雅虎香港 搜尋

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 呂爵安呂爵安 - Wikipedia

    呂爵安 イダン・ルイ 基本情報 繁体字 呂爵安 出身地 香港 生誕 1997年 1月21日イギリス領香港 ローマ字 Lui Cheuk On 英語名 Edan Lui 職業 歌手、俳優、タレント 担当楽器 ピアノ、ヴァイオリン レーベル 大國文化 活動期間 2018年11月3日 - テンプレートを表示

    • Lui Cheuk On
    • 香港
  2. ja.wikipedia.org › wiki › 呂尚呂尚 - Wikipedia

    • 生涯
    • 『史記』における仕官の経緯
    • 伝承
    • 封神演義における呂尚像
    • 絵画
    • 登場作品
    • 脚注
    • 参考文献

    歴史上重要な人物にも拘らず、出自と経歴は数々の伝説に包まれて実態がつかめない存在である。殷代の甲骨文に呂尚の領国である斉の名前は存在するものの、周初期の金文に呂尚に相当する人物の名前を記録したものは確認されてこなかった。 『史記』斉太公世家では、東海のほとりの出身であり、祖先は四嶽の官職に就いて治水事業で禹を補佐したとされている。一族の本姓は姜氏だったが、支族は呂(現在の河南省南陽市西部)や申(現在の陝西省と山西省の境)の地に移住し、土地名にちなんだ呂姓を称したという。元は屠殺人だった、あるいは飲食業で生計を立てていたとする伝承が存在する。 また周に仕える以前は殷の帝辛 (紂王) に仕えるも帝辛は無道であるため立ち去り、諸侯を説いて遊説したが認められることがなく、最後は西方の周の西伯昌 (後...

    呂尚が文王に仕えた経緯については、『史記』に3つの逸話が紹介されている。しかし、いずれの逸話も信憑性に疑問がもたれている。 1. 文王は猟に出る前に占いをしたところ、獣ではなく人材を得ると出た。狩猟に出ると、落魄して渭水で釣りをしていた呂尚に出会った。二人は語り合い、文王は「吾が太公[注 2]が待ち望んでいた人物である」と喜んだ。そして呂尚は文王に軍師として迎えられ、太公望と号した。3つの逸話の中で一般に知られているのは、この説である。陝西省宝鶏には太公望が釣りをしたという釣魚台があり、観光地となっている。 1. 元々呂尚は殷に仕えていたが、帝辛の悪行に反発して殷を出奔した。諸侯の元を遍歴した後、文王に仕える。 2. 呂尚は東方の海浜に隠棲していたが、周の臣下で旧知の仲である散宜生と閎夭の誘...

    呂尚は、後世の兵法と周の権謀術数を論じる人間の尊敬の対象とされた。兵法書『六韜』は呂尚の著書とされたが、『六韜』は後代の人間による著作であり、実際に書かれた時期は戦国末期以降と考えられている。また、呂尚は『三略』の著者にも仮託されている。 後秦の王嘉が編集した『拾遺記』に収録されている有名な説話として、呂尚が斉に封ぜられた時に昔別れた妻がよりを戻そうと来たがこれを拒んだ話がある(「覆水盆に返らず」)。『漢書』に収録された朱買臣の逸話など、中国には類似するエピソードが多く存在する。 明代の学者・謝詔が著した「風月夢」第十回には「姜太公釣魚願者上鉤」という句があらわれる。

    明代の娯楽小説『封神演義』においては姜子牙と称し、殷周革命を指揮する周の軍師かつ崑崙山の闡教の道士として主役格で登場する。彼は元始天尊の弟子。通称は太公望(たいこうぼう)。師の命令で下山し、周を助けて商を討ち、三百六十五人の神を封じる。澎湖県馬公市には、呂尚は封神の儀式を行った後に自分が封ぜられる地位が無くなったため、石敢當という魔除けの神様に変化したとする伝承がある。

    作者不詳、川柳「釣れますかなどと文王側へ寄り」江戸時代
    宮城谷昌光『太公望』文藝春秋、 「甘棠の人」、『侠骨記』 講談社文庫
    諸星大二郎「太公望伝」、『無面目・太公望伝』潮出版社
    横山光輝『殷周伝説 太公望伝奇』潮出版社コミック

    注釈

    1. ^ 貝塚茂樹は『詩経』大明編より、字を尚父とし、尚は「尚父」の略称だと指摘している。(貝塚「呂尚」『アジア歴史事典』9巻、313頁) 2. ^ 太公とは、文王の祖父の古公亶父の別称。

