合的に生成されるものである。その生成の速さはそのシステムがいつ作られたか、およびそのシステムが公知のものであるかによって決まる。連邦準備制度のような集中型銀行システムおよび経済システムにおける貨幣供給量の統制は、取締役会や政府によって、法定紙幣の製造または銀行のデジタル台帳上での増額要求によりなされる。 しかしながら、会社もしくは政府は暗号通貨を製造することはできない。また会社や政府そのものが、分散型暗号通貨における資産価値を保有する他の会社、銀行もしくは企業体を援助したことは2017年12月現在までない。分散型暗号通貨を支える基盤的技術システムを開発したのはサトシ・ナカモト (Satoshi Nakamoto) として知られる集団もしくは個人である。 2015年3月の時点で数百の仕様の暗号通貨が存在し、その大部分は初の完全に実装された分散型暗号通貨であるビットコインと類似していて、かつビットコインからフォークしたものである。暗号通貨システムにおける台帳の安全性、一貫性そして均衡は、採掘者と呼ばれる相互に信頼しない関係者からなる共同体によって維持される。採掘者は自身のコンピューターを用いる一般大衆であり、採掘者によって取引の正当性が確認され、取引は特定のタイムスタンプスキームに則り台帳に追加される。 暗号通貨台帳のセキュリティは採掘者の大部分が金銭的動機から公正に台帳を維持しようとするという仮定にもとづいている。 大部分の暗号通貨はその発行量が徐々に減少するよう設計されていて、貴金属のように将来的に流通する通貨の総量には上限が設けられている。金融機関が保有したり現金としてやりとりされる普通の通貨と比べると、暗号通貨は法執行機関に押収されにくい。現存する暗号通貨はすべて擬似匿名であるが、Zerocoin とその分散ローンダリング機能などが示唆するように、純粋な匿名性も実現されうる。

    1998年、Wei Dai が b-money という匿名分散電子金融システムの概要を発表した。そのすぐあと、Nick Szabo が Bit Gold を作った。Bit Gold は、ビットコインなどの追随する暗号通貨と同様に、使用者に proof of work という実績を解除することを要求した。Proof of work は暗号の完全な答えが公開されることで解除される。 最初の分散型暗号通貨であるビットコインは2009年に偽名のソフトウェア開発者サトシ・ナカモトによって開発された。ビットコインは暗号学的ハッシュ関数SHA-256をその proof-of-work スキームに用いた。2011年4月には Namecoin がネット検閲を非常に困難にするだろう分散化DNSの形成を目的として開発された。それからまもない2011年10月には、ライトコインが公開された。ライトコインはハッシュ関数として SHA-256 の代わりに scrypt を用いた暗号通貨としては初めての成功を収めた。その他の特筆すべき暗号通貨として、 Peercoin は proof-of-work と proof-of-stake とを併用して成功した初の暗号通貨であった。その他にも多くの暗号通貨が開発されてきたものの成功を収めたものはごくわずかである。なぜならばそれらが技術革新においてもたらすものがほとんどなかったからであった。2014年8月6日、イギリスは同国大蔵省に暗号通貨と、もしあるならばイギリス経済において暗号通貨が果たしうる役割の調査研究を委嘱したことを発表した。同省による調査は規制を検討すべきか否かについても報告することとされた。 2014年以降、Monero、イーサリアム、および Nxt といったいわゆる 第2世代暗号通貨が登場した。それらは不可視アドレス、スマートコントラクト、サイドチェーンもしくはサイドアセットといった高度な機能を備えている。 2015年、Cardano(カルダノ)等の第3世代暗号通貨が誕生した。例えば、Cardanoはプルーフオブステークブロックチェーンネットワークであり、マルチアセット台帳および検証可能なスマートコントラクトを備えた分散化アプリケーションを開発するためのプラットフォームとして開発されている。保証性に優れた形式手法を用いて構築されたCa...

    タイムスタンピング

    暗号通貨は種々のタイムスタンピングスキームを用いることで、ブロックチェーン台帳に追加された取引を信頼できる第三者によってタイムスタンピングしてもらう必要を回避している。

    ウォレット

    ウォレット(Cryptocurrency wallet)とは暗号通貨を格納する財布のことだが、口座番号を発行できたり直接相互に送金できる点においては個人銀行に近い。採掘(マイニング)の機能も持っている。 厳密には、ブロックチェーンにおけるウォレットとは、ブロックチェーン上のアドレスに対応する秘密鍵が保管されているデータベースを指す。この秘密鍵によって、ブロックチェーン上の対応するアドレスにアクセスすることができ、送金等の実行ができる。

    ストック対フローモデル

    元々、貴金属などのコモディティ価格に対して適用されていたモデルであるが、2019年に暗号通貨に対してもストック対フローモデル(stock-to-flow model, S2F model)が理論価格のモデルとして通用することが発表された[誰によって?]。これは経済学のフローとストックに基づく物で、暗号通貨のストック(既に存在している分)とフロー(新規にマイニングされる分)の比率、つまり 1. 希少性 = ストック ÷ フロー に基づいて理論価格が決まるというモデルの仮説である。ストックが f ( t ) = e t {\\displaystyle f(t)=e^{t}} だとすると、その微分であるフローは f ′ ( t ) = e t {\\displaystyle f'(t)=e^{t}} であり、この時、希少性 = 1 と定数になり安定する。ストックが指数関数よりも速く増えれば希少性は減少し、指数関数よりも遅く増加すれば希少性は増大する。ビットコインのストックの増加は指数関数よりも遅いため希少性が増大していく。

    ステーブルという英語は「安定した」と言う意味である。ビットコインなどの暗号通貨は、価値の裏付けとなる国家などからの信用がなく価格が安定しないのに対して、アメリカドルなどの法定通貨やゴールド等と等価交換(ペッグ)することで、大きく変動せずに安定して利用できる利便性、国家が発行する信用貨幣の裏付けを借用する通貨である。同価値を維持するためには、信用の担保となるゴールドやアメリカドルが暗号通貨を管理発行する会社に発行額と同程度保有されている必要があるが、その保証は外部からは確認できない。 また、マネーロンダリングやテロ資金などの犯罪対策を行う政府間組織である金融活動作業部会(FATF)は、犯罪に利用されているものと推測し、さらに利用が普及されることに警戒を強めている。 担保の種類によって4種類に分けられる。 1. 法定通貨担保型 1.1. テザー (暗号通貨) - 米ドルと等価交換の暗号通貨。同額の信用を得るには、テザーの発行額と同額のアメリカドルを保有している必要があるが疑問視されており、損失を隠しているとしてニューヨーク州から訴追を受けている。 2. 仮装通貨担保型 - 他の暗号通貨(イーサリアムなど)が担保の物 2.1. MakerDAO社のDAI、SAI 3. コモディティ担保型 - 金などの市場価値のある物品が担保の物 3.1. テザー・ゴールド、デジックス・ゴールド 4. 無担保型

    暗号通貨は主として既存の銀行及び政府機関外で用いられインターネットを介してやり取りされる電子通貨である。この代替的、分散型の取引方式は発展の初期段階にあるものの、既存の通貨及び支払いシステムと競合する特異な見込みがある。

    暗号通貨の法的地位は国によって大きく異なり、多くの国では未定義であるか変遷の過程にある。明示的に暗号通貨の使用と取引を許している国々もあるものの、暗号通貨を禁止したり制限したりする国々もある。同様に諸々の政府機関、省庁、および裁判所によってビットコインの分類は様々である。 中国人民銀行は2014年前半という極めて早い段階で中国国内の金融機関によるビットコインの取り扱いを禁止した。ロシアでは暗号通貨そのものは合法であるが、ロシア国内においてロシアルーブル以外の通貨を用いて商品を購入することがそもそも違法である。 2014年3月25日、アメリカ合衆国内国歳入庁 (Internal Revenue Service, IRS) はビットコインを通貨としてではなく税制上の資産として扱うことを決定した。これはビットコインが米国においては譲渡所得税の課税対象となることを意味する。この決定の恩恵としては、これによりビットコインの法的地位が明確になることが挙げられる。これ以後、投資家はビットコインへの投資やビットコインから得られた利益が違法であるか、またそれらをどのようにして IRS へ申告すべきかについて悩まずに済むようになった。ビットコインは伝統的な通貨よりも貴金属市場に近い特徴を備えていることから、IRS の決定はその理由付けは別としてもビットコインの性質にふさわしいものである。 暗号通貨に関わる法的問題は政府とのあいだに起こるものばかりではない。例えば Coinye はそのロゴにラッパーカニエ・ウェストを無許可で使用したオルトコインである。Coinye は元々 Coinye West という名称であったので、カニエ・ウェストの代理人が Coinye のEメール管理者 David P. McEnery Jr. に対して停止命令を送付した。同停止命令は、Coinye が意図的な商標の侵害であること、不正な競合であること、サイバー海賊行為であること、および商標希釈化であることを述べ、外観の類似およびカニエ・ウェストの名称の使用を停止するよう命じた。

    2013年8月6日、テキサス州東部地方連邦裁判所下級判事 Amos Mazzant は暗号通貨が(明示的にはビットコインが)金銭として使えるから、すなわち商品やサービスの支払いに充てることができ、個人の生活費の支払いができ、および従来の通貨と両替可能であるから、暗号通貨は通貨もしくは金銭の一形態であると裁定を下した。この裁定により、証券取引委員会は暗号通貨を含むセキュリティー詐欺の管轄権を得た。 2013年10月26日には中国のビットコイン取引プラットフォーム GBL が突然閉鎖し、契約者はログインできなくなり500万ドル相当のビットコインが失われた。 2014年2月には、世界最大のビットコイン取引所マウントゴックスの破産公表により暗号通貨は全国的なヘッドラインを飾った。同社はおそらく窃盗により、4億7300万ドル弱相当の顧客のビットコインを喪失したと発表した。これはおよそ75万ビットコインに相当し、当時存在していたビットコイン総量の約 7% に相当した。その他のニュースのなかでも同社の破綻により、ビットコインの価格は2013年12月の約1,160ドルから2014年2月には400ドル未満へ下落した。 2015年3月31日、当時麻薬取締局捜査官とアメリカ合衆国シークレットサービスであった二人組が通信詐欺、マネーロンダリング、およびシルクロードに対する連邦捜査中のビットコインの盗難に関わるその他のいくつかの違法行為の罪で告発された。 2015年12月1日には、Homero Joshua Garza が Paycoin 開発に伴うセキュリティ詐欺で告発された。Garza は現在機能を停止している GAW Miners という暗号通貨採掘機器販売ウェブサイトの所有者であった。彼はデータセンターの機器で採掘を行う「クラウドマイニング」を隠れ蓑に綿密なねずみ講の企てを首謀した。彼は hashlets というクラウド採掘者が Zenportal というクラウドにおいて暗号通貨を採掘していると称したが、実際には暗号通貨を採掘するものは存在しなかった。Zenportal は1万人以上の利用者を擁し hashlets の販売で 1,900 万米ドルを得ていた。GAW Miners は Garza と有名なセキュリティ会社 Stuart Fraser of Cantor Fitzg...

    ジャーナリスト Joshua Brustein と Timothy Lee はビットコインの高いボラティリティから来る問題性に懸念を表明した。
    Jason O'Grady はオルトコインにおける風説の流布の企てを報じた。
    コミュニティは事前採掘、隠れた活動の開始、もしくはオルトコイン創始者に対する極端な報酬を欺瞞的慣習として指摘している。しかしこれはデジタル暗号通貨の設計に固有な部分としても有用であり、例として Ripple が挙げられる。事前採掘は採掘コードが公開される前から通貨の創始者によって通貨が製造されることを意味する。
    大半の暗号通貨は既存の暗号通貨の焼き直しであり微々たる違いしか持たず、そこに目新しい技術開発はない。前述の Coinye や Dogecoin は、その典型例である。そのような、技術開発を目的としない焼き直し的な暗号通貨は、日本国外では「シットコイン(shitcoin、糞コインの意)」 と呼ばれる。日本国内では、一部コミュニティが前述の「シットコイン」を使っていたほか、語感が汚いとして造語さ...

    暗号通貨には、日本円や米ドルなどの法定通貨のような手形交換所がないが、登録を受けた暗号資産交換業者は存在している。決済記録に関する義務の規定がないが、ブロックチェーン技術によって決済記録は公開されている。 暗号通貨に対しては、以下の様な問題点が指摘されている。ブロックチェーンはこれらの原因になりうる。 1. 利用者に対する価値の保証が無い。 2. 街が停電したら使えない 3. 電磁パルスを撃たれたらデータが全て消える可能性がある 4. 51%攻撃による取引記録の改ざんの恐れがある。(ビザンチン将軍問題) 5. 闇市場を生みやすい。 6. 課税の逃げ道になる。 7. 資金洗浄に利用される。 8. いわゆる「セミナー商法」による、投資詐欺の可能性。(詐欺への注意喚起公報。) 9. 仮想通貨と法定通貨とを交換する取引所の管理体制の甘さ。 10. 電力の無駄問題。(採掘を有意な演算であるBOINCやFolding@homeに委ねる動きもある。) 11. これから先、AI(人工知能)やロボットに置換されうる労働力に対して、準労働性の経済対価。 暗号通貨に対しては、利用者・投資家保護や資金洗浄・脱税防止などを目的に、国家や業界団体などが規制を及ぼす動きも進んでいる。

  4. 各国におけるビットコインの法的な扱い - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 各国におけるビットコイン

    2013年7月、Bitcoin Company Ltd. は、タイ国内における営業許可を求めてタイ銀行に対してビットコインの動作原理のプレゼンテーションを行ったが、その最後にて外貨取引当局のメンバから、適用できる既存法の欠如や、資金調整、およびビットコインが金融 ...

  5. 47,588.89
    -1,421.63 (-2.90%)
    截至 2021年12月06日, 週一 上午 10:06 UTC · (USD)。延遲價格。市場開市中。
    • 前收市價
      49,323.17
      開市
      49,323.17
      買盤
      不適用 x 不適用
      賣出價
      不適用 x 不適用
    • 今日波幅
      47,365.31 - 49,323.17
      52週波幅
      17,619.53 - 68,789.62
      成交量
      35.07B
      平均成交量
      36.52B
    • 市值
      899.09B
      Beta值 (5年,每月)
      不適用
      市盈率 (最近12個月)
      不適用
      每股盈利 (最近12個月)
      不適用
    • 業績公佈日
      不適用
      遠期股息及收益率
      不適用 & 不適用
      除息日
      不適用
      1年預測目標價
      不適用

    相關股票:

    查看更多

  6. ライトコイン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ライトコイン

    ライトコイン(英語: Litecoin)とはPeer to Peer型の暗号通貨であり、ビットコインから派生した初期のアルトコインである[2]。従来のビットコインから派生し、その欠点を解消した暗号通貨であり、総発行枚数は約8400万枚と予定されている[3]。

    • LTC
    • Litecoins
    • 10−8
    • Ł
  7. ステーブルコイン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ステーブルコイン
    • コモディティによる担保
    • 法定通貨による担保
    • 暗号通貨による担保

    主な特徴は以下のとおり。 1. その価値は1つかそれ以上のコモディティ(商品)に固定されており、償還は(程度の差はあれど)、いつでも可能で、 2. 規制を受けない個人や規制されている金融機関などによっても支払を受けることができ、 3. コインを裏付けるために使用されるコモディティ(商品)の量は、ステーブルコインの循環・供給量を反映したものであるべき。 コモディティ(商品)に裏付けされたステーブルコインの保有者は、実物資産を入手するのと同じ変換率でステーブルコインを償還することができる。ステーブルコインの安定性を維持するためのコストは、コモディティ(商品)を保管および保護するためのコストということになる。 例としては、Digixゴールドトークン(DGX)などがある。

    このタイプのステーブルコインの価値は、法定通貨などの、第三者が規制する金融機関に属する通貨の価値に基づく。この場合、ステーブルコインの価格の安定性にとって、裏付け資産の保管者に対する信頼が非常に重要なものとなる。法定通貨に裏付けされたステーブルコインは取引所で取引でき、発行者から償還を受けることができる。ステーブルコインの安定性を維持するためのコストは、準備金を維持するためのコストと法令遵守のコスト、つまり免許、監査人といった、規制当局が求めるようなビジネスインフラを維持するためのコストに相当する。 この法定通貨に裏打ちされた暗号通貨が最も一般的であり、史上初のステーブルコインもこのタイプであった。主な特徴は以下のとおり。 1. その価値は、固定比率で1つ、または複数の通貨(最も一般的には米ドル、ユーロ、スイスフラン)に固定化される。 2. テザーは、裏付けに使用される通貨の預託機関として、銀行などの金融機関を利用する。 3. ステーブルコインの裏付けに使用される通貨の金額は、ステーブルコインの循環・供給量を反映したものであるべき。 例としては、TrueUSD(TUSD)、USD Tether(USDT)、USD Coin、Diemなどがある。

    暗号通貨で裏付けられたステーブルコインは、他の暗号通貨を担保とする。これは、概念的には法定通貨で裏付けられたステーブルコインと同様である。ただし、2つの設計の大きな違いとして、法定通貨の担保は通常ブロックチェーン外で発生しますが、このタイプのステーブルコインを裏付けるために使用される暗号通貨は、より分散化された方法でスマートコントラクトを使用してブロックチェーン上で実行されることである。 暗号通貨によって裏打ちされたステーブルコインの特徴は以下の通り。 1. その価値は、別の暗号通貨または暗号通貨ポートフォリオによって担保され、 2. 価格の固定はスマートコントラクトを介してチェーン上で実行され、 3. 供給は、スマートコントラクトを使用してブロックチェーンチェーン上で制御され、 4. 価格の安定性は、担保だけでなく、補足的な手段やインセンティブの導入によって達成される。 このタイプのステーブルコインの技術的な実装は、法定通貨を担保とする実装よりも複雑で多様なものとなる。特に、スマートコントラクトの実装コードの不具合によるソフトウェアの脆弱性を原因とするリスクが高くなる。このタイプのステーブルコインの潜在的な問題としては、担保の価値の変化と補足的な手段への依存である。価格が実際にどのように保証されているかを理解するのが難しい場合があるため、その複雑さが普及の妨げとなる可能性がある。ボラティリティが高い暗号通貨市場の性質上、安定性を確保するために非常に高額な担保も維持する必要もある。 このタイプのステーブルコインの現行プロジェクトの例としてはHavven、DAIなどがある。BitGoによるビットコインをラップした(WBTC)ものもある。

  8. 貨幣史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 貨幣史

    貨幣史(かへいし)は、貨幣の歴史、および歴史上の各時代における貨幣の機能や貨幣制度の研究を指す。 関連する学術分野としては、貨幣とその形態を研究する貨幣学の他に、経済史をはじめとする歴史学や考古学、文化と貨幣の関わりも研究する文化人類学などがある。

  9. 日本の貨幣史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 日本の貨幣史

    日本の貨幣史(かへいし)では日本の貨幣の歴史、および歴史上の各時代における貨幣の機能や貨幣制度の歴史を指す。 日本に流入した海外の貨幣や、海外で流通した日本の貨幣についても取り上げる。また、歴史的に蝦夷地や琉球と呼ばれてきた地域の貨幣についても記 ...

  10. Symbol (ブロックチェーン) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Symbol_(ブロックチェーン)
    • 歴史
    • 特徴
    • 脚注
    • 外部リンク
    2014年1月19日 - 「Bitcointalk」のフォーラムにて「UtopianFuture」というハンドルネームの人物によって開発が呼びかけられ、コア開発者のJaguarとの開発が始まる。目標として金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づいた、新しい経済圏の創出とした。
    2014年6月25日 - オープンアルファテストを開始する。
    2014年10月20日 - オープンベータテストを開始する。
    2015年3月31日 - Symbolの前身であるNEMが公開される。またNEMのジェネシスブロックは2日前の3月29日に生成されている。

    XYM

    Symbolには内部通貨として「XYM」が規定され、トークンを取引する際の手数料や取引承認作業をした人への報酬として使われている。最大発行量は約90億(8,999,999,999)XYMに設定されている。 XYMはスナップショット時にアカウントが保有していた暗号通貨NEMの内部通貨であるXEMの量に応じて発行され、その一部はインフレ報酬として100年以上かけて発行されている。

    ハーベスト

    SymbolではコンセンサスアルゴリズムとしてProof-of-Stake Plus(PoS+)を採用し、ブロック生成するプロセスをハーベスト(ハーベスティング)という。ブロック生成はおよそ30秒で行われ、その間にブロックに入る手数料(fee)と予めプロトコルで用意されているインフレ報酬量の合計が、ハーベストを行うアカウントの報酬としてXYMが配分される。 またハーベストを行うアカウントは、XYMの残高が1万XYM以上にアカウントに対して、重要度(インポータンススコア)と言われる値によってランダムに決定する。そのインポータンススコアは以下のスコアを基にして算出される。 1. ステークスコア:自分のアカウントのXYMの保有量から1万XYMを持っているアカウントのXYMの総額を割ったもの 2. トランザクションスコア:取引によるトランザクション手数料の総額 3. ノードスコア:アカウントがノードによってハーベスティングされた手数料の受取人になった回数 ここでトランザクションスコアとノードスコアをアクティビティスコアと言う。

    モザイク

    モザイクはSymbol上で発行されるトークンであり、またメタデータを付ける事ができたり、モザイクの発行者がどのアカウントがモザイクを取引できるかを決定できる機能であるモザイク制限を使う事ができる。

    ^ “Symbol has launched”. Symbol Blockchain (2021年3月17日). 2021年4月2日閲覧。
    ^ “nemtech/catapult-server”. nemtech (2021年3月31日). 2021年4月2日閲覧。
    ^ a b c d e f g h “仮想通貨シンボル(XYM)とは|初心者でもわかる重要ポイントと将来性”. CoinPost (2020年12月30日). 2021年4月3日閲覧。
    ^ “ネム(NEM)のシンボルとは?オプトインについてや今後の動きを解説!”. Coincheck (2021年3月30日). 2021年4月3日閲覧。
  11. 中国の貨幣制度史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国の貨幣制度史

    殷の時代には贈り物としてタカラガイが使われ、周から春秋戦国時代にかけて青銅器も贈与や賃金に使われるようになる。 中国をはじめて統一した秦は、度量衡を統一して銅貨の半両銭を貨幣重量の基準とした。 しかし貨幣は統一されず、地域的な格差が大きかった [7]。

  12. 其他人也搜尋了