雅虎香港 搜尋

  1. osteoarthritis 相關
    廣告
  1. IPA [ˌɒstɪəʊɑːˈθraɪtɪs]

    n 名詞

    • 1. 骨關節炎
  2. 変形性膝関節症 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 変形性膝関節症

    変形性膝関節症(へんけいせい しつかんせつしょう、へんけいせい ひざかんせつしょう、英: osteoarthritis )は、筋力低下、加齢、肥満などのきっかけにより膝関節の機能が低下して、膝軟骨や半月板のかみ合わせが緩んだり変形や断裂を起こし、多くが炎症による関 ...

  3. 変形性関節症 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 変形性関節症

    変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)とは、関節が変形することによって起こる。 加齢や膝の使いすぎで関節が痛むと理解されている。 発症する代表的な関節は、膝関節(変形性膝関節症)、股関節、足関節などで、体重負荷のかかる関節に多く発生する。

  4. 変形性股関節症 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 変形性股関節症
    • 概要
    • 診断
    • 治療

    本症は明らかな先行する基礎疾患を有さない一次性股関節症と、例えば先天性股関節脱臼や形成不全、あるいは外傷や炎症の結果惹起される二次性股関節症に大別することができる。 日本では発育性股関節形成不全や臼蓋形成不全などに続発する二次性のものが多い。一次性股関節症とされてきたものの中にも軽微な形態異常(大腿骨寛骨臼インピンジメント)に由来するものがあると考えられている。 骨形態異常以外の危険因子として重量物作業が知られている。 国内における発症年齢の平均は40~50歳。海外の診断基準を用いた場合の有病率は1.0~2.4%とされる。

    世界的にも国内においてもコンセンサスの得られている明確な診断基準は存在していない。 国内においては、日本整形外科学学会によるX線学的な病期分類が診断基準を兼ねている側面がある。 1. 前股関節症:関節裂隙の軽度の不適合、骨梁配列の変化、先天性ないし後天性の形態変化を有する。 2. 初期:関節面の不適合・部分的な関節裂隙狭小化、寛骨臼の骨硬化、軽度の骨棘形成を認める。 3. 進行期:関節面の不適合・軟骨下骨質の部分的な接触、寛骨臼の骨硬化や骨嚢胞、骨棘形成や寛骨臼底の増殖性変化を認める。 4. 末期:荷重部関節裂隙の広範な消失、広範な骨硬化や巨大骨嚢胞、著明な骨棘形成(およびこれによる臼底の二重像)や寛骨臼の破壊を認める。 関節裂隙狭小化や骨棘形成・骨嚢胞形成の評価においてはCTやMRIによる検査も有効。 また、国内では股関節の形態異常から二次的に生じるものが多いため、形態異常を把握するにあたってCE角・Sharp角らの測定がなされる。 鑑別疾患としては、股関節疾患として大腿骨頭壊死症・関節リウマチ・感染・骨折などが、また疼痛を生じるその他の疾患として腰椎・膝関節疾患や閉塞性動脈疾患が挙げられる。

    保存療法と手術療法の2つの方法がある。患者教育、運動療法、鎮痛薬投与、装具装着などの保存療法で効果がない場合は、手術療法が選択される。 手術療法としては、関節の適合性を改善する骨切り術と、股関節そのものを人工のものに置き換える人工関節置換術がある。人工股関節の耐用年数は10~20年であり、若年者では待機的に骨切り術を行ったのち人工関節に移行することが多い。

  5. 腰痛 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 腰痛症
    • 種類
    • 非特異的腰痛を来たしやすい要因
    • 原因
    • 診断
    • 非特異的腰痛の治療
    • 予後
    • 予防
    • 疫学
    • 歴史
    • 腰痛と社会

    腰痛のうち、骨折・感染症・がん・変性疾患など、原因のはっきりしているものは15%ほどであり、残りの85%ほどは、原因のはっきりしない非特異的腰痛である。画像検査で異常所見が認められても、それが腰痛の原因であるとは限らない。

    精神的要因(職場への不満、不安、ストレス、抑うつ)
    肥満(BMI高値)
    妊娠後期(出産にて腰痛は軽快する)
    年齢(35歳から55歳)

    欧州におけるガイドラインによれば、腰痛は、疾患ではなく、症状である。ただし、非特異的腰痛は、症状ではなくて、一つの病気であるという考えがある。 腰部に負担のかかる動作による腰椎・椎間板・神経などの障害は、腰痛の原因となる。また、腫瘍などの特異的疾患による障害は、腰痛の原因となる。また、ストレスによる精神的障害は、腰痛の原因となる。

    レッド・フラッグ(危険な徴候)

    レッド・フラッグと呼ばれる徴候がある場合、重篤な疾患があるかもしれないのでさらに検査を行うことが必要である。重篤な疾患があれば、直ちに治療が必要だったり、特別の治療を必要とする可能性がある。しかし、レッド・フラッグの徴候があるからといって、必ず重篤な疾患があるというわけではない。重篤な疾患がある可能性があるというだけで、レッドフラッグを持つたいていの人は、大きな問題を持っていない。もし、レッド・フラッグの徴候が全く無いのであれば、症状出現後4週間以内に、画像診断検査を行ったり、臨床検査を行うことは、有用でないことが示されている。 多くのレッド・フラッグの有用性は、エビデンスによれば、あまり支持されない。骨折を見つけるための最も良い手がかりは、高齢の年齢・ステロイドの使用、皮膚に跡を残すようなかなりの外傷などである。がんを見つけるための最も良い手がかりは、その人の病歴である。 他の原因を除外できたのであれば、非特異的な腰痛を持つ人は、通常は、原因をはっきり特定すること無く、対症的に治療される。抑うつや薬物濫用など、診断を複雑にする要因を明らかにする努力や、保険の支払いに関する議論は...

    各国のガイドラインが共通して推奨する事項

    1. 診断的トリアージを行うこと(非特異的腰痛、神経根症候群、その他の重症疾患を鑑別すること) 2. レッド・フラッグを用いて、重症疾患をスクリーニングすること 3. 神経学的なスクリーニングのために、診察を行うこと(下肢伸展挙上検査を含む) 4. もし改善しないのなら、精神的な要因を考慮すること(イエロー・フラッグ) 5. 非特異的腰痛に対して、ルーチンの画像検査は必要ないこと

    検査

    レッド・フラッグの症状がある場合や、改善しない神経学的な症状が続く場合や、悪化する痛みがある場合には、画像検査を行うのが望ましい。特に、がんや感染や馬尾症候群が疑われる場合には、早期にMRIまたはCTの検査を行うことが推奨される。椎間板の疾患を見つけるのには、CTよりMRIの方がやや優れている。脊柱管狭窄症を診断するには、両者ともに有用である。また2、3の身体的な検査が有用である。椎間板ヘルニアでは、たいてい下肢伸展挙上検査が陽性となる。 腰部椎間板造影検査は、高度な腰痛が持続する場合に、痛みの原因となる椎間板を見つけるのに有用であろう。同様に、神経ブロックのような治療的手技が、痛みの場所を突き止める目的で使用されることがある。このように、椎間関節注射、変形硬膜外注射、仙腸関節注射を、診断的な検査として使用することを支持するいくつかのエビデンスがある。その他の身体的検査、例えば側彎症の身体検査、筋力低下の検査、神経反射の減弱の検査などは、ほとんど使用されない。 腰痛の訴えは、人が医療機関を訪れる最も多い理由のうちの一つである。多くの場合、痛みは、2、3週間しか続かずに、ひとりでに...

    2017年の米国内科学会ガイドラインにおいては、患者の大半は治療とは関係なく回復するとされる。そのため第一選択肢は非薬物療法が推奨される。 セルフケアおよび患者教育(情報提供)も重要である。「体の活動性を維持し、運動を行い、あまり休まずに、仕事を続けるように」とアドバイスを受けると、腰痛の予後は改善する。正しい情報を与え安心させると予後は改善し、怖がらせて不安を与えると予後は悪化する。「Know pain, or no gain」(痛みについて学べ。そうしなければ進展は無い)という標語がある。

    全般的に言えば、急性腰痛の予後は良好である。痛みと機能障害は、たいてい、最初の6週以内に大幅に改善する。完全に回復する人は、全体の40%から90%に上る。大半の人では、1年後の時点で、痛みと機能障害のレベルは、少ない - 最小限である。6週間経っても症状のある人では、回復は次第に遅くなり、1年が経過しても、回復はわずかである。急性腰痛が起きた後の長期的な予後を左右する要因は、苦痛の度合い、以前の腰痛の経験、仕事の満足度である。うつ病、仕事を失った不幸などの精神的な問題があると、腰痛は長引くことがある。 最初の腰痛が起きた後で、半数以上の人では、腰痛の再発が起きる。再発した腰痛においても、短期的な予後は良好である。最初の6週間は大きく改善するが、それ以後の回復はわずかである。慢性腰痛のある人は、1年後にも、中等度の痛みと機能障害を持ち続けることが多い。腰痛による長期的な機能障害を持つようになるリスクが高いのは、腰痛とうまく付き合うことが下手な人や、体を動かすことを恐れる人(1年後の時点で、2.5倍も多く機能障害を持つ)や、機能的な障害のある人や、全般的な健康度が低い人や、痛みに精神的・心理的な要素がある人(Waddell徴候)である。 日本のガイドライン「外来診療」によれば、次の通りである。 1. 神経学的に異常所見が無く、画像所見に異常がなければ、3日から1週間程度で腰痛は軽快する。 2. 1 - 2週間で軽快しない場合は、原因検索が必要で、再検査が必要となる。 3. なるべく日常生活を続け、早期に職場に復帰した方が、腰痛は遷延化しにくい。 米国ハーバード大学のLandon 教授は次のように述べている。「非特異的腰痛では、大半の場合に3ヶ月以内に痛みは自然に収まる。画像検査や薬物注入や手術を行っても、長期予後は少しも変わらない。それらは、腰で起きていることに、ほとんど影響を与えない。それどころか事態を悪化させている可能性がある」 WHOの「腰痛イニシアティブ」は、次のように述べている。「非特異的腰痛では、大多数のケースでは、症状は2、3週間以内に終息する。どのような治療を行っても、あるいは全く行わなくても、腰痛は自然に治まる。しかし、ひとたび腰痛が慢性化すると、効果のある治療法は、ほとんど無くなる。それで、腰痛の慢性化を防ぐことが、治療の主な目的となる。運動プ...

    運動による腰痛予防法

    運動療法は腰痛の発症予防に有効である。職業性腰痛では、腰痛発症後も活動性の維持や仕事内容の変更などでなるべく早く復職することにより、腰痛の遷延や身体障害の発生が予防され、病休の長期化を防ぐ。 上記で書いたように筋肉が原因の緊張製腰痛に対しては、腰の筋肉である腹筋と背筋を鍛えることにより予防を見込める。長時間同じ姿勢で過ごす事の多い人は、運動や体操で腰痛予防を心掛けることが望ましい。運動不足(腹筋が弱すぎ、腹筋に比べて背筋が弱い)、過度の運動(腰椎分離症になる恐れ)は回避する。 体の前屈 1. これは背筋とスネの裏側の筋肉のストレッチになる。できる範囲での前屈で良いが、膝は曲げないこと。 背筋の訓練 1. 両手で両膝を抱え、できるだけ胸に引き付ける。足先を開いたほうが楽にできるはず。引き付けは無理のない範囲で。 腹筋訓練 1. 上半身を起こす運動だが膝を曲げて行うのがポイント。足先を固定しても構わない。腰痛のある人は頭を持ち上げるだけにする。 背筋の強化運動 1. うつ伏せから上半身を起こして胸を反らせる。既に腰痛のある人は頭を持ち上げるだけにする。

    腰痛が1日以上続いて活動が制限されたというのは、よくある訴えである。世界的には、約40%の人が、一生のうちで一度は腰痛になるのであるが、先進国では約80%の人が一度は腰痛になる。また、どの時点でも、9%から12%の人は、腰痛の症状を持っている。また、23.2%の人は、過去1ヶ月間に一度は腰痛があった。腰痛が始まるのは、しばしば20歳から40歳である加齢するに従って、腰痛を持つ人の数は増加し、40歳から80歳では、腰痛は、ありふれた症状となる。 男性と女性とで、どちらが腰痛を持つ率が高いかについては、明瞭ではない。2012年のある研究では、男性の有病率が9.6%であったのに対して、女性の有病率は8.7%であった。2012年の別の研究では、女性の有病率の方が、男性の有病率よりも高かったが、その研究者は、女性の有病率が高かった理由について、骨粗しょう症による腰痛、生理痛や妊娠による腰痛、女性の方が腰痛を訴えやすいことなどと考えた。妊娠中に70%の女性は、腰痛を訴える。妊娠している期間が長くなるほど、腰痛の有病率は高くなる。現在の喫煙者、特に思春期の喫煙者は、禁煙した人より、腰痛の有病率は高い。また、禁煙した人は、タバコを全く吸わない人より有病率は高い。

    人類は、銅器時代以来、腰痛と共にあった。外科の論文として最古のものは、紀元前1500年ごろのもので、Edwin Smith Papyrusが、脊椎捻挫を診断するための検査について述べている。ヒポクラテス(紀元前460年-同370年)は、最初に坐骨神経痛や腰痛という言葉を使った。また、2世紀の中ごろから終盤にかけて活躍したガレンは、腰痛の概念についてやや詳しく記載した。人類の最初の千年の終わりごろまでは、医者は、背中の手術を試みることは無く、注意深く観察して待つように患者に勧めた。中世を通じて、実地医家は、腰痛は精神から生じるものと考えて医療を行った。 20世紀の初めには、医者は、腰痛が神経の炎症や神経のダメージによって生じると考えた。その当時の医学論文には、神経炎や神経痛という言葉がよく出てくる。しかし20世紀の終わりごろには、腰痛がそのようにして起きるという考えを支持する人は少なくなった。20世紀の初めに、アメリカの脳神経外科医のハーベー・クッシングは、腰痛の外科的治療が世間に受容されることに貢献した。1920年代から1930年代にかけて、腰痛の原因について、新しい考え方が現れた。医師たちは、神経系と精神的要因の組み合わせによって腰痛が生じるという考えを提案した。例えば、神経の弱さ(神経衰弱)や女性のヒステリーである。筋肉のリウマチ(現在は結合組織炎と呼ばれる)も、論文中に出てくる頻度が増した。 エックス線写真のような新しい技術により、医師は診断のための新しい手段を手に入れた。エックス線写真は、あるケースでは、椎間板が腰痛の原因となることを明らかにした。1938年に整形外科医のJoseph S. Barrは、椎間板が関与する坐骨神経痛が、手術により改善したことを報告した。この研究報告によって、1940年代には、腰痛の椎間板モデルが、支配的となり、CTやMRIなどの新しい画像診断の援助を受けて、1980年代の文献の主流となった。その後、椎間板のトラブルは腰痛の原因としては比較的まれであることが研究により明らかとなり、椎間板についての議論は下火となった。その時以来、医者は、多くのケースでは、腰痛の原因は特定されないことに気が付くようになり、また、多くの場合には、治療の有無に関わらず、6週から12週以内に、痛みは治まることに気が付くようになった。

    腰痛は、大きな経済的なコストをもたらす。アメリカ合衆国では、腰痛は、成人が最も多く訴える痛みであり、最も多くの欠勤をもたらす症状であり、救急治療室における筋肉や骨格に関する最も多い訴えである。ある研究によれば、1998年には、腰痛により1年間にかかったコストは、900億ドル(9兆円)であったと計算されており、個人のうち5%の人は、コストの多く (75%) を自己負担している。1990年から2001年の間に、米国における脊椎融合手術については、手術適応に変化は無く、効果が大きいとする新しい証拠も無いのに、手術の件数は、2倍以上に増加した。さらに、米国では、欠勤日数全体の40%は腰痛によるものであり、収入の減少や労働生産性の低下という形でコストを負担している。腰痛は、カナダ、英国、オランダ、スウェーデンでは、米国やドイツよりも、労働力のより大きな損失を引き起こしている。 労働障害の結果としての急性腰痛を経験した労働者は、雇用主からエックス線写真を撮るように言われるかもしれない。他の場合と同じように、レッドフラッグが無いのなら、検査は適応ではない。法的責任についての雇用主の関心は、医学的適応とは異なる。医学的適応が無いのなら、検査を正当化すべきではない。医療提供者が指示しない検査を受けるように患者に仕向けるような法的根拠はあってはならない。

  6. 線維筋痛症 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 繊維筋痛症
    • 解説
    • 原因
    • 症状
    • 有病率
    • 診断基準
    • 治療
    • 経過
    • 若年性線維筋痛症
    • 公的保障制度
    • 歴史

    1990年、米国リウマチ学会により疾病概念が定義され、有用性の高い分類基準が提案され「線維筋痛症症候群」の疾病名が広まった。2010年には痛み症状の評価と合わせ、随伴症状も合わせた新たな診断基準が作成された。 患者は男性より女性の方が非常に多く、働き盛りの中高年に発生率が高い。米国での有病率は20歳以上成人のおよそ2%ほど。軽症例も合わせれば推定200万人と言われる、比較的患者人口の大きなリウマチ性疾患であるにもかかわらず、日本の医療機関での認識が遅れている。その結果適正に医療を受けられている患者が極めて少なく、多くの患者は未診断、または、誤診を引き起こしてドクターショッピングを繰り返し、結果的に長く病む状況となってしまっている。医療に失望して民間療法などに流れている場合もある。このように日本の線維筋痛症の医療環境は問題がある。

    原因は不明であり、医師が通常行なう血液検査では異常が現れない。CTスキャン、MRIを検査しても異常を発見できない。また、この病気が診断できる特別な検査は2015年時点で存在しない。診断が非常に困難な症例が多いが、圧痛点による簡易的な見分け方が知られる。 2018年10月の論文では、線維筋痛症31人と健康な人27人をポジトロン断層法 (PET) で比較して、脳のグリア細胞の活性化が原因である可能性を示し、疲労感の症状では帯状回の炎症の度合いと一致した。

    主要症状

    1. 全身の慢性疼痛と解剖学的に明確な部位の圧痛。

    厚生労働省の研究班による全国疫学調査では、2003年に線維筋痛症の診断で受診した患者数は2,600名、日本リウマチ財団登録医への受診患者数3,900名であり、欧米と比較して診断されている患者が著しく少ない。更に住民調査が行われ、その結果人口あたりの有病率は大都市部2.2%、地方部1.2%、全体として1.7%であった。欧米の約2%の有病率に近い。詳しく調査すると有病率が上がる理由は、認知度が低いために未診断や誤診が非常に多いものと推測される。 2009年に再度日本リウマチ財団登録医への受診患者数調査が行われ、11,000人であったことから、診断率は少し向上している。リウマチ医が線維筋痛症の診療を避けているとも述べられる。

    鑑別疾患

    以下の疾患を除外する。 1. 関節リウマチ、全身性エリテマトーデス(SLE) 2. 変形性関節症 3. 強直性脊椎炎(AS) 4. リウマチ性多発筋痛症(PMR) 5. 甲状腺機能低下症、および他の内分泌疾患 6. 代謝異常に起因する筋肉炎(代謝性ミオパチー) 7. 神経障害

    重症度分類

    患者ごと、また時期により重症度が変化する。客観的評価法として重症度分類(ステージ分類)試案が提案されている。臨床症状の組み合わせや症状の強さからⅠからⅤに分類され、30%近くがステージⅢ以上とされる。

    米国リウマチ学会線維筋痛症分類基準

    1990年に米国リウマチ学会(ACR)が作成した分類基準である。 以降ではACR1990と略記する。 この古い基準に対して批判が多くあるが、国際的に広く用いられている分類基準である。診療の場では、分類基準を満たさない症例が存在し、分類基準を満たさない症例を線維筋痛症から除外するための基準ではない、とも述べられている。 日本の症例に対してACR1990がどのぐらい有用であるか検証がなされ、その結果、診断感度は75.9%、診断特異度は97.4%、有用度は86.9%が得られ、優れた診断基準であることが検証された。 ACR1990では、いわゆる二次性の線維筋痛症であって随伴して発症する場合も、病型に関係なく線維筋痛症と診断すべきことを意味している。

    日本人を対象とはしていないが、ヨーロッパリウマチ学会とヨーロッパ疼痛学会によるエビデンスレベルAの2016年の診断治療アルゴリズムがある。正確な診断が下された後は教育情報提供を行い、効果不十分であれば物理療法を試し、それも効果不十分であれば個別の治療を施す。物理療法とは非薬物療法の併用であり、個別化段階的運動療法、温熱治療、鍼といったものが挙げられる。欧州のガイドラインでは、有酸素強化運動療法や、気功、ヨガ、太極拳などの瞑想運動(ここまで運動療法)、鍼、温泉療法を推奨し、バイオフィードバック、カプサイシン療法、カイロプラクティック、ホメオパシー、リラクゼーションは推奨していない。運動療法には強い科学的根拠があり推奨できる。鍼には中等度の科学的根拠があり提案でき、限定的な弱い証拠からその他の統合医療が提案できる。その他、食事療法が挙げられる。 個別の治療は以下のようになる。 1. 疼痛関連の抑うつや、不安破局的な思考 - 認知行動療法や薬物療法 2. 激痛 - デュロキセチン、プレガバリン、トラマドール 3. 睡眠障害 - 低用量のアミトリプチリン、プレガバリン、シクロペザブリン 4. 日常動作の減少や病欠 - リハビリテーションプログラム 認知行動療法や運動療法は、セルフケアとして実施できることも利点である。 慢性疼痛#セルフケアも参照のこと。

    慢性疾患として、線維筋痛症は長期にわたって持続し、回復が困難である。発症から1〜2年は安定した状態で経過し、回復・軽快するとされている。その後は必ずしもよくない。1年経過で治癒わずか1.5%、51.9%が改善がみられ、37.2%は病状に変化なく経過し、2.6%が悪化であった。症例の多くで発症時から変化が少ない。小児例では回復もみられるとされる。入院の頻度は1年間で13.5%と述べられている。

    引きこもり・不登校の児童にこの疾患が多く診断されたため、今後調査を進めていくと、若年性線維筋痛症患者の実数はさらに多いことが判明するのではないかと推測されている。若年性線維筋痛症の問題点は、子供は「お腹が痛い」「学校にいきたくない」などと登校拒否をするが親はいつものこと、と軽視してしまう。実は本当に本人は症状が苦しいとしても、ただの腹痛、怠けているとしか思われず理解を得られないまま慢性化してしまい、長く続く登校拒否や体の不調に気づいた親が病院に連れていくと線維筋痛症の診断を受けたケースが報告されている。最小年齢は日本では6歳発症。なお、生後まもなくの大病で罹患したものの、長年単なる病弱で済まされたケースも存在する。 2013年7月16日に、若年性維筋痛症発生の原因がコエンザイムQ10の欠乏にあることが、東京工科大学応用生物学部と横浜市立大学医学部小児科との研究チームにより発見されたと報じられた。なお、発症パターンの違いから、若年性線維筋痛症と、若年発症の成人型の線維筋痛症は区別される傾向にある。

    難病指定にはなっておらず、推定200万人の患者人口のすべてが、1疾患あたり人口比0.15%未満(2015年時点)という難病法の指定を受けることはできない。そこで重症度を限定して、難病指定を目指すための要望が検討されている。ただし、強直性脊椎炎といった難病指定の疾患を合併している場合に限り、線維筋痛症の治療のうちその疾患と重複する治療のみ助成されうる。 公的保証制度としては、高額療養費制度、後期高齢者医療制度、障害年金、障害者総合支援法、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳などが挙げられる。しかし、障害者総合支援法、および身体障害者手帳については、疼痛という見えない障害であるために障害の程度が証明できず、実際には利用不可能に近く、更に地域によって対応が大きく異なり、多くの患者はやむなく精神障害者保健福祉手帳を取得しているのが現状である。しかし精神障害者保険福祉手帳では、受けられる支援が限られるなどの不利益があり、身体障害者手帳を積極的に取得しようという動きがある。 疼痛という見えない障害のため身体障害者として見られないという問題は、制度との絡みで深刻である。

    日本での歴史として、2003年、厚生労働省が『線維筋痛症研究班』を発足させた。2008年から独立研究班として継続中。2009年より年労働省研究班線維筋痛症医療情報センターから業務を引継ぎ日本線維筋痛症学会 JCFIが調査を行っている。

  7. 幹細胞治療 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 幹細胞治療
    • 医療用途
    • 獣医学
    • 胚性幹細胞(Es細胞)についての論争
    • 世界中

    30年以上にわたり、骨髄移植は、白血病やリンパ腫を治療するために使用されてきた。 これは、唯一、広く行われている幹細胞治療である。化学療法中に、ほとんどの増殖細胞は殺されるが、化学療法は白血病細胞やがん細胞と、骨髄内の造血幹細胞を区別せず殺してしまう。骨髄移植つまり、幹細胞移植がなされるのは造血幹細胞が死滅してしまうという一般的な化学療法の副作用の改善のためである。化学療法で失われた造血幹細胞を置換するために、ドナーの健康な骨髄が移植される。移植された骨髄からできた免疫細胞は、宿主の細胞を殺す免疫応答をおこすが、これはしばしば過剰になり、骨髄移植の最も深刻な副作用である移植片対宿主病を起こす。 Prochymalと呼ばれるもう1つの幹細胞治療は、ステロイドが効果がない小児における急性の移植片対宿主病のため、2012年にカナダで条件付きで承認された。これは、成人ドナーの骨髄に由来する間葉系幹細胞(MSC)を使った、同種間の幹細胞治療である。MSCは骨髄から精製され、培養され、パッケージングされ、単一のドナー由来で、最大10,000回の用量が得られる。投与されるまで凍結保存される。 臍帯血に由来する造血幹細胞は、血液および免疫疾患の治療を目的とした5つの医療製品がアメリカ食品医薬品局(FDA)により承認された。 2015年には欧州医薬品局(European Medicines Agency)により、幹細胞を含む治療法であるHoloclarが欧州連合での使用が認可された。 眼の火傷により、角膜周辺の輪の部分の幹細胞が欠乏する場合があり、Holoclarはその場合に使用される。

    ウマ、イヌおよびネコに現在行われている研究は、獣医学における幹細胞治療の開発に有益であり、心筋梗塞、卒中、腱および靭帯損傷、変形性関節症、骨軟骨症および筋ジストロフィーのような広範な傷害および疾患を標的とすることができ、動物でも人間でも同様な疾患がある。細胞ベースの治療法の調査は一般に人間の医学的ニーズを反映しているが、競走馬の特定の傷害は、頻度と重症度が高いため、再生医療のアプローチの最前線として獣医学が置かれてもいる。人間の病気とよく似ているため、臨床のモデルとすることができる 。

    ヒトのES細胞の使用に関する議論がある。 新しいES細胞の株をつくるためには、ヒトの胚を壊して、ばらばらにした細胞を培養することでES細胞はつくられるが、その技術が主に議論のまとになっている。 研究でのヒトES細胞の使用に対する反対は、しばしば哲学的、道徳的、または宗教的異論に基づいている。ヒト胚の破壊を伴わない他の幹細胞があり、そのような研究には、成体幹細胞、羊水幹細胞、および誘導多能性幹細胞(iPS細胞)がある。

    中国

    幹細胞の研究と治療は中華人民共和国でも行われている。 中華人民共和国保健省は、西欧諸国で承認されていない病気に対しても、幹細胞療法を許可している。 西側の国々は、これらの試行と手続きについて、国際的な文書化の基準を満たす試みが失敗し、中国を調査している。

    中東

    2008年以来、多くの大学、センター、医師が多様な方法を試してきた。

    メキシコ

    メキシコでは、幹細胞治療は臨床レベルで実施されている。国際保健局の許可(COFEPRIS)が必要である。

  8. 肥満 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 病的肥満

    肥満(ひまん、英語: obesity, corpulence )とは、一般的に、正常な状態に比べて体重が多い状況、あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状況を言う。 体重や体脂肪の増加に伴った症状の有無は問わない。体質性のものと症候性のものに分類できるが、後者を特に肥満症と呼 ...

  9. 池川志郎 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 池川志郎
    • 来歴
    • 経歴
    • 研究業績
    • 受賞歴
    • 外部リンク

    1983年東京大学医学部を卒業。臨床医としては、東京大学、心身障害児総合医療療育センターで勤務。日本整形外科学会認定専門医(1990年〜)、日本人類遺伝学会認定臨床遺伝専門医(2002年〜)。整形外科医として、日本で最初の遺伝カウンセリング資格保持者。基礎研究者としては、癌研究所生化学部の研究生を経て、2000年より理化学研究所・遺伝子多型研究センター・変形性関節症研究チーム(2018年より、生命医科学研究センター・骨関節疾患研究チームと改称)、チームリーダーに就任。

    1957年 兵庫県西宮市甲子園生まれ
    1970年 吹田市立山田第二小学校卒業
    1973年 吹田市立山田中学校卒業
    1976年 大阪府立茨木高校卒業

    骨系統疾患(先天性の骨・軟骨疾患)の遺伝子解析、骨・関節の"ありふれた疾患" (common disease) のゲノム解析が主な仕事。数多くの疾患遺伝子、疾患感受性遺伝子を発見している。これまでに(2020年12月31日現在)、29疾患で、26の新規疾患遺伝子を発見、5疾患の全ゲノム相関解析(GWAS)を世界で初めて成功させている。 1. Okawa A, et al. (1998). “Mutation in Npps in a mouse model of ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine”. Nature Genetics 19 (3): 271-273. PMID 9662402. 1. Kizawa H, et al. (2005). “An aspartic acid repeat polymorphism in asporin negatively affects chondrogenesis and increases susceptibility to osteoarthritis.”. Nature Genetics 37 (2): 138-144. PMID 15640800. 2. Hiraoka S, et al. (2007). “Nucleotide-sugar transporter SLC35D1 is critical to chondroitin sulfate synthesis in cartilage and skeletal development in mouse and human.”. Nature Medicine 13 (11): 1363-1367. PMID 17952091. 3. Miyamoto Y, et al. (2007). “A functional polymorphism in the 5' UTR of GDF5 is associated with susceptibility to osteoarthritis”. Nature Genetics 39 (4): 529-533. PMID 17384641. 4. Miyamoto Y, et al. (2008). “Commo...

    2012年 OARSI(OsteoArthritis Research Society International: 国際変形性関節症学会)Basic Science Award
    2012年 日本人類遺伝学会 学会賞
    2020年 保健文化賞
  10. 病気の別名の一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 病名一覧

    病気の別名の一覧は、病気や症状の一覧、およびおのおのの病名の別名の一覧(50音別索引、アルファベッはなト順)。 この一覧は各記事に正式な記事名がつけられていて、適切なリダイレクトが張られていて、記事中に俗称・旧名や略称がきちんと併記されて居る事を確 ...

  11. 白金ナノ粒子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 白金ナノ粒子
    • 燃料電池
    • 電気分解
    • 健康への影響
    • 外部リンク

    燃料電池、水素と酸素を反応させる発電機だが、その電極における白金は微粒子となっているが、発電に伴い白金微粒子が粗大化し性能が低下する。原子が13個の白金粒子(Pt13)は、これまで有用とされてきたが最も活性が低く、最も高い活性があったのは原子が19個の白金粒子で、その4倍の活性を示した。

    電気化学の教科書的な理解によると、様々な金属を使って水の電気分解による水素発生が調査されているが、白金は最も大きな反応速度を示す。電気分解によって目に見えるほど溶解する鉛や鉄と違い、腐食や溶解は起こらないとされる。電極表面の白金原子Ptは水素原子Hと結合し、水素原子と白金原子が結合しているPt-Hとなる。これは水素原子と水素原子が結合しやすい環境である、結合した場合、水素分子H2となり水素ガスが発生する。 白金電極を持つバッチ式の電解装置で60分間電気分解した超純水を、分光器で測定したところ0.2ppbの白金ナノ粒子が含まれていた。微量には溶出するとされる。

    有効性を唱う化粧品や健康補助食品が市販されている。 国立健康・栄養研究所は「2008年」に人間を対象としたデータはみつからず、安全性について十分なデータがないとしている。 肝臓障害の可能性 1. 摂食により一過性の肝臓障害を誘発する可能性が指摘されている。 有効性を示唆する研究 基礎研究では白金ナノ粒子には活性酸素除去があり、活性酸素、過酸化水素、フリーラジカルを減少させる。同じく試験管での基礎研究では、活性酸素由来の炎症の抑制効果、アテローム性動脈硬化症を抑制したり、紫外線による皮膚炎を減少させ、神経保護作用がある。変形性関節症では現在の有害な化学試薬を使った治療法よりも、細胞毒性が生体適合性を示しているため将来性があり、同様に抗腫瘍特性は肺癌の治療の選択肢のひとつであることを示している。 マウスを使った基礎研究では、脳梗塞の梗塞部位を縮小したり、喫煙による肺の炎症を抑制したり、マウスの耐糖能を改善した。 歯科では、歯とレジンを接着する際の接着強さは問題であり、歯を白金ナノコロイドで表面処理してからレジンを接着する方法が研究されている。 コロイドの分散粒子は半透膜を通らないことから、分散媒である白金が皮膚や腸から体内へ吸収されることはなく安全だと、多くの商品でうたわれている。この点について、東京大学教授の宮本有正は、「白金ナノコロイドは小腸からほとんど吸収されないことが分かってきていると述べており、腸管にて活性酸素を除去しているのではないかと考えられている」とする主張もあるが、粒子径によっては経口摂取したものが尿中に排出されることが報告されている。

    プラチナナノコロイド、白金ナノコロイド - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所) - 国立健康・栄養研究所
  12. 其他人也搜尋了
  1. osteoarthritis 相關
    廣告