    出典

    1. ^ 『新唐書』禮樂五 2. ^ a b c d 劉, 尹『文明の原点』、148頁 3. ^ a b c d e 叢『中国五千年の物語』1巻、156-159頁 4. ^ a b c d e f g 貝塚「呂尚」『アジア歴史事典』9巻、313頁 5. ^ 平勢隆郎「春秋」『中国史 1』収録(世界歴史大系, 山川出版社, 2003年8月)、230頁 6. ^ 落合『古代中国の虚像と実像』、44-45頁 7. ^ a b c 『史記』巻32、斉太公世家 8. ^ 平勢『都市国家から中華へ 殷周春秋戦国』、66頁 9. ^ 叢『中国五千年の物語』1巻、154頁 10. ^ a b 『史記』上(中国古典文学大系, 平凡社, 1968年)、344-345頁 11. ^ 平勢『都市国家から中華へ 殷周春秋戦国』、378-380頁 12. ^ 竹内康浩「西周」『中国史 1』収録(世界歴史大系, 山川出版社, 2003年8月)、170頁 13. ^ 落合『古代中国の虚像と実像』、44頁 14. ^ a b c 窪徳忠『道教の神々』(講談社学術文庫, 講談社, 1996年7月)、190頁 15....

    落合淳思『古代中国の虚像と実像』(講談社現代新書, 講談社, 2009年10月
    貝塚茂樹「呂尚」『アジア歴史事典』9巻収録(平凡社, 1962年)
    叢小榕『中国五千年の物語』1巻(総合法令出版, 2005年12月)
    • 姜尚、呂尚
    • 営丘
  3. ja.wikipedia.org › wiki › 呂運亨呂運亨 - Wikipedia

    • 来歴
    • 人物
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    京畿道楊州に生まれた。彼の家族は、両班出身だったが、少論派だったので、権力の主流では押されていたという。祖父呂圭信は、朝鮮が常に中国から侮辱されたと考え、中国を征伐しなければならないという考えを持っていた。彼はこれを朝廷に提案し、同志を糾合して結社も作っていたが、発覚して首魁は死刑を、呂圭信は流刑になる。戻っても呂圭信は兵法と築城法を研究するなど未練を持ったが徐々に孤立していった。それにもかかわらず、呂圭信は呂運亨に歴史の話をしてくれて、なぜ中国を征伐すべきなのか、それなりの主張を広げた。呂運亨は祖父の影響を強く受け、幼い頃の思想的背景を形成してくれた方で尊敬し、「慷慨之士」と評した。以後弟の呂運弘が米国に行って後日を図るとき、呂運亨は中国行くを選ぶことが、これも祖父の影響。 1914年、中...

    交際の広い人物でもあり、例えば日本の神道思想家葦津珍彦とも交流があった。終戦間際に、呂運亨は葦津を朝鮮ホテルの一室に呼び、「日本敗戦後の対日弾圧は、徹底して厳しく、日本の諸君の想像以上の存亡の危機に立つ。朝鮮は形は独立するが、建国の人材に乏しく極東の弱小国にすぎない。この極東の状況は明白だし、この時こそ日韓両相扶け相和すべきの天機。私はその為に全力を尽くす」と主張した上で、彼に「萬里相助」としたためた書を贈っている。 成均館大学校教授の徐仲錫(朝鮮語版)は、呂運亨は南北朝鮮の双方において高い評価を受けている(知日派・親日派とされる人士のなかでは)数少ない政治家であり、朝鮮独立の為に働いた他の人々は、続く南北分断と反共/共産独裁主義の政治に依り、貶められている。いっぽう、彼の中途的な政治路線に...

    姜徳相『呂運亨評伝1 朝鮮三・一独立運動』新幹社、2002年。
    姜徳相『呂運亨評伝2 上海臨時政府』新幹社、2005年。
    長田彰文『日本の朝鮮統治と国際関係―朝鮮独立運動とアメリカ 1910-1922』平凡社、2005年。
    斎藤吉久「朝鮮独立を支援した神道人‐呂運亨と葦津珍彦の交流」『正論』1999年4月号、産経新聞社。
  4. ja.wikipedia.org › wiki › 呂洞賓呂洞賓 - Wikipedia

    • 概要
    • 伝承
    • 民間信仰
    • 参考・外部リンク

    名は嵒(嵓、巌、巖、岩とも書く。もとの名は煜)といい、洞賓は字である。号は純陽子。純陽真人とも呼び、或いは単に呂祖(りょそ)とも呼ばれる。 民間信仰の対象となり人々に敬愛されたことから、13世紀に元の武宗から「純陽演正警化孚佑帝君」の称号を贈られ、正式な神仙となった。以後の王朝からも神と公認され、道教での普遍的な称号は孚佑帝君と称される。 蒲州永楽県(現在の山西省運城市芮城県)の人。祖父は唐の礼部侍郎の呂渭。父は海州刺史の呂譲。 師は鍾離権であり、終南山で秘法(飛剣を飛ばし魔を退治する「天遁剣法」、また雷雨を操る「雷法」)を授かり、道士となったとされる。その姿は背に剣を負った書生で、青年あるいは中年男性として描かれる。 呂洞賓に関する資料として「純陽呂真人文集」「呂祖志」「呂祖全書」「呂祖彙...

    生まれながらに金形木質・鶴頂亀骨・左眉の角に黒子があるなどの異形だった、母親が一羽の白鳥が室内に入る夢を見たあとに出生した、などの異常誕生譚がある。幼い頃から聡明で、一日に万言を記したという。身長8尺2寸、好んで華陽巾を被り、黄色の襴衫を着て、黒い板をぶら下げていた。20歳になっても妻を娶ろうとはしなかった。 出世を目指し、科挙を二回受けたが、落第してしまう。長安の酒場にて、雲房と名乗る一人の道士(鍾離権)に出逢い、修行の誘いを受けるが、出世の夢が捨て切れず、これを断った。 鍾離権が黄粱を炊いている間、呂洞賓はうたた寝をし、夢を見る。科挙に及第、出世し、良家の娘と結婚し、たくさんの子供をもうけた。そうして40年が過ぎるが、ある時重罪に問われてしまい、家財を没収され、家族は離れ離れとなり、左遷...

    呂洞賓が悪政に苦しむ民衆を助けるために出現したという伝承は各地にあり、三国時代の武将である関羽と肩を並べるほどの人気がある。癒神、武神、試験の神、財神(砂金採りの神)、御神籤・占いの神、理髪師・文具・遊女の業神として、道教では主神として祭る廟も多い。 また、全真教の開祖である王重陽に田舎の酒屋で金丹道の口訣を与えたという説話から、全真教では特に重要視されており、江南の全真教道士であった苗善時は宋・元代の呂洞賓の奇跡譚をまとめた「純陽帝君神化妙通紀」を編纂した。

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 後呂有紗後呂有紗 - Wikipedia

    • 来歴・人物
    • 出演番組
    • 関連項目
    • 外部リンク

    東京都出身。日本女子大学附属中学校・高等学校、日本女子大学文学部英文学科卒業。 2017年4月日本テレビ入社。同期入社は伊藤大海・伊藤遼・佐藤梨那。 趣味・特技はクラシックバレエ。また学生時代はAbemaTVに学生キャスターとして出演し、テレビ朝日アスクに通っていた。

    太字は出演中。 1. 日テレNEWS(平日不定期) 2. NNNニュースサンデー(不定期) 3. ZIP!(2017年10月2日 - 2020年9月25日)- SHOWBIZコーナー担当(月 - 水曜日)[注釈 1] 4. 新・日本男児と中居(2019年5月4日 - 2021年3月27日)- 進行 5. Oha!4 NEWS LIVE(2019年10月3日 - 2022年3月29日) 5.1. 木曜日メインキャスター(2019年10月 - 2020年9月) 5.2. 水曜日メインキャスター(2020年10月 - 2021年9月) 5.3. 火曜日メインキャスター(2021年10月 - 2022年3月29日) 6. news every.(2020年10月1日 - 2021年10月1日)- キ...

    後呂有紗プロフィール - 日本テレビ
    後呂有紗 (@ushiro_arisa) - Instagram
    2017年新人アナ 満点青空 - 新人成長記 - - ウェイバックマシン(2018年11月30日アーカイブ分)
  6. 呂布カルマ(りょふカルマ、欧文:Ryoff Karma、1983年 1月7日 [2] – )は、愛知県 名古屋市在住のラッパー。 身長177 cm、体重62 kg。フリースタイルダンジョンの2代目・3代目モンスター。別名義として、呂布000カルマ(りょふセンカルマ)。2016年にやんぐたかじんという名前でMCバトルに出場してい ...

  7. ja.wikipedia.org › wiki › 呂範呂範 - Wikipedia

    範は陳瑀の部下の陳牧の首を斬り晒した。さらに、孫策が陵陽の祖郎と勇里の太史慈を征伐すると、範もこれに参加した。こうして孫策が7つの県を平定すると、範は征慮中郎将の位を与えられた。範は孫策に従軍して江東を遠征し、鄱陽を攻略した。

  1. 其他人也搜尋